S-MAX

Pixel3a

Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android 10 Q Beta 5」を提供開始!Pixelシリーズなどで利用可能。正式版は7〜9月にリリース予定


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android Q Beta 5」をリリース!

Googleは10日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android Q」における先行プレビュー版( https://developer.android.com/preview/ )の最終ベータ版となる「Android Q Beta 5」を公開したとお知らせしています。

Android Q Betaは今年3月に第1弾「Android Q Beta 1」が公開され、その後も4月3日に第2弾「Android Q Beta 2」、5月7日に開発者向けイベント「Google I/O 2019」に合わせて第3段「Android Q Beta 3」、6月5日より「Android Q Beta 4」が提供されてきましたが、今回これらに続いてリリース候補(RC)版となるAndroid Q Beta 5がリリースされました。

すでにAndroid Q Beta 4にて最終API(APIレベル29)および公式SDKとなっていますが、今回のAndroid Q Beta 5で機能的には最終調整され、次の正式版リリース直前のAndroid Q Beta 6(最終テスト用RC版)が最後となり、2019年第3四半期(7〜9月)に正式版がリリースされる予定で、過去の例からすると8月頃に正式版が提供開始されるものと見られ、Googleでは“夏の終わり頃”としています。

同社ではAndroid Qで新たに導入されるジェスチャーナビゲーションを調整しており、ナビゲーションバーのないフルスクリーンを体験しやすくしているとしています。なお、正式版のバージョン番号は「10」であることがすでに示されているので「Android 10(開発コード名:Q****)」などとなる見込みで、Q****のお菓子の名称が付けられる開発コード名については現時点ではまだ不明です。

続きを読む

ソフトバンクオンラインショップでGoogleスマホ「Pixel 3a」と「Pixel 3a XL」が自宅受取で最大2万円分還元キャンペーンを開始!半額サポートで実質8560円から。新CMも放映


SoftBankが白石麻衣さん起用のGoogle Pixel 3a新CMをスタート!最大2万円分還元キャンペーンも

ソフトバンクは7日、携帯電話サービス「SoftBank」向けに販売しているGoogleスマートフォン(スマホ)「Pixel 3a」および「Pixel 3a XL」の新しいCMとしてイメージキャラクターに白石麻衣さんを起用した「Google Pixel 3a『半額ブギウギ』篇」を 2019年6月8日(土)に全国で放映を開始すると発表しています。

今回の新CMでは1960年代のレトロなファッションをイメージにしつつ現代っぽさも兼ね備えた色とりどりの衣装と、まさにSNS映えしそうなポップな街並みが登場し、その街で白石麻衣さんがPixel 3aを片手にair:manさんが振り付けしたミュージカル風のキュートなダンスを披露するというものになっています。

また楽曲は歌謡曲『東京ブギウギ』をアレンジした『半額ブギウギ』となっており、SoftBankにおいて48回払いで購入した製品のうちで最大24回分の割賦金が免除される割引キャンペーン「半額サポート」とともにPixel 3aシリーズを紹介しています。 なお、新CMやメイキング映像はすでにSoftBankの公式YouTubeチャンネルにて視聴可能となっています。

さらにSoftBankでは公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」にて6月5日17時よりPixel 3aおよびPixel 3a XLを購入して自宅受取(自宅などの特定の場所へ配送)した場合に最大2万円分の商品券をプレゼントする「最大2万円分の商品券をプレゼント」キャンペーンを実施しています。特典の商品券は他社から乗り換え(MNP)なら2万円分、新規契約および機種変更なら1万円分となっており、申込月の翌月中旬以降から順次発送予定とのこと。

ソフトバンクオンラインショップでの価格(以下、すべて税込)はPixel 3aが57,120円、Pixel 3a XLが67,680円となっており、48回払いならPixel 3aが1,190円/月×48回、Pixel 3a XLが1,410/月×48回となり、半額サポートで25ヵ月目に返却する場合、残りの24回分の割賦が免除されるため、Pixel 3aが実質28,560円、Pixel 3a XLが実質67,680円となり、今回のキャンペーンを利用してMNPで購入すればPixel 3aが実質8,560円となります。

続きを読む

Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android 10 Q Beta 4」を提供開始!最終APIおよび公式SDKに。正式版は7〜9月にリリース予定


Googleがスマホなど向け次期プラットフォーム「Android Q Beta 4」をリリース!

Googleは5日(現地時間)、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android Q」における先行プレビュー版( https://developer.android.com/preview/ )の最終ベータ版となる「Android Q Beta 4」を公開したとお知らせしています。

Android Q Betaは今年3月に第1弾「Android Q Beta 1(初リリースのα版)」が公開され、その後も3月下旬に第2弾「Android Q Beta 2(増分更新)」、5月上旬に開発者向けイベント「Google I/O 2019」に合わせて第3段「Android Q Beta 3(増分更新)」が提供されてきましたが、今回これらに続いて最終APIおよび公式SDKとなるAndroid Q Beta 4がリリースされました。

これにより、新たにAPIレベル29となり、公式なAndroid Q APIによってアプリをコンパイルでき、Google Playストアで公開できるようになっています。なお、正式版のバージョン番号は「10」になって「Android 10(開発コード名:Q****)」などとなる見込みで、Q****のお菓子の名称が付けられる開発コード名については現時点ではまだ不明です。

Android Q Beta 4はAndroidエミュレーターのほか、Pixel 3やPixel 3 XL、Pixel 3a、Pixel 3a XLを含む「Pixel」シリーズで利用でき、ビルド番号は「QPP4.190502.018」でx86とARM(32・64bit)がサポートされており、一般向けベータプログラム「Android Beta Program」( https://g.co/androidbeta )を利用している場合にはソフトウェア更新がネットワーク経由で順次提供されるということで、すでにファクトリーイメージ( https://developer.android.com/preview/download.html?hl=en )も提供開始されています。

さらに「Essential Phone PH-1」や「ZenFone 5Z ZS620KL」などのAndroid Q Beta devices( https://developer.android.com/preview/devices )にも最新のAndroid Q Beta 4のコードが含まれたソフトウェア更新(OTA)が同日より配信開始されており、Essential Phone PH-1ではビルド番号は「QP1A.190502.046」( https://twitter.com/essential/status/1136338624096677888 )となっています。

なお、Android Qは今後、7月以降に「Beta 5(テスト用リリース候補版)」および「Beta 6(最終テスト用リリース候補版)」を経て2019年第3四半期(7〜9月)に正式版がリリースされる予定で、過去の例からすると8月頃に正式版が提供開始されるものと見られ、Googleでは“夏の終わり頃”としています。

続きを読む

NTTドコモ、価格を抑えたスタンダードスマホ「Google Pixel 3a」と「arrows Be3 F-02L」を6月7日発売!価格は4万6656円と3万3048円で予約受付中


docomoの高コスパスマホ「Google Pixel 3a」と「arrows Be3 F-02L」が6月7日発売!

NTTドコモは3日、今夏以降に発売する「2019年夏モデル」のうちの価格を抑えたスタンダードスマホ「Pixel 3a」(Google製)および「arrows Be3 F-02L」(富士通コネクテッドテクノロジーズ製)を2019年6月7日(金)に発売すると発表しています。

発売に先立ってドコモショップや量販店などのNTTドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて事前予約受付が実施されており、価格(税込)はPixel 3aが46,656円、arrows Be3 F-02Lが33,048円で、一括払い以外にも12回・24回・36回の分割払いも行えます。

なお、両機種ともに6月1日から提供されている36回払いで購入すると24回目を支払った後に製品を返却すると残りの割賦金が免除される「スマホおかえしプログラム」は対象外。ドコモオンラインショップでは6月5日(水)10時より購入手続きが開始され、発売日の6月7日以降に順次お届けとなっています。

また発売に合わせて発売に合わせてドコモオンラインショップにてPixel 3aを購入した人の中から先着3千人にパスポートケース・スリッパ・ボールペンを詰め合わせた「オリジナルトラベルBox」をプレゼントする『「Google Pixel 3a」購入キャンペーン』を実施します。なくなり次第終了。

一方、arrows Be3 F-02Lについても購入した人の中から先着20万人に「基本操作マニュアル」(ドコモショップ・一部量販店)や先着5千人に「割れない刑事オリジナルボールペン」(ドコモオンラインショップ)をプレゼントする『ドコモ スマートフォン「arrows Be3 F-02L」購入キャンペーン』を実施します。どちらもなくなり次第終了。

続きを読む

NTTドコモからも販売されるGoogleが送り出したバリュースマホ「Pixel 3a」を写真と動画で紹介!上位モデルのPixel 3と同等のカメラを搭載【レポート】


docomoからもGoogleスマホ「Pixel 3a」が登場!写真と動画でチェック

既報通り、NTTドコモが今夏以降に発売する「2019年夏モデル」としてGoogleが5月8日に発表したスタンダードスマートフォン(スマホ)「Pixel 3a」(Google製)を2019年6月上旬に発売すると発表しています。国内ではすでに日本のGoogle ストアで販売されるSIMフリー版SoftBank版が販売されていますが、NTTドコモからも販売されることになりました。

なお、NTTドコモでも発売に先立ってすでにドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が実施されており、価格(税込)は本体価格が46,656円となっています。

一方、Google ストアでは48,600円、SoftBankでは57,120円となっており、NTTドコモが価格では最も安くなっていますが、SoftBankではさらに半額サポート利用時の実質負担は28,560円からと案内されているものの、NTTドコモでは新たに提供開始される「スマホおかえしプログラム」は対象外となっています。

昨年秋に発表されて国内でも同様にGoogle ストアやNTTドコモ、SoftBankから販売されている「Pixel 3」シリーズは約10万円以上の本体価格設定に対し、新たに投入されるPixel 3aはGoogleが“Pixel 3の約半額”と言うようにお買い得感も高く、カメラ性能はPixel 3シリーズと同等を謳うなど、Pixel 3の良さはそのままに価格を抑えたバリューモデルとして注目を集めています。

今回はNTTドコモの発表会におけるタッチ&トライコーナーでPixel 3aに触れることができましたので、Pixel 3aの外観や筆者が利用しているPixel 3との比較を写真や動画を交えながら紹介します。なお、Pixel 3aシリーズには大画面モデル「Pixel 3a XL」もラインナップされており、Google ストアやSoftBankでは販売されていますが、NTTドコモでは取り扱われません。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。