S-MAX

サムスン電子ジャパン

次期プレミアムスマホ「Galaxy Note10」シリーズが発表予定のグローバル発表会「Unpacked 2019」に3人を招待するキャンペーンを募集中!アメリカ・ニューヨークへの旅費を負担


サムスン電子ジャパンが発表会「Galaxy Unpacked 2019」に3人を紹介!Show Your Love For Galaxyキャンペーン

サムスン電子ジャパンは4日、アメリカ・ニューヨークで現地時間(PST)で2019年8月7日(水)に開催予定のグローバル製品発表会「Samsung Galaxy Unpacked 2019」に招待するキャンペーン「Show Your Love For Galaxy」を実施すると発表しています。

キャンペーンは受付期間2019年7月5日(金)から7月9日(火)23:59までに専用ページから応募し、抽選で3人にSamsung Galaxy Unpacked 2019へ参加するための現地滞在中発生するすべての費用(往復航空券・宿泊費・現地交通費など)を負担してもらえ、発表会を体験できるほか、いち早く発表された新製品をタッチ&トライできます。

Show Your Love For Galaxyは日本では今年2月に最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10」シリーズの発表会に続いての実施となります。詳細は受付開始後にGalaxy利用者向け専用アプリ「Galaxy Member」にてご確認ください。なお、前回のでは日本国内在住の20歳以上で有効なパスポートがあることなどが応募条件となっていました。

続きを読む

UQ mobile向け高コスパスマホ「Galaxy A30」が6月14日に発売!SIMフリーで価格は3万1644円の実質2万6460円。オリジナルグッズプレゼントキャンペーンも実施


UQモバイル向け高コスパスマホ「Galaxy A30」が6月14日発売!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は10日、auから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )向けのコストパフォーマンスの高いスマートフォン(スマホ)「Galaxy A30」(Samsung Electronics製)を2019年6月14日(金)に発売すると発表しています。

販路はUQスポットや量販店などのUQ mobile取扱店頭および公式Webストア「UQオンラインショップ」などとなっており、UQ mobile取扱店舗では6月14日より順次、UQオンラインショップでは6月14日9:00より販売開始します。

価格(税込)はUQオンラインショップにおいては契約種別・プランともに同じで本体代金31,644円(分割なら初回1,836円+1,296円/月×24回)のマンスリー割-216円/月×24回(総額-5,184円)の実質26,460円(分割なら初回1,620円+1,080円/月×23回)。なお、両機種ともに購入時からSIMロックのかかっていないSIMフリー製品となるとのこと。

また発売を記念してUQ mobileとサムスン電子ジャパンがコラボレーションした『UQ×Galaxy コラボ「UQ mobile Galaxy A30発売記念キャンペーン」』を6月14日12:00から実施し、期間中にUQ( @UQ_WiMAX )とGalaxy( @GalaxyMobileJP )のTwitterの両公式アカウントをフォローし、UQ公式Twitterによる該当キャンペーンツイートをRTした人の中から抽選で30人にUQ・Galaxyのオリジナルグッズをプレゼントします。期間は6月30日(日)23:59まで。

続きを読む

即日修理も可能なGalaxy世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」を写真と動画で紹介!最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10・S10+」も展示【レポート】


Galaxyを知っていても知らなくても楽しいスペースが原宿にオープン!

既報通り、サムスン電子ジャパンが東京・原宿に地下1階から地上6階までの7フロアを使って「Galaxy」ブランドにおける世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」を3月12日にオープンした。

昨年夏まで実施されていた「Galaxy Showcase」も同じく原宿であったが、今回オープンしたGalaxy Harajukuは製品紹介をメインとした“ショーケース”だけではなく、原宿を訪れた誰でもが楽しめる空間作りをめざしている。

そのため、カフェやリラックスできるスペースを設けることで、立ち寄りやすくしており、若者層にもGalaxyのブランディングをすることが狙いである。またGalaxy製品が体験できるだけではなく、各種アクセサリー、NTTドコモやauのGalaxyスマートフォン(スマホ)の契約も可能なショップもある。

さらに修理サービスのカウンターも設けており、1時間程度で修理が可能であるとのこと。なによりもGalaxyでは初の常設店舗であるため、まさに単なるショーケースだけでなく、フラッグシップストアを含めた総合施設となっている。

そして現在1階には日本未発表の最新フラッグシップスマホ「Galaxy S10」および「Galaxy S10+」の海外版の実機展示が行われているほか、話題の折りたたみ可能なフォルダブルスマホ「Galaxy Fold」がショーケースの中に展示されている。

今回はそんな新しいGalaxyの魅力だけでなく、カフェやアトラクションで楽しめるGalaxy Harajukuの各フロアを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」を東京・原宿に3月12日よりオープン!ビルの地下1F〜6Fまでの常設施設で、最新スマホなどの展示やVRアトラクション、イベントを体験などが可能


世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」を東京・原宿に3月12日オープン!

サムスン電子ジャパンは27日、東京・原宿に世界最大級のショーケース「Galaxy Harajuku」を2019年3月12日(火)よりグランドオープンすると発表しています。ただし、3月12日は事前招待者のみとなっているため、一般向けは3月13日(水)16:00からとなっています。

営業時間は11:00〜20:00ですが、3月14日(木)は13:00から営業開始とのこと。場所は東京メトロ・明治神宮前駅から徒歩2分、JR山手線・原宿駅から徒歩5分の原宿宝エステートビルで、地上6階/地下1階の7フロアで構成されています。

これまでの期間限定で展開してきた「Galaxy Studio」と同様に「Galaxy」だからこそ実現できた今までにない体験価値を提供し、常設施設としてさらに想像を超える驚きと感動の体験によって何度来ても新しい発見に出会える体感型施設となっています。

これにより、新製品の情報はもちろんのこと、さまざまなイベントやアクティビティーを提供していくほか、ゆったりとくつろいでいただけるカフェを併設するなどしているとのこと。なお、施設の顔となる正面外観(建築ファサード)のデザインはアーティスト・デザイナーの吉岡徳仁氏が手掛けているということです。

続きを読む

ペン入力だけでなく高性能スマホ「Galaxy Note9」はカメラ女子にもオススメ!イベント「Galaxy Sessions 松井愛莉 Do×Lifestyle」を写真と動画で紹介【レポート】


松井愛莉さんがスペシャルゲストのGalaxyイベントを開催!Galaxy Note9の魅力を訴求

サムスン電子ジャパンがペン入力に対応した高性能スマートフォン(スマホ)「Galaxy Note9」の機能を活用したイベントを昨年12月18日に六本木ヒルズ・ヒルズカフェで実施していた「Galaxy Studio Roppongi Hills」にて開催した。

イベントは「Galaxy Sessions 松井愛莉 Do×Lifestyle」と題して特別ゲストに女優・モデルの松井愛莉さんを迎えて、一般ユーザー50人とともに“SNS映え”する写真を体験するというもの。

現在、GalaxyのウェブCMに出演する松井さんは、3年前からGalaxyユーザーで「Galaxy S7 edge」や「Galaxy S9」を利用してきたという。そして発売前にGalaxy Note9を体験した松井さんは、Sペンを利用した新機能「リモートシャッター」を活用しているという。

今回は、そんな松井さんと体験するGalaxy Note9の新機能とSNS映えを狙った活用法についてのイベントレポートを写真と動画で紹介する。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。