S-MAX

SIMフリー

ファーウェイ、SIMフリースマホ「HUAWEI P10」および「HUAWEI P10 Plus」、「honor 9」にAndroid 9.0 PieへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を順次提供開始


SIMフリースマホ「HUAWEI P10」および「HUAWEI P10 Plus」、「honor 9」がAndroid 9.0 Pieに!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は19日、SIMフリーのフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P10(型番:VTR-L29)」および「HUAWEI P10 Plus(型番:VKY-L29)」、「HUAWEI Honor 9(型番:STF-L09)」(ともにHuawei Technologies製)に対して最新プラットフォーム「Android 9.0(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2019年4月19日(金)17時より順次提供開始するとお知らせしています。

同社ではHUAWEI P10およびHUAWEI P10 PlusHUAWEI Honor 9にAndroid 9 Pieの先行テスターを実施しており、正式版をリリースする予定だとしていましたが、今回やや早めに正式版が配信されることになりました。

各機種ともに約1か月ですべての対象製品にて正式版のソフトウェア更新が可能となる予定。更新が可能となった場合には対象の製品に更新通知が届くようになっています。また更新によって独自ユーザーインターフェース「Emotion UI(EMUI)」の最新バージョン「EMUI 9.0」も導入されます。更新内容は以下の通り。

・EMUI9.0+Android9.0へのアップデート
・Googleセキュリティパッチによる端末セキュリティの強化


続きを読む

FOX、クレジットカードサイズの小型な防水・防塵対応SIMフリースマホ「Palm Phone」を4月24日に発売!予約受付開始し、価格は4万4800円


クレジットカードサイズの高性能小型スマホ「Palm Phone」がSIMフリーで登場!

TCL Communication(以下、TCL)の正規代理店であるFOXは18日、TCLがPalmを買収したことによって展開している「Palm」ブランドにおけるクレジットカードサイズの高性能小型スマートフォン(スマホ)「Palm Phone」を2019年4月24日(水)に発売すると発表しています。

価格はオープンながら希望小売価格が税別41,482円(税込44,800円)で、発売に先立って同日4月18日(木)15時より予約販売を開始し、販路は直営店(FOX 阪急メンズ東京)および公式Webストア、ビックカメラ、コジマ、ソフマップ、ヨドバシカメラ、Amazon.co.jp、+Styleとのこと。

続きを読む

TAKUMI JAPAN、Xiaomi出資のゲーミングスマホ「Black Shark 2」を5月下旬に発売!予約販売開始し、価格は10万7870円。技適取得や対応周波数帯などが日本仕様


シャオミ系のハイエンドゲーミングスマホ「Black Shark 2」が日本でも登場!

TAKUMI JAPANは16日、Xiaomi Technology(以下、シャオミ)傘下のBlack Shark Technologies製ゲーミングスマートフォン(スマホ)「Black Shark 2」(SIMフリー版JAPANモデル)を日本で発売すると発表しています。発売時期は2019年5月末を予定し、価格はオープンながらメーカー希望小売価格が99,880円(税別)。

JAPANモデルは携帯電話ネットワークの対応周波数帯を日本向けに変更しているほか、日本国内で法的に利用して良いことを示す技術適合証明などの認証(いわゆる「技適マーク」)を取得しているとのことで、内蔵メモリー(RAM)は12GB、内蔵ストレージは256GBとなっています。

また発売に先立って4月16日より先行予約販売を開始しており、予約購入した場合に先着3000人限定で専用ゲームパッドとプロテクター(合計約15,000円相当)を無料でプレゼントするとのこと。なお、販路は公式Webストア「KAZUNA eSHOP」のほか、ヨドバシカメラやビックカメラグループ、Amazon.co.jpなどとなっています。

続きを読む

ファーウェイ、高コスパスマホ「HUAWEI nova lite 2」のSIMフリー版にAndroid 9 Pieを4月下旬に提供予定!4月17日より試せる先行テスターを200人募集中


SIMフリースマホ「HUAWEI nova lite 2」のAndroid 9 PieへのOSアップデートテスターを募集中!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は15日、SIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI nova lite 2(型番:FIG-LA1)」(Huawei Technologies製)について最新プラットフォーム「Android 9(開発コード名:Pie)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を先行して試せるベータテスターを募集するとお知らせしています。

募集人数は200人で、応募期間は2019年4月15日(月)~4月19日(金)まで、アップデートの連絡は2019年4月17日(水)以降、テスト期間は2019年4月17日(水) ~4月26日(金)まで。なお、応募多数の場合には抽選となるとのこと。

対象者にはAndroid 9 Pieと独自ユーザーインターフェース「EMUI 9」へのソフトウェア更新が提供開始される予定。さらにAndroid 9 PieのOSバージョンアップは正式版が2019年4月下旬に提供開始される予定としていますが、品質向上のため遅れる場合もあるということです。

続きを読む

ASUS JAPAN、SIMフリースマホ「ZenFone 4 Selfie ZD553KL」にAndroid 8.1 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


エイスースのSIMフリースマホ「ZenFone 4 Selfie ZD553KL」がAndroid 8.1 Oreoに!

ASUS JAPANは8日、同社が2017年12月に発売したSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZenFone 4 Selfie(型番:ZD553KL)」に対してより新しいプラットフォーム「Android 8.1(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新を2019年4月8日(月)15時より提供開始するとお知らせしています。

更新は単体で無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話回線によるネットワーク経由(OTA)による方法が用意されており、更新ファイルは単体で行う方法なら約1.23GBで、更新は単体で行う場合には「設定」→「システム」→「システムアップデート」より行います。

更新後のビルド番号は「WW_15.0400.1903.508」。ビルド番号は「設定」→「システム」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」にて確認可能。対象製品はブラック(型番:ZD553KL-BK64S4)およびゴールド(型番:ZD553KL-GD64S4)、ピンク(型番:ZD553KL-PK64S4)。案内されている更新内容は以下の通り。

Android 8.1で利用可能となる主な機能
1)PIP(ピクチャー・イン・ピクチャ-)機能をサポート
 アプリを全画面で使いながら動画やナビを見ることが可能です。
 ※PIP機能は対応アプリでのみ利用が可能です。
2)「Smart Text Selection」でテキスト選択が楽に
 選択したテキストデータの内容を認識し、ペーストすべきアプリを提案してくれます。例えば、電話番号であればテキスト選択後に「コピー」や「切り取り」といった項目に並び「電話アプリ」を表示し、またテキストが住所であれば「マップアプリ」を表示します。アプリ選択後は、すばやく電話をかけたり、位置検索をすることが可能です。
3)アプリアイコンを長押しでサブメニューを表示可能に
 アプリアイコンを長押しすることで、小さなサブウインドウが開き、アプリ内へのショートカットやアプリ情報へのアクセスが可能になりました。例えばYouTubeアプリでは、「検索」や「登録チャンネル」といった項目が表示されます。
 ※サブメニューの表示はアプリごとに異なります。
4)「通知チャンネル」の追加
 従来の通知設定はアプリ全体に適用されていましたが、アプリ内に細かなカテゴリが設定されて、カテゴリごと通知のON/OFFを選択できるようになりました。例えば、Gmailアプリでは複数のアカウントがある場合はアカウントごとの選択ができるほか、Google Playストアアプリでは「優先度の高いもの」、「更新されたアプリ」、「セキュリティとメンテナンス」などの細かい分類ごとに選択が行えます。
5)通知の「スヌーズ機能」の追加
 ステータスバーを下げた時に表示される各種通知を右に少しスライドすると現れる時計マークをタップすると、後でもう一度通知してほしい場合のスヌーズを設定することができます。


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。