S-MAX

ATM

ゆうちょ銀行が最寄りのATMを探して行き方を教えてくれるスマホなど向け「ゆうちょ銀行ATM検索アプリ」を提供開始!フリーWi-Fi検索や雨雲レーダー、観光案内などの機能も内蔵


ゼロから始めるスマートフォン

ゆうちょ銀行は6日、同社のATM(現金自動預け払い機)をスマートフォン(スマホ)などで素早く検索できる「ゆうちょ銀行ATM検索アプリ」を提供開始したとお知らせしています。利用料は無料で、対応OSはAndroid 4.4(開発コード名:KitKat)以上およびiOS向 8.0以降。

現在地や特定の場所から最寄りのゆうちょATMを検索し、ATMの場所まで案内するアプリで、出張先や旅行先など見知らぬ土地でもATMを素早く探し出すことができます。また多言語対応しているので訪日外国人でも容易に使えるようになっています。

続きを読む

iPhoneやAndroidでお金を引き出せるように!セブン銀行、キャッシュカードを使わずにスマホだけでATMを利用可能にーーまずは2017年春からじぶん銀行で対応


iPhoneやAndroidスマホだけでキャッシュカードがなくてもATMにて入出金可能に!

セブン銀行およびじぶん銀行は20日、キャッシュカードを使わずにスマートフォン(スマホ)だけを使ってATMから入出金できるサービスを2017年春より開始すると発表しています。

対応プラットフォームはAndroidおよびiPhoneとなっており、セブン銀行が提携銀行向けに日本初導入。まずは来春から「じぶん銀行」の口座を持っている場合に利用可能となります。

これにより、全国に2万2000台以上あるすべてのセブン銀行のATMにてキャッシュカードがなくても対応するスマホだけで銀行口座の入出金取引ができるようになります。

なお、利用を開始する際には特別な手続きや専用アプリのインストールなどは不要で、今現在の銀行取引アプリを使う予定。

続きを読む

日本通信がNTTドコモ網とソフトバンク網を利用した業務用「2SIMルータ」を発表!ATMやPOSレジなどのISDN代替に売り込み【レポート】

ソフトバンク網がバックアップ回線の2SIMルータ

日本通信は1日、都内にて「Dual Network戦略 IoT・M2M向けMVNOサービス」の記者発表会を開催し、NTTドコモ網とソフトバンク網を切り替えて使えるデータ通信サービス「2SIMルータ」を発表した。

2SIMルータは仮想移動体通信事業者(MVNO)としてNTTドコモとソフトバンクの2つの携帯電話網を借り入れ、NTTドコモ網を主回線、ソフトバンク網を副回線として使うことで、主回線に何らかの障害が発生した場合に副回線に切り替わって通信を継続できるというもので、ATMやPOSレジ、カード決済など、IoT(モノのインターネット)やM2M(Machine to Machine)など向けとなるとのこと。

同社のMVNO事業においては「携帯事業者ができない、あるいは、やりたくない通信サービスを提供する」ものとして低廉化と多様化という方向性を示し、今回の2SIMルータは多様化のほうで実現させたサービスだ。今回はこの2SIMルータについての製品内容と発表会の模様を写真を交えて紹介していく。

続きを読む

都市銀行/ゆうちょ銀行/地方銀行/第二地方銀行に対応!ATMが探せる「銀行ATMまっぷ」【Androidアプリ】

afa1a120.jpg

近くのATMを検索するならこれ!

買い物をしようとしたときに、ふとお財布を見ると、お金がない……。近くの銀行やATMにダッシュ!ということもあるかと思います。

とはいえ、見知れた場所でも「あれー?確かこの辺にATM有ったと思ったのに……。」とか「この辺は、あまり来ないけど、ATMないのかな……。」といったこともありますよね。

そんな時には、今回紹介するAndroid向けアプリ「銀行ATMまっぷ」がきっと役に立ちます!このアプリは、ユーザ投稿型の銀行とATMの検索アプリです。

では、早速、紹介していきたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。