最新フラッグシップスマホ「HTC U11」はauとソフトバンクから!

米連邦通信委員会(FCC)は19日(現地時間)、HTCから発表されている同社の最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「HTC U11」と見られるau向け「HTV33」(FCC ID「NM8HTV33」)およびソフトバンク向け「601HT」(FCC ID「NM8601HT」)が通過したことを公開しています。

HTC U11はHTC NIPPONから日本向けにも販売することが発表されていましたが、どういった形で投入されるかは明らかにされていませんでした。ここ最近のHTCのフラッグシップスマホはauから販売されているので恐らくauからだと思われていましたが、au向け「HTC U11 HTV33」に加えてソフトバンクからも「HTC U11 601HT」として販売されることになりそうです。

なお、ソフトバンクから販売される分については携帯電話サービス「SoftBank」および「Y!mobile(ワイモバイル)」のどちらから、または両方から投入されるかはわかりません。すでにSoftBank向け「2017年夏モデル」は4機種発表されているため、これらに追加されるのか、ワイモバイル向けとして別途発表されるものと見られます。

続きを読む