S-MAX

サムスン電子ジャパン

NTTドコモ、docomo withスマホ「Galaxy Feel2 SC-02L」を発表!縦長5.6インチHD+有機ELや4GB RAMなど、基本性能が大幅アップ。価格は4万2120円で、11月上旬発売


docomo with対象の「Galaxy Feel2 SC-02L」を発表!

NTTドコモは17日、今冬から来春かけて発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2018-2019 冬春 新サービス・新商品発表会」を都内で開催し、3000mAhの大容量バッテリーの搭載をはじめ、約5.6インチのSuper AMOLED(有機EL)、オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載し、Android 8.1(開発コード名:Oreo)を採用したスマートフォン(スマホ)「Galaxy Feel2 SC-02L」(サムスン電子製)を発表した。

発売時期は2018年11月上旬を予定し、すでに本日10月17日13時00分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されており、価格(税込)は月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに、毎月の利用料から1,500円が割り引かれる「docomo with」対象の機種となり、ドコモオンラインショップでは42,120円となっている。

続きを読む

Sペン入力に対応した最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9」がNTTドコモとauから発売へ!それぞれ「SC-01L」と「SCV40」として投入に


Galaxy Note9がdocomoとauから発売へ!Netflixの対象機種に登場

サムスン電子が今年8月に発表したばかりのペン入力「Sペン」に対応した最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note9」について日本では従来と同様にNTTドコモとauから販売されることになりそうです。

すでに日本向けの公式WebサイトにもGalaxy Note9の製品ページが掲載されており、日本でも販売される可能性が高いと見られていましたが、今回、Netflixの対象機種として「Galaxy Note9 SC-01L(型番:SM-N960D)」および「Galaxy Note9 SCV40(型番:SM-N960J)」が掲載されたました。

SC-01LおよびSCV40はそれぞれ未発表の製品ですが、NTTドコモとauの型番の付け方(ルール)に沿っており、サムスン電子におけるメーカー型番としても末尾が“D”がNTTドコモ向け、“J”がau向けであるため、各々がNTTドコモ向けおよびau向けであることが推測できます。

なお、Galaxy Note9は海外ではアメリカや台湾などの最初に発売される1次販売国・地域では8月24日に発売されており、現時点では日本への投入については正式には明らかにされていませんが、恐らくこれまで通りにNTTドコモとauの「2018-2019冬春モデル」として10月以降に発売されるのではないかと思われます。

続きを読む

最新フラッグシップスマホ「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」とずぶ濡れ体験!水×音楽のフェス「S2O JAPAN 2018」に出展した「Galaxy Studio」を紹介【レポート】


S2O JAPAN 2018でGalaxy S9 | S9+の防水性能とムービージェニックをアピール

サムスン電子ジャパンが8月4〜5日に東京・お台場で開催されたイベント「S2O JAPAN SONGKRAN MUSIC FESTIVAL」(以下、S2O JAPAN 2018)に「Galaxy Studio」を出展し、今夏の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S9」および「Galaxy S9+」の防水性能やスーパースローモーション機能をアピールした。

8月の暑い夏にピッタリのタイ発祥・世界で最もずぶ濡れになる音楽フェスが日本初上陸ということで、来場者にはずぶ濡れになっても良いようにネックストラップが付いたスマホの防水ケースが渡される。

テーマパークなどでもずぶ濡れになるアトラクションがあるが、水量が尋常じゃなくこうした配慮は嬉しいところ。ずぶ濡れになっても、そのまま撮影も楽しめるというわけだ。

今回はそんなS2O JAPAN 2018におけるGalaxy Studioのイベント内容について参加してきたのでレポートを紹介していく。

続きを読む

NTTドコモ、docomo withスマホ「Galaxy Feel SC-04J」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomo向けスマホ「Galaxy Feel SC-04J」がAndroid 8.0 Oreoに!

NTTドコモは30日、同社が「2017年夏モデル」として2017年6月に発売したスマートフォン(スマホ)「Galaxy Feel SC-04H」(サムスン電子製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるネットワーク経由(OTA)による方法およびパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して行う方法が用意されており、更新時間は本体のみで約40分、PCを使う方法で約80分。

なお、更新にかかる時間は利用のインターネット回線環境やバックアップするデータ量により異なる場合があるとのこと。更新後のビルド番号は「R16NW.SC04JOMU1BRG6」。主な変更点は以下の通り。

主なアップデート内容
1)ピクチャー イン ピクチャー(PiP)機能の追加
2)スマートなテキスト選択機能の追加
3)ログイン情報の入力が容易になる「AutoFill」機能の追加
4)Always On Displayの選択デザイン追加
5)マイファイルの機能拡張
6)カメラスタンプ機能追加

改善される事象
7)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2018年7月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

デュアルカメラ搭載のau向けハイエンドスマホ「Galaxy S9+ SCV39」を写真と動画で紹介!F1.5の明るいレンズ&機械式絞り羽根搭載で本格的な写真撮影が楽しめる【レポート】


au向け高性能スマホ「Galaxy S9+」を写真と動画で紹介!いよいよ5月18日発売

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は14日、今夏に発売および開始する予定の新製品や新サービスを発表する「au 2018 夏モデル説明会」を開催し、アスペクト比9:18.5の縦長な約6.2インチQHD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)「Infinity Display」を搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S9+(型番:SCV39)」(サムスン電子製)を発表ました。

auが今回の夏モデルとしてラインナップしたスマホの中では最も早い5月18日からの発売を予定しており、価格(税込)は公式Webストア「au Online Shop」では本体代112,320円(分割4,680円/月×24回)、毎月割2,340円×24回(総額56,160円)で実質負担額56,160円(分割2,340円/月×24回)となっています。

本説明会に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので、Galaxy S9+ SCV39の機能解説や本体外観などを写真や動画とともにご紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。