S-MAX

2017年冬モデル

ワイモバイル向けHTC製スマホ「Android One X2」を写真と動画で紹介!防水やおサイフケータイに加え、独自機能「Edge Sence」や「Uソニック・ハイレゾ」なども搭載【レポート】


Y!mobile向けスマホ「Android One X2」を写真でチェック!

既報通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄が11月30日に今冬および来春に発売する「2017-2018年冬春モデル」を披露する「“ワイモバイル” 新商品・新サービス発表会」を開催し、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」における新しい「Android One」シリーズのスマートフォン(スマホ)「Android One X2」(HTC製)を発表しました。

発売は12月7日(木)ですでにワイモバイルショップなどのY!mobile取扱店および公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」にて事前予約受付を実施しています。価格(税込)は本体代67,932円(頭金540円+分割2,808円/月×24回)の実質31,644円(頭金540円+分割1,296円/月×24回)から。

Android OneとはすべてGoogleが部品の調達などを行い、メーカーカスタマイズが施されていないAndroid OSの搭載やその定期的なアップデートを最長で2年間保証するというもので、当初は主に新興国向けのブランドとして展開されましたが、その後日本でもワイモバイルがシャープと協力して「507SH」をAndroid One準拠モデルとして販売を始めた経緯があります。

以来「ワイモバイルと言えばAndroid One端末」という流れが生まれ、現在ではエントリーからミドルクラス向けのSシリーズと比較的ハイスペックなXシリーズとに分岐しつつあります。今回はそのハイスペックモデルの1つとして発表されたX2を写真とともにご紹介します。なお、本機の詳細な性能についてはこちらの記事をご覧ください

続きを読む

ソフトバンク、ワイモバイル向けVoLTE対応の折りたたみ型Androidケータイ「DIGNOケータイ2 702KC」を発表!防水・防塵・耐衝撃対応のタフネスモデルで、1週間以上の電池持ちを実現


Y!mobile向け新フィーチャーフォン「DIGNOケータイ2」を発表!12月7日発売

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は30日、今冬および来春に発売する「2017-2018年冬春モデル」を披露する「“ワイモバイル” 新商品・新サービス発表会」を都内にて開催し、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」において4G LTEやVoLTEに対応したAndroidベースの折りたたみ型フィーチャーフォン「DIGNOケータイ2 702KC」(京セラ製)を発表しています。

発売日は2017年12月7日(木)で、ワイモバイルショップなどのY!mobile取扱店および公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」にて販売され、事前予約受付を実施する予定。

すでにSoftBank向けに発表され、12月中旬に発売予定の「DIGNOケータイ2 701KC」のY!mobile版で、1週間以上の電池持ちを実現した防水・防塵・耐衝撃に対応したタフネスモデルです。SoftBank版はホワイトおよびピンク、ブルー、ブラックの4色展開ですが、Y!mobileではホワイトおよびピンク、ブルーの3色が販売されます。

続きを読む

ソフトバンク、ワイモバイル向けAndroid Oneスマホ「X2」を発表!HTC U11 lifeがベースでおサイフケータイや防水・防塵、5.2インチ液晶、S630、4GB RAM、Android 8.0 Oreoなど


Y!mobileスマホ「Android One X2」が発表!12月7日発売

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は30日、今冬および来春に発売する「2017-2018年冬春モデル」を披露する「“ワイモバイル” 新商品・新サービス発表会」を都内にて開催し、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」における新しい「Android One」シリーズのスマートフォン(スマホ)「Android One X2」(HTC製)を発表しています。

発売日は2017年12月7日(木)で、ワイモバイルショップなどのY!mobile取扱店および公式Webストア「ワイモバイルオンラインストア」にて販売され、事前予約受付を実施する予定。

Android One X2はY!mobile向けのAndroid Oneシリーズとして上位モデルとなるAndroid One Xシリーズの第2弾で、初代「Android One X1」はシャープ製でしたが、新たにHTCが開発を担当し、ベースモデルはHTC初のAndroid Oneモデルとなった「HTC U11 life」です。

最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」を採用し、防水・防塵(IP67相当)に対応したミッドハイレンジモデルで、新たに日本向けにおサイフケータイ(FeliCa)や緊急速報メールにも対応し、携帯電話回線における通信速度は下り最大350Mbpsおよび上り最大37.5Mbpsとなっています。

続きを読む

ワイモバイルの「2017-2018年冬春モデル」が発表!スマホは「Android One」シリーズにX2・X3・S3・S4の4機種を追加し、ケータイやタブレットを含む合計7機種に


Y!mobileの2017-2018年冬春モデルが発表!人気スマホ「Android One」シリーズが拡充

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は30日、今冬および来春に発売する「2017-2018年冬春モデル」を披露する「“ワイモバイル” 新商品・新サービス発表会」を都内にて開催し、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」の新ラインナップ4機種を発表しています。

発表されたのはスマートフォン(スマホ)が「Android One X2」(HTC製)および「Android One X3」(京セラ製)、「Android One S3」(シャープ製)、「Android One S4」(京セラ製)の2機種、ケータイが「DIGNOケータイ2」(京セラ製)の1機種、タブレットが「Lenovo TAB4」(レノボ製)および「MediaPad M3 Lite s」(ファーウェイ製)の2機種。

これに合わせてワイモバイルではY!mobile取扱店にて接客を行うAndroidやAndroid製品上のGoogle のサービスに精通した「Android Ambassador」を2018年3月末までに600人に拡大するとしています。2017年2月に首都圏で約60人からスタートし、現在は約350人まで増加しているとのことですが、さらに増員してこれまで以上にきめ細やかな接客を行えるようにするということです。

また料金面でも「データ容量ずーっと2倍」や「基本料タダ」といった2つの特典がある「タダ学割」を2017年12月1日(金)から2018年5月31日(木)まで実施します。

続きを読む

KDDI、au向け「2017年冬モデル」を発表!スマホ2機種とケータイ2機種で、秋モデルと合わせて合計7機種に――au HOMEもサービス拡充で家電やGoogle Homeなどとの連携


auの2017年冬モデルやau HOMEのサービス拡充などが発表!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は21日、都内にて「au HOME 発表会 with au 2017 冬モデル」を開催し、IoTを活用するホームIoTサービス「au HOME」のサービス内容拡充および「2017年冬モデル」の4機種を発表しています。

発表されたのはスマートフォン(スマホ)では「isai V30+ LGV35」および「AQUOS R compact SHV41」、ケータイ(フィーチャーフォン)では「AQUOS K SHF34」および「GRATINA KYF37」の各2機種ずつで、すでに「2017年秋モデル」として販売されている「Galaxy Note8 SCV37」および「Xperia XZ1 SOV36」、「AQUOS sense SHV40」の3機種と合わせて年末年始の冬商戦向けに展開します。

新たに発表された4機種についてもauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施される予定で、直営の旗艦店「au SHINJUKU」や「au SENDAI」、「au NAGOYA 」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA 」にて2017年11月22日(水)より先行展示されます。

また、au HOMEについては多業種のパートナー企業と共同で企画や開発するコラボレーション型ホームIoTサービス「with HOME」を2018年1月下旬以降に提供開始予定で、まずは住宅業界をはじめとする25社の企業に賛同し、住宅(ホーム)を起点としたホームIoTサービスの普及を推進していきます。

with HOMEの第1弾は外出先からでも自宅の鍵・窓の開閉状況や家族やペットの状況が確認できる「あんしん」、家電の操作ができる「べんり」、さらには、Googleの音声アシスタントを搭載したスマートスピーカー「Google Home」および「Google Home Mini」と連携した「たのしい」といったサービスをプラットフォームとして提供します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。