S-MAX

KDDI

サムスン電子の新フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold2 5G」が日本でauから発売へ!型番「SCG05」がBluetooth認証を通過


auから5G対応フォルダブルスマホ「Galaxy Z Fold 5G SCG05」が登場へ!

Bluetooth認証機関のBluetooth SIGは12日(現地時間)、サムスン電子製5G対応フォルダブルスマートフォン(スマホ)「Galaxy Z Fold2」(型番:SM-F916**)のモデルの1つとしてDesign Model Number「FSG」が認証通過したとして情報を公開しています。

Declaration IDは「D051250」、QDIDは「152647」で、同一製品として「SM-F916Q」および「SM-F916J」、「SCG05」が存在することが示されています。このうちのSCG05は型番ルールからau向けと見られ、前機種「Galaxy Fold」に続いてGalaxy Z Fold2がauから発売されることになりそうです。

またSM-F916Jは「SM-F916」はGalaxy Z Fold2を示し、末尾の「J」はサムスン電子製のau向け製品のメーカー型番であることを示すことからSCG05のメーカーの内部型番となります。なお、サムスン電子ではGalaxy Z Fold2の詳細は9月9月1日(火)に発表する予定となっています。

一方、SM-F916Qは詳細は不明ですが、Galaxy Z Fold2には「Galaxy Z Flip」と同様にThom Browneとコラボレーションしたモデルが用意され、日本でも「Galaxy Z Flip Thom Browne Edition」がSIMフリーで販売されたことからGalaxy Z Fold2 Thom Browne EditionもSIMフリーで販売される可能性もありそうです(末尾「Q」は「Galaxy S20 Ultra SCG03」のときにも「SM-G988Q」が認証を通っているので違うかもしれませんが)。

続きを読む

KDDI、au向けスタンダードスマホ「Xperia 8 SOV42」のau Online Shopお得割による割引額を増額!機種変更でも2.2万円OFFに


auスマホ「Xperia 8 SOV42」がau Online Shop お得割で機種変更でも22,000円割引!

KDDIは7日、携帯電話サービス「au」の公式Webストア「au Online Shop」にて昨年10月に発売したスタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 8(型番:SOV42)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)の「au Online Shop お得割」の割引額を増額したとお知らせしています。

現在実施されているau Online Shop お得割は今年4月に開始され、Xperia 8 SOV42のこれまでの割引額は新規契約および他社から乗り換え(MNP)で22,000円OFF、機種変更で16,500円OFFとなっていましたが、2020年8月7日(金)14時より機種変更でも22,000円OFFとなっています。

au Online ShopではXperia 8 SOV42の本体価格が44,645円(金額はすべて税込)で販売されているため、新規契約・機種変更・MNPともに22,645円で購入可能となっています。なお、au Online Shopでは別途、契約事務手数料3,300円がかかります(送料は購入代金が2,750円以上の場合は無料)。

続きを読む

auのキャリア決済でiPhoneやAndroidなどのアプリ配信ストアにて5千円以上支払うと抽選で1万ポイントプレゼント!はじめてなら最大20%還元も


App StoreやGoogle Playストアにてauかんたん決済での支払いでポイント還元キャンペーン!

KDDIは7日、携帯電話サービス「au」においてアプリ配信マーケット「App Store」や「Google Playストア」にて期間中にキャリア決済「auかんたん決済」を利用した場合に最大12,000ポイントのPontaポイントを還元するキャンペーンを実施するとお知らせしています。

期間は2020年8月7日(金)0:00~2020年9月7日(月)23:59まで。特典を得るにはiPhoneなどのiOS・iPadOS向けApp Store用( https://camp.auone.jp/campaign/f7ea41f485bf7213c657e1aa )、Android向けGoogle Playストア用( https://camp.auone.jp/campaign/50a582355c418c164b7ada56 )のキャンペーンWebページにてエントリーが必要です。

続きを読む

au向けスマホに5G NR方式のSub6にて下り最大3.4Gbpsに対応するソフトウェア更新を順次提供中!AQUOS R5Gは8月中旬以降を予定


au 5GのSub6における下り最大速度を向上するソフトウェア更新を順次提供中!GalaxyとXperiaは配信開始済み

KDDIおよび沖縄セルラー電話は5日、携帯電話サービス「au」向け5G対応スマートフォン(スマホ)「Galaxy S20 5G SCG01」および「Galaxy S20+ 5G SCG02」、「Galaxy S20 Ultra 5G SCG03」、「Xperia 1 II SOG01」、「AQUOS R5G SHG01」の5機種に対して通信速度を向上するためのソフトウェア更新を順次提供しているとお知らせしています。

すでにGalaxy S20 5G SCG01およびGalaxy S20+ 5G SCG02、Galaxy S20 Ultra 5G SCG03は7月28日、Xperia 1 II SOG01は7月30日に配信開始しており、AQUOS R5G SHG01は2020年8月中旬以降開始予定となっており、更新すると5G NR方式のSub6において下り最大3.4Gbpsとなるということです。

続きを読む

Googleの新スマホ「Pixel 4a」がauの相互接続性試験(IOT)完了製品に追加!楽天モバイルは現時点で動きなし


新スタンダードスマホ「Google Pixel 4a」がauの相互接続性試験(IOT)完了製品に追加!

既報通り、グーグル(以下、Google Japan)は4日、新しい価格を抑えたスタンダードスマートフォン(スマホ)「Pixel 4a(型番:G025M)」を2020年8月20日(木)に発売すると発表しています。またソフトバンクは同じく携帯電話サービス「SoftBank」からPixel 4aを8月20日に発売します。

これにより、日本における販路はGoogleの公式Webショップ「Google ストア」およびソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」となっており、それぞれ8月14日(金)より事前予約受付を開始します。

価格(金額はすべて税込)はGoogle ストアでは42,900円、ソフトバンクオンラインショップでは49,680円で、SoftBankでは「トクするサポート+」の対象機種となっており、48回払いで購入して各種条件を満たすと24回分の割賦金が免除されます。

ソフトバンクでは日本国内の通信事業者でPixel 4aを取り扱うのはSoftBankのみとしており、過去に「Pixel」シリーズを販売してきたNTTドコモは「Pixel 4」シリーズに続いて取り扱わず、またKDDIおよび沖縄セルラー電話でも携帯電話サービス「au」や楽天モバイルでも従来通りににてPixel 4aを取り扱わないことが明らかとなりました。

ただし、auではすでにPixel 4aについてau回線で利用できる相互接続性試験(IOT)をクリアしたIOT完了製品に追加しています。これにより、Google ストアで販売されるSIMフリー版およびSoftBankで販売される製品をSIMロック解除した場合にPixel 4aをauやau回線の仮想移動体通信事業者(MVNO)を公式に利用可能となっています。

なお、NTTドコモでは現時点でPixel 4aをIOT完了製品に追加していませんが、これまで通り、問題なく利用できると思われます。一方、楽天モバイルはPixel 4シリーズを「楽天回線対応製品」に追加していますが、現時点ではPixel 4aについては記載がない状態となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。