S-MAX

AppleStore

Appleが新スマホ「iPhone X」や「iPhone 8・8 Plus」、スマートウォッチ「Apple Watch Series 3」、STB「Apple TV 4K」を発表!値下げされた既存機種も含めてまとめて価格をチェック


Appleの新製品「iPhone X」などだけでなく、値下げされた既存機種もまとめて価格を紹介!

既報通り、Apple(アップル)は12日(現地時間)、新本社キャンパス「Apple Park」内にある大ホール「Steve Jobs Theater」にてプレス向け発表会「Apple Special Event - Keynote September 2017」を開催しました。

発表会では新世代の“”ほぼ全画面デザインによる5.8インチSuper Retina Display(1125×2436ドット)OLED Multi-Touchディスプレイ(約458ppi)を搭載したスマートフォン(スマホ)「iPhone X」や既存のiPhone 7シリーズなどを継承する約4.7インチ750×1334ドット液晶搭載「iPhone 8」および約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)液晶搭載「iPhone 8 Plus」、LTE方式を含む携帯電話ネットワークに対応した第3世代のスマートウォッチ「Apple Watch Series 3」、4K解像度やHDR(ハイダイナミックレンジ)に対応した新しい第5世代となるセットトップボックス(STB)「Apple TV 4K」といった新製品を発表しました。

これらの新製品のうちのiPhone X以外は、日本を含む最初に発売される1次販売国・地域では2017年9月15日(金)に事前予約受付が開始され、2017年9月22日(金)に販売開始されます。またiPhone Xについても同様に日本を含む1次販売国・地域では2017年10月27日(金)から事前予約受付を開始し、2017年11月3日(金)に発売されます。

そこで今回はこれらの新製品についてすでにApple直営店「Apple Store」や公式Webストア「Apple Online Store」における価格を値下げされた既存機種も含めてまとめて紹介したいと思います。

なお、発表会ではその他、iPhoneやiPad向け最新プラットフォーム「iOS 11」やApple Watch向け最新プラットフォーム「watchOS 4」などの正式版についても2017年9月19日(火)より配信開始されることが明らかにされています。日本時間では9月20日(水)未明で、恐らく通常通りなら2時頃になると見られます。

続きを読む

アップルが「iPhone下取りキャンペーン」の金額を一部改定!iPhone 6s Plusの最大3万3000円はそのままで、一部機種が千円ダウン――新たにケータイの買取も実施


アップルのiPhone下取りキャンペーンの買取額が変更!

Apple Japan(以下、アップル)が直営店「Apple Store」や公式WebサイトでiPhoneを購入する際にそれまで使っていたiPhoneや他社製スマートフォン(スマホ)などを買い取る「下取りキャンペーン」の金額を一部改定したほか、新たにケータイ(フィーチャーフォン、いわゆる「ガラケー」)を追加しています。

下取り額の改定は最大金額のiPhone 6s Plusはそのままの最大33,000円ですが、iPhone 6sやiPhone 6 Plus、iPhone 6、iPhone SEの4機種がそれぞれ1,000円減額されています。

一方、他社製スマホではこれまでは最大1,000〜15,900円だったものが、今回の改定で最大2,000〜10,000円となっており、ケータイについては一律1,000円となっています。なお、他社製スマホについては最大下取り額を調べるにはIMEIが必要。

続きを読む

ビッグローブ、MVNOによる携帯電話サービス「BIGLOBE SIM」にて利用料が最大6600円OFFになる「iPhone 7 発売記念キャンペーン」を実施!Apple Online StoreのSIMフリー版購入が対象


iPhone 7・7 PlusをApple Storeで購入してBIGLOBE SIM申込で3千円割引に!

ビッグローブは9日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「BIGLOBE SIM」( http://join.biglobe.ne.jp/mobile/sim/ )において新しく発売されるApple製スマートフォン(スマホ)「iPhone 7」および「iPhone 7 Plus」を購入した人を対象に月額利用料を割り引く「『BIGLOBE SIM』iPhone 7 発売記念キャンペーン」を実施すると発表しています。

Apple StoreのオンラインストアからSIMフリー版のiPhone 7またはiPhone 7 Plusを購入し、BIGLOBE SIMの音声通話SIMの「ライトSプラン」または「12ギガプラン」を申し込んだ場合に合計3,000円分(500円×6カ月)の値引きとして使えるクーポンをプレゼントするとのことです。

キャンペーン期間は2016年9月9日(金)16時1分~2016年10月31日(月)23時59分まで、クーポン有効期間は2016年9月16日(金)13時00分~2016年12月20日(火)23時59分まで。

なお、同社ではSIMカード単体でBIGLOBE SIMを2016年9月30日(金)までに契約した場合に最大3,600円(600円×6カ月)を割り引くなどの「30周年記念キャンペーン」も実施しており、併用できるとしています。金額はすべて税別。

続きを読む

最新スマホ「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の日本でのSIMフリー版の価格が公開!公式Webストア「Apple Online Store」では9月9日16時1分より予約注文開始


iPhone 7とiPhone 7 PlusのSIMフリー版の日本での価格を紹介!

既報通り、Apple(アップル)は7日(現地時間)、同社のスマートフォン「iPhone」シリーズの最新モデル「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」を発表しました。すでに紹介したように既存の「iPhone 6」シリーズや「iPhone 6s」シリーズと同様にiPhone 7は約4.7インチ750×1334ドット液晶搭載モデル、iPhone 7 Plusは約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)液晶搭載モデルとなっています。

特長は防水・防塵に加え、日本向けモデルではおサイフケータイ(FeliCa)に対応し、従来までの3色に加えて新色ジェットブラックが追加され、スペースグレイがブラックになって合計5色展開になったほか、ホームキーが「新しいMacBook」のタッチパッドに導入されているTapTicエンジンを採用し、カメラが強化され、特にiPhone 7 Plusではデュアルカメラによる光学2倍ズームなどに対応しています。

これらのiPhone 7およびiPhone 7 Plusは日本を含む初回販売国・地域でまずはじめに2016年9月16日(金)に発売され、これらの国・地域では発売に先立って2016年9月9日(金)より事前予約受付が開始されます。

日本ではここ最近のiPhone 5s以降と同様にNTTドコモやau by KDDI、ソフトバンクから発売され、それと同時にSIMフリー版も公式Webストア「Apple Online Store」にて販売され、すでに価格が案内されています。今回はApple Online StoreにおけるSIMフリー版の価格を紹介しておきます。

続きを読む

Apple、SIMフリースマホ「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」を日本国内で販売再開!販売停止前と比べておよそ1万円の値上げに


AppleがSIMフリーの「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」を国内で販売再開!

Apple(アップル)は31日、昨年12月から日本国内における販売を一時停止していたSIMフリーの最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」の2機種について公式Webショップ「Apple Store」にて販売を再開しています。

価格(税別)はiPhone 6の16GBが8万6,800円および64GBが9万8,800円、128GBが11万800円で、iPhone 6 Plusの16GBが9万8,800円、64GBが11万800円、128GBが12万2,800円。現在、各モデルとも1〜2営業日での出荷となっています。

続きを読む

Apple、SIMフリー版「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」、「iPhone 5」やiPod touchなどを値上げ!ただし、iPhone 6とiPhone 6 Plusは販売停止のまま


AppleがiPhone 6やiPhone 6 Plus、iPhone 5sなどを値上げ!

Apple(アップル)は9日(現地時間)、公式Webショップ「Apple Store」にて既存の「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」、「iPhone 5s」のSIMフリーモデルやiPod touchなどのiPodシリーズ、MacBook Proなどの一部機種を値上げしています。

値上げの理由については案内されていませんが、為替の影響などが考えられます。なお、iPhone 6およびiPhone 6 Plusについては昨年12月以降販売を停止していますが、現時点でも購入できない状態となっています。

続きを読む

Apple、日本の直営店「Apple Store」や公式Webショップ「Apple Online Store」にて「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」のSIMフリーモデルを販売停止に!円安の影響か?


「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」のSIMフリーモデルを販売停止!

Apple(アップル)が公式Webショップ「Apple Online Store」においてSIMフリーで販売しているスマートフォン「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」の販売を停止しています。

それぞれの製品販売ページは残っており、色やストレージ容量などを選ぶことはできますが、どの組み合わせを選択しても「出荷予定日: 現在ご利用いただけません」となっています。

さらに、公式Webページ「Apple - お近くのApple Store - iPhone」では2014年12月7日時点(Google検索の原稿執筆時最新キャッシュ)にはなかった「SIMフリーのiPhone 6とiPhone 6 Plusは、現在取り扱っていません。」という記述が追加されており、さまざまな憶測が飛び交っています。

続きを読む

Apple、直営店などにおける「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」、「iPhone 5s」の価格を1万円前後値上げ!円安の影響が早くも


iPhone 6およびiPhone 6 PlusがApple Storeにて値上げ!

Apple(アップル)は14日、直営店「Apple Store」および公式Webショップ「Apple Online Store」においてSIMフリーで販売しているスマートフォン「iPhone 6」および「iPhone 6 Plus」、「iPhone 5s」について価格を変更しています。

各モデルについて7,000円~12,000円が値上げされており、同社では「為替変動に応じて改定した。」としています。

続きを読む

Apple、最新スマホ「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」を日本などで9月19日に発売!日本でも携帯電話会社以外にもSIMフリーモデルをApple Storeで販売へ


iPhone 6とiPhone 6 Plusは日本ではNTTドコモおよびau、ソフトバンク以外にもSIMフリーも販売!

Apple(アップル)は9日(現地時間)、同社のスマートフォン「iPhone」シリーズの最新モデル「iPhone 6」を発表しました。iPhone 6は4.7インチ750×1334ドット液晶搭載モデルと5.5インチフルHD(1080×1920ドット)液晶搭載モデル(発表時には「iPhone 6 Plus」と呼称)の2モデルがラインナップされています。

これらのiPhone 6およびiPhone 6 Plusは日本を含む9カ国・地域でまずはじめに2014年9月19日(金)に発売され、その後、2014年末までに115カ国・地域で販売予定となっています。なお、はじめに発売される9カ国・地域では発売に先立って2014年9月12日(金)より事前予約受付が開始されます。

日本では昨年の「iPhone 5s」などと同様にNTTドコモやau by KDDI、ソフトバンクモバイルから発売されると見られますが、それと同時に昨年11月よりiPhone 5sとiPhone 5cのSIMフリーが発売されたように直営店「Apple Store」にてSIMフリーモデルが販売されます。

続きを読む

アップル、直営店国内8店舗目の「Apple Store 表参道」を6月13日10時にオープン!オープン記念で先着5千人に記念Tシャツがプレゼント


Apple Store 表参道が6月13日にオープン!

Apple(アップル)が直営店国内9店舗目となる「アップルストア表参道(Apple Store Omotesando)」を2014年6月13日(金)10時にオープンします。最寄駅は東京メトロ表参道駅で、駅の出入口に面しており、アクセスのしやすい場所となっています。

なお、開店当日はストアのオープンを記念して、先着5000名の来店した客に記念Tシャツがプレゼントされるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。