S-MAX

バイオ

モバイルPCの先駆け“バイオノート505”シリーズを再定義!897g以下の12.5インチ新製品「VAIO SX12」を写真と動画で紹介。5周年記念勝色モデルも【レポート】


小さい、軽い、ハイパフォーマンス、そして使いやすさでモバイルPCを再定義!VAIO SX12が発表

バイオは9日、都内にて「5周年記念 新製品発表会」を開催し、OSに「Windows 10」を搭載した12.5インチモバイルノートパソコン(PC)「VAIO SX12」を発表した。発売は2019年7月19日(金)で、すでに予約受付を開始している。また個人向けのVAIO SX12のほか、法人向けの「VAIO Pro PJ」も同時発売となる。

さらにキーボード刻印なしのカスタマイズ可能な「VAIO SX12|ALL BLACK EDITION」とVAIO 5周年記念の台数限定モデル「VAIO SX12|勝色特別仕様」モデルも発表となった。勝色特別仕様モデルには昨年発売の「VAIO SX14|勝色特別仕様」も同じく7月19日に発売される。

販売価格はオープン価格ながらオンラインショップ「ソニーストア」などのソニーマーケティングが取り扱う個人向けカスタマイズモデルが119,800円(価格はすべて税抜)から、VAIOが取り扱うオリジナルSIMバンドルモデルが141,800円から、家電量販店モデルは194,800円からとなる。

またALL BLACK EDITIONのソニーマーケティング取り扱うモデルが201,800円から、バイオが取り扱うオリジナルSIMバンドルパッケージが223,800円から。勝色特別仕様モデルは、ソニーマーケティング取り扱いモデルが216,800円から、バイオが取り扱うオリジナルSIMバンドルパッケージが262,800円からとなる。

今回はメインマシンの最小形をコンセプトとするVAIO SX12を、記者発表会の前に行われた内覧会での取材をもとに写真と動画で紹介していく。

続きを読む

大画面化と堅牢性と軽さを実現したモバイルノートPC「VAIO SX14」を発表!バイオらしいもの作りはどこに活かされているのか?【レポート】


スタンダードながらハイパフォーマンスも実現した「VAIO SX14」を紹介!

バイオは17日、新たなモバイルノートパソコン(PC)として個人向け「VAIO SX14」および法人向け「VAIO Pro PK」を2019年1月25日(金)に発売すると発表した。受注開始は本日1月17日(木)より実施され、VAIO SX14の価格は「ソニーストア」では139,800円(税別)から。

同社ではスタンダードモデルである「VAIO S」シリーズにおいてモビリティーを重視した11.6インチの「VAIO S11」およびその法人向け「VAIO Pro PF」、使いやすさを重視した13.3インチの「VAIO S13」およびその法人向け「VAIO Pro PG」を2017年9月に発売している。

これらのモデルは「モバイルワークの『快』を極めたPC」をコンセプトにサイズや軽さだけではなく、パフォーマンスや使いやすさ、スタミナ、堅牢性、従来機器との接続を含めた扱いやすさなど、シンプルながらVAIOらしい作り込みがなされたノートPCであった。

今回発表されたVAIO SX14は、このVAIO S13のフットプリントと同等ながらより大画面の14.0インチを実現しており、さらに軽さも追求して14.0インチながら1Kgを切る約999gとなり、13.3インチモデルの約1.06gよりも軽量化に成功している。

サイズは従来モデルと同等で大画面、そして軽量とモバイルワークの「快」をさらに極めているのである。今回はそんなVAIO SX14をいち早く試すことができたので、外観や特徴などを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

バイオが11インチ、13インチ、15インチのノートPC「VAIO S」シリーズを刷新!Made in JapanモデルでLTEに対応するVAIO S11とVAIO S13を写真と動画で紹介【レポート】


CMに出演する市川実日子さんがゲストとして登場したVAIO新製品発表会!

バイオ(VAIO)は21日、都内にて「PC新製品発表会」を開催し、ノートパソコン(PC)の新製品として個人向け「VAIO S11」および「VAIO S13」、「VAIO Pro S15」、法人向け「VAIO Pro PF」および「VAIO Pro PG」、「VAIO Pro PH」を2017年9月29日(金)に発売することを発表した。

個人向けおよび法人向けの主力機種となる11.6インチおよび13.3インチの4機種は“メイド・イン・ジャパン(Made in Japan)モデル”となる。さらにこの4機種はSIMフリーのLTEモデルとなり、microSIMカード(3FF)によるモバイルデータ通信を可能としている。

今回は、このVAIOの新製品について発表会レポートおよび製品を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

DSDSやVoLTEに対応し、アルミ削り出しボディーながら2万円台半ばのSIMフリースマホ「VAIO Phone A」の使い心地は?1ヶ月使ってのカメラや総評をまとめて紹介【レビュー】


SIMフリースマホ「VAIO Phone A」のレビュー!最終回はカメラや全体的な使い勝手をチェック

VAIO(バイオ)から4月に発売されたSIMフリースマートフォン(スマホ)「VAIO Phone A(型番:VPA0511S)」ですが、購入から約1ヶ月が経過し、途中、不具合が発生して修理に旅立ったりもしましたが、筆者が普段持ち歩く複数台のスマホのうちの1台として活躍中です。

そんなVAIO Phone Aのレビューも今回で第3回目となり、第1回目の開封レポート、第2回目のデュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)やVoLTEなど気になる点の紹介に続いて、よく使う「カメラ」をはじめとする全体的な使用感をご紹介していきたいと思います。

続きを読む

SIMフリースマホ「VAIO Phone A」の中身をチェック!独自カスタマイズの少ないUIや待望のDSDS・VoLTEはどんな感じ?NTTドコモに加えて、au VoLTEも試してみた【レビュー】


SIMフリースマホ「VAIO Phone A」のプリインアプリなどのソフトウェアを紹介!

VAIO(バイオ)から4月に発売されたSIMフリースマートフォン「VAIO Phone A(型番:VPA0511S)」。ハードウェアは昨年発売された「VAIO Phone Biz(型番:VPB0511S)」と同じながらOSが新たにWindows 10 MobileからAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)へ変更し、価格面でも実売25,000円とお買い得になりました。

筆者も購入し、前回は開封レポートを紹介しましたが、今回はプリインストールアプリやストレージ利用状況といった購入初期状態におけるソフトウェアと、売りである「DSDS(デュアルSIMデュアルスタンバイ)対応」や「VoLTE対応」について紹介していきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。