S-MAX

法人

NTTドコモ、カメラ非搭載の折りたたみ型Androidケータイ「SH-02K」を発表!ビジネスをサポートするセキュアモデルで、2017年11月下旬発売で、主に法人向けに販売


docomoがカメラレスケータイ「SH-02K」を発表!2017年11月下旬発売

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、カメラレンズがないため外観からカメラレスと判断でき、カメラの持ち込みが禁止されている工場やオフィスなどのビジネスシーンに最適な折りたたみ型ケータイ「SH-02K」(シャープ製)を発表しています。

発売時期は2017年11月下旬を予定し、主に法人向けに販売されます。OSはAndroidを採用し、個人向け「AQUOS ケータイ SH-01J」がベースとなっており、高速通信サービス「4G LTE」や高音質通話サービス「VoLTE」に対応しています。

続きを読む

Googleが自動で簡単にAndroidの大量導入を行えるエンタープライズ向け新機能「Zero-touch enrollment」を発表!ソフトバンクもキャリアパートナーに


GoogleがAndroidの大量展開を自動で行えるように新サービス「Zero-touch enrollment」を発表!

みなさんは普段、Android搭載製品の初期設定を行う場合に普通に手動で設定していますよね?今回は、そういった一般利用者ではなく、企業などのエンタープライズユーザーを対象とした機能については紹介します。

企業では、Android搭載製品を一気に数十~数百台まとめて導入することがあります。これまでそのような場合にAndroid搭載製品を大規模展開するにはハードルが非常に高く、導入に2の足を踏む状態が続いていました。筆者自身も過去に200台ほどのAndroid搭載製品を手動で設定した苦々しい経験をしています。

そんな中、Googleは21日(現地時間)、こうしたエンタープライズ向けのAndroid搭載製品を簡単に大規模展開できる新サービス「Zero-touch enrollment」を発表しました。

続きを読む

ITpro EXPO 2015:Evernote、法人向けサービス「Evernote Buisiness」をアピール!Web通販で購入可能なコラボアイテムの展示も【レポート】

6c3fcff1.jpg
スマホ向けの定番アプリ「Evernote」が法人向けサービスをアピール!

東京・お台場にある東京ビッグサイトにて2015年9月30日(水)から10月2日(金)の4日間に渡ってITビジネスとその関連技術などの展示会「ITpro EXPO2015)」(主催:日経BP社)が開催されています(「Cloud Days 2015」および「ビッグデータEXPO 2015」、「セキュリティ&ガバナンス 2015」、「モバイル&ウエアラブル 2015」、「IoT Japan 2015」、「FACTORY 2015」、「デジタルヘルスDAYS」も併催)。

本記事では、スマートフォン(スマホ)向けアプリの定番「Evernote」のサービスを提供しているEvernote Corporationがビジネス向けのサービス「Evernote Buisiness」の展示をしていましたので、ブースの様子をレポートします。

続きを読む

NTTドコモ、法人向け「ビジネススマートフォン『F-04F』」を2014年1月6日に発売!合わせて専用料金プランも提供


ビジネススマートフォン「F-04F」を発売!

NTTドコモは25日、今冬および来春に発売する「2013-2014年冬春モデル」のうち徹底したセキュリティー機能や電話・メールなどが使いやすくなった「ビジネスホーム」などを搭載した法人向け「ビジネススマートフォン『F-04F』」(富士通製)を2014年1月6日(月)に発売すると発表しています。発表時には2014年1月以降とされていましたが、新年明けてすぐとなる1月6日に正式決定されました。

発売に合わせて、F-04Fを利用するユーザーに向けて、データ通信が月額2,980円(税込)の定額で利用できる専用パケット定額サービス「Xiパケ・ホーダイ for ビジネス」を提供開始するということです。

続きを読む

NTTドコモ、電話やメールなどの基本機能が使いやすい「法人向けスマートフォン(仮称)」を発表!2013年12月〜2014年1月に発売予定で、専用プラン「Xiパケ・ホーダイ for ビジネス」も提供


ドコモが法人向けスマートフォン(仮称)を発表!

NTTドコモは10日、電話やメールなどの基本機能が使いやすい「法人向けスマートフォン(仮称)」(富士通製)を開発したと発表しています。2013年12月から2014年1月に発売開始する予定。

また、この法人向けスマートフォンを利用するユーザー向けにデータ通信が月額2,980円の定額で利用できるパケット定額サービス「Xiパケ・ホーダイ for ビジネス」も合わせて提供するとのこと。

続きを読む

NTTドコモ、法人契約限定で本体代を割り引くクーポンを配布中!先着で20,000枚


NTTドコモ 法人契約限定のクーポンを配布

NTTドコモは、新規にドコモの携帯電話を契約する法人に向けて、携帯電話の本体代が最大5,250円割引されるクーポン券を先着20,000枚限定で配布している。

法人限定のクーポン券は、オンラインでアンケートに回答した法人企業限定で送付される。クーポンの上限は1企業につき5枚となっている。

続きを読む

Windows 8+XiでiPadを切り崩せるか!?NTTドコモとマイクロソフトが法人向けタブレット市場でタッグを組んだ

cbfb11ab.jpg

docomoとMicrosoftが協業!

NTTドコモと日本マイクロソフトは1日、法人向けタブレット市場の開拓について協業することで合意したことを発表しています。同日、都内にて両社社長が参加した記者会見を開催しています。

両社では、Microsoftの最新OS「Windows 8」の発売を期に、従来からのWindowsの資産とドコモの高速通信規格LTEによるデータ通信サービスサービス「Xi(docomo LTE)」を連携させることで、回線、デバイスおよびソリューションを一体的に提供するなど、多種多様なニーズに応えていくためのエコシステムモデルを推進していくということです。

これによって、法人顧客に対する共同営業や共同プロモーションなどを実施するとともに、PCメーカーやSI/NIerなどといったパートナー企業との連携も進めていくそうです。
続きを読む

エスパステクノロジーがアプリ提供者には強い味方となる「PushMaker」を「SoftBank World 2012」でデモ【レポート】

5eedc7b3.jpg

プッシュが大事なんです!プッシュが!

ソフトバンクは11日、都内で法人向けのイベント「SoftBank World 2012」を開催した。同イベントの展示会場では、さまざまな企業が法人向け商材の紹介やデモを行っていた。

その中のひとつ、エスパステクノロジーの展示ブースでは「PushMaker」の紹介・デモを行っていた。PushMakerは、アプリ提供者には強い味方となるであろうスマートフォンのプッシュ通知機能を利用した「プッシュ通知管理ASPサービス」だ。

同社の代表取締役 田中氏は「非常に地味ではあるがニーズが高いサービス。スマートフォン側にプッシュ通知の受信機能が実装されているにも関わらず、通知を配信するサービスが実は現状では他にはないので作った」という。

同社では企業アプリの製作も行っており、その際プッシュ通知配信のオーダーもあるそうだが「都度構築しているとコスト増になってしまう」(田中氏)とのことで、プッシュ通知を管理するシステムを構築しサービスの展開を始めたのだという。

では、そのプッシュ通知とはどういったものか、PushMakerとはどういうサービスなのかを解説していこう。

続きを読む

ソフトバンクBBがiPhoneやiPad用の防水ケースなど「SoftBank SELECTION」のニューアイテムを「SoftBank World 2012」で展示【レポート】

dc2c2ea5.jpg

SoftBank SELECTIONのアイテムがズラリ!

ソフトバンクは11日、都内で法人向けのイベント「SoftBank World 2012」を開催した。同イベントの展示会場では、ソフトバンクBBの「SoftBank SELECTION(ソフトバンクセレクション)」のブースも設けられていた。iPhoneやiPad、Androidデバイス向けで用途的に法人利用がありそうな周辺機器をピックアップして展示していた。

SoftBank SELECTIONの商品は取り扱い店舗によって取り扱っている商品も異なり、店頭などで試すことがあまりできないため、実際に手に取って試すことができるのは珍しいといえる。さらに新商品や発売前の商品も展示されていたのでそれらをまとめて紹介する。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。