S-MAX

SHV44

KDDI、au向け最新フラッグシップスマホ「AQUOS R3 SHV44」を5月25日に発売!価格は本体代9万9360円の実質5万7456円から。2万円OFFや最大2万5千円CBのキャンペーンも


au向けスマホ「AQUOS R3 SHV44」が5月25日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は20日、今夏以降に発売予定の携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」のうちのデュアルノッチやツインカメラなどを採用した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R3 SHV44」(シャープ製)を2019年5月25日(土)に発売すると発表しています。

すでにauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付が実施されており、価格(税込)は本体価格99,360円の実質負担額57,456円からとなっています。

なお、発売を記念してAQUOS R3 SHV44を購入して専用Webページ( http://k-tai.sharp.co.jp/campaign/r3cp/au/ )にて応募するとau WALLET残高へキャッシュバックされる「AQUOS R3ご購入キャンペーン」が実施され、購入・応募だけだと5,000円、予約・購入・応募で10,000円のほか、抽選で100人に15,000円が還元されます(ともに非課税)。

期間は予約は発売日前日まで、購入は6月30日(日)まで、応募は7月7日(日)まで、還元時期は2019年8月上旬以降を予定。購入は新規契約および他社から乗り換え(MNP)、機種変更のすべてのオーダーが対象。ただし、応募は1回線に付き1回限りで、キャッシュバックされるまでに回線を解約したり一時休止した場合は対象外となるということです。

さらに「AQUOS R3デビューキャンペーン」として6月30日までに「新auピタットプラン」または「auピタットプラン」、「auフラットプラン」で2年契約またはスマイルハード割引に加入して購入した場合に機種変更または端末増設で最新購入機種の利用期間が12カ月目以上なら本体価格から2万円(税抜)を割り引くということです。

続きを読む

KDDI、au向け「2019年夏モデル」を発表!スマホ8機種、ケータイ1機種で、Pixel 3aシリーズの販売はなし。最大4割値下げの新料金プランも


au向け「2019年夏モデル」が発表!スマホ8機種を含む合計9機種

KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、都内にて「au発表会 2019 Summer」を開催し、今夏以降に発売する携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」としてAndroidスマートフォン(スマホ)8機種、フィーチャーフォン(従来型携帯電話、以下「ケータイ」)1機種の合計9機種を発表しています。

発表されたのはスマホでは「Xperia 1 SOV40」および「AQUOS R3 SHV44」、「Galaxy S10 SCV41」、「Galaxy S10+ SCV42」、「Galaxy A30 SCV43」、「HUAWEI P30 lite Premium HWV33」、「AQUOS sense2 かんたん SHV43」、「TORQUE G04」、ケータイでは「GRATINA KYF39」です。

まずはGalaxy S10 SCV41およびGalaxy S10+ SCV42が5月23日(木)に、GRATINA KYF39が5月24日(金)にその他の機種も5月下旬より順次販売開始される予定で、発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて5月14日(火)より順次事前予約受付が実施される予定です。

またXperia 1 SOV40およびGalaxy S10 SCV41、Galaxy S10+ SCV42、Galaxy A30 SCV43、HUAWEI P30 lite Premium HWV33、GRATINA KYF39は5月14日より「au SENDAI」や「au SHINJUKU」、「au NAGOYA」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA」の直営旗艦店5店舗にて先行展示するということです。

なお、価格は現時点では未定で、後日案内するとのこと。その他、各メーカーにて「Xperia 1 予約キャンペーン」や「『Galaxy S10+/S10』予約キャンペーン」、「AQUOS R3 デビューキャンペーン」、「HUAWEI P30 lite Premium 発売記念!キャッシュバックキャンペーン」などの各種キャンペーンが実施されます。

また事前に「魅力的な料金プラン」を提供すると明らかにされていましたが、新料金プランとして既存プランよりも最大4割値下げされるという「新auピタットプラン」や「auフラットプラン7プラス」、「auデータMAXプラン」、そして割引施策「家族割プラス」が発表され、今年6月1日より順次提供開始されます。

続きを読む

au向けフラッグシップスマホ「AQUOS R3 SHV44」を発表!5月下旬以降発売。デュアルノッチPro IGZO液晶やツインカメラ、FeliCa、フルセグ、1Gbpsに対応


auからもシャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS R3」が登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は13日、都内にて「au発表会 2019 Summer」を開催し、携帯電話サービス「au」向け「2019年夏モデル」としてデュアルノッチやツインカメラなどを採用した最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R3 SHV44」(シャープ製)を発表しています。

シャープが5月8日に発表した最新フラッグシップスマホ「AQUOS R3」のau版で、画面の上部と下部の中央に切り欠き(ノッチ)のあるデュアルノッチを採用し、ノッチの下部には指紋センサーを兼ねたホームキーを搭載しているほか、昨夏モデル「AQUOS R2」に続いて背面に静止画用と動画用の2つのカメラを搭載した“ツインカメラ”となっています。

すでに先行してSoftBank版も発表されていましたが、auからも発売されます。au版でもAQUOS史上最高のスペックとなるSnapdragon 855や6GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージで、おサイフケータイ(FeliCa)や防水(IPX5・IPX8準拠)、防塵(IP6X準拠)、ワンセグ、フルセグ、1Gbpsなどに対応しています。

またSoftBank版ではベースカラーのプレミアムブラックおよびプラチナホワイトに加え、エレガントグリーンがラインナップされていますが、au版ではプレミアムブラックおよびプラチナホワイトに加え、薄いピンクのピンクアメジストが追加された3色展開となっています。

発売時期は5月下旬以降を予定しており、発売に先立ってauショップや量販店などのau取扱店や公式Webストア「au Online Shop」などにて5月14日(火)より事前予約受付が実施される予定です。価格(税込)は詳細にまとめていますが、本体価格99,360円の実質負担額57,456円からとなっています。

その他、発売を記念してAQUOS R3 SHV44を購入して専用Webページ( http://k-tai.sharp.co.jp/campaign/r3cp/au/ )にて応募するとau WALLET残高へキャッシュバックされる「AQUOS R3ご購入キャンペーン」が実施され、購入・応募だけだと5,000円、予約・購入・応募で10,000円のほか、抽選で100人に15,000円が還元されます(ともに非課税)。

期間は予約は発売日前日まで、購入は6月30日(日)まで、応募は7月7日(日)まで、還元時期は2019年8月上旬以降を予定。購入は新規契約および他社から乗り換え(MNP)、機種変更のすべてのオーダーが対象。ただし、応募は1回線に付き1回限りで、キャッシュバックされるまでに回線を解約したり一時休止した場合は対象外となるということです。

さらに「AQUOS R3デビューキャンペーン」として6月30日までに「新auピタットプラン」または「auピタットプラン」、「auフラットプラン」で2年契約またはスマイルハード割引に加入して購入した場合に機種変更または端末増設で最新購入機種の利用期間が12カ月目以上なら本体価格から2万円(税抜)を割り引くということです。

続きを読む

シャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS R3」を写真と動画で紹介(後編):デュアルノッチとPro IGZO液晶、最高スペックでさらなる進化【レポート】


最新フラッグシップスマホ「SHARP AQUOS R3」が発表!後半はPro IGZO Displayなどを解説

既報通り」シャープは5月8日、都内にて「Smartphone AQUOS 2019夏 新製品発表会」を開催し、最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R3」を「2019年夏モデル」として発売すると発表した。同社は販路を明らかにしていないが、各携帯電話会社から販売されると見られ、すでに携帯電話サービス「SoftBank」より5月下旬以降に発売されることが発表されている。

またAQUOS R3は昨夏に発売された前機種「AQUOS R2」と同じく静止画用と動画用のツインカメラを背面に搭載し、静止画用が約1220万画素CMOS/広角レンズ(F1.7・78°・26mm)、動画用が約2010万画素CMOS/超広角レンズ(F2.4・125°・22mm)となり、画像処理エンジン「Propix2」によって刷新されている。

すでに紹介した前編ではこのツインカメラについて解説したが、後編となる本記事では新開発されたPro IGZO液晶やAQUOS史上最高スペックとなった性能面などを中心に写真と動画で紹介していく。

続きを読む

シャープの最新フラッグシップスマホ「AQUOS R3」を写真と動画で紹介(前編):写真用と動画用のツインカメラがさらに進化!AIライブストーリーなどが追加【レポート】


フラグシップスマホ「SHARP AQUOS R3」が発表!3年連続Androidスマホシェア国内No.1をめざす

既報通り、シャープは5月8日、都内にて「Smartphone AQUOS 2019夏 新製品発表会」を開催し、新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R3」を「2019年夏モデル」として初夏に発売すると発表した。

同社では販路は明らかにしていないが、各携帯電話会社から販売されると見られ、すでにソフトバンクは10日、携帯電話サービス「SoftBank」向けにAQUOS R3を5月下旬以降より販売すると発表している。

同社は2016年3月に台湾の鴻海精密工業(Foxconn Technologie Group)に買収され、その年の夏モデルより“渾身のフラッグシップ”として「AQUOS R」シリーズを展開しており、AQUOS R3で3世代目となる。同時に2017年より2年連続でAndroidスマホで国内シェアNo.1となっており、AQUOS R3で3年連続をめざすという。

そんなAQUOS R3だが、昨夏に発売した前機種「AQUOS R2」で採用した背面に静止画用と動画用の「ツインカメラ」を引き続き搭載し、新たに昨冬に発表したプレミアムコンパクトスマホ「AQUOS R2 compact」と同じく画面の上部と下部の中央に切り欠き(ノッチ)を搭載したダブルノッチとなった。

またディスプレイは新開発の10bit表示に対応したアスペクト比9:19.5の縦長な約6.2インチQuad HD+(1440×3120ドット)Pro IGZO液晶となり、より滑らかなグラデーションによる美しい表示が可能となっており、倍速120HzのハイスピードIGZOも継承してタッチ操作も快適に行える。

さらにQualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 855」や6GB内蔵メモリー(RAM)、128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット、3200mAhバッテリー、ステレオスピーカー、11Wの急速充電に対応したワイヤレス充電(Qi)、Android 9(開発コード名:Pie)などによってAQUOS史上最高スペックとなった。

そこで今回は、同社が開催した発表会レポート前編としてAQUOS R3のセンサーやレンズなどを全面刷新したカメラ機能を中心に写真と動画で紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。