S-MAX

KDDI

KDDI、au向け新スタンダードスマホ「Galaxy A41 SCV48」と「AQUOS sense3 basic SHV48」の事前予約受付を開始


auスマホ「Galaxy A41 SCV48」と「AQUOS sense3 basic SHV48」が予約スタート!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は4日、携帯電話サービス「au」向けの新しいスタンダードスマートフォン(スマホ)「Galaxy A41 SCV48」(サムスン電子製)および「AQUOS sense3 basic SHV48」(シャープ製)の事前予約受付を開始したとお知らせしています。

すでに同日より公式Webストア「au Online Shop」でも予約受付を実施しています。ただし、価格は現時点ではまだ決まっていないということで、明らかにされていません。

発売時期はGalaxy A41 SCV48が7月以降、AQUOS sense3 basic SHV48が6月中旬以降を予定しています。なお、7月以降に発売される5G対応スマホ「OPPO Find X2 Pro OPG01」および「ZTE a1 ZTG01」についてはすでに3月24日より事前予約受付を実施しています。

続きを読む

au向けスマホ「HUAWEI P30 lite PREMIUM HWV33」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が6月4日10時から提供


auスマホ「HUAWEI P30 lite PREMIUM HWV33」がAndroid 10に!

KDDIは3日、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」として昨年8月に発売したスタンダードスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P30 lite PREMIUM HWV33」(Huawei Technologies製)に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を2020年6月4日(木)10時に提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(LTE/WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は約50分、更新ファイルサイズは約4.4GBとなっており、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されてます。

更新後のビルド番号は「10.0.0.215(C791E12R1P5)」で、Androidセキュリティーパッチレベルは「2020年5月1日」となるとのこと。なお、ビルド番号は「設定」から「端末情報」→「ビルド番号」で確認できます。主な更新内容は以下の通り。

○主な機能追加・変更内容
1)電話アプリで「着信音とバイブ」内の「着信音」が「電話設定」直下に移動します。
2)連絡先アプリで最近削除した連絡先」が追加されます。
3)ギャラリーアプリで任意の画像を長押しした時に下部に表示される「その他」内の「全件選択」がアイコンとして表示されるようになります。
4)設定アプリの「ディスプレイと画面の明るさ」に「ダークモード」機能が追加されます。

○主な削除項目
5)OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。
 ・ロック画面の壁紙の「ピン留め」や「削除」、「共有」、「設定」の機能が削除されます。
 ・ホーム画面の設定機能が削除され、デフォルトのホーム画面を設定できなくなります。
 ・「ウィジェット」にて「コントロールセンター」、「設定のショートカット」が削除されます。
 ・「カメラ」にてフィルターを設定した時に表示される「フィルターレベル」が削除されます。
 ・「カレンダー」アプリの「設定」内の「天気予報」が削除されます。
 ・「ファイル」アプリの右上メニュー内の「更新」「クリーンアップ」が削除されます。
 ・更新は下へスワイプにて従来通り操作可能です。
 ・クリーンアップは[カテゴリ]>[本体のストレージ]から従来通り操作可能です。
 ・「ダウンロード」アプリが削除されます。
 ・「ファイル」アプリから従来通りダウンロード項目は参照可能です。
 ・「設定」アプリの「auサポート」が削除されます。
 ・「設定」アプリの「ユーザー補助」内の「その他の設定」配下にて「シェイクして連続読み上げを開始」や「リストを自動的にスクロール」、「タッチガイド」、「拡張フォーカス」が削除されます。

○その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(3.4MB)[PDF]
※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にHWV33をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

KDDI、au向け5Gスマホ「Galaxy S20+ 5G SCG02」を6月4日に発表!価格は13万3280円で、かえトクプログラム適用時は7万6475円に


au 5Gスマホ「Galaxy S20+ 5G SCG02」が6月4日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は25日、今年3月に『「UNLIMITED WORLD au 5G」発表会』にて発表した携帯電話サービス「au」向けG対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S20+ 5G SCG02」(サムスン電子製)を2020年6月4日(木)に発売すると発表しています。

すでに発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(金額はすべて税込)はau Online Shopなどの直営店では本体価格が133,280円(3,325円×23回+56,805円)で、かえトクプログラム適用時の実質負担額は39,790円(3,325円×23回)となっています。

またau Online Shopでは「au Online Shop お得割」の対象となっており、新規契約では11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)では22,000円割引が実施されています。なお、料金プランは5G向け「データMAX 5G ALL STARパック」または「データMAX 5G Netflixパック」、「データMAX 5G」、「ピタットプラン 5G」が用意され、月額2,178円から利用可能です。

さらに発売を記念してサムスン電子ジャパンではGalaxy S20+ 5G SCG02を購入・応募した人全員にもれなく完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds+(型番:SM-R175)」をプレゼントする予約・購入キャンペーン( https://www.galaxymobile.jp/au2020s20plus/ )を実施します。期間は予約が発売日前日まで、購入・応募が発売日から2020年6月30日(火)まで。商品発送時期は6月中旬以降を予定。

続きを読む

KDDI、au向けスタンダードスマホ「Xperia 10 II SOV43」を6月4日に発売!価格は4万9990円で、かえトクプログラム適用時は3万9790円に


auスマホ「Xperia 10 II SOV43」が6月4日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は25日、携帯電話サービス「au」向け「2020年夏モデル」としてソニーブランドの新スタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 II SOV43」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2020年6月4日(木)に発売すると発表しています。

発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施される見込み。価格(金額はすべて税込)はau Online Shopなどの直営店では49,990円(1,730円×23回+10,200円)で、かえトクプログラム適用時の実質負担額は39,790円(1,730円×23回)となっています。

なお、日本市場向けにおサイフケータイ(FeliCa)に対応し、内蔵ストレージが64GBとなっていますが、au版ではNTTドコモ版「Xperia 10 II SO-41A」やワイモバイル版「Xperia 10 II(型番:A001SO)」と違って本体カラーがミントおよびホワイト、ブラックの3色展開です。

続きを読む

秋吉 健のArcaic Singularity:生まれ変わるUQ mobile。KDDIへの事業統合の裏に何があったのか、これまでの微妙な立ち位置や今後の戦略について考える【コラム】


KDDIのUQ mobile事業統合に至る経緯を解説!今後の格安SIM市場はどうなる!?

既報通り、KDDIおよびUQコミュニケーションズ(以下、UQ)は14日、UQおよびUQモバイル沖縄が仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」の事業を会社分割によって2020年10月1日をもってKDDIが承継すると発表しました。

これによりUQ mobileは、MVNOから「KDDIのサブブランドMNO」(MNO=移動体通信事業者)として再出発することになります。元々KDDIのグループ企業としてモバイル通信業界内でも特別感の強いMVNOという印象がありましたが、KDDIの経営資源の集約のため、経営統合されることになります。

そもそも、これまでのUQ mobileがなぜ「特別」であったのか、MVNOやMNOといった法的なくくりではなく「格安キャリア」などと曖昧な定義によるカテゴリーで語られることが多かったのはなぜかなど、一般にはなかなか理解の難しい問題が背景にはありました。

感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回は、そんなUQ mobileのモバイル業界における微妙な立ち位置や今後の戦略について考察します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。