S-MAX

Kyocera

KDDI、au向けジュニアスマートフォン 「miraie f KYV39」を1月20日に発売!新たにVoLTEやGoogle Playに対応したほか、ココセコムとの連携機能も搭載


au向けジュニアスマホ 「miraie f」が1月20日に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は16日、今春に発売する「2017年春モデル」のうちの子どもなど向け京セラ製ジュニアスマートフォン(スマホ)「miraie f(ミライエ フォルテ)」(型番:KYV39)を2017年1月20日(金)に発売すると発表しています。

価格(税込)は本体価格が21,600円(分割900円/月×24回)、毎月割が420円×24回(総額15,120円)の実質負担額6,480円(分割270円/月×24回)などとなるとのこと。

またジュニアスマホ「miraie」シリーズ向けに提供してきた料金プラン「ジュニアスマートフォンプラン」へ加入でき、月額基本料3,620円で「家族割」登録の家族への通話および1時~21時のau携帯電話宛の国内通話が無料となります。

さらにジュニアスマートフォンプランでは、データ容量を従来は0.5GBで提供してきましたが、miraie fの発売に合わせて2GBに改定し、メールなどのデータ通信も今まで以上に安心して利用できるということです。

続きを読む

ソフトウェアはシンプルに、ハードウェアは頑丈に!OSやセキュリティーのアップデートが保証されたワイモバイル向けスマホ「Android One S2」を写真で紹介【レポート】

s2-001
シンプルに必要機能を凝縮!京セラ初のAndroid oneスマホ「S2」登場!

既報の通り、ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、都内にて発表会「Y!mobile 2017 Spring」を開催し、Android Oneスマートフォン(スマホ)「Android One S2」(京セラ製)を発表しました。発売時期は3月上旬以降を予定しています。

Googleが提唱する事実上の「スマホのリファレンスデザイン」である「[[Android One]]」ブランドに、新たな機種が追加されました。本機は京セラ初となるAndroid Oneとなります。

同時発表されたシャープ製の「Android One S1」が5インチフルHD(1920×1080ドット)ディスプレイやオクタコアCPUなどを搭載したメインストリームを意識した仕様であるのに対し、本機は5インチHD(1280×720ドット)ディスプレイやクアッドコアCPU(MSM8917 1.4GHz×4コア)を搭載するなど、よりエントリー向けの仕様となっています。

販売価格は未定ながらもかなり安価に設定されるであろうことが予想されますが、どういった層をターゲットとした端末になるのでしょうか。発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので写真とともにご紹介します。

続きを読む

ソフトバンク、Y!mobile向けに新しいAndroid Oneスマホを2機種発表!シャープ製「S1」は2月下旬、京セラ製「S2」は3月上旬に発売予定


Y!moble向け新Android Oneスマホ「S1」と「S2」が発表!

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は18日、都内にて発表会「Y!mobile 2017 Spring」を開催し、新しいスマートフォン(スマホ)「Android One S1」(シャープ製)および「Android One S2」(京セラ製)を発表しています。

発売時期はAndroid One S1が2017年2月下旬以降、Android One S2が2017年3月上旬以降を予定。ソフトバンクのサブブランドとして展開している「Y!mobile(ワイモバイル)」では2016年7月に日本初の「Android One」に対応した「Android One 507SH」を発売していましたが、今回新たにAndroid Oneシリーズを2機種追加します。

Android Oneはもともと新興国向けのアップデートプログラムとして展開が開始されましたが、その後に立ち位置を拡大して現在は各国・地域に合わせた「Nexus」シリーズのようなGoogleが提唱するスマホの「リファレンスデザイン」的な存在になっています。

そのため、Android One 507SHでも日本市場に合わせてAndroid Oneシリーズでは初となる防水・防塵やワンセグに対応していましたが、Android One S1でも同じように防水・防塵、Android One S2では防水・防塵に加えて耐衝撃や赤外線通信にも対応しています。

続きを読む

お風呂でも安心して使える!ハンドソープとボディーソープで洗えるau向けスマホ「rafre KYV40」を写真と動画で紹介【レポート】

ハンドソープだけではなくボディソープでも洗えるスマホ「rafre」登場

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、都内にて「au発表会 2017 Spring」を開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)、Android 7.0(開発コード名:Nougat)を搭載したスマートフォン(スマホ)「rafre(型番:KYV40)」(京セラ製)を2017年3月上旬に発売することを発表した。

前モデル「DIGNO rafre KYV36」(2015年12月発売)と同様に本体をハンドソープで洗えるほか、新たにボディソープにも対応した(国内メーカーの泡タイプのハンドソープとボディソープのみ。キッチン用や業務用などは利用できない)。また43℃までの温水防水対応でお風呂での利用も可能だ。

今回はそんな新たに「DIGNO」が取れて新たに「rafre」シリーズとなったrafre実機に発表会併設のタッチ&トライ会場で触れることができたので写真と動画で紹介していく。


続きを読む

予約開始したau向け折りたたみ型タフネスケータイ「TORQUE X01」の気になる価格をチェック!鉄板やコンクリートへの落下試験も含めた18項目の耐久試験をクリア


au向けタフネスケータイ「TORQUE X01」の価格を紹介!

auの「2017年春モデル」として発表され、auでは6年ぶりのタフネス仕様の折りたたみ型ケータイ「TORQUE X01(型番:KYF33)」(京セラ製)。6年前はカシオの「G'zOne」ブランドの「G'zOne TYPE-X」でしたが、新たに京セラのタフネススマートフォン(スマホ)として人気の「TORQUE」シリーズになり、OSがAndroidベースになり、高速通信の4G LTEや高音質通話のVoLTEに対応しました。

また最新のプラットフォームにしたことで堅牢性や耐久性はより向上し、IPX5・IPX8準拠)および防塵(IP6X準拠)のほか、米軍が採用する「MIL-STD-810G」準拠に加え、独自に高さ1.8mから鉄板やコンクリートに26方向で落とす耐衝撃試験もクリアした18項目の耐久性能を有しています。

そんなタフネスケータイとして期待のTORQUE X01がauショップなどのau携帯電話取扱店や公式Webストア「au Online Shop」にて事前予約受付が開始され、価格が案内されていましたので紹介したいと思います。なお、TORQUE X01の発売時期は2017年2月下旬以降を予定。

続きを読む

ガラケースタイルのタフネスモデル復活!VoLTEやLTEテザリング通信にも対応したau向け京セラ製ケータイ「TORQUE X01」を写真と動画で紹介【レポート】

torque-x01-001
タフネス“ケータイ”が6年ぶりの復活!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、今春以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Spring」を都内にて開催し、OSにAndroidベースを採用した折りたたみ型のタフネスケータイ「TORQUE X01(型番:KYF33)」(京セラ製)を発表しました。発売時期は2017年2月下旬を予定し、価格は毎月割を引いた実質負担額で2万円程度となる見込みです。

TORQUEシリーズと言えばau向けのタフネススマホシリーズとして京セラが発売していましたが、今回はフィーチャーフォン(ガラケー)タイプでの登場となりました。フィーチャーフォンタイプでのタフネスモデルとしてはNECカシオ製の「G'zOne TYPE-X」以来で6年ぶりですが、そのG'zOneシリーズを引き継ぐ形となります。

今回発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので写真と動画にてご紹介します。なお、詳細なスペックなどはこちらの記事をご覧ください。

続きを読む

KDDI、au向けタフネス仕様の折りたたみ型ケータイ「TORQUE X01」を発表!防水・防塵や18項目のMILなどに対応したAndroidベースのVoLTE対応ガラホに


au向けタフネスケータイ「TORQUE X01」が2月下旬に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、今春以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Spring」を都内にて開催し、OSにAndroidベースを採用した折りたたみ型のタフネスケータイ「TORQUE X01(型番:KYF33)」(京セラ製)を発表しています。

京セラのタフネススマートフォン(スマホ)「TORQUE」シリーズから折りたたみ型ケータイとして登場したTORQUE X01は、自慢のタフネス性能を踏襲。防水(IPX5・IPX8準拠)および防塵(IP6X準拠)のほか、耐衝撃などの18項目の耐性能(MIL-STD-810G)にも対応。

フィーチャーフォン(従来型携帯電話、いわゆる「ガラケー」)のような縦方向に折りたたむ形状を採用したいガラホ(ガラケー+スマホ)に。既存のガラホ「GRATINA 4G」などをベースにより堅牢性を高めたモデルとなっています。

auでは2010年に発売したタフネスケータイ「G'zOne TYPE-X」(NECカシオモバイルコミュニケーションズ製)以来の6年ぶりのタフネスケータイだとしています。発売時期は2017年2月下旬を予定し、価格は毎月割を引いた実質負担額で2万円程度となる見込み。

その他、公式アクセサリーブランド「au +1 collection」ではタフネススマホ「TORQUE G02」でも好評な純正ホルダー「Hard Holder」を用意し、利用者からの「ホルダー装着時に簡単に着信に応答したい」といっ声にも応え、ホルダーを装着したままでも片手で簡単に取り外しができるフック形状に改善し、より便利に使えるようになっているということです。

続きを読む

KDDI、au向け新スマホ「rafre KYV40」を発表!洗えるスマホがさらにパワーアップして泡ボディーソープにも対応し、OSもAndroid 7.0 Nougatに


au向け洗える新スマホ「rafre KYV40」が3月上旬に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、今春以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Spring」を都内にて開催し、約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶やオクタコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)採用スマートフォン(スマホ)「rafre(型番:KYV40)」(京セラ製)を発表しています。

世界初のハンドソープで洗えるスマホとして2015年12月に発売された「DIGNO rafre KYV36」(京セラ製)の後継機種で、従来の洗える性能を強化し、泡ハンドソープだけでなく泡ボディーソープで洗うことが可能になりました。

また、43℃までの温水防水対応でお湯がかかっても利用可能なため、くつろぎのバスタイムをより楽しく過ごせるほか、近接センサーを利用したジェスチャー操作に対応し、料理中に画面に触れなくても手を動かすだけでレシピが閲覧できる「クックビュー」機能を新たに搭載しています。

発売時期は2017年3月上旬を予定し、事前予約受付は後日実施される見込み。なお、価格(税込)は公式Webストア「au Online Shop」では本体価格43,200円(分割1,800円/月×24回)、毎月割900円×24回(総額21,600円)で実質負担額21,600円(分割900円/月×24回)などを予定しているということです。

その他、au公式アクセサリーブランド「au +1 collection」からDIGNO rafreでも好評だった純正の洗えるケース「Washable Case」を本体色に合わせて用意したとのこと。撥水加工で水に濡れても安心で、rafre KYV40を装着したままでもケースの汚れが気になったときには水や温水で洗えるほか、利用者からの「キッチンでの油はねが気になる」といった要望に応え、表生地に防汚加工を施すことで油汚れも付きにくい仕様に改善し、より便利に使えるようになっています。

続きを読む

KDDI、au向け新ジュニアスマートフォン「miraie f KYV39」を発表!Google Play対応でアプリ追加可能で、フィルタリングも――防犯ブザーやセコムなどで安心・安全に


au向け新スマホ「miraie f KYV39」が1月下旬に発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、今春以降に発売・開始する新商品や新サービスを披露する「au発表会 2017 Spring」を都内にて開催し、約4.7インチHD(720×1280ドット)TFT液晶や1.4GHzクアッドコアCPU、2GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載したAndroid 6.0(開発コード名;Marshmallow)採用スマートフォン(スマホ)「miraie f(型番:KYV39)」(京セラ製)を発表しています。

ひとりで外出する機会が増えた子どもに安心して持たせられるジュニア向けスマホとして2015年1月に発売された「miraie(型番:KYL23)」の後継機種でペットネームは「ミライエ フォルテ」と読むとのこと。新たにau VoLTEに対応したほか、miraieでは非対応だったGoogle Playにも対応し、各種のGoogleアプリ対応やアプリ配信マーケット「Google Playストア」からのアプリ追加にも対応。

さらに保護者が気になる「ネットの危険」や「使いすぎ」などといった「スマホを持たせたいけれど、躊躇してしまう」というニーズに応え、子ども側の「スマホは持ちたいけれど、子供っぽいデザインはイヤ」といった気持ちにも応じ、子どもが成長しても使い続けられるデザインを採用しています。

発売時期は2017年1月下旬を予定し、事前予約受付は後日実施される見込み。なお、価格(税込)は公式Webストア「au Online Shop」では本体価格21,600円(分割900円/月×24回)、毎月割420円×24回(総額15,120円)で実質負担額6,480円(分割270円/月×24回)などを予定しているということです。

miraie fでは、以前から提供しているジュニアスマートフォンのmiraie向けに提供してきた料金プラン「ジュニアスマートフォンプラン」へ加入でき、月額基本料3,620円で「家族割」登録の家族への通話および1時~21時のau携帯電話宛の国内通話が無料となります。

さらにジュニアスマートフォンプランでは、データ容量を従来は0.5GBで提供してきましたが、miraie fの発売に合わせて2GBに改定し、メールなどのデータ通信も今まで以上に安心して利用できるということです。

その他、au公式アクセサリーブランド「au +1 collection」から子どもがカバーを汚してしまっても水や温水で洗うことができる純正ケース「miraie f Washable Case」などを用意し、その他のすべてのアイテムがmiraie fが搭載している防犯ブザーボタンに対応しています。

続きを読む

ケータイの使い心地をスマホで実現!初心者でも安心なau向け「URBANO V03」を写真と動画で紹介【レポート】

スマホ初心者でも安心?ケータイ入力ができるスマホ「URBANO V03」を写真と動画でチェック!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は9日、今冬に発売するau向け「2016年冬モデル」のうちのAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用したスマートフォン(スマホ)「URBANO V03(型番:KYV38)」を発売した。スマホをはじめて使う層向けの定番「URBANO」シリーズの最新モデルは、ケータイユーザーからの移行に際して障壁となるAndroidのUI(ユーザーインターフェイス)を慣れ親しんだケータイの操作を取り入れている。

主なスペックとして、約5.0インチHD(720×1280ドット)TFT液晶やQualcomm製オクタコアCPU「Snapdragon 430(MSM8937)」、2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ、外部ストレージmicroSDXC(最大200GBまで)、4G LTEの受信最大150Mbpsおよび送信最大25Mbps、無線LAN(Wi-Fi)規格IEEE802.11b/g/n準拠(2.4GHzのみ)対応、Bluetooth 4.2など。また、防水(IPX5・IPX8)や防塵(IP5X)、米国国防総省の調達基準「MIL-STG-810G」に準拠した耐衝撃性能を持つ。

すでに紹介しているように公式Webストア「au Online Shop」での販売価格(税込)は、機種変更・新規・MNPともに本体代金一括価格37,800円、毎月割351円が24回で適用され割引額が合計8,424円となり実質29,376円、スマートパス加入で実質21,600円となる。

今回は、そんなURBANO V03の外観および主な特徴をKDDIが11月7日に都内にて開催した報道関係者向け「au秋冬モデル体験会 2016」にてタッチ&トライしたので写真と動画で紹介していく。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。