S-MAX

SCL22

KDDI、au向けスマホ「GALAXY Note 3 SCL22」とタブレット「GALAXY Tab S SCT21」にAndroid 5.0 LollipopへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


au向けスマホ「GALAXY Note 3 SCL22」とタブレット「GALAXY Tab S SCT21」にAndroid 5.0 Lollipopに!

KDDIは10日、au向けスマートフォン(スマホ)「GALAXY Note 3 SCL22」およびタブレット「GALAXY Tab S SCT21」(ともにサムスン電子製)により新しいプラットフォーム「Android 5.0(開発コード名:Lollipop)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで3Gおよび4G(LTEおよびWiMAX 2+)、無線LAN(Wi-Fi)にて行なう方法とパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して行なう方法が用意されており、更新にかかる時間はGALAXY Note 3 SCL22の単体で4GまたはWi-Fiなら約40分、3Gなら約50分、パソコンでなら約10分、GALAXY Tab S SCT23の単体で4GまたはWi-Fiなら約25分、3Gなら約40分、パソコンでなら約10分。

アップデートファイルサイズはGALAXY Note 3 SCL22の単体なら約980MB、パソコンなら約1.5GB、GALAXY Tab S SCT21の単体なら約980MB、パソコンなら約1.8GBとなっています。案内されている主な変更点は以下の通り。

◯Android 5.0による機能・操作性の向上
1)統一感のある画面デザイン、背景カラーに変更
2)ロックスクリーン画面の通知がポップアップ表示になり視認性が向上

詳しくは以下のページをご確認ください。
OSアップデートにおける主な機能追加について(494KB)[PDF]
OSアップデートにおける主な機能追加について(468KB)[PDF]

※更新されるソフトウェアには、上記以外に、より快適にGALAXY Note 3 SCL22およびGALAXY Tab S SCT21を利用するための改善内容が含まれております。


続きを読む

KDDI、公式Webストア「au Online Shop」にて限定割に「GALAXY Note 3 SCL22」を追加!価格は一括36720円に


ゼロから始めるスマートフォン

KDDIは16日、公式Webストア「au Online Shop」にて2013年冬モデルのスマートフォン(スマホ)「GALAXY Note 3 SCL22」を2015年1月16日(金)より「auオンラインショップ限定割」に追加するとお知らせしています。

これにより、新規契約および機種変更、モバイル番号ポータビリティー(MNP)による他社から乗り換えのすべてにおいて、一括36,720円(税込)で購入できるようになっています。

続きを読む

KDDI、au向けAndroidスマートフォン用ホームアプリ「auベーシックホーム」の対応機種を拡大!Xperia Z1やGALAXY Note 3などの2013年冬および2014年春モデルで利用可能に


KDDIがauベーシックホームの対応機種を拡大!

KDDIおよび沖縄セルラーは7日、Android搭載のauスマートフォン(スマホ)向けに提供しているホームアプリ「auベーシックホーム」の対応機種を2014年7月7日(月)より拡大するとお知らせしています。

新たに対応する機種は「isai LGL22」および「G Flex LGL23」、「Xperia Z1 SOL23」、「Xperia Z Ultra SOL24」、「GALAXY Note 3 SCL22」、「AQUOS PHONE SERIE SHL23」、「AQUOS PHONE SERIE mini SHL24」、「ARROWS Z FJL22」、「DIGNO M KYL22」、「URBANO L02」の2013年冬モデルおよび2014年春モデルの10機種。

続きを読む

KDDI、Android 4.4 KitKatへのOSバージョンアップを行うau向け機種を発表!Xperia Z1やXperia Z Ultra、GALAXY Note 3、isai、HTC J Oneの5機種


au向けスマホ5機種がAndroid 4.4 KitKatにアップデート予定!

KDDIは26日、スマートフォン(スマホ)やタブレットなど向けプラットフォーム「Android」の最新バージョン「Android 4.4(開発コード名:KitKat)」へのOSバージョンアップを予定している現在販売中のau向け機種についてお知らせしています。

同日、NTTドコモでもAndroid 4.4へのOSバージョンアップを行う予定のある機種が案内されていましたが、auでも同じく公開されました。auでは5機種が予定されています。

なお、各製品のOSバージョンアップ開始時期や実施方法、利用可能な機能などの詳細は、提供準備が整い次第、製品アップデート情報一覧にて順次お知らせするとしています。

続きを読む

サムスン電子ジャパン、GALAXY Note 3およびGALAXY Jの購入者対象にハイレゾ音源対応イヤホンをプレゼントするキャンペーン実施!SKE48「GALAXY of DREAMS」のハイレゾ音源も先着1万名に


GALAXY Note 3およびGALAXY Jを購入者にハイレゾ音源対応イヤホンプレゼント!

サムスン電子ジャパンは8日、NTTドコモ向け「GALAXY Note 3 SC-01F」および「GALAXY J SC-02F」、au向け「GALAXY Note 3 SCL22」を対象期間中に購入した人にハイレゾ音源対応イヤホンをプレゼントする「ハイレゾ音源対応イヤホンプレゼント キャンペーン」を実施するとお知らせしています。キャンペーン期間は2014年3月8日(土)から5月6日(火)まで。

また、アイドルグループ「SKE48」の14thシングルのカップリング曲である現在活動中の「SKE48 Special GALAXY of DREAMS」の楽曲「GALAXY of DREAMS」のハイレゾ音源をGALAXY Note 3およびGALAXY Jのユーザー限定サイトにて先着1万名にプレゼントするキャンペーンも2014年3月19日(水)より開始予定だということです

続きを読む

NTTドコモおよびKDDI、GALAXY Note 3およびGALAXY Jにそれぞれソフトウェア更新を提供開始!音楽再生の不具合を改善


GALAXY Note 3およびGALAXY Jにソフトウェア更新!

NTTドコモおよびKDDIは4日、昨年に発売したサムスン電子製スマートフォン「GALAXY Note 3 SC-01F」および「GALAXY Note 3 SCL23」、「GALAXY J SC-02F」にソフトウェア更新を提供開始したとお知らせしています。それぞれ音楽再生における不具合を解消するものとなっています。

それぞれ本体のみで携帯電話ネットワークおよび無線LAN(Wi-Fi)による方法およびパソコンとUSBケーブルを用いて接続して行う方法が用意されています。

更新にかかる時間は、GALAXY Note 3 SC-01Fの本体のみで約4分、パソコンを用いて約6分、GALAXY Note 3 SCL23の本体のみでWi-Fi利用約5分、LTE利用で約7分、3G利用で約20分、パソコンを用いて約7分、GALAXY J SC-02Fの本体のみで約4分、パソコンを用いて約6分。

更新期間はGALAXY Note 3 SC-01FおよびGALAXY J SC-02Fが2017年3月31日まで。アップデートファイルはGALAXY Note 3 SCL22が本体のみで約21MB、パソコンを用いた場合で約2GB。ソフトウェア更新で変更される点はそれぞれ以下の通り。
◯GALAXY Note 3 SC-01F
※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。
・ダウンロードした音楽コンテンツを再生中、まれに正しく再生できない場合がある。

◯GALAXY J SC-02F
※下記以外にも、より快適にご利用いただくための更新や一部仕様および表示変更などが含まれています。
・ダウンロードした音楽コンテンツを再生中、まれに正しく再生できない場合がある。

◯GALAXY Note 3 SCL22
・ハイレゾ音源再生時に停止や音飛びが発生する場合があります。
 ※PCM24bitあるいはDSD1bitなどの、CDを圧倒的に上回る情報量を持つ音楽データ。
High Resolution(高解像)の略。
・伝言メモ再生時、音声がスピーカーから出力される場合があります。
※更新されるソフトウェアには、上記以外に、より快適にSCL22をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

KDDI、au向け「GALAXY Note 3 SCL22」のデビューキャンペーンを2014年3月31日まで延長!新規・MNPで2万千円、機種変更で1万500円割り引き


GALAXY Note 3 SCL22のデビューキャンペーンが延長!

KDDIおよび沖縄セルラーから10月17日(木)に全国一斉発売開始されるau向けとしては初のファブレット「GALAXY Note 3 SCL22」(サムスン電子)。au初のファブレットだからなのか、本体価格が高いからなのか発売から本体価格が割り引かれる「GALAXY Note 3デビューキャンペーン」が実施されていました。

このデビューキャンペーンは当初12月19日まででしたが、好評だったとのことで延長されており、現在は2014年3月31日(月)までとなっています。

続きを読む

今冬最高スペック!2.3GHzクアッドコアCPUや3GBメモリー搭載のハイエンドスマホ「GALAXY Note 3」の性能をベンチマークでチェック【レポート】


今冬最高スペックのGALAXY Note 3をベンチマーク!

NTTドコモとau by KDDIから今月17日に発売開始されたサムスン電子製スマートフォン「GALAXY Note 3」。どちらのモデルもスペックは共通で、今冬モデルでは最高となる最大2.3GHz駆動クアッドコアCPUや大容量3GBメモリー(RAM)を搭載し、これまでの高性能なら「GALAXYシリーズ」といった評判を裏切ることのないスペックとなっています。

また、この高い性能や5.7インチという大画面を活かし、複数の機能をマルチウィンドウで利用できるなど、ますますパソコンなどに近づいてきており、一方で、片手操作しやすいように表示を小さくできるなどのスマートフォンならではの使いやすさにも対応しています。

そんなGALAXY Note 3について、今回は、NTTドコモ版「GALAXY Note 3 SC-01F」を用いてベンチマークアプリを用いて性能をチェックしてみましたので紹介したいと思います。


続きを読む

ええっ!手元でLINEが読めちゃうの?サムスン電子製スマートウォッチ「GALAXY Gear」にLINEアプリを入れてみました【レビュー】


GALAXY GearでLINEができちゃう!

今月17日に発売された「GALAXY Gear」(サムスン電子製)は、BluetoothでAndroid 4.3(開発コード名:Jelly Bean)以上の「GALAXYシリーズ」と連携して利用する腕時計型スマートデバイス「スマートウォッチ」です。

Bluetooth 4.0による省電力機能(Low Energy、BLE)に対応した「Bluetooth Smart」デバイスで、スマートフォンの音声電話の着信、通話機能やスマートフォンの各種通知を受けたり、端末の探索機能を備えているだけでは無く、任意のアプリを入れることで好みの機能を追加することができる魅力的な端末となっています。

中でも注目されているのが国内で人気の高いコミュニケーションサービス「LINE(ライン)」への対応で、通知だけでなく本文の閲覧、スタンプによる返信に対応しています。

今回は、このLINEをGALAXY Gearで利用する手順と操作感についてレポートします。

続きを読む

GALAXYと連携できる腕時計型スマートデバイス「GALAXY Gear」をセットアップしてみた!設定メニューをチェック【レビュー】


GALAXY GearとGALAXY Note 3 SC-01Fをセットアップ!

先週10月17日(木)に発売された「GALAXY Gear」(サムスン電子製)は、NTTドコモの「GALAXY Note 3 SC-01F」、au by KDDIの「GALAXY Note 3 SCL22」、そして、10月31日発売予定のNTTドコモの「GALAXY J SC-02F」などのAndroid 4.3(開発コード名:Jelly Bean)以上の「GALAXYシリーズ」とBluetoothで接続することができる腕時計型スマートデバイスです。

携帯電話ネットワークに対応していませんが、GALAXY Gear自体もOSにAndroid 4.3(開発コード名;Jelly Bean)を採用しており、Bluetooth 4.0による省電力機能Low Energy(BLE)に対応した「Bluetooth Smart」デバイスなっています。

これにより、GALAXY GearでGALAXYシリーズのスマートフォンの着信などの通知を受けたり、スマートフォンを失くしたりしたときに探索する機能のほか、カメラ撮影やGALAXY Gearでの通話やSMS本文閲覧、LINEのスタンプ返信などにも対応した高機能なステキガジェットとなっています。

前回は、au +1 collection SELECTから発売されているGALAXY Gearの開封レポートをお届けしましたが、今回は「GALAXY Note 3」とのペアリング手順について紹介していきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。