S-MAX

サムスン電子ジャパン

ペン入力だけでなく高性能スマホ「Galaxy Note9」はカメラ女子にもオススメ!イベント「Galaxy Sessions 松井愛莉 Do×Lifestyle」を写真と動画で紹介【レポート】


松井愛莉さんがスペシャルゲストのGalaxyイベントを開催!Galaxy Note9の魅力を訴求

サムスン電子ジャパンがペン入力に対応した高性能スマートフォン(スマホ)「Galaxy Note9」の機能を活用したイベントを昨年12月18日に六本木ヒルズ・ヒルズカフェで実施していた「Galaxy Studio Roppongi Hills」にて開催した。

イベントは「Galaxy Sessions 松井愛莉 Do×Lifestyle」と題して特別ゲストに女優・モデルの松井愛莉さんを迎えて、一般ユーザー50人とともに“SNS映え”する写真を体験するというもの。

現在、GalaxyのウェブCMに出演する松井さんは、3年前からGalaxyユーザーで「Galaxy S7 edge」や「Galaxy S9」を利用してきたという。そして発売前にGalaxy Note9を体験した松井さんは、Sペンを利用した新機能「リモートシャッター」を活用しているという。

今回は、そんな松井さんと体験するGalaxy Note9の新機能とSNS映えを狙った活用法についてのイベントレポートを写真と動画で紹介する。

続きを読む

次期フラッグシップスマホ「Galaxy S10」シリーズが発表予定のグローバル発表会「UNPACKED 2019」に5人を招待するキャンペーンを募集中!アメリカ・サンフランシスコへの旅費を負担


発表会「Samsung Galaxy UNPACKED 2019」に5人を紹介!Show Your Love For Galaxyキャンペーン

サムスン電子ジャパンは19日、アメリカ・サンフランシスコで現地時間(PST)で2019年2月20日(水)に開催予定のグローバル製品発表会「Samsung Galaxy UNPACKED 2019」に招待するキャンペーン「Show Your Love For Galaxy」を実施しています。

キャンペーンページ( https://static.samsungmembers.com/default/article/20190118022656302/ )から応募し、抽選で5人にSamsung Galaxy UNPACKED 2019へ参加するための現地滞在中発生するすべての費用(往復航空券・宿泊費・現地交通費など)を負担するとのこと。

当選者には応募時に入力したメールアドレス宛へキャンペーン事務局(JTB)から連絡が行くほか、同社担当者から1月29日(火)から30日(水)頃に参加への同意事項などを説明する「旅程説明会」(場所:サムスン電子ジャパン)を行うとしています。

応募期間は1月19日(土)から21日(月)まで、現地時間で2月18日(月)から22日(金)まで、応募対象はGalaxy Fanとなっており、応募時に名前や電話番号のほか、Galaxyで撮影したお気に入りの写真1枚などの必要事項とGalaxyへの想いを入力すれば誰でも応募可能。

ただし、応募条件として日本国内在住の20歳以上で有効なパスポートがあること、最小限の英会話が可能なこと、当選連絡予定日(1月21〜28日)の日中に電話に出られること、旅程説明会に参加できることなどが挙げられています。

続きを読む

PUBG MOBILEとのコラボで最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9」のゲーミングスマホとしてのパフォーマンスを実感!ゲーム大会「Galaxy Championship」を写真と動画で紹介【レポート】


大画面とハイパフォーマンスはゲーミングスマホのトレンドに?!

サムスン電子ジャパンが都内にて「Galaxy Championship発表会」を10月24日に開催し、同社のスマートフォン(スマホ)「Galaxy」シリーズとPUBG Corporationが開発するバトルロイヤルゲーム「PLAYERUNKNOWN'S BATTLEGROUNDS(以下、PUBG)」とのコラボレーション(コラボ)を発表した。

今回のコラボの1つが「Galaxy Note9×PUBG MOBILE 特別キャンペーン」と題して2018年12月31日(月)までにSペンが使える最新プレミアムスマホ「Galaxy Note9」を購入し、応募した全員にPUBGのスマホなど向け「PUBG MOBILE」内で使用できるGalaxy オリジナルスキンをプレゼントするというもの。応募期間は2019年1月15日(火)まで。

そしてPUBG MOBILEの大会「Galaxy Championship」を開催する。六本木、名古屋、西宮、福岡の「Galaxy Studio」で予選を開催し、決勝大会が12月8日(土)に実施される。ゲームのルールとしては2人で協力プレイを行う「Duo」モードを使い、4会場で10チームが決勝に進出し、40チームの中から「#1ドン勝チーム」を選出する。優勝商品は、Galaxy Note9(本体)とオリジナル限定フィギュア、ドン勝メダル、ドン勝Tシャツが贈られる。

ここ最近はスマホでゲームを本格的にプレイするために“ゲーミングスマートフォン”というカテゴリーができつつあり、日本でもASUS JAPANから「ROG Phone」が発売されたが、今回はGalaxy Note9の“ゲーミングスマートフォン”としての特徴を発表会のプレゼンテーションの内容とともに写真と動画で紹介していく。

続きを読む

Galaxy Note9のカメラやゲーム性能を無料で体験できる期間限定イベント「Galaxy Studio Roppongi Hills」を写真と動画で紹介!ドリンクや東京五輪ピンバッジももらえる【レポート】


六本木ヒルズでGalaxy Note9が体験できるイベントを開催!

サムスン電子ジャパンが2018年11月15日(木)から12月25日(火)まで東京・六本木ヒルズ ヒルズカフェ/スペースにて「Galaxy Studio Roppongi Hills」を期間限定オープンしている。

施設内には最新スマートフォン(スマホ)「Galaxy Note9」やVRゴーグル「Gear VR」などの体験スペースが設けられており、スタンプラリー形式でGalaxyブランドの製品体験ができるというもの。今年9月まで開催されていた「Galaxy Studio Tokyo」(東京・原宿)とコンセプトは同じである。

携帯ショップや家電量販電では体験できないGalaxy Note9の魅力に触れられるということで、さっそくGalaxy Studio Roppongi Hillsへ行ってみたので展示内容を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

3Dゲームもサクサク動くNTTドコモ向けハイコストパフォーマンススマホ「Galaxy Feel2 SC-02L」を写真と動画で紹介!docomo with対応で一括4万2120円【レポート】


dodomo withスマホ「Galaxy Feel2 SC-02L」を写真と動画でチェック!

既報の通り、NTTドコモが「2018-2019冬春モデル」として縦長な約5.6インチHD+(720×1480ドット)Super AMOLED(有機EL)やオクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)、3000mAhバッテリーなどを搭載したAndroid 8.1(開発コード名:Oreo)採用スマートフォン(スマホ)「Galaxy Feel2 SC-02L」(サムスン電子製)を発表しました。

発売日もすでに案内されたように11月9日(金)で、現在、ドコモショップや量販店などのドコモ取扱店や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」で予約受付が実施されています。

本機は人気の月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,620円が割り引かれる「docomo with」の対象機種で、同じくdocomo with対象機種として2017年6月に発売された「Galaxy Feel SC-04J」の後継機種です。

価格は本体代42,120円(以下、すべて税込)と、Galaxy Feel SC-04Jよりも若干高くなりましたが、単なるマイナーアップデートではなく、新たにディスプレイが流行りの縦長になったり、チップセット(SoC)やRAMなどのスペックが大幅に強化されているなどしています。

そこで本記事ではそんなGalaxy Feel2 SC-02Lについて発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので、製品の外観や特長について写真や動画とともにご紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。