S-MAX

サムスン電子ジャパン

楽天モバイルからもSペン対応の最新プレミアムスマホ「Galaxy Note10+」が発売へ!一方、小型モデル「Galaxy Note10」はやはり日本での販売はなし


Galaxy Note10+は楽天モバイルからも発売か。公式Webページで示唆

既報通り、サムスン電子ジャパンは10日、2019年秋冬モデル」としてペン入力「S Pen」に対応した大画面&高性能なプレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note10+(型番:SCV45)」(サムスン電子製)を投入すると発表しました。

Galaxy Note10+ SCV45の発売日は2019年10月18日(金)で、本日10月11日(金)10時に事前予約受付を開始します。価格は本体価格は11万円台になる見込みで、販売はauショップや量販店などのau取扱店の店頭や公式Webショップ「au Online Shop」などにて行われます。

また同社はGalaxy Note10+ SCV45の発表に合わせて日本向けの公式Webサイト内のGalaxy Note10 | Note10+の製品ページ( https://www.galaxymobile.jp/galaxy-note10/ )を更新し、これまでは存在していたGalaxy Note10の情報がなくなり、Galaxy Note10+のみの情報となっています。

これにより、恐らく事前予想の通りに日本では小型モデルである「Galaxy Note10」は販売されないと見られます。さらに更新されたGalaxy Note10+の製品ページのソースには本日10月11日12時より発表会が行われるNTTドコモ向けとともに楽天モバイル向けのGalaxy Note10+が投入されていることが示唆されています。

続きを読む

楽天モバイル向けSIMフリースマホ「Galaxy A7」が発表!6インチFHD+有機ELやオクタコアCPU、4GB RAMなどで10月中に発売。Galaxy S10も12月より販売


Rakuten MobileからSIMフリースマホ「Galaxy A7」が登場!

サムスン電子ジャパンは6日、スマートフォン(スマホ)「Galaxy A7(型番:SM-A750C)」(サムスン電子製)を発表しています。携帯電話サービス「楽天モバイル」から2019年10月中に発売予定となっており、楽天モバイルからはさらにフラッグシップスマホ「Galaxy S10」も12月中に発売されるということです。

価格は現時点では未定で後日案内されるとのこと。なお、楽天モバイルから販売される両製品はSIMロックのかかっていないSIMフリーモデルとなっており、同社の移動体通信事業者(MNO)や仮想移動体通信事業者(MVNO)だけでなく、他社のMNOやMVNOの携帯電話サービスでも利用可能だということです。

続きを読む

次期プレミアムスマホ「Galaxy Note10」シリーズが発表予定のグローバル発表会「Unpacked 2019」に3人を招待するキャンペーンを募集中!アメリカ・ニューヨークへの旅費を負担


サムスン電子ジャパンが発表会「Galaxy Unpacked 2019」に3人を紹介!Show Your Love For Galaxyキャンペーン

サムスン電子ジャパンは4日、アメリカ・ニューヨークで現地時間(PST)で2019年8月7日(水)に開催予定のグローバル製品発表会「Samsung Galaxy Unpacked 2019」に招待するキャンペーン「Show Your Love For Galaxy」を実施すると発表しています。

キャンペーンは受付期間2019年7月5日(金)から7月9日(火)23:59までに専用ページから応募し、抽選で3人にSamsung Galaxy Unpacked 2019へ参加するための現地滞在中発生するすべての費用(往復航空券・宿泊費・現地交通費など)を負担してもらえ、発表会を体験できるほか、いち早く発表された新製品をタッチ&トライできます。

Show Your Love For Galaxyは日本では今年2月に最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10」シリーズの発表会に続いての実施となります。詳細は受付開始後にGalaxy利用者向け専用アプリ「Galaxy Member」にてご確認ください。なお、前回のでは日本国内在住の20歳以上で有効なパスポートがあることなどが応募条件となっていました。

続きを読む

UQ mobile向け高コスパスマホ「Galaxy A30」が6月14日に発売!SIMフリーで価格は3万1644円の実質2万6460円。オリジナルグッズプレゼントキャンペーンも実施


UQモバイル向け高コスパスマホ「Galaxy A30」が6月14日発売!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は10日、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )向けのコストパフォーマンスの高いスマートフォン(スマホ)「Galaxy A30」(Samsung Electronics製)を2019年6月14日(金)に発売すると発表しています。

販路はUQスポットや量販店などのUQ mobile取扱店頭および公式Webストア「UQオンラインショップ」などとなっており、UQ mobile取扱店舗では6月14日より順次、UQオンラインショップでは6月14日9:00より販売開始します。

価格(税込)はUQオンラインショップにおいては契約種別・プランともに同じで本体代金31,644円(分割なら初回1,836円+1,296円/月×24回)のマンスリー割-216円/月×24回(総額-5,184円)の実質26,460円(分割なら初回1,620円+1,080円/月×23回)。なお、両機種ともに購入時からSIMロックのかかっていないSIMフリー製品となるとのこと。

また発売を記念してUQ mobileとサムスン電子ジャパンがコラボレーションした『UQ×Galaxy コラボ「UQ mobile Galaxy A30発売記念キャンペーン」』を6月14日12:00から実施し、期間中にUQ( @UQ_WiMAX )とGalaxy( @GalaxyMobileJP )のTwitterの両公式アカウントをフォローし、UQ公式Twitterによる該当キャンペーンツイートをRTした人の中から抽選で30人にUQ・Galaxyのオリジナルグッズをプレゼントします。期間は6月30日(日)23:59まで。

続きを読む

即日修理も可能なGalaxy世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」を写真と動画で紹介!最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10・S10+」も展示【レポート】


Galaxyを知っていても知らなくても楽しいスペースが原宿にオープン!

既報通り、サムスン電子ジャパンが東京・原宿に地下1階から地上6階までの7フロアを使って「Galaxy」ブランドにおける世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」を3月12日にオープンした。

昨年夏まで実施されていた「Galaxy Showcase」も同じく原宿であったが、今回オープンしたGalaxy Harajukuは製品紹介をメインとした“ショーケース”だけではなく、原宿を訪れた誰でもが楽しめる空間作りをめざしている。

そのため、カフェやリラックスできるスペースを設けることで、立ち寄りやすくしており、若者層にもGalaxyのブランディングをすることが狙いである。またGalaxy製品が体験できるだけではなく、各種アクセサリー、NTTドコモやauのGalaxyスマートフォン(スマホ)の契約も可能なショップもある。

さらに修理サービスのカウンターも設けており、1時間程度で修理が可能であるとのこと。なによりもGalaxyでは初の常設店舗であるため、まさに単なるショーケースだけでなく、フラッグシップストアを含めた総合施設となっている。

そして現在1階には日本未発表の最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10」および「Galaxy S10+」の海外版の実機展示が行われているほか、話題の折りたたみ可能なフォルダブルスマホ「Galaxy Fold」がショーケースの中に展示されている。

今回はそんな新しいGalaxyの魅力だけでなく、カフェやアトラクションで楽しめるGalaxy Harajukuの各フロアを写真と動画で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。