S-MAX

サムスン電子ジャパン

Sペン入力に対応した最新ハイエンドスマホ「Galaxy Note8」がNTTドコモとauから発売へ!FCCを「SC-01K」と「SCV37」が通過


Galaxy Note8がdocomoとauから発売へ!FCC認証を通過

米連邦通信委員会(FCC)は12日(現地時間)、サムスン電子製のNTTドコモ向けスマートフォン(スマホ)「SC-01K」(FCC ID:A3LSC01K) およびau向けスマホ「SCV37」(FCC ID:A3LSCV37)が通過したことを公開しています。

それぞれ未発表の製品ですが、NTTドコモとauの型番の付け方(ルール)に沿っており、サムスン電子製の次のNTTドコモ向けはSC-01K、次のau向けはSCV37になることから各々がNTTドコモ向けおよびau向けであることが推測できます。

また資料で公開されている電池パックの型番「EB-BN950ABA」がiFixitによるGalaxy Note8の分解で判明している型番と一致しており、資料ではこの製品の標準的なバッテリーを使用していると記載されていることからともに最新スマホ「Galaxy Note8」であると考えられます。

Galaxy Note8は海外では8月23日に発表され、アメリカや台湾などの最初に発売される1次販売国・地域では9月15日に発売される予定ですが、現時点では日本への投入については明らかにされていません。

ただし、日本法人のサムスン電子ジャパンでは「Galaxy」シリーズの公式WebサイトにてGalaxy Note8の日本語ページを公開しており、掲載した製品は基本的にトラブルがない限りは日本で発売しているだけに日本での発売が期待されています。

そういった中で今夏モデルの「Galaxy S8」や「Galaxy S8+」もNTTドコモとauから発売されましたが、同様にGalaxy Note8についてもNTTドコモとauから発売される方向で準備されていることがFCCを通過したことから推察されます。早く正式発表して欲しいところですね!

続きを読む

サムスン電子ジャパン、Sペン入力に対応した最新プレミアムスマホ「Galaxy Note8」の日本語ページを公式Webサイトにて公開!日本でも発売の可能性高そう


Galaxy Note8は日本投入あるか!?日本語ページはすでに掲載中

サムスン電子ジャパンは24日、サムスン電子(以下、Samsung)から発表されたばかりのSペン入力に対応した最新プレミアムスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note8」の日本語ページを公式Webサイトにて公開しています。

昨年の「Galaxy Note7」については先行して販売開始された海外で発火事故が起きてリコールになったために残念ながら日本での発売はありませんでしたが、日本でも発売する予定であったことをNTTドコモやauが明らかにしており、それ以外の過去の製品では日本語ページが掲載された場合は日本で発売されていることが多く、Galaxy Note8についても投入される可能性は高そうです。

最近の流れからすると、NTTドコモやauからとなりそうで、NTTドコモ向けと見られる「SGH-N473(メーカー型番)」が各種認証を通過しているほか、au向けと見られるものもあったりしており、Galaxy S8やGalaxy S8+と同様にNTTドコモおよびauから発売されそうです。

続きを読む

NTTドコモ、ずっと毎月1500円割引のdocomo with対象の高コスパスマホ「Galaxy Feel SC-04J」を6月15日に発売!オンラインショップでは6月13日10時より購入手続き開始


NTTドコモがdocomo withスマホ「Galaxy Feel SC-04J」を6月15日に発売!

NTTドコモは12日、今夏以降に発売する「2017年夏モデル」のうちの約4.7インチHD(720×1280ドット)Super AMOLED(有機EL)や64bit対応オクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミドルハイレンジクラスのAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「Galaxy Feel SC-04J」(サムスン電子製)を2017年6月15日(木)に発売すると発表しています。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施されており、ドコモオンラインショップでは6月13日(火)10時より購入手続きが開始され、お届け日は6月15日からとなっています。

続きを読む

毎月ずっと1500円割引の新料金施策「docomo with」に対応しつつも一切の妥協なしな4.7インチ小型スマホ「Galaxy Feel SC-04J」を写真と動画で紹介【レポート】


コストパフォーマンスの高いdocomoのミッドハイレンジスマホ「Galaxy Feel SC-04J」を写真と動画でチェック!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約4.7インチHD(720×1280ドット)Super AMOLED(有機EL)や64bit対応オクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミドルハイレンジクラスのAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「Galaxy Feel SC-04J(以下、SC-04J)」(サムスン電子製)を発表しました。

発売時期は2017年6月中旬を予定しており、すでにらドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施されています。毎月の利用料からずっと1,500円が割り引かれる新料金施策「docomo with」の対象機種で、価格(税込)は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が36,288円(1,512円/月×24回)。

今回、発表会会場に併設されたタッチ&トライコーナーにてSC-04Jを触る機会がありましたので、写真と動画でレポートをお送りいたします。なお、詳細な製品情報については「NTTドコモ、4.7インチ小型スマホ「Galaxy Feel SC-04J」を発表!防水・防塵やおサイフケータイ、ワンセグ、指紋認証、VoLTEに対応したバランスの良いモデルで、6月中旬発売 - S-MAX」も合わせてご覧ください。

続きを読む

5.8インチなのにiPhone 7に近い横幅を実現!18.5:9の超ワイドディスプレイが斬新なNTTドコモ向けハイエンドスマホ「Galaxy S8 SC-02J」を写真と動画で紹介【レポート】


docomo向け最新スマホ「Galaxy S8 SC-02J」を写真と動画でチェック!

既報通り、NTTドコモは24日、今夏以降に発売・開始する新モデルや新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」を開催し、約5.8インチ縦横比18.5:9のSuper AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載するスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8 SC-02J(以下、Galaxy S8)」(サムスン電子製)を6月上旬に発売すると発表した。

発売時期は2017年6月上旬を予定しており、すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施され、価格(税込)は本体価格93,960円(3,915円/月×24回)で、実質負担額が新規契約および機種変更で5万円台、他社から乗り換え(MNP)で1万円台を予定。

また5月24日から発売日までの期間に予約して購入し、キャンペーンサイトにて応募することで「Galaxy Gear VR with Controller」がプレゼントされるキャンペーンも実施しているほか、以前に紹介したように価格.comにて先着1万枚の5,400円割引クーポンが配布されている。

Galaxy S8 SC-02Jは主なスペックとしてCPUにQualcomm製「Snapdragon 835」(MSM8998)プロセッサー、ディスプレイ解像度QHD+(1440×2960ドット)、4GB内蔵メモリー(RAM)、64GB内部ストレージ、microSDXCカード(最大256GBまで)、3000mAhバッテリー、防水(IPX5およびIPX8)、防塵(IP6X)、LTE最大速度受信時500Mbpsおよび送信時50Mbps、Bluetooth 5.0、ワンセグ・フルセグ、おサイフケータイ(FeliCa)などとなっている。

その他の詳細な製品情報は「NTTドコモ、新フラッグシップスマホ「Galaxy S8 SC-02J」を発表!縦長5.8インチのInfinity DisplayやSnapdragon 835、4GB RAMなどを搭載し、6月上旬発売 - S-MAX」を参照してもらうとして、今回はタッチ&トライコーナーでGalaxy S8 SC-02Jの実機を試すことができたので、写真と動画で紹介していく。

続きを読む

最新スマホのGalaxy S8・S8+・Feelなどを試せるアミューズメントイベント「Galaxy Studio Tokyo」が原宿で開催!タッチ&トライに加え、新しいVR型体験アトラクションも【レポート】


Galaxyが最新製品を思い切り楽しめるイベントを原宿で開催!

サムスン電子ジャパンが2017年5月26日(金)から7月3日(月)の39日間にかけて「Galaxy」シリーズのスマートフォン(スマホ)などの製品を実際に手にとってタッチ&トライできるほか、VR(仮想現実)技術を用いたアトラクションを楽しめるイベント「Galaxy Studio Tokyo」を東京・原宿にあるギャラリースペース「BANK GALLERY」で開催します。

これまでにも各地で開催されて昨年は累計43万人以上が参加したGalaxyのアミューズメントイベント「Galaxy Studio」ですが、新たに最新フラッグシップスマホ「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」、そして新しい「Galaxy Gear VR」を引っ提げて実施されます。今回は同イベントの開始前日(5月25日)に開催されたメディア向け内覧会に参加してきたので、一足先にイベントの様子をご紹介します。なお、イベントの参加はすべて無料となっています。

続きを読む

NTTドコモ、新フラッグシップスマホ「Galaxy S8+ SC-03J」を発表!縦長6.2インチのInfinity DisplayやSnapdragon 835、4GB RAMなどを搭載、下り最大788Mbps対応で6月上旬発売


docomoが6.2インチスマホ「Galaxy S8+ SC-03J」を発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約6.2インチWQHD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)や64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8+ SC-03J」(サムスン電子製)を発表しています。

発売時期は2017年6月上旬を予定し、本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。また5月24日から発売日までの期間に予約して購入し、キャンペーンサイトにて応募することで「Galaxy Gear VR with Controller」がプレゼントされるキャンペーンも実施。

今年2月にスペイン・バルセロナにて開催された「MWC 2017」に合わせて発表された「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」ですが、ようやく日本でも昨日のau向け「Galaxy S8+ SCV35」に続いてNTTドコモから発売することが発表されました。グローバル版でも防水・防塵に対応していますが、au版と同様にNTTドコモ版でもおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグにも対応。

またNTTドコモ版ではGalaxy S8 SC-03Jはミッドナイト ブラックおよびアークティック シルバーの2色が販売され、従来の日本向けと同様にSAMSUNGロゴはなく、背面上部にdocomoロゴとなっており、背面下部にGalaxyロゴが配置されています。

さらにNTTドコモ向けにはより大きなサイズの約6.2インチWQHD+ディスプレイを搭載した「Galaxy S8 SC-02J」も同時に発売されますが、違いとしてはグローバル版などと違ってサイズや電池容量以外にも3.5GHz帯(Band 42)への対応・非対応もあり、Galaxy S8+ SC-03Jは対応で下り最大788Mbpsとなっています。

続きを読む

NTTドコモ、新フラッグシップスマホ「Galaxy S8 SC-02J」を発表!縦長5.8インチのInfinity DisplayやSnapdragon 835、4GB RAMなどを搭載し、6月上旬発売


docomoが5.8インチスマホ「Galaxy S8 SC-02J」を発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約5.8インチWQHD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)や64bit対応オクタコアCPU、4GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用のスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8 SC-02J」(サムスン電子製)を発表しています。

発売時期は2017年6月上旬を予定しとえり、本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。また5月24日から発売日までの期間に予約して購入し、キャンペーンサイトにて応募することで「Galaxy Gear VR with Controller」がプレゼントされるキャンペーンも実施。

今年2月にスペイン・バルセロナにて開催された「MWC 2017」に合わせて発表された「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」ですが、ようやく日本でも昨日のau向け「Galaxy S8 SCV36」に続いてNTTドコモから発売することが発表されました。グローバル版でも防水・防塵に対応していますが、au版と同様にNTTドコモ版でもおサイフケータイ(FeliCa)やワンセグ・フルセグにも対応。

またNTTドコモ版ではGalaxy S8 SC-02Jはオーキッド グレーおよびコーラル ブルー、ミッドナイト ブラックの3色が販売され、従来の日本向けと同様にSAMSUNGロゴはなく、背面上部にdocomoロゴとなっており、背面下部にGalaxyロゴが配置されています。

さらにNTTドコモ向けにはより大きなサイズの約6.2インチWQHD+ディスプレイを搭載した「Galaxy S8+ SC-03J」も同時に発売されますが、違いとしてはグローバル版などと違ってサイズや電池容量以外にも3.5GHz帯(Band 42)への対応・非対応もあり、Galaxy S8 SC-02Jは非対応で下り最大500Mbpsとなっています。

続きを読む

NTTドコモ、4.7インチ小型スマホ「Galaxy Feel SC-04J」を発表!防水・防塵やおサイフケータイ、ワンセグ、指紋認証、VoLTEに対応したバランスの良いモデルで、6月中旬発売


docomoが4.7インチ小型スマホ「Galaxy Feel SC-04J」を発表!

NTTドコモは24日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2017夏 新サービス・新商品発表会(docomo Collection 2017)」」を開催し、約4.7インチHD(720×1280ドット)Super AMOLED(有機EL)や64bit対応オクタコアCPU、3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したミドルハイレンジクラスのAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「Galaxy Feel SC-04J」(サムスン電子製)を発表しています。

発売時期は2017年6月中旬を予定しており、本日5月24日(水)11時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。なお、月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円が割り引かれる新料金プラン「docomo with」の対象機種で、価格(税込)は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)ともに本体価格が36,288円(1,512円/月×24回)です。

NTTドコモだけのオリジナルモデルで、新しくGalaxy Feelというペットネームで投入され、既存の「Galaxy」シリーズのディスプレイの下中央に指紋センサーを兼ねたホームキーなどのナビゲーションキーを搭載するスタイルを継承し、昨夏モデル「Galaxy S7 edge」(NTTドコモ向けは「Galaxy S7 edge SC-02H」)のエッジスクリーンではなく、2.5Dラウンドガラスとメタルボディーで高級感かつ手に収まるちょうど良いサイズの製品になっています。

続きを読む

サムスン電子ジャパン、Galaxy公式Webサイトをリニューアル!ドメインは新たに「galaxymobile.jp」とし、ブランド展開を訴求する新CMも放映中


Galaxy公式Webサイトをリニューアル!

サムスン電子ジャパンが展開するスマートフォン(スマホ)などの「Galaxy」ブランドの公式Webサイトをリニューアルし、ドメインが新たに「galaxymobile.jp」となっています。

スマホ本体へのロゴも日本向けは「Samsung」が付けられなくなったことに合わせて、新サイトでもほぼ「Samsung(サムスン)」の文字は見当たらなくなっています。

また合わせて5月1日からはGalaxyブランドの認知度向上をめざして映画やドラマで人気の山﨑賢人さんが出演する新CMが展開されており、5月8日からは新CM第2弾がオンエアされています。

第2弾までは今後の壮大なストーリーの序章となっているとのことで、湖に落としたGalaxyが次回以降に新たな展開となるということで、そろそろ次機種「Galaxy S8」や「Galaxy S8+」の日本での発表も近づいてきたという感じでしょうか。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。