S-MAX

Kyocera

ワイモバイルから初心者向け「かんたんスマホ2 A001KC」が発表!8月6日発売、7月31日予約開始で、価格は4万6800円。割引で3万960円から


Y!mobileから「かんたんスマホ2 A001KC」が登場!安心のMade in Japan

ソフトバンクおよびウィルコム沖縄は29日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向けに新たに初心者用のエントリースマートフォン(スマホ)「かんたんスマホ2(型番:A001KC)」(京セラ製)を発表しています。

発売日は2020年8月6日(木)で、発売に先立ってワイモバイルショップなどのY!mobile取扱店や公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」にて7月31日(金)より事前予約受付が実施され、価格(金額はすべて税込)はワイモバイルオンラインストアなどの直営店では本体価格が46,800円とのこと。

また新規契約および他社から乗り換え(MNP)では端末購入割引によって30,960円(分割では1,290円/月×24回または860円/月×36回)となるということです。なお、60歳以上の場合には国内通話(一部除く)が無料になる「60歳以上 通話ずーっと無料キャンペーン」が適用できます。

続きを読む

KDDI、au向け“大人”のためのスマホ「URBANO V04」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


auスマホ「URBANO V04」がAndroid 10に!

KDDIは27日、携帯電話サービス「au」向けの大人のためのスマートフォン(スマホ)「URBANO V04(型番:KYV45)」(京セラ製)を最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年7月28日(火)より提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワーク(4G LTE・WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)で実施する方法が用意されており、更新にかかる時間はWi-Fiの5GHz帯で約20分、それ以外では約25分、アップデートファイルサイズは約1.3GBとなっており、Wi-Fiでの更新が推奨されます。

更新後のビルド番号は「3.000RE」となっています。ビルド番号は「設定」から「デバイス情報」→「ビルド番号」で確認でき、今回の更新を行うには事前にビルド番号「1.100RE」にしておく必要があります。主な更新内容は以下の通り。

○主な改善内容
1)通話音声メモで録音した通話履歴にのみ録音マークが表示されるよう変更され、言メモで録音した通話履歴には録音マーク表示されません。
2)マナーモードのステータス表示が変更され、設定しているマナーモードの種類がアイコンで表示されるようになります。
3)「操作」配下の「ホームボタンを上にスワイプ」が「システムナビゲーション」に名称が変わります。

○主な削除項目
4)「設定」→「au設定」配下の「auサポート」が削除されます。
5)おサイフケータイアプリアイコンがアプリ一覧のツールフォルダ配下からアプリ一覧画面に移動します。
6)P2P機能削除に伴い、「設定」→「接続済みのデバイス」→「接続の設定」→「NFC/おサイフケータイ設定」配下の「Reader/Writer,P2P」の名称が「Reader/Writer」に変わります。合わせてガイドから「端末間通信機能」の文言が削除されます。

○その他OSアップデートにおける追加・変更/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(2.3MB)[PDF]


続きを読む

ソフトバンク向けと見られる未発表の京セラ製スマホ「A001KC」がGCFやBluetooth SIGの認証を通過


未発表の京セラ製スマホ「A001KC」が認証取得!写真はワイモバイル向け「かんたんスマホ」

Bluetooth認証機関のBluetooth SIGは26日(現地時間)、未発表の京セラ製Android搭載携帯電話「A001KC」が認証通過したとして情報を公開しています。Declaration IDは「D050634」。詳細は不明ながら製品概要は「Android phone」となっており、Bluetoothのバージョンは5.0となっています。

A001KCは型番ルールからソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」や「Y!mobile」向け製品となると見られ、Bluetooth SIG以外にも移動通信ネットワークと携帯端末の相互接続性を保証する認証を行っているGCF(Global Certification Forum)でも2020年5月29日付で認証を取得しています(GCF Reference:8991)。

続きを読む

UQモバイル向けはじめてスマホ「BASIO4 KYV47」が値下げ!オトク割で1万9800円OFFの本体価格1万1880円に


UQ mobileスマホ「BASIO4 KYV47」の本体価格が11,880円に値下げ!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄がau回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」( https://www.uqwimax.jp )向けエントリースマートフォン(スマホ)「BASIO4(型番:KYV47)」(京セラ製)が2020年6月26日(金)より値下げされています。

これにより、UQ mobileオンラインストアでの価格(金額はすべて税込)は従来は31,680円でしたが、オトク割で19,800円が直接割り引かれて新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)ともに11,880円(分割330円/月×36回または495円/月×24回)となっています。

続きを読む

KDDI、au向けタフネススマホ「TORQUE G04」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を5月19日に提供開始


auスマホ「TORQUE G04」がAndroid 10に!

KDDIは18日、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」として昨年8月に発売したタフネススマートフォン(スマホ)「TORQUE G04(型番:KYV46)」(京セラ製)に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を2020年5月19日(火)に提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(LTE/WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は約25分、更新ファイルサイズは約1.6GBとなっており、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されてます。

更新後のビルド番号は「3.001PR」で、Androidセキュリティーパッチレベルは「2020年3月1日」となるとのこと。なお、ビルド番号は「設定」から「デバイス情報」→「ビルド番号」で確認できます。主な更新内容は以下の通り。

○主な改善内容
1)電源ボタンを長押しした際に表示されるメニューに「緊急通報」が追加されます。
2)通話履歴にて通話音声メモや伝言メモの表示方法が変更されます。
3)カメラ設定に「QRコード読み取り」機能が追加されます。
4)設定の「ダイレクトボタン」機能で設定できるアプリに「アシスタント」と「ライト」が追加されます。
5)ジェスチャーナビゲーションが追加されます。

○主な削除項目
6)Androidビームが非対応になります。
7)設定の「au設定」配下にて「auサポート」が削除されます。

○その他OSアップデートにおける追加・変更/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(3.3MB)[PDF]


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。