S-MAX

ソフトバンク

全日本空輸、マイルが貯まる「ANA Phone」第4弾スマホ「Xperia XZ3」を11月29日に発売!ウルトラギガモンスター+やミニモンスターに対応。各種キャンペーンも


ANA Phone第4弾スマホ「Xperia XZ3」が11月29日発売!

全日本空輸(以下、ANA)とソフトバンクグループのSBパートナーズは19日、ソフトバンクの携帯電話網を利用した仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「ANA Phone」( https://www.ana.co.jp/amc/anaphone/ )に新しいスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ3」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を追加すると発表しています。

発売日は2018年11月29日(木)で、価格(税込)は本体代119,040円とSoftBank版と同じ。また新機種の発売に合わせて料金プランを刷新し、SoftBankと同様に対象サービスの通信量がカウントフリーとなる「ウルトラギガモンスター+」や4段階定額の「ミニモンスター」を提供します。

さらに新機種発売を記念し、2019年3月31日までのキャンペーン期間中の契約事務手数料および機種変更手数料を無料とし、ANA Phoneの既存の契約者が機種変更すると2年間毎月200マイルが貯まる「機種変更月々マイル」や、ウルトラギガモンスター+のすべてのデータ通信が2019年4月7日までカウントフリーで使い放題となる「ギガ使い放題キャンペーン」を実施します。

加えて、ANA Phone誕生2周年を記念し、新規契約すると抽選で3万円相当のANA SKYコインプレゼントやANAグループ便の搭乗で1,000マイルをプレゼントするほか、店舗限定でのANAカードマイルプラスダブルマイルプレゼントなどのお得なキャンペーンが行われます。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R2 compact」を発表!ダブルノッチで大画面化しつつ、片手操作しやすく。2019年1月中旬以降発売


SoftBankからプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R2 compact」が登場!

ソフトバンクは15日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019年春モデル」として約5.2インチFHD+(1080×2280ドット)ハイスピードIGZO液晶を搭載したAndroid 9(開発コード名:Pie)採用スマートフォン(スマホ)「AQUOS R2 compact」を発表しています。

発売時期は2019年1月中旬以降を予定し、発売に先立ってソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて予約受付実施する予定です。

なお、シャープではフラッグシップスマホ「AQUOS zero」の取り扱いは日本ではソフトバンクのみとなっていますが、AQUOS R2 compactについてはSIMフリー版も検討しており、前機種「AQUOS R compact」と同様にau版も用意される可能性がありそうです。

続きを読む

ソフトバンク、ワイモバイル向けシャープ製スマホ「Android One X4」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


Y!mobileスマホ「Android One X4」がAndroid 9.0 Pieに!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は31日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向けスマートフォン(スマホ)「Android One X4」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年11月14日(水)より順次提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)でネットワーク経由によるOTAが用意されており、更新の完了までに最大30分程度かかる場合があるとしています。更新後のビルド番号は「S1002」。なお、日本国内向け製品ではAndroid P Beta Program対象の「Essential Phone PH-1」を除くとAndroid 9.0 Pieの正式版へのOSバージョンアップは初となります。主な変更点は以下の通り。

・Android 9へのOSバージョンアップ
・まれに起動できない事象の改善
・セキュリティの向上


続きを読む

ソフトバンクが12月19日に東京証券取引所に上場決定!売出後はSBGJが株式63.14%を保持し、業績予想も公開。一般売出は野村證券が担当し、価格は未定


いよいよソフトバンクが12月9日に東京証券取引所に上場!

ソフトバンクグループは12日、同社の子会社で携帯電話・固定電話などの通信事業を行っているソフトバンクが東京証券取引所に2018年12月19日(水)に上場することが承認されたと発表しています。

上場に伴って同社の100%小会社であるソフトバンクグループジャパン(SBGJ)が保有するソフトバンクの株式99.9%のうちの36.76%に当たる16億369万3700株を売り出し、売出後のSGBJの保有株式は36.76%となる予定。

売出は野村證券や大和証券、SMBC日興証券、みずほ証券、三菱UFJモルガン・スタンレー証券、SBI証券、岡三証券、東海東京証券などの引受人の買取引受で行われ、さらにオーバーアロットメントによって野村證券が1億6036万9400株の一般売出を行います。

オーバーアロットメントによる売出価格は未定。申込株数単位は100株。合わせてソフトバンクでは2019年3月期業績見通しを公開し、売上高3兆7006億円、営業利益7000億円、純利益4200億円などを予想しています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けフラッグシップスマホ「AQUOS R2」の新色「ブルーシルバー」と「ピンクゴールド」を11月9日に発売!Tポイント5千円分をもれなくプレゼント


SoftBank向けフラッグシップスマホ「AQUOS R2」の新色が11月9日発売!

ソフトバンクは6日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2018年冬モデル」としてフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R2(型番:706SH)」(シャープ製)の新色「ブルーシルバー」および「ピンクゴールド」を2018年11月9日(金)に発売すると発表しています。

AQUOS R2は「2018年夏モデル」として今年6月に発売されたアスペクト比9:19の縦長な約6.0インチQHD+(1440×3040ドット)ハイスピードIGZO液晶(約561ppi)を搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用のハイエンドモデルです。

SoftBank向けにはこれまでローズレッドおよびプレミアムブラック、プラチナホワイトの3色が販売されてきましたが、新たにブルーシルバーおよびピンクゴールドが追加されることが10月11日に発表され、今回、正式に発売日が決定しました。なお、新色発売後も既存色も併売されるとのこと。

また新色の予約受付は実施されておらず、現時点でも公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」では既存色のみが販売されています。価格(税込)は既存色と同様に本体代93,120円(分割1,940円/月×24回または3,880円/月×48回)となっています。

なお、新色発売に合わせてAQUOS R2を11月9日から12月31日までに購入し、2019年1月7日までに専用ページから応募した人全員に、Tポイント5,000ポイントをプレゼントする「SoftBank AQUOS R2 Tポイント5,000ポイントプレゼントキャンペーン」( http://k-tai.sharp.co.jp/campaign/r2cp/aquos-r2-3rd/ )を実施します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。