S-MAX

AXONM

NTTドコモが折りたたみ型2画面スマホ「M Z-01K」を1月12日に予約開始!価格は本体代9万2664円の実質2万6568円から――抽選で1250人に最大1万ポイント当たるキャンペーンも


NTTドコモが2画面スマホ「M Z-01K」を1月12日10時に予約開始!

NTTドコモは5日、昨年10月から順次発売している「2017-2018冬春モデル」のうちの約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶デュアルディスプレイを搭載した折りたたみ型スマートフォン(スマホ)「M Z-01K」(ZTE製)を2018年1月12日(金)10時に事前予約受付開始するとお知らせしています。

発売時期はすでに紹介しているように2018年2月下旬を予定。予約はドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて実施されます。

またドコモオンラインショップでは発売・予約に先立って価格(税込)も案内しており、本体代が92,664円(分割3,861円/月×24回)で、新規契約および機種変更なら月々サポートが-2,079円/月×24回の実質42,768円(分割1,782円/月×24回)、他社から乗り換え(MNP)なら月々サポートが-2,754円/×24回の実質26,568円(分割1,107円/月×24回)となっています。

さらにM Z-01Kを購入した人の中から抽選で1250人に最大10,000ポイントのdポイントが当たるキャンペーンを実施するとのことで、キャンペーンでは事前予約をすると、当選確率が2倍となる予約特典も用意されています。

続きを読む

NTTドコモ、2画面スマホ「M Z-01K」を発表!5.2インチフルHDデュアルディスプレイ搭載で、見開きで使うと6.8インチ大画面にーー2018年1月以降発売に


2画面スマホ「M Z-01K」が発表!ZTE AXON Mのdocomo版

NTTドコモは18日、今冬および来春に発売・開始する新製品や新サービスを披露する「2017-2018冬春 新サービス・新商品発表会」を開催し、約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶デュアルディスプレイを搭載した折りたたみ型スマートフォン(スマホ)「M Z-01K」(ZTE製)を発表しています。

発売時期は2018年1月以降を予定し、ドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施される予定。

本のように閉じて持ち歩き、開くと2つのディスプレイが使えるいわゆる“2画面スマホ”で、日本では2013年にNTTドコモから発売された「MEDIAS W」以来となります。見開きで使うと、5.2インチ液晶×2で6.8インチ相当の大画面で使えるのが特長で、NTTドコモ主導の企画としてグローバル展開することになったということです。

そのため、海外でも昨日10月17日にアメリカ・ニューヨークでZTEの発表会が行われ、NTTドコモ以外ではアメリカのAT&T Mobilityや中国の中国電信およびECサイト「JD」で販売されます。なお、AXON Passport M Programが発表されましたが、NTTドコモは対象外となっています。

続きを読む

ZTEが2画面スマホ「AXON M」を発表!NTTドコモからも発売へーー折りたたみ型5.2インチフルHDデュアルディスプレイ搭載で見開きなら6.8インチ相当に


ZTEが2画面スマホ「AXON M」を発表!docomoからも発売に

ZTEは17日(現地時間)、アメリカ・ニュヨークにてプレス向け発表会を開催し、2枚の約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶ディスプレイを搭載した2画面スマートフォン(スマホ)「AXON M(型番:Z999)」を発表しています。

見開きで2つのディスプレイを合わせると、約6.8インチ2160×1920ドット相当になり、Dolby Atmosに対応した高品質な3Dサウンドとともに音楽を聞きながら雑誌や新聞、書籍などの電子書籍を楽しめます。

なお、日本でもNTTドコモから発売されることが明らかにされ、アメリカのAT&T Mobilityや中国の中国電信およびECサイト「JD」で販売され、AT&Tでは2017年ホリデーシーズン(12月頃)に発売予定。価格はAT&Tでは月額24.17ドル(約2,700円)。さらにAXON Passport M Programを発表されましたが、日本は対象外となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。