S-MAX

SIMフリー

実売3万円の高コスパモデルで今年もベストセラー間違いなし!?ファーウェイの新しいSIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite」を写真と動画で紹介【レポート】


SIMフリースマホ「HUAWEI P10 lite」を写真と動画でチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は6日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、SIMフリースマートフォン(スマホ)の最新モデルとなる「HUAWEI P10 lite(型番:WAS-L22J)」(以下、P10 lite)を発表しました。

P10 liteはOSにAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)を採用し、チップセット(SoC)にはHisillicon製オクタコアCPU「Kirin 658」、3GB内蔵メモリー(RAM)、32GB内臓ストレージ(ROM)を搭載したミドルレンジモデルで、すでに6月9日より販売が開始されています。

先代であり、昨年の日本市場におけるベストセラーSIMフリースマホとなった「HUAWEI P9 lite」(以下、P9 lite)からCPUやRAM、ストレージが強化され、想定価格は3万円前後とお手頃な価格設定と、スペックは高めなコストパフォーマンスに優れたSIMフリースマホになっており、今年もベストセラー機種の第1候補と言って良いでしょう。

価格はオープンながら希望小売価格が32,378円(税込)、公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」では同額で販売されているものの、すでに紹介しているように2.5万円程度で販売しているところも。さらにau VoLTEにも対応しているため、UQ mobileなどでも販売されていてかなり販路も多くあります。

今回、発表会の展示会場にて実機に触れる機会がありましたので、実際にタッチ&トライした模様を外観を中心に写真や動画でレポートしたいと思います。

続きを読む

終了間近!対象者の1年間基本料金が無料になるトーンモバイルの「はじめようスマホ」キャンペーンを紹介ーー子どもの次のターゲットはシニアに【レポート】


トーンモバイルの子どもとシニア世代をターゲットにしたキャンペーンがまもなく終了!

カルチュア・コンビニエンス・クラブ(以下、CCC)グループとフリービットによる合弁会社トーンモバイルが仮想移動体通信事業者(MVNO)による携帯電話サービス「TONEモバイル」において19歳以下と50歳以上を対象とした基本プランが1年無料または端末代金を1万円値引きする「はじめようスマホ」キャンペーンを6月30日まで実施中だ。

TONEモバイルは、NTTドコモの回線を使用したMVNOで、インターネット使い放題(500~600Kbps程度)、通話基本料(IP電話)込み、月額基本料1,000円でサービスを提供している。

さらに、取り扱い製品は独自スマートフォン(スマホ)「TONE m15」の1機種のみで、リソースをシステムアップデートや機能追加、アフターサポートなどに重点を置く。

この製品は約5.5インチHD(720×1280ドット)ディスプレイ、OSはAndroid 5.1(開発コード名:Lollipop)、チップセット(SoC)に「MediaTek MT6735」、2GB内蔵メモリー(RAM)、16GB内蔵ストレージ、背面1300万画素および前面500万画素カメラを搭載し、価格は29,800円。

大手携帯電話会社などが販売すうrハイスペックスマホのような尖った部分はないが、TONEモバイルはスマホやスマホで使える便利な機能を低価格で使いたいというユーザーをターゲットとしていると言える。

まもなく終了する子どもやシニア世代に向けた割引キャンペーンは、見守り機能などのサービスとあわせてることで、価格以上の価値を体験して貰うという狙いがあるのだろう。

今回は、5月26日に行われた「メディアラウンドテーブル」においてシニア層に向けたプロダクトアップデートについて紹介していく。

続きを読む

PANTONE監修のフレッシュなカラーが目を惹く!ファーウェイのSIMフリーハイエンドスマホ「HUAWEI P10 Plus」を写真と動画で紹介【レポート】


ファーウェイの最新SIMフリーハイエンドスマホ「P10 Plus」をチェック!

既報通り、華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は6日、都内にて「ファーウェイ・ジャパン新製品発表会」を開催し、SIMフリースマートフォン(スマホ)の最新モデルとなる「HUAWEI P10 Plus(型番:VKY-L29A)」(以下、P10 Plus)を6月9日に発売すると発表しました。価格はオープンながら希望小売価格が78,624円(税込)、公式Webショップ「ファーウェイ・オンラインストア」では73,224円(税込)で販売されています。

P10 PlusはOSにAndroid 7.0(開発コード名:Nougat)、CPUにオクタコアのHisillicon製「Kirin 960」、4GBの内蔵メモリー(RAM)、64GBの内臓ストレージを搭載したハイエンドモデル。新たに2枚のSIMカードを利用できる「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」にも対応し、また先代の「HUAWEI P9」シリーズで好評だったライカ製レンズを採用したカラー・モノクロからなる2つのカメラを搭載したダブルカメラも引き続き搭載されています。

今回、発表会の展示会場にて実機に触れる機会がありましたので、実際にタッチ&トライした模様を外観を中心に写真や動画でレポートしたいと思います。

続きを読む

アップ・キュー、発火事故があったSIMフリースマホ「UPQ Phone A01X」のバッテリー交換・回収を7月より実施へ!既存電池パックは継続利用で焼損に至る恐れ


発火事故のあったスマホ「UPQ Phone A01X」のバッテリー交換・回収を7月より!

UPQ(アップ・キュー)は26日、昨年9月29日に利用者からの連絡で発覚した同社が販売するSIMフリースマートフォン(スマホ)「UPQ Phone A01X」の焼損事故についてすでに案内していたバッテリーの回収・新型への交換を2017年7月より実施するとお知らせしています。

詳細については別途、回収・交換開始時に再度案内するとし、現行バッテリーを継続して使うと、過熱して焼損に至る恐れがあることから使用中の場合には新型バッテリーを使用するほか、交換対象の現行バッテリーは必ず返送するようお願いしています。

また合わせた5月25日に案内しているファームウェアアップデートも必ず実施するよう案内しています。なお、バッテリー回収・交換については購入した販売店より別途、ダイレクトメールが届く場合もるとのこと。

続きを読む

光学2.3倍ズームに対応!ダブルレンズカメラを搭載するSIMフリースマホ「ASUS ZenFone Zoom S ZE553KL」を写真と動画で紹介【レビュー】


25mmと59mmのデュアルカメラ搭載のSIMフリースマホ「ZenFone Zoom S」が発売!

既報通り、ASUS JAPANは23日、光学2.3倍ズームを可能にするデュアルレンズカメラ搭載のAndroid 6.0.1(開発コード名:Marshmallow)採用SMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone Zoom S(型番:ZE553KL)」(ASUSTeK Computer製)を発売した。

昨年発売の光学3倍ズームに対応した「ZenFone Zoom(型番:ZX551ML)」の後継機種だが、屈曲光学ユニットやズームユニットなどを廃し、アップルの「iPhone 7 Plus」のような2つの焦点距離が異なるレンズ+カメラを背面に搭載した構成としている。

主なスペックとしてCPUに約5.5インチFHD(1080×1920ドット)有機ELディスプレイやQualcomm製2.0GHzオクタコアCPU「Snapdragon 625」、4GB LPDDR3内蔵メモリー(RAM)、64GB内蔵ストレージ、microSDXCカード(最大2TB対応)、5000mAhバッテリー、USB Type-C端子(USB 2.0)、2.4GHzのみに対応したIEEE80211b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.2など。

カメラは背面が約1200万画素(ソニー製「IMX362
」)が2つ、前面が約1300万画素(ソニー製「IMX214」)のセンサーを1つ搭載する。販売価格は公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」で59,184円(税込)。

今回はそんな海外では「ZenFone 3 Zoom」として販売されているiPhone 7 Plus対抗のZenFone Zoom Sの外観と、気になるカメラ機能を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

前面QWERTYキーボードを搭載したAndroid 7.1.1 Nougat採用のSIMフリースマホ「BlackBerry KEYone」が日本で6月29日に発売!日本正規代理店のFOXから6万9800円で販売


前面QWERTYキーボードを搭載スマホ「BlackBerry KEYone」が発売!

BlackBerryの日本正規代理店であるFOXが前面QWERTYキーボード搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「BlackBerry KEYone(型番:BBB100-6)」の日本国内で2017年6月29日(木)に発売するとお知らせしています。なお、日本向けに技術適合証明・工事設計認証(いわゆる「技適マーク」)を取得しているとのこと。

価格はオープンながら同社が運営する公式Webストア「caseplay」では69,800円(税込)で、本日6月22日より事前予約受付を開始しています。また、大手Webストア「Amazon.co.jp」でも販売されており、こちらは価格が現時点で68,277円(税込)となっています。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 3 Laser ZC551KL」とタブレット「ZenPad 3S 10 LTE Z500KL」にAndroid 7.0 NougatへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


エイスースのスマホ「ZenFone 3 Laser」とタブレット「ZenPad 3S 10 LTE」がAndroid 7.0 Nougatに!

ASUS JAPANは22日、昨年11月26日より販売しているSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 3 Laser(型番:ZC551KL)」および昨年12月9日に発売したSIMフリータブレット「ZenPad 3S 10 LTE(型番:Z500KL)」(ともにASUSTeK Computer製)の2機種に対して最新プラットフォーム「Android 7.0(開発コード名:Nougat)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2017年6月23日(金)15時より順次提供開始するとお知らせしています。

更新によってアプリを2つ同時に画面表示することが可能な「マルチウインドウ機能」やモバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能な「データセーバー機能」など、多くの新機能が使えるようになります。

更新はスマホ・タブレットの本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または3G/LTE回線でOTAによる方法が用意されています。更新後のビルド番号はZenFone 3 Laser ZC551KLが「JP_21.40.105.16-20170512」、ZenPad 3S 10 LTE Z500KLが「V5.3.7_20170526」。主な変更点は以下の通り。

Android 7.0で利用可能となる主な機能
・マルチウインドウ機能:マルチタスクボタンを押下後、2画面表示したいアプリを長押しし画面上部へ移動するか、クイック設定から「マルチウインドウ」ボタンの押下で、1つの画面に2つのアプリを表示することが可能※です。
※機能をサポートするアプリのみ有効
・データセーバー機能:ON/OFFがえらべ、ONにした場合、モバイルデータ通信時のバックグラウンド通信を完全に遮断することが可能になるほか、ユーザー自身の操作によって発生するデータ通信量も節約を行います。この設定はアプリ単位で適用が可能です。
・新しいSNSメッセージが届いた際、SNSアプリを開かずとも、通知領域に表示されたお知らせからすぐに返信が可能です。
・画面の表示サイズ(DPI)の切替が可能に:画面全体の表示を拡大・縮小することが可能です。
・表示言語の切替えや変更をより簡単に:表示言語の切替えが容易になりました。これまですべての言語一覧から目的の言語を探し、選択していたものが、そのひとつ前の階層へ任意の言語を登録でき、すぐに選択が可能です。
・アプリ単位でマナーモード表示が可能に:新着情報がある際に、通知音・バイブレーションなしで、通知アイコンのみ表示することがアプリごとに設定可能になりました。


続きを読む

モトローラ、薄く軽くなったMoto Mods対応のSIMフリースマホ「Moto Z2 Play」を日本で6月29日に発売!Moto ModsもTurbo Powerパックやワイヤレス充電キャップを販売


モトローラのSIMフリースマホ「Moto Z2 Play」が6月29日に発売!

モトローラ・モビリティ・ジャパンは20日、都内にて「スマートフォン新機種およびMoto Mods新ラインナップ記者発表会」を開催し、新たに約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載したAndroid 7.1.1(開発コード名:Nougat)採用のSIMフリースマートフォン(スマホ)「Moto Z2 Play(Moto Z Play 第2世代)」を2017年6月29日(木)に発売すると発表しています。

またMoto Z2 Playも対応する「Moto Z」シリーズ用の拡張機能「Moto Mods」の製品として「Turbo Powerパック」および「ワイヤレス充電キャップ」も発売し、それぞれ7月1日(土)および7月中旬に販売開始するということです。

価格(税別)はそれぞれオープンながら公式Webショップ「Moto ストア」ではMoto Z2 Playが53,800円、Turbo Powerパックが9,800円、ワイヤレス充電キャップが4,680円。

さらに発表会ではMoto Modsのラインナップのひとつであるゲームコントローラー「moto GAMEPAD」を夏の終わり頃に日本で発売することを明らかにしています。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone AR ZS571KL」を6月23日に発売!GoogleのAR技術「Tango」とVRプラットフォーム「Daydream」に世界初両対応したハイエンドモデル


エイスースが日本でSIMフリースマホ「ZenFone AR ZS571KL」を6月23日に発売!

ASUS JAPANは20日、日本にて今夏に発売することが発表されていたGoogleの開発するAR技術「Tango」とVRプラットフォーム「Daydream」に世界ではじめて両対応するAndroidスマートフォン(スマホ)「ZenFone AR(型番:ZS571KL)」(ASUSTeK Computer製)を2017年6月23日(金)に発売すると発表しています。

内蔵メモリー(RAM)と内部ストレージで2つのバリエーションがあり、価格はオープンながら希望小売価格が8GB RAM+128GBストレージモデル(型番:ZS571KL-BK128S8)は販売価格99,800円、6GB RAM+64GBストレージモデル(型番:ZS571KL-BK64S6)が82,800円だ(ともに税別)。

また公式Webストア「ASUS ZenFone Shop」では同じ価格となっており、税込では107,784円および89,424円。発売キャンペーンとして強度9Hのガラスフィルムを標準付属するほか、別売りで純正専用カバー「View Flip Cover」が7月下旬より販売開始されます。なお、ASUS ZenFone Shopでは発売記念キャンペーンで先着100人に純正Bumper Case(ブラック)とミニ三脚ZenTripodをプレゼントしています。

続きを読む

限定カラーのラベンダ-にも注目!防水・防塵やおサイフケータイに対応したUQ mobile向けシャープ製低価格スマホ「AQUOS L2」を写真で紹介【レポート】


UQ mobile向けスマホ「AQUOS L2」を写真でチェック!

既報通り、UQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は1日、都内にて「2017夏UQ発表会」を開催し、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」向けスマートフォン(スマホ)「AQUOS L2」を2017年6月2日(金)に発売すると発表しました。

価格(税込)は公式Webストア「UQオンラインショップ 」では本体代が頭金100円+「端末購入アシスト」による分割1,200円/月×24回または一括28,900円で、おしゃべりプランおよびぴったりプランで契約を行った場合にマンスリー割が-1,200円/月×24回の実質負担額100円となっています。

公式Webストア以外にもUQスポットや家電量販店などのUQ mobile取扱店店頭でも購入することが可能です。すでに店頭でも展示が始まっているところもありますが、今回は発表会の展示会場にて実機に触れる機会がありましたので、写真を交えながらAQUOS L2についてレポートしていきます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。