S-MAX

Lumia1520

Microsoft、Windows Phone 8.1スマホにWindows 10 Mobileへのネットワーク経由によるソフトウェア更新を提供開始!「MADOSMA Q501」や「Lumia 1520」などが対象


Windows Phone 8.1スマホにWindows 10 MobileへのOTAが配信開始!

Microsoftは17日(現地時間)、Windows Phone 8.1を搭載したスマートフォン(スマホ)に対して最新プラットフォーム「Windows 10 Mobile」へのOSバージョンアップをネットワーク経由によるソフトウェア更新(OTA)で提供開始したとお知らせしています。

現時点で対象( https://goo.gl/38l4WK )となるのは、日本で販売されているマウスコンピューター製「MADOSMA Q501」のほか、Lumia 1520および930、640、640XL、730、735、830、532、535、540、635(1GB)、636(1GB)、430、435、BLU Win HD w510uおよびWin HD LTE X150qとなっています。

続きを読む

ついにWindows Phoneにもファブレットが登場!6インチフルHD液晶やクアッドコアCPUを搭載したハイスペックな「Nokia Lumia 1520」を購入したので開封してみた【レビュー】


Nokia製スマホ「Lumia 1520」の外観を紹介!

Nokia(ノキア)が今年10月に発表し、米国などで販売が開始された6インチフルHD(1080×1920ドット)CleareBlack液晶や2.2GHzクアッドコアCPUなどを搭載し、OSにWindows Phone 8を採用したスマートフォン「Lumia 1520」。

Nokia初のスマートフォン(スマホ)とタブレットの中間サイズとしてカテゴリーされる「ファブレット(Phablet)」で、同時にはじめての「Windows Phone 8」のUpdate 3(GDR3)を採用し、これにより、フルHD解像度のディスプレイやクアッドコアCPUなどがサポートされたことにより、それらを搭載したハイスペックな製品です。

今回、このLumia 1520を海外のSIMロックのかかっていないSIMフリースマホなどを販売するオンラインショップ「EXPANSYS Japan」で購入したので、開封して同梱品をチェックしつつ、外観を写真で紹介したいと思います。

続きを読む

Nokia、6インチフルHD液晶搭載Windows Phone 8スマートフォン「Lumia 1520」を発表!同じ6インチながら廉価モデル「Lumia 1320」も投入


Nokiaが6インチ大画面搭載WP8スマホ「Lumia 1520」と「Lumia 1320」を発表!

Nokia(ノキア)は22日(現地時間)、アブダビ(Abu Dhabi)にてプレス向けイベント「Nokia World 2013」を開催し、6インチフルHD(1080×1920ドット)CleareBlack液晶や2.2GHzクアッドコアCPUなどを搭載し、OSにWindows Phone 8を採用したスマートフォン「Lumia 1520」と、同じ6インチながらHD(720×1280ドット)IPS液晶を搭載した廉価モデル「Lumia 1320」の2機種を発表しています。

Lumia 1520が2013年第4四半期(10〜12月)、Lumia 1320が2014年第1四半期(1〜3月)に米国や欧州、香港、シンガポールなどで発売予定、価格は、契約年数の縛りなしの本体価格がLumia 1520で730ドル程度、Lumia 1320で339ドル。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。