S-MAX

Kyocera

au向けはじめてスマホ「BASIO4 KYV47」を発表!縦長5.6型有機ELやMT6761、3GB RAM、3300mAh、ホームキー、ダイレクトキーなどで2020年2月発売


auスマホ「BASIO4 KYV47」が登場!2020年2月以降に発売

KDDIおよび沖縄セルラー電話は10日、今秋冬に発売する携帯電話サービス「au」向け「2019年秋冬モデル」として約6.0インチシネマワイドディスプレイを搭載したミッドレンジスマートフォン(スマホ)「BASIO4(型番:KYV47)」(京セラ製)を発表しています。

発売時期は2020年2月以降を予定し、発売に先立って10月11日(金)より事前予約受付を実施し、販売はauショップや量販店などのau取扱店の店頭や公式Webショップ「au Online Shop」などにて行われます。なお、価格は後日案内予定。

続きを読む

ワイモバイル向け最新Android Oneスマホ「S6」が発表!縦長5.8型FHD+液晶やMT6765、3GB RAM、デュアルカメラ、FeliCa、防水・防塵・耐衝撃などで12月中旬発売


Y!mobileからAndroid Oneスマホ「S6」が登場!京セラ初のMediaTek製SoC採用で低価格化

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は7日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向け「2019年秋冬モデル」として画面上部中央にノッチ(切り欠き)を配置した約5.84インチ縦長画面を搭載したミッドレンジスマートフォン(スマホ)「Android One S6」(京セラ製)を発表しています。

発売時期は2019年12月中旬以降を予定し、発売に先立って10月9日(水)より事前予約受付を実施し、販売はワイモバイルショップなどのワイモバイル取扱店の店頭や公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」などにて行われます。なお、価格は後日案内予定。

また2020年2月29日(土)までにワイモバイルのAndroid One S6を購入し、2020年3月8日(日)までに専用Webページから応募した人全員に1,000円相当のPayPayボーナスをプレゼントする「スマホを買ってPayPayもらえちゃうキャンペーン」( https://paypay.ne.jp/event/smartphone/ )を京セラが実施します。

続きを読む

KDDI、au向けタフネススマホ「TORQUE G04」を8月30日に発売!価格は7万9920円で実質4万9320円から。キャンペーンで赤い限定カラーの電池パックをプレゼント


auスマホ「TORQUE G04」が8月30日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は23日、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」のうちのタフネススマートフォン(スマホ)「TORQUE G04(型番:KYV46)」(京セラ製)を2019年8月30日(金)に発売すると発表しています。

すでにauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(税込)は本体価格79,920円(分割1,665円/月×48回)でアップグレードプログラムEX(月額390円)に加入して25ヶ月目以降に返却して機種変更した場合なら残りの残債が免除されて実質負担額49,320円(分割2,055円×24回)からとなります。

また発売を記念して発売日から2019年9月30日(月)までの期間中に「TORQUE G04」を購入して応募した人全員に限定カラー(赤)のTORQUE G04電池パックをプレゼントするキャンペーンを実施します。賞品発送時期は2019年10月中旬以降を予定。さらに登山アプリ「YAMAP」とのコラボレーション企画を実施して専用アクセサリーを開発中だとのこと。詳細は「TORQUE スペシャルサイト」をご参照ください。

続きを読む

KDDI、au向けスマホ「Qua phone QZ KYV44」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を7月25日10時より提供


auスマホ「Qua phone QZ KYV44」がAndroid 9.0 Pieに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は24日、昨年2月に発売した携帯電話サービス「au」向け「2018年春モデル」のうちのスマートフォン(スマホ)「Qua phone QZ(型番:KYV44)」(京セラ製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年7月25日(木)10時より提供するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびの携帯電話ネットワーク(LTE・WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)で実施し、更新時間は携帯電話ネットワークおよびWi-Fiの2.4GHz帯なら約32分、Wi-Fiの5GHzなら約27分となっており、アップデートファイルサイズは約1.2GBと大きいため、Wi-Fiの更新が推奨されています。

更新後のOSバージョンは「Android 9.0」、ビルド番号は「3.000AR」。なお、今回の更新を実施するには事前にビルド番号「1.081AR」にしておく必要があるほか、更新時間は利用環境によって異なります。主な変更点は以下の通り。

○主な改善内容
1)マナーモード:設定手順の変更
2)ステータスバー:デザインや表示内容の変更
3)通知パネル:表示内容の変更
4)アプリ使用履歴画面:表示方法の変更
5)電話アプリ:「あとから録音」機能の追加
6)画面回転機能の追加
7)ホーム:並び順の変更(標準ホーム利用時)
8)ホーム:アプリ一覧の表示変更(標準ホーム利用時)

○主な削除項目
OSアップデート後は以下の機能が削除されますので、ご注意ください。
9)電源メニュー:「機内モード」を削除
10)通知パネル:「自動調整」を削除
11)Player(LISMO)アプリの削除

○その他OSアップデートにおける追加・変更/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(3.8MB)


続きを読む

au向けVoLTE対応の折りたたみ型タフネスケータイ「GRATINA KYF39」が発表!5月24日発売。LINEや+メッセージ、USB Type-Cに対応し、5色のカラバリを用意


auから折りたたみ型ケータイ「GRATINA KYF39」が登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、都内にて「au発表会 2019 Summer」を開催し、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」として4GおよびVoLTEに対応した折りたたみ型フィーチャーフォン(従来型携帯電話、以下「ケータイ」)「GRATINA KYF39」(京セラ製)を発表しています。

ベーシックなケータイ「GRATINA」シリーズの最新モデルで、2017年12月に発売された「GRATINA KYF37」の後継機種となり、防水(IPX5およびIPX8準拠)や防塵(IP5X準拠)、耐衝撃(MIL-STD-810G準拠)に対応した無駄をそぎ落として使いやすさを追求した美しいデザインを採用し、自然の情景の美しさをテーマにしたこだわりの5色のカラーバリエーションが販売されます。

また新たに「LINE」に加えてSMSを拡張したRCS準拠のコミュニケーションサービス「+メッセージ」にも対応し、従来通りに聞き取りやすい機能のほか、通話終了時に直前の通話内容を音声データとして1件あたり最大60分の録音ができる「あとから録音」が追加されてより快適な通話機能を実現しています。

発売日は5月24日(金)で、発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて5月14日(火)より事前予約受付が実施されます。価格(税込)は詳細にまとめていますが、本体価格32,400円の実質負担額5,400円からとなっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。