S-MAX

CCC

スマホがTカードになる「モバイルTカード」がファミリーマートやウエルシア、洋服の青山などで8月15日から利用可能に!最大2000ポイントのTポイントが当たるキャンペーンも実施


モバイルTカードがファミリーマートやサンクス、サークルKなどで使えるように!

Tポイント・ジャパンは3日、スマートフォン(スマホ)などが「Tカード」の代わりになる「モバイルTカード」を新たに全国の「ファミリーマート」および「ウエルシア」、「洋服の青山」などで2017年8月15日(火)より対応開始すると発表しています。

これまでモバイルTカード対応店舗は「TSUTAYA」や「ガスト」などの4949店舗でしたが、ファミリーマートなどで使えるようになることで合計25328店舗となり、従来の約5倍の店舗数へと拡大します。

また、今回のモバイルTカードのサービス拡大を記念して2017年8月22日(火)~9月11日(月)までの間にモバイルTカードを初めて表示するともれなく最大最大1,000ポイントが当たるほか、店頭でモバイルTカードを利用するともれなく最大1,000ポイントの「Tポイント」が当たるキャンペーンも実施されます(それぞれ抽選で1,000または100、10、5、1ポイントのいずれか)。

続きを読む

雑誌「VERY」と提携して徹底したママ目線でジュニア市場を狙う!親も子どもも安心して使えるトーンモバイルの富士通製新スマホ「TONE m17」を写真と動画で紹介【レポート】


今後のトーンモバイルは富士通製!新スマホ「TONE m17」と新サービスで子どもを守る

既報通り、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルは25日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」において新しいスマートフォン(スマホ)「TONE m17」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を8月1日に発売すると発表した。

また、女性誌「VERY」と共同開発したサービスの第1弾として、子どもを守りたいという思いに応えるサービス「TONE×VERY」宣言、「ジオフェンス」にロック機能を追加するなどを発表した。徹底したママ目線による「ママが子どもに持たせたい」スマホを追求する。

なお、今回発表したTONE m17は、NFCによる「お知らせメール」やジオフェンス機能の正確な位置情報などの新サービスに対応する。今回はトーンモバイルの新サービスと新端末のTONE m17を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

TSUTAYAスマホことトーンモバイルが新スマホ「TONE m17」や新サービスを発表!富士通製で防水・防塵・耐衝撃・おサイフケータイ・ワンセグに対応し、はじめてスマホ向け機能を拡充


ツタヤスマホの新製品「TONE m17」が発表!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社であるトーンモバイルは25日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「TONEモバイル」においてサービスの大幅アップデートおよび新しいスマートフォン(スマホ)「TONE m17」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を発表しています。

今回のアップデートは従来までのシニアおよびジュニア向け路線の延長として「はじめてのスマホ」をターゲットにしており、さらに30代を中心とした子育て世代のママたちのバイブルとして人気の女性誌「VERY」と共同開発したサービスの第1弾も発表しています。

新スマホのTONE m17は2017年8月1日(火)に発売され、価格は3万4800円(すべて税抜)。SIMフリースマホ「arrows M04」をベースにしてると見られ、約5インチHD(720×1280ドット)液晶などを搭載し、ハンドソープで洗える防水・防塵・耐衝撃のほか、おサイフケータイ(FeliCa)やワンセグにも対応しています。

また発売に合わせて8月1日より同一名義で複数台同時契約をする場合を対象に基本プラン月額料金が6ヶ月無料になる「はじめてのスマホ」キャンペーン(10月1日まで)を実施し、さらに既存契約者を対象にTONE m17へ機種変更されると基本プラン月額料金が6ヶ月無料になる「機種変更キャンペーン」も実施します。

続きを読む

終了間近!対象者の1年間基本料金が無料になるトーンモバイルの「はじめようスマホ」キャンペーンを紹介ーー子どもの次のターゲットはシニアに【レポート】


トーンモバイルの子どもとシニア世代をターゲットにしたキャンペーンがまもなく終了!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社トーンモバイルが仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「TONEモバイル」において19歳以下と50歳以上を対象とした基本プランが1年無料または端末代金を1万円値引きする「はじめようスマホ」キャンペーンを6月30日まで実施中だ。

TONEモバイルは、NTTドコモの回線を使用したMVNOで、インターネット使い放題(500~600Kbps程度)、通話基本料(IP電話)込み、月額基本料1,000円でサービスを提供している。

さらに、取り扱い製品は独自スマートフォン(スマホ)「TONE m15」の1機種のみで、リソースをシステムアップデートや機能追加、アフターサポートなどに重点を置く。

この製品は約5.5インチHD(720×1280ドット)ディスプレイ、OSはAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)、チップセット(SoC)に「MediaTek MT6735」、2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ、背面1300万画素および前面500万画素カメラを搭載し、価格は29,800円。

大手携帯電話会社などが販売すうrハイスペックスマホのような尖った部分はないが、TONEモバイルはスマホやスマホで使える便利な機能を低価格で使いたいというユーザーをターゲットとしていると言える。

まもなく終了する子どもやシニア世代に向けた割引キャンペーンは、見守り機能などのサービスとあわせてることで、価格以上の価値を体験して貰うという狙いがあるのだろう。

今回は、5月26日に行われた「メディアラウンドテーブル」においてシニア層に向けたプロダクトアップデートについて紹介していく。

続きを読む

ツタヤのスマホ「TONE」が仙台に来た!宮城県内初の取扱店舗「TSUTAYA仙台荒井店」がクロスモール仙台荒井内にオープン――店内などをさっそく紹介【レポート】


TONEモバイルの取扱い店舗が遂に宮城に初進出!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社として2015年1月に設立された仮想移動体通信事業者(MVNO)のトーンモバイルが展開する携帯電話サービス「TONEモバイル」(以下、TONE)。

CCCの主要事業となるエンターテイメントサービス店舗「TSUTAYA」の店頭およびオンラインストアを活用し、050番号のIP電話とNTTドコモ回線でのLTEパケット通信使い放題サービスを組み合わせた回線契約を月額1,000円(税別)から提供。同社オリジナルのスマートフォン(スマホ)とセットで販売するサービスが話題です。

そのトーンモバイルが2016年9月21日(水)に全国では41店舗目、そして、宮城県内では初となるTONE取扱店舗を仙台市若林区にある複合型ショッピングセンター「クロスモール仙台荒井」内にオープンしました。今回、オープンに併せてさっそく店内の様子を含め、取材を行なってきましたので、その様子を紹介していきます。

続きを読む

CCCおよびフリービット、トーンモバイルを5月5日に始動!"Tのスマホ"第1弾を発売ーーTSUTAYAとTONE直営の合計16店舗やオンラインなどで販売


TSUTAYAとTONEの"Tのスマホ"がスタート!

トーンモバイルおよびカルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)、CCCモバイルは30日、CCCグループとフリービットの戦略的資本・業務提携により実現化した日本のスマホを変えるTのスマホ「TONE」を2015年5月5日(日)のSHIBUYA TSUTAYAを皮切りに、TSUTAYAの12店舗とTONE直営の4店舗を合わせた全国16店舗とオンラインストア( https://marche.tone.ne.jp/cgi-bin/signup/signup.cgi?plan_cd=EB004001 )、電話での販売を開始すると発表しています。

Tのスマホ第1弾として3Gのみに対応した製品「TONE」(これまで「PandA」の第3ロットとして販売してきた端末)が発売され、価格は一括払いで24,000円、分割払いで月額1,000円×24回。料金プランもデータ通信のみなら月額1,000円のものがあり、さまざまなオプションやサービスが用意されます。価格および料金はすべて税抜。

続きを読む

ソフトバンク、Tポイントが貯まるプリペイドカード「ソフトバンクカード」を3月6日から提供開始!Visa加盟店で利用可能


ソフトバンクがプリペイドカード「ソフトバンクカード」を提供!

ソフトバンクモバイルおよびソフトバンク・ペイメント・サービス、ワイジェイカード、Tポイント・ジャパンは18日、Visa加盟店で利用でき、利用額に応じて「Tポイント」が貯まる新しいプリペイド(前払い式)カード「ソフトバンクカード」をソフトバンク携帯電話を利用者に2015年3月6日(金)から提供開始すると発表しています。

入会費・年会費は無料で、支払額200円(税込)ごとにTポイントが1ポイント貯まり、貯めたTポイントは提携先で1ポイント=1円で利用できます。チャージ残高は上限100万円。発行対象はソフトバンク3G携帯電話またはスマートフォンを利用している満12歳以上の場合。

また、ソフトバンクカードの提供開始を記念して、「おまかせチャージ」の利用額から最大10,000円分が割引となるキャンペーンなどを実施するということです。

続きを読む

CCCモバイル、スマホなどを販売する新ブランド「TSUTAYA mobile」を2015年春から展開!MVNOサービスやオリジナルスマホも来秋に発売


CCCがスマホ事業を開始!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)は1日、今年11月11日に発表した新設立会社「CCCモバイル」が全国1444店舗(2014年12月1日時点)の「TSUTAYA」店頭でスマートフォン(スマホ)などを販売する新ブランド「TSUTAYA mobile」を2015年春に開始すると発表しています。

また、CCCモバイルでは2015年秋の発売を予定したオリジナルのスマホを企画中だとのことで、仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービスも提供予定。

さらに、スマホなどのアクセサリー専門店「UNiCASE」を展開するエム・フロンティアおよび携帯電話などの中古販売を行なうイオシスと資本提携し、両社が持つアクセサリー類や周辺機器、リユースのノウハウなどを最大限に活かし、TSUTAYA mobileを来春オープン予定の東京・二子玉川や大阪・梅田といった蔦屋家電および蔦屋書店、TSUTAYA内にて展開していくとしています。

TSUTAYAや各種マルチメディアコンテンツ、Tポイント、T-SITEなどといったCCCグループが展開する"カルチュア・インフラ"を活用し、持っているだけで楽しくなる製品の開発やサービスの提供をめざしているということです。

続きを読む

CCC、TSUTAYA対象店舗でTカードを提示して書籍を購入すると無料で電子版がダウンロードできる「AirBook」を12月1日に開始!電子書籍サービス「BookLive!」を連携――まずは雑誌53誌が対象


TSUTAYAで雑誌を買うと電子版がBookLive!で無料ダウンロードできる「AirBook」がスタート!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)は27日、全国の「TSUTAYA」対象店舗で「Tカード」を提示して書籍を購入すると自動的に購入した書籍の電子版が無料でダウンロードできるサービス「Airbook」を2014年12月1日(月)に開始すると発表しています。

電子版は電子書籍サービス「BookLive!」を通じて提供され、まずは20社の雑誌53誌が対象となり、「MEN'S NON-NO」や「Seventeen」、「週刊東洋経済」、「ダイヤモンドZAi」、「オレンジページ」、「ROSSO」、「CasaBRUTUS」、「週刊サッカーダイジェスト」、「るるぶ」などの多数の幅広いジャンルが取り揃えられており、今後は対象誌を拡充しつつ、雑誌以外の書籍への拡大も検討していくとしています。

同時にBookLive!では日本最大の共通ポイントサービスである「Tポイント」を導入し、BookLive!で電子書籍を購入の際に会員ランクに応じて最大3%のTポイントが貯まるほか、各種キャンペーンでもTポイントを貯めることができるようになります。

続きを読む

Tポイントが貯めて使えるTカードの機能をおサイフケータイ搭載機種で使える「モバイルTカード」が開始!まずはカメラのキタムラに導入――TSUTAYAの一部店舗ではiPhoneでも利用可能


Felica搭載スマホやケータイで使える「モバイルTカード」が開始!

Tポイント・ジャパンとキタムラは5日、カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)が展開するポイントサービス「Tポイント」を貯められるポイントカード「Tカード」の機能がおサイフケータイ(Felica)を搭載したAndroidスマートフォン(スマホ)やケータイ(フィーチャーフォン)などで利用できる新サービス「モバイルTカード」を2014年11月6日(木)より電子マネーが使える「カメラのキタムラ」の101店舗にて開始すると発表しています。

なお、TSUTAYAの一部店舗(祐天寺店、あべの橋店、梅田堂山店、福岡天神、天神駅前福岡ビル店、代官山 蔦屋書店、恵比寿ガーデンプレイス店、京橋店、天六店)でもモバイルTカード(「TSUTAYA携帯会員証」と呼称)が利用でき、こちらはおサイフケータイ搭載機種以外にもiPhoneも利用できるとしています。

今後、対応するカードリーダーの設置店舗を増やしていき、モバイルTカードの利用を拡大していくということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。