S-MAX

SHV40

au向け最新スタンダードスマホ「AQUOS sense2 SHV43」を写真と動画で紹介!カメラも進化し基本機能もしっかりした普段使いにちょうどいいスマホ【レポート】


安心の基本スペック!密かにカメラも進化した「AQUOS sense2 SHV43」

既報の通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、au向け「2018年秋冬モデル」を発表し、シャープ製のスタンダードなスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense2 SHV43」(以下、SHV43)を11月上旬に発売すると発表した。

同日、都内では報道陣向けの「au 2018 秋冬モデル タッチ&トライ」を開催。会場で実機を試すことができたので、レポートする。

なお、今回発表された各機種とも、発売に先立ってauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」にて2018年10月12日(金)10時より事前予約受付を開始する予定だ。

続きを読む

KDDI、au向けスタンダードスマホ「AQUOS sense SHV40」の新色「ノーブルレッド」を6月15日に発売!価格は既存色と同じ本体代3万2400円と高コスパでロングランヒットに


au向けスマホ「AQUOS sense SHV40」のノーブルレッドが6月15日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、携帯電話サービス「au(エーユー)」向け「2018年夏モデル」のうちのスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense(型番:SHV40)」(シャープ製)の新色「ノーブルレッド」を2018年6月15日(金)に発売すると発表しています。

価格(税込)は既存色と同じ本体代金32,400円(分割1,350円/月×24回)で毎月割675円/月×24回(総額16,200円)の実質負担額16,200円(分割675円/月×24回)からとなっており、発売に先立って事前予約受付を実施しており、auショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて販売されます。

続きを読む

復活シャープのロングランヒットモデルが今夏も盛り上がる!使いやすさ抜群なau向けスタンダードスマホ「AQUOS sence SHV40」の新色ノーブルレッドを写真で紹介【レポート】


au向けスタンダードスマホ「AQUOS sense SHV40」に新色レッドが登場!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話が携帯電話サービス「au(エーユー)」向け「2018年夏モデル」を発表し、アスペクト比9:16の約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載したAndroid採用スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense(型番:SHV40)」(シャープ製)に新色「ノーブルレッド」を追加します。

AQUOS senceは比較的廉価なエントリー~スタンダードクラスのスマホとして2017年11月に発売されて以来一躍大ヒットとなり、シャープの「AQUOS」ブランドやシャープ復活の象徴とも言えるような製品です。

必要十分な性能を使いやすいデザインに収めたバランスの良さが最大の特徴で、au向けのみならずNTTドコモや仮想移動体通信事業者(MVNO)向けとしても好評を博し、さらにはカメラや指紋認証機能を削除した法人向けのバリエーションなども作られるなど異例の人気ぶりとなっています。

今回追加される新色は6月中旬以降からの発売が予定されており、発表会場に併設されたタッチ&トライコーナーではその試作機が展示公開されていましたので写真とともにご紹介します。

続きを読む

人気の高コスパモデルに新色が追加!KDDI、au向けスタンダードスマホ「AQUOS sense SHV40」にノーブルレッドを追加。Android 8.x OreoへのOSバージョンアップも提供中


au向け高コスパスマホ「AQUOS sense SHV40」に新色レッドが登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は14日、都内にて『「au 2018 夏モデル」に関する説明会』を開催し、アスペクト比9:16の約5.0インチフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載したAndroid採用スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense(型番:SHV40)」(シャープ製)に新色「ノーブルレッド」を追加すると発表しています。

発売時期は2018年6月中旬以降を予定しており、発売に先立ってauショップなどの店頭や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施される見込み。価格(税込)は既存色と同じ本体代金32,400円(分割1,350円/月×24回)で毎月割675円/月×24回(総額16,200円)の実質負担額16,200円(分割675円/月×24回)から。

続きを読む

2年間最大2回のOSバージョンアップを約束したシャープ。人気のスタンダードスマホ「AQUOS sense」をAndroid 8.0にバージョンアップしてみた!電話・電話帳アプリも改善【レビュー】


人気のスタンダードスマホ「AQUOS sense」がAndroid 8.0 Oreo Oreoに!変更点をじっくり紹介

昨年11月以降シャープが投入した新しいスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense」シリーズは、約5.0インチのフルHD(1080×1920ドット)IGZO液晶を搭載してコストパフォーマンスが高い“高コスパスマホ”として人気を博しています。

販路も多く、auから2017年11月2日に「AQUOS sense SHV40」が発売されたのを皮切りに、NTTドコモから2017年11月10日に「AQUOS sense SH-01K」、UQ mobileから2017年11月22日に「AQUOS sense SHV40」、さらにスペックはほぼ同じで前面パネルと背面の素材などを変えたSIMフリー版「AQUOS sense lite SH-M05」も2017年12月1日に発売されました。

さらには今年に入ってからもワイモバイルからAQUOS senseをベースモデルとし、おサイフケータイ機能と指紋認証機能を除いた「Android One S3」が1月18日に、ソフトバンクブランドでも同じ名称で1月26日に発売され、ソフトバンクからはほぼ同等の機能で法人向けの「AQUOS sense basic」が2月16日に発売されました。

シャープはAQUOS senseを含む昨年以降に発売したモデルからOSアップデートを2年間最高2回提供することを約束しています。今年発売されたソフトバンクおよびワイモバイルのAndroid One S3とソフトバンクのAQUOS sense basicについては最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」がプリインストールされた形で発売されましたが、昨年発売されたNTTドコモ、au、UQ mobile版は「Android 7.1(開発コード名:Nougat)」がプリインストールされており、Android 8.0 OreoへのOSアップデートが予定されていました。

そして、auのAQUOS sense SHV40は3月12日に、NTTドコモのAQUOS sense SH-01Kは3月13日にAndroid 8.0 Oreoへのアップデートが提供されました。今回は筆者が所有しているauのAQUOS sense SHV40をAndroid 8.0 OreoへOSバージョンアップしてみたので、更新方法とアップデート後の変更点について紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。