S-MAX

比較

販売ランキング上位に食い込む!ワイモバイルなどでも販売開始された人気スマホ「iPhone 7」と旧機種の「iPhone 6s」や「iPhone SE」はどれを買うべき?


Y!mobileなどで販売している人気スマホ「iPhone 7」と「iPhone 6s」、「iPhone SE」を比較してみた!

これまでに紹介してきたように2016年9月に発売されたスマートフォン(スマホ)「iPhone 7」が毎月の利用料が安い“格安SIM”と呼ばれる携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」や「UQ mobile」、「BIGLOBEモバイル」などでも昨年12月より販売開始された。

これにより、今年の“春商戦”ではNTTドコモやau、SoftBankといった大手携帯電話会社の「iPhone 8」や「iPhone XR」とともに人気となっている。一方でワイモバイルなどの格安SIMではさらに古い「iPhone 6s」や「iPhone SE」もまだ販売しており、取り扱いはじめたばかりのiPhone 7よりも安く購入可能だ。

そういったことから家電量販店などの販売ランキングを公開しているBCNでは2019年4月8~14日の「週間売れ筋ランキング」にてワイモバイルのiPhone 6sがauやNTTドコモのiPhone 8に続いて3位にランクインしていることを明らかにした。

そこで今回は果たしてワイモバイルなどではiPhone 7を購入したほうが良いのか、はたまたより安いiPhone 6sやiPhone SEを購入したほうが良いのか?を各機種の仕様や性能を実際に公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」で購入した製品で比べながら確かめていく。

続きを読む

人気スマホ「iPhone 7」がワイモバイルやUQモバイル、BIGLOBEモバイル、docomo withで販売開始!各社の価格をまとめてチェック。最も安いのはどこ?


iPhone 7の価格を紹介!Y!mobileやUQ mobile、BIGLOBE、docomo withで安いのは

それまではNTTドコモやau、SoftBankといった大手携帯電話会社のみが販売していた「iPhone 7」だが、昨年12月よりサブブランドの「ワイモバイル」や仮想移動体通信事業者(MVNO)の「UQモバイル」および「BIGLOBEモバイル」でも販売を開始した。

またNTTドコモでは今年2月より月々1,500円(税抜)をずっと割り引く「docomo with」の対象機種に追加し、2016年9月の発売から2年半が経過した今、サブブランドやMVNOといった“格安SIM”とともに月額利用料を含めてお得に購入できるようになった。

そこで今回は1年で最大の商戦期となるこの春にiPhone 7を購入する場合についてワイモバイルやUQモバイル、BIGLOBEモバイル、docomo withの価格や料金を比較しつつ、お得に利用できるのはどうしたら良いのか紹介していく。

続きを読む

人気スマホ「iPhone 7」がdocomo withの対象機種として販売開始!利用料がずっと毎月税抜1500円OFFになる施策が好調。他のAQUOS sense2やiPhone 6sなどをまとめて比較


iPhone 7がdocomo withの対象に!

既報通り、NTTドコモが携帯電話の毎月の利用料からずっと税抜1,500円(税込1,620円)を割り引く施策「docomo with」の対象機種に「iPhone 7」(Apple製)の32GBモデルを2月27日より追加し、ドコモショップや量販店などの店頭および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて販売開始しています。

価格は新規契約・機種変更・他社から乗り換え(MNP)の全オーダーで税抜39,600円(分割1,650円/月×24回)、税込では42,768円(分割1,782円/月×24回)で、同じく昨年9月よりdocomo withの対象機種となっている「[[iPhone 6s]]」と同じとなっています。これにより、仮に2年間使った時点での実質負担額に相当した場合では3,888円相当となり、docomo withの対象機種になる前の端末購入サポートのときよりも割安となっています。

なお、同社ではiPhone 6sも在庫限りではありますが、併売するようで現時点でドコモオンラインショップでもiPhone 6sがゴールドのみが在庫少ながら販売されており、店頭では期間限定などで独自割引によって一括1円などとなっているケースもあり、今後、iPhone 7がどうなるかわかりませんが、当面はiPhone 6sのほうが安く手に入れることができそうです。

今回は新たに追加されたiPhone 7やその前機種であるiPhone 6sを含めてdocomo withの対象機種である「AQUOS sense2 SH-01L」や「Galaxy Feel2 SC-02L」、「らくらくスマートフォンme F-01L」、「arrows Be F-04K」、「LG style L-03K」、「らくらくスマートフォンme F-03K」の現行8機種を比べてみたいと思います。

続きを読む

300万契約突破と人気のdocomo with対象機種はどれを買えば良い?Galaxy Feel2やAQUOS sense2、らくらくスマートフォンme、iPhone 6sなどの現行機種を徹底比較


2018-2018冬春のdocomo withを比べてみた!

既報通り、NTTドコモが今冬から来春にかけて発売する「2018-2019冬春モデル」を発表し、月々サポートや端末購入サポートといった購入補助割引が付かない代わりに毎月の利用料から1,500円(金額は特に記載がない限り税抜)が割り引かれる料金プラン「docomo with」の対象機種を3機種追加します。

新機種は11月9日に発売した「Galaxy Feel2 SC-02L」および今冬発売予定の「AQUOS sense2 SH-01L」、来春発売予定の「らくらくスマートフォンme F-01L」の3機種で、ともにdocomo with対象だった前機種「Galaxy Feel SC-04J」および「AQUOS sense SH-01K」、「らくらくスマートフォンme F-03K」の後継機種となります。

さらに「2017-2018冬春モデル」として発売された「MONO MO-01K」や「2018年夏モデル」として発売された「arrows Be F-04K」および「LG style L-03K」、そして今年9月より追加された「iPhone 6s」がdocomo with対象機種としてラインナップされています。なお、docomo with対象機種のうちすでに後継機種が発売されている「arrows Be F-05J」とGalaxy Feel SC-04Jについては公式Webストア「ドコモオンラインショップ」では販売終了となっています。

そのため、AQUOS sense SH-01Kやらくらくスマートフォンme F-03Kも後継機種の発売とともに在庫限りで販売終了となる可能性はあるものの、ひとまずこれらの2機種を含めた合計9機種が2018-2019冬春の商戦期におけるdocomo with対象機種となります。そこで本記事では8機種を比較しつつ、今冬から来春にかけてdocomo with対象機種を買うならどれが良いのか検討してみたいと思います。

続きを読む

Googleの新スマホ「Pixel 3」と「Pixel 3 XL」はどこか違う?NTTドコモ版はSIMロックがかかっていて解除対応。d系サービスのアプリはプリセットせず【レポート】


NTTドコモからも発売されるGoogleの新しいスマホをチェック!

NTTドコモは17日、今冬から来春にかけて発売する新製品を披露する「2018-2019冬春 新商品発表会」を都内で開催し、Googleの最新スマートフォン(スマホ)「Google Pixel 3」(以下、Pixel 3)と「Google Pixel 3 XL」(以下、Pixel 3 XL)を2018年11月1日(木)に発売することを改めて案内した。

Pixel 3とPixel 3 XLは、今月10日にGoogleから発表されたAndroid 9.0(開発コード名:Pie)を搭載するハイエンドスマホで、同日にNTTドコモとSoftBankでも取り扱うことがアナウンスされていた。

また、NTTドコモではすでに公式Webストア「ドコモオンラインショップ」における価格も案内しており、ドコモオンラインショップにおける両機種の予約開始日は10月19日(金)10時から、購入手続き開始は10月30日(火)10時からとなる。

そんなPixel 3とPixel 3 XLについて、NTTドコモの吉澤社長が発表会で、同社の「2018-2019冬春モデル」のラインアップとして取り扱うことを明言。展示会場でも実機が用意されており、試すことができたので両機種の違いや「Google ストア」で販売されるSIMフリー版とNTTドコモ版の違いなどを中心にレポートする。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。