S-MAX

SHV44

KDDI、au向けフラッグシップスマホ「AQUOS R3 SHV44」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を1月22日10時より提供


auスマホ「AQUOS R3 SHV44」がAndroid 10に!

KDDIは21日、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」として昨年5月から販売しているフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R3(型番:SHV44)」(シャープ製)に対応して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年1月22日(水)10時より提供するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および4G(LTE/WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)で実施する方法が用意されており、更新にかかる時間はWi-Fiなら約20分、4Gなら約35分、アップデートファイルサイズは約1.7GBとなっており、アップデートファイルサイズが大きいのでダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されます。

なお、更新を実施するには内蔵ストレージに約2.2GB以上の空きがあり、50%上の電池残量が必要となっているほか、更新前にソフトウェア更新によってビルド番号を「01.00.13」にしておく必要があります。更新後のビルド番号は「02.00.05」。主な更新内容は以下の通り。その他、更新は提供開始後に手動で行えますが、提供開始時刻より順次、各対象製品向けにアップデートのお知らせが通知されます。

○主な機能追加・変更内容
1)通話画面から音量を設定する時の表示が変更
2)電話アプリの「クイックアクセス」および「履歴」、「連絡先」の位置が変更
3)電話帳アプリで画面右上の連絡先削除アイコンが変更
4)電話帳アプリで画面右上の連絡先削除アイコンが変更
5)電話帳アプリにおける連絡先の削除方法が変更
6)カメラの機能が改善
7)ファイル管理アプリが「コンテンツマネージャー」から「Files」へ変更
8)黒基調の画面になる「ダークテーマ」が追加
9)テーマ「自動(壁紙連動)」は削除

○主な削除項目
10)OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。
・電話帳で連絡先詳細画面の「履歴を一緒に表示」機能(電話履歴、SMS履歴、予定など)が削除

○その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
  OSアップデートにおける追加・変更/削除項目について(6.1MB)(PDF)


続きを読む

シャープの新フラッグシップスマホ「AQUOS R3」を写真と動画で紹介!NTTドコモやau、SoftBankの専用カラーや10億色表示対応のPro IGZO液晶などの魅力を解説【レポート】


シャープの高性能スマホ「AQUOS R3」を写真と動画でチェック!docomo・au・SoftBankから発売

シャープが今夏に投入する最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R3」がNTTドコモおよびau、SoftBankといった移動体通信事業者(MNO)から出揃い、発売日はNTTドコモ向け「AQUOS R3 SH-04L」が6月1日(土)、au向け「AQUOS R3 SHV44」が5月25日(土)、SoftBank向け「AQUOS R3(型番:808SH)」が5月24日(金)となりました。

各社ともにキャリアショップや量販店などの店頭および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「au Online Shop」、「ソフトバンクオンラインショップ」にて事前予約受付が実施され、本体価格(税込)はNTTドコモのAQUOS R3 SH-04Lが89,424円、auのAQUOS R3 SHV44が99,360円、SoftBankのAQUOS R3が113,760円となっています。

またNTTドコモでは「スマホおかえしプログラム」、auでは「アップグレードプログラムEX」や「毎月割」、SoftBankでは「半額サポート」の対象で毎月割以外は購入したAQUOS R3を返却する条件がありますが、25ヶ月以降の割賦金が免除されて実質負担額はNTTドコモのAQUOS R3 SH-04Lが57,456円から、auのAQUOS R3 SHV44が59,040円から、SoftBankのAQUOS R3が56,880円からとなります。

さらに各社向けともに予約・購入して応募すれば最大25,000円分のキャッシュバックがもらえるシャープによる「AQUOS R3 SH-04Lデビューキャンペーン」が実施されているほか、auでは6月30日までに「新auピタットプラン」または「auピタットプラン」、「auフラットプラン」で2年契約またはスマイルハード割引に加入して購入した場合に機種変更または端末増設で最新購入機種の利用期間が12カ月目以上なら本体価格から2万円(税抜)を割り引かれます。

そんな台湾・鴻海に買収されてからラインナップされたハイエンドスマホとして初代より好評を博している「AQUOS R」シリーズの3代目となるAQUOS R3について各MNOから発売される製品の仕様はほぼ同じですが、カラーバリエーションなどで差別化が図られているため、各社の違いを中心にAQUOS R3の魅力を写真や動画を交えて紹介します。

続きを読む

KDDI、au向け最新フラッグシップスマホ「AQUOS R3 SHV44」を5月25日に発売!価格は本体代9万9360円の実質5万7456円から。2万円OFFや最大2万5千円CBのキャンペーンも


au向けスマホ「AQUOS R3 SHV44」が5月25日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は20日、今夏以降に発売予定の携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」のうちのデュアルノッチやツインカメラなどを採用した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R3 SHV44」(シャープ製)を2019年5月25日(土)に発売すると発表しています。

すでにauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(税込)は本体価格99,360円の実質負担額57,456円からとなっています。

なお、発売を記念してAQUOS R3 SHV44を購入して専用Webページ( http://k-tai.sharp.co.jp/campaign/r3cp/au/ )にて応募するとau WALLET残高へキャッシュバックされる「AQUOS R3ご購入キャンペーン」が実施され、購入・応募だけだと5,000円、予約・購入・応募で10,000円のほか、抽選で100人に15,000円が還元されます(ともに非課税)。

期間は予約は発売日前日まで、購入は6月30日(日)まで、応募は7月7日(日)まで、還元時期は2019年8月上旬以降を予定。購入は新規契約および他社から乗り換え(MNP)、機種変更のすべてのオーダーが対象。ただし、応募は1回線に付き1回限りで、キャッシュバックされるまでに回線を解約したり一時休止した場合は対象外となるということです。

さらに「AQUOS R3デビューキャンペーン」として6月30日までに「新auピタットプラン」または「auピタットプラン」、「auフラットプラン」で2年契約またはスマイルハード割引に加入して購入した場合に機種変更または端末増設で最新購入機種の利用期間が12カ月目以上なら本体価格から2万円(税抜)を割り引くということです。

続きを読む

KDDI、au向け「2019年夏モデル」を発表!スマホ8機種、ケータイ1機種で、Pixel 3aシリーズの販売はなし。最大4割値下げの新料金プランも


au向け「2019年夏モデル」が発表!スマホ8機種を含む合計9機種

KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、都内にて「au発表会 2019 Summer」を開催し、今夏以降に発売する携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」としてAndroidスマートフォン(スマホ)8機種、フィーチャーフォン(従来型携帯電話、以下「ケータイ」)1機種の合計9機種を発表しています。

発表されたのはスマホでは「Xperia 1 SOV40」および「AQUOS R3 SHV44」、「Galaxy S10 SCV41」、「Galaxy S10+ SCV42」、「Galaxy A30 SCV43」、「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」、「AQUOS sense2 かんたん SHV43」、「TORQUE G04」、ケータイでは「GRATINA KYF39」です。

まずはGalaxy S10 SCV41およびGalaxy S10+ SCV42が5月23日(木)に、GRATINA KYF39が5月24日(金)にその他の機種も5月下旬より順次販売開始される予定で、発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて5月14日(火)より順次事前予約受付が実施される予定です。

またXperia 1 SOV40およびGalaxy S10 SCV41、Galaxy S10+ SCV42、Galaxy A30 SCV43、HUAWEI P30 lite Premium HWV33、GRATINA KYF39は5月14日より「au SENDAI」や「au SHINJUKU」、「au NAGOYA」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA」の直営旗艦店5店舗にて先行展示するということです。

なお、価格は現時点では未定で、後日案内するとのこと。その他、各メーカーにて「Xperia 1 予約キャンペーン」や「『Galaxy S10+/S10』予約キャンペーン」、「AQUOS R3 デビューキャンペーン」、「HUAWEI P30 lite Premium 発売記念!キャッシュバックキャンペーン」などの各種キャンペーンが実施されます。

また事前に「魅力的な料金プラン」を提供すると明らかにされていましたが、新料金プランとして既存プランよりも最大4割値下げされるという「新auピタットプラン」や「auフラットプラン7プラス」、「auデータMAXプラン」、そして割引施策「家族割プラス」が発表され、今年6月1日より順次提供開始されます。

続きを読む

au向けフラッグシップスマホ「AQUOS R3 SHV44」を発表!5月下旬以降発売。デュアルノッチPro IGZO液晶やツインカメラ、FeliCa、フルセグ、1Gbpsに対応


auからもシャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS R3」が登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、都内にて「au発表会 2019 Summer」を開催し、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」としてデュアルノッチやツインカメラなどを採用した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R3 SHV44」(シャープ製)を発表しています。

シャープが5月8日に発表した最新フラッグシップスマホ「AQUOS R3」のau版で、画面の上部と下部の中央に切り欠き(ノッチ)のあるデュアルノッチを採用し、ノッチの下部には指紋センサーを兼ねたホームキーを搭載しているほか、昨夏モデル「AQUOS R2」に続いて背面に静止画用と動画用の2つのカメラを搭載した“ツインカメラ”となっています。

すでに先行してSoftBank版も発表されていましたが、auからも発売されます。au版でもAQUOS史上最高のスペックとなるSnapdragon 855や6GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージで、おサイフケータイ(FeliCa)や防水(IPX5・IPX8準拠)、防塵(IP6X準拠)、ワンセグ、フルセグ、1Gbpsなどに対応しています。

またSoftBank版ではベースカラーのプレミアムブラックおよびプラチナホワイトに加え、エレガントグリーンがラインナップされていますが、au版ではプレミアムブラックおよびプラチナホワイトに加え、薄いピンクのピンクアメジストが追加された3色展開となっています。

発売時期は5月下旬以降を予定しており、発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて5月14日(火)より事前予約受付が実施される予定です。価格(税込)は詳細にまとめていますが、本体価格99,360円の実質負担額57,456円からとなっています。

その他、発売を記念してAQUOS R3 SHV44を購入して専用Webページ( http://k-tai.sharp.co.jp/campaign/r3cp/au/ )にて応募するとau WALLET残高へキャッシュバックされる「AQUOS R3ご購入キャンペーン」が実施され、購入・応募だけだと5,000円、予約・購入・応募で10,000円のほか、抽選で100人に15,000円が還元されます(ともに非課税)。

期間は予約は発売日前日まで、購入は6月30日(日)まで、応募は7月7日(日)まで、還元時期は2019年8月上旬以降を予定。購入は新規契約および他社から乗り換え(MNP)、機種変更のすべてのオーダーが対象。ただし、応募は1回線に付き1回限りで、キャッシュバックされるまでに回線を解約したり一時休止した場合は対象外となるということです。

さらに「AQUOS R3デビューキャンペーン」として6月30日までに「新auピタットプラン」または「auピタットプラン」、「auフラットプラン」で2年契約またはスマイルハード割引に加入して購入した場合に機種変更または端末増設で最新購入機種の利用期間が12カ月目以上なら本体価格から2万円(税抜)を割り引くということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。