S-MAX

チャージ

決済サービス「PayPay」の8月のキャンペーン「ワクワクペイペイ」はランチの時間帯に飲食店やスーパー、コンビニで最大20%還元!セブン銀行ATMで現金チャージも可能に


コード決済のPayPayが8月も毎日11〜14時ならスーパー・コンビニ・飲食店で最大20%還元キャンペーン!

ソフトバンクグループおよびソフトバンク、ヤフー(以下、Yahoo! JAPAN)の共同出資会社であるPayPayは1日、セブン銀行と提携して同社のスマートフォン(スマホ)など向け決済サービス「PayPay」において「セブン銀行ATM」で2019年7月11日(木)10:00より現金チャージができるようになると発表しています。

また合わせて7月11日0時から8月10日まで「セブン銀行でペイペイ現金チャーーーーーーージがはじまるキャンペーン」( https://paypay.ne.jp/event/seven-bank/ )を実施します。なお、PayPayではLINE Payやメルペイとともに7月11〜21日まで「最大20%戻ってくる!キャンペーン」も実施する予定です。

さらにPayPayでは毎月実施するキャンペーン「ワクワクペイペイ」( https://paypay.ne.jp/event/wakuwaku/ )の8月の内容が発表されており、7月に続いてランチの時間帯(11時〜14時)に最大20%のPayPayボーナス還元され、対象店舗が飲食店やスーパーマーケットに加えて「セブン-イレブン」や「ローソン」、「ファミリーマート」などのコンビニエンスストアも追加されます。

その他、グルメサービス「Retty」( https://retty.me/announce/paypay-lunch-campaign/ )と連携して7月と8月のワクワクペイペイにおける「PayPayランチ」の対象店舗を探せるようになったとのこと。Rettyの検索画面から「PayPayランチキャンペーン」を選択して検索すると、PayPayが使える店舗一覧表示されるようになっています。

続きを読む

セブン銀行のATMでモバイルSuicaや交通系ICカードのチャージができようになったので試してみた!チャージ金額はいくらから?おつりは出るの?【レポート】


セブン銀行のATMを活用しよう!

セブン銀行のATMでは、10月15日(月)から「交通系電子マネー」および「楽天 Edy」のチャージや残高確認ができるようになっている。

これまで、電子マネー「nanaco」のチャージや残高確認で使用していたセブン銀行ATMの電子マネーリーダーが、新たに「交通系電子マネー」および「楽天 Edy」に対応した形だ。

利用できる「交通系電子マネー」は、「Kitaca」「Suica」「PASMO」「TOICA」「manaca(マナカ)」「ICOCA」「SUGOCA」「nimoca」「はやかけん」の9種類。これらに加え、「楽天 Edy」も対応する。

今回はPASMOを使って、セブン銀行のATMでチャージしてみたので、その内容をレポートする。

続きを読む

JR東日本、iPhone 7とiPhone 7 PlusのApple Payで使えるSuicaでは「EX-IC」や銀行チャージ、キャリア決済チャージ、ネット決済サービスなどの一部サービスが利用できないことを案内


iPhone 7のApple PayによるSuicaではEX-ICなどが利用できず!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)が10月下旬にもサービスが開始されるAppleの新しいスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」におけるFeliCaによるモバイル決済サービス「Apple Play」対応によって電子切符・電子マネーサービス「Suica」が使えるようになる新サービスについて公式Webサイトで注意事項を公開しています。

従来までのフィーチャーフォンやAndroidで対応している「モバイルSuica」とは異なる仕組みを採用しており、iPhone 7やiPhone 7 PlusによるApple Payを使ったSuiCaについては東海旅客鉄道(以下、JR東海)が提供する東海道・山陽新幹線の予約サービス「EX-IC」や銀行チャージ、キャリア決済チャージ、ネット決済サービスなどで利用できないサービスが一部あるなどとしています。

続きを読む

パソコンやAndroidスマートフォンで「LINE ウェブストア」を使おう!「LINEプリペイドカード」のチャージ、スタンプの購入や利用方法を解説【ハウツー】


コンビニで購入できるLINEカードを使ってみよう!

既報の通り、LINE Corp.は、「LINE ウェブストア」( http://store.line.me からアクセス)で利用できる「LINE プリペイドカード」(以下、LINEプリカ)を昨年の9月30日から全国のセブンイレブン、ファミリーマート、ローソンで順次販売を開始した。

LINE ウェブストアは、同社が無料通話・無料メールサービスとして展開する「LINE(ライン)」において、パソコンやスマートフォンのWebブラウザーから「LINEの有料スタンプ」や「LINE GAME(LINEゲーム)」で利用可能な仮想通貨や有料スタンプをアプリを起動することなく購入できるサービス。

今回は、このLINEプリカをPCやAndroidスマートフォンを使ってチャージする方法や実際に有料コンテンツの購入方法などを解説する。

【ご 注 意】
・端末や利用するブラウザによって画面表示や項目の表記などが異なる場合があります。
・紹介する内容はAndroidやLINEアプリ、LINE ウェブストアなどのバージョンアップなどに伴い仕様が変更される可能性があります。
・LINE プリペイドカードのサービス自体が変更される可能性があります。
上記の点について、あらかじめご了承頂き、本稿記載の情報は記事執筆時のものとして参考にしてください。


続きを読む

Androidユーザーは要チェック!グーグルのプリペイドカード「Google Play ギフトカード」のチャージ、残高の確認方法【ハウツー】


パソコンやAndroidスマホなどで行うGoogle Play ギフトカードのチャージ、残高の確認方法

既報の通り、Google(グーグル)の日本法人であるGoogle Japanは2013年12月9日、Android向けコンテンツ配信マーケット「Google Playストア」で配信されているアプリや映画、書籍などの有料コンテンツが購入できるプリペイドカード「Google Play ギフトカード」(グーグル・ペイメント発行)を販売開始した。

昨年12月から順次販売が開始されおり、コンビニエンスストアやスーパー、ディスカウントストアで購入できる。取扱提携店舗は「セブン-イレブン」「ローソン」「ファミリーマート」「サークルKサンクス」「ミニストップ」「スリーエフ」「イオン」「ドン・キホーテ」「イトーヨーカ堂」。

これまで、Android搭載のスマートフォンやタブレットにおいて、Google Playストアから有料のアプリ、動画、電子書籍などを購入する際、Googleのアカウントにあらかじめ登録したクレジットカードによる決済、もしくは、NTTドコモやau、ソフトバンクモバイルなど通信事業者によるキャリア決済での利用となっていたが、Google Play ギフトカードを利用することで、プリペイドカード決済が可能になった。

クレジットカード利用ができない、したくない人はもちろん、キャリア決済も毎月の通信料と合算されることで利便性はあるものの、後払いによる高額請求の恐れなどもありチャージした分だけ購入できるというスタイルで金額を把握しながら利用したいといった人には便利なサービスだ。

また、複数のAndroid搭載機種を利用している人、無線LAN(Wi-Fi)やMVNOのSIMをメインに使っている人にとっては、キャリア決済の選択ができないためプリペイド決済は便利なサービスとなる。そしてGoogle Play ギフトカードのネーミング通り、スマートフォンが広まった昨今、家族や友人・知人への贈り物としても活用できる。

では、実際にこのGoogle Play ギフトカードを購入、もしくは貰った場合、使うにはどうしたらよいか?今回は、パソコン、およびAndroidスマートフォンからチャージする方法と残高を確認する方法を中心にまとめて紹介する。

【ご 注 意】
・端末によって画面表示や項目の表記などは異なる場合があります。
・紹介する内容はAndroidやGoogle Playアプリなどのバージョンアップに伴い仕様が変更される可能性があります。
・Google Play ギフトカードのサービスも今後変更される可能性があります。
上記の点について、あらかじめご了承頂き、本稿記載の情報は記事執筆時のものとして参考にしてください。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。