S-MAX

Kyocera

ソフトバンク、Y!mobile向け5インチタフネススマホ「DIGNO E 503KC」を発表!濡れた手や手袋を着けた手でも操作が可能


Y!mobile向け5インチタフネススマホ「DIGNO E 503KC」が発表!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は24日、同社が展開している携帯電話ブランド「Y!mobile」向けの新商品として防水・防じん・耐衝撃に対応したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン「DIGNO E(型番:503KC)」を6月上旬以降に発売すると発表しています。

発売時期は2016年6月上旬以降を予定。なお、すでにSoftBank向けにもほぼ同等製品の「DIGNO F」が発表されており、6月下旬以降に発売予定となっています。

DIGNO Fと同様にDIGNO Eもアメリカ(米国)の国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験「MIL-STD-810G」(以下、MIL規格)に準拠した耐衝撃性能に加え、手が濡れている場合や手袋を着用した場合でも操作ができるディスプレイを搭載しています。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向け5インチタフネススマホ「DIGNO F 503KC」を発表!かんたんビギナーホームやケータイ入力に対応し、フィーチャーフォンからの乗り換えでも安心に


SoftBank向け5インチタフネススマホ「DIGNO F 503KC」が発表!

ソフトバンクは11日、今夏に発売するSoftBank向け「2016年夏モデル」としてAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン(スマホ)「DIGNO F(型番:503KC)」(京セラ製)を発表しています。

発売時期は2016年6月下旬以降を予定し、発売に先立って2016年5月17日(火)よりソフトバンクショップ店頭や公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などのSoftBank携帯電話取扱店にて事前予約受付を実施するとのこと。

また、2016年夏商戦向けスマホを購入した人の中から抽選で合計1万人に公式アクセサリーブランド「SoftBank SELECTION」製品など好きな商品をプレゼントする「選んで楽しい!スマホグッズキャンペーン」を対象機種の発売日より2016年9月11日まで実施します。

防水・防塵やアメリカ(米国)の国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験「MIL-STD-810G」(以下、MIL規格)に準拠した耐衝撃性能に加え、手が濡れている場合や手袋を着用した場合でも操作ができるディスプレイを搭載したほか、従来の携帯電話に近い感覚や操作が可能な「かんたんビギナーホーム」「ケータイ入力」などを搭載したミドルレンジクラススマホです。

続きを読む

ソフトバンク、SoftBankとY!mobile向けAndroidベースの折りたたみ型タフネスモデル「DIGNO ケータイ」を2月26日に発売!SoftBank向け「かんたん携帯9」も2月25日に販売開始


ソフトバンクが「DIGNOケータイ」と「かんたん携帯9」の発売日を案内!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、昨年10月に発表した「2015-2016冬春モデル」のうちのOSにAndroidを採用しつつ従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)と同じような操作性を導入したSoftBankおよびY!mobile向け折りたたみ型ケータイ「DIGNOケータイ」(京セラ製)を2016年2月26日(金)に発売すると発表しています。

防水(IPX5、IPX8準拠)および防塵(IP5X準拠)に加えてアメリカ(米国)の国防総省(いわゆる「米軍」)が定める耐久試験「MIL-STD-810G」(以下、MIL規格)に準拠した耐衝撃性能を有したタフネスモデル。発表時には3月中旬に発売予定とされていましたが、少し早まったようです。なお、型番はSoftBank向けが「501KC」、Y!mobile向けが「502KC」。

また、ソフトバンクは18日、同時に発表された同じくOSにAndroidを採用しつつフィーチャーフォンと同じような操作性を導入したSoftBank向け折りたたみ型ケータイ「かんたん携帯9」(シャープ製)を2016年2月25日(木)に発売すると発表しています。こちらも3月上旬予定だったので早まった模様。

さらに発売に先立ち、これらの2機種について2016年2月19日(金)に事前予約受付をソフトバンクショップやワイモバイルショップ、SoftBankおよびY!mobile取扱店といった店頭や公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」および「Y!mobileオンラインストア」にて開始します。

続きを読む

KDDI、タフネス&カラフルなAndroidベースのau VoLTE対応4G LTEケータイ「GRATINA 4G KYF31」を2月19日に発売!気になる価格もチェック


au向けVoLTE対応折りたたみ型Androidガラホ「GRATINA 4G KYF31」が2月19日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラーは15日、今春に発売する2016年春モデル」のうちの安心の防水・防塵・耐衝撃に対応したタフネス仕様で高音質通話サービス「VoLTE」に対応した折りたたみ型ケータイ「GRATINA 4G(型番:KYF31)」(京セラ製)を2016年2月19日(金)に発売すると発表しています。

すでにauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が実施されており、価格も案内されましたのでまとめて紹介したいと思います。

なお、AQUOS Kシリーズを除いたauケータイもしくは3Gスマホを利用期間16カ月以上利用している人がGRATINA 4Gに機種変更すると、 毎月割(最大36ヶ月)が通常は最大16,200円(価格はすべて税込)のところ、最大27,000円に増額するキャンペーンも実施されます。

続きを読む

海水にも対応したau向けタフネススマホ「TORQUE G02」のSIMロック解除をしてみた!他社のSIMカードでも使ってみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
方法は簡単!タフネスモデル最高峰「TORQUE G02」をau以外でも使う

auから2015年7月に発売された海水にも持ち込めるタフネスモデルのAndroidスマートフォン(スマホ)「TORQUE G02」(京セラ製)。

以前にも紹介しているように2015年5月以降に販売開始された製品は基本的にSIMロック解除に対応しており、TORQUE G02も例外ではありません。今回、auのSIMロック解除の条件である購入後から180日が経過したので、公式にSIMロックの解除が行えるようになりました。

解除方法としては「Galaxy S6 edge SCV31」で実施したように3,000円を支払ってauショップへ持ち込んで解除する場合と、購入時での回線契約中に限りますが、無料でauお客さまサポートから自分で解除手続きを行なう場合の2つの方法があります。

今回は、筆者購入のTORQUE G02をauお客さまサポートから無料でSIMロック解除を実行しましたので、その手順とSIMロック解除後にau以外のSIMカードを装着して使ってみたのでその模様を紹介します。

続きを読む

KDDI、スリムなメタルボディーでMIL準拠タフネス仕様のau向けスマホ「Qua phone KYV37」を2月5日に発売!デビュー割で1万5千円割引などもあり、低価格モデルに


au向けスマホ「Qua phone KYV37」が2月5日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラーは1日、今春に発売する「2016年春モデル」のうちのauオリジナルブランドとして展開している「Qua」シリーズ初のスマートフォン(スマホ)「Qua phone(型番:KYV37)」(京セラ製)を2016年2月5日(金)に発売すると発表しています。

すでに事前予約受付がauショップおよびau取扱店舗、公式Webストア「au Online Shop」にて行われており、価格(税抜)もすでに紹介しているように本体価格が49,680円(分割2,070円/月×24回)、実質負担額が5,400円(分割225円/月×24回)からとなっています。

なお、発売日から2016年3月31日(木)の期間にauケータイもしくは3Gスマートフォン(AQUOS Kは除く)を6ヵ月以上利用している人が機種変更にてQua phoneを購入すると、本体価格から最大15,000円割引する「Qua phoneデビュー割」が実施されます。

続きを読む

KDDI、au初のシニア向けスマホ「BASIO KYV32」の新色レッドを1月29日に発売!会員制サービス「auスマートサポート」拡充で、自宅訪問契約開始――10年目以上なら初期費用無料


auのシニアスマホ「BASIO KYV32」の新色レッドが1月29日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラーは27日、今春に発売する「2016年春モデル」として昨年2月に発売したau初のシニア向けスマートフォン(スマホ)「BASIO(型番:KYV32)」(京セラ製)の新色レッドを2016年1月29日(金)に発売すると発表しています。

また、発売に合わせて、BASIOを購入して会員制サポートサービス「auスマートサポート」に加入した人を対象に従来有料で提供していた「スマホ訪問サポート」を無料で提供開始します。

さらにBASIOの購入およびauスマートサポートへの加入意思がある場合にスマホの契約手続きから使い方レッスンまで、専任の訪問員がご自宅に伺い、スマホを触るのが初めての方にもわかりやすく丁寧に説明する「ご自宅訪問契約(使い方レッスン付き)」サービスを開始します。

続きを読む

ママだけじゃなく、パパも子どもも便利!auの洗えるスマホ「DIGNO rafre KYV36」を実際に洗ってみた【レビュー】


auのソープスマホ「DIGNO rafre」を洗ってみた!

auから昨年12月に発売になった"ママスマホ"こと「DIGNO rafre(型番:KYV36)」を実際にハンドソープや食器用洗剤で洗ってみたので紹介します。

筆者には4歳半の娘がおり、何かにつけて「ぱぱのけーたいかしてー」と言われて使わせる場面も多く、返ってくる頃にはべたべたになっていることも多いので、この"洗えるスマホ"を洗ってみつつ、こういう工夫って「いいな!」と感じた部分をまとめたいと思います。

続きを読む

新色で心機一転、春らしく!au向けスマホ「Xperia Z5 SOV32」のピンクと「BASIO KYV32」のレッドを写真でチェック――担当者に狙いも聞いた【レポート】

newcolor-001
人気のスマホにニューカラー登場!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは12日、2016年春に発売および開始する予定の新モデル・新サービスを披露する「au発表会 2016 Spring」を開催し、すでに販売中のスマートフォン(スマホ)のうち、「Xperia Z5(型番:SOV32)(以下Xperia Z5)」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)にピンクのモデルを、「BASIO(型番:KYV32)(以下BASIO)」(京セラ製)にレッドのモデルをそれぞれ追加すると発表しました。両機種とも新色は1月下旬の発売を予定しています。

Xperia Z5およびBASIOはau向けスマホとしてすでに2015年に発売されており、Xperia Z5はハイエンド志向の若年層を中心に、BASIOは壮年世代を中心に好評を博している機種で、今回の新色追加はそれぞれの機種の人気を更に後押しする形での発売となります。

スマホの機能や性能が成熟期を迎え、ハードウェア的には一般利用で不便を感じることがなくなったことや本体価格の高騰、また開発コストの削減目的から新機種投入までのスパンが長くなってきていますが、人気機種への新色追加はそういった機種変更サイクルの変化に合わせた結果とも言えます。

今回は発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーで新色追加についての意図やコンセプトについてメーカーやキャリアからお話を伺えましたので写真とともに紹介します。

続きを読む

スリムなメタルボディーでMIL準拠のタフネススマホ!京セラのau向け「Qua phone KYV37」を写真と動画でチェック【レポート】

ミドルクラスのスリムなタフネススマホ「Qua phone」が登場!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラーは12日、2016年春に発売および開始する予定の新モデル・新サービスを披露する「au発表会 2016 Spring」を開催し、auオリジナルブランドとして展開している「Qua」シリーズ初のスマートフォン(スマホ)「Qua phone(型番:KYV37)」(京セラ製)を2月上旬に発売することを発表した。

約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶や1.2GHzクアッドコアCPU(Qualcomm製「Snapdragon 410 MSM8916」)、2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大200GB)、約1300万画素リアカメラ、約200万画素フロントカメラなどを搭載した価格を抑えたミドルレンジクラスだ。

また、スリムなメタルボディーに防水・防塵・耐衝撃に対応していながら低価格を予定しているのも魅力となっている。すでに1月13日よりauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が開始されており、価格は案内されていないが実質負担額で2万円台前半になる見込み。

今回は、発表会の展示会場でQua phoneの実機に触れることができたので、タッチ&トライした模様を写真と動画で紹介していく。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。