S-MAX

Samsung

NTTドコモ、サムスン電子のフラッグシップスマホ「Galaxy S8 SC-02J」と「Galaxy S8+ SC-03J」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoがフラッグシップスマホ「Galaxy S8 SC-02J」と「Galaxy S8+ SC-03J」にAndroid 8.0 Oreoを提供開始!

NTTドコモは19日、昨年6月に発売した「2017年夏モデル」のうちの画面縦横比18.5:9と縦長ディスプレイを搭載さいたサムスン電子製フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8 SC-02J」および「Galaxy S8+ SC-03J」に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年4月19日(木)より提供開始したとお知らせしています。

更新は各機種ともに本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくはFOMA、Xi回線によるネットワーク経由(OTA)による方法およびパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して行う方法が用意されており、更新時間はOTAで約49分、PCを用いる方法で約80分。更新にかかる時間は利用するインターネット回線環境やバックアップするデータ量によって異なる場合があります。

更新後のOSバージョンは「Android 8.0.0」、ビルド番号はGalaxy S8 SC-02Jが「R16NW. SC02JOMU1BRC7」、Galaxy S8+ SC-03Jが「R16NW. SC03JOMU1BRC7」で、主な変更点は以下の通りとなっています。

◯主なアップデート内容
1)ピクチャー イン ピクチャー(PIP)機能の追加
2)スマートなテキスト選択機能の追加
3)ログイン情報の入力が容易になる「AutoFill]機能の追加
4)Always On Displayの選択デザイン追加
5)マイファイルの機能拡張

◯改善される事象
6)セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2018年4月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

KDDI、au向けハイエンドスマホ「Galaxy S8+ SCV35」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を4月19日16時から提供開始


auスマホ「Galaxy S8+ SCV35」がAndroid 8.0 Oreoに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は17日、au向け「2017年夏モデル」として昨年6月に発売したスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8+ SCV35」(サムスン電子製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年4月19日(木)16時より提供開始するとお知らせしています。

更新はGalaxy S8+ SCV35本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)またはパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して実施する方法が用意されており、更新時間はOTAが約25分、PCを用いる方法が約45分、アップデートファイルサイズはOTAが約1.4GB、PCを用いる方法が約3.2GBとなっています。

なお、PCを用いる方法は事前にPCに専用アプリ「Smart Switch」をインストールしておく必要があるのでご注意ください。更新後のOSバージョンは「Android 8.0」、ビルド番号は「R16NW.SCV35KDU1BRD1」で、更新後のAndroidセキュリティパッチレベルは「2018年4月1日」となります。主な変更点は以下の通り。

◯主な機能追加・変更内容
1)ピクチャインピクチャ(PiP)機能を追加
2)通知パネルの改善
3)ホーム画面へ移動した時にマルチウィンドウで起動しているアプリの表示が分かりやすく改善
4)クイックメニュー表示機能が追加
5)バックグラウンドで実行されているアプリを通知で表示

◯主な初期化/削除項目
6)OSアップデート後に設定が初期状態にリセットされる項目があります。必要に応じ、再度設定を行ってください
 ・カレンダー画面の右上のメニューに表示される「カレンダーを管理」内の項目
 ・マイファイル画面右上のメニューに表示される「設定」内の項目
 ・Eメール画面の右上に表示されている項目 など
7)OSアップデート後に機能が削除される主な項目があります。ご注意ください
 ・「通知音」設定画面にて「カレンダーの通知」の機能が削除
 ・「例外を許可」設定画面にて「重要アプリの通知」の項目が削除
 ・「通知へのアクセス」設定画面にて「Always On Display」の項目が削除 など

◯その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(11.6MB)[PDF]

※更新されるソフトウェアには、上記以外により快適にSCV35をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

最新フラッグシップスマホ「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」がNTTドコモおよびauから発売へ!FCCにて「SC-02K」や「SC-03K」、「SCV38」、「SCV39」が認証


最新フラッグシップスマホ「Galaxy S9」と「Galaxy S9+」のNTTドコモ&au版がFCC通過!

米連邦通信委員会(FCC)は27日(現地時間)、サムスン電子製スマートフォン(スマホ)「Galaxy S9 SC-02K」(FCC ID:A3LSC02K)および「Galaxy S9+ SC-03K」(FCC ID:A3LSC03K)、「Galaxy S9 SCV38」(FCC ID:A3LSCV38)、「Galaxy S9+ SCV39」(FCC ID:A3LSCV39)が認証を取得しています。

公開された資料ではそれぞれSC-02KおよびSC-03K、SCV38、SCV39という型番しか記載されていませんが、電池パックがSC-02KとSCV38は「EB-BG960ABA」と「Galaxy S9」、SC-03KとSCV39は「EB-BG965ABA」と「Galaxy S9+」と同じであるため、それぞれGalaxy S9およびGalaxy S9+であると予想されます。

また型番的にSC-02KおよびSC-03KがNTTドコモ向け、SCV38およびSCV39がau by KDDI向けであると予想されます。すでにサムスン電子の公式WebサイトにGalaxy S9およびGalaxy S9+の日本語ページが存在するため日本での発売も可能性が高いと見られていましたが、昨年の「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」と同様にNTTドコモとauから発売されそうです。

続きを読む

KDDI、au向けハイエンドスマホ「Galaxy S8 SCV36」にAndroid 8.0 OreoへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を3月23日から提供開始


auスマホ「Galaxy S8 SCV36」がAndroid 8.0 Oreoに!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は22日、au向け「2017年夏モデル」として昨年6月に発売したスマートフォン(スマホ)「Galaxy S8 SCV36」(サムスン電子製)に対して最新プラットフォーム「Android 8.0(開発コード名:Oreo)」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2018年3月23日(金)13時より提供開始するとお知らせしています。

更新はGalaxy S8 SCV36本体のみで4Gまたは無線LAN(Wi-Fi)によるネットワーク経由(OTA)またはパソコン(PC)にUSBケーブルで接続して実施する方法が用意されており、更新時間はOTAが約18分、PCを用いる方法が約36分、アップデートファイルサイズはOTAが約1.4GB、PCを用いる方法が約3.2GBとなっています。

なお、PCを用いる方法は事前にPCに専用アプリ「Smart Switch」をインストールしておく必要があるほか、提供開始時期が2018年3月26日(月)10時からとなっています。更新後のOSバージョンは「Android 8.0」、ビルド番号は「R16NW.SCV36KDU1BRC5」で、主な変更点は以下の通り。

◯主な機能追加・変更内容
1)ピクチャインピクチャ(PiP)機能を追加
2)通知パネルの改善
3)バックグラウンドで実行されているアプリを通知で表示

◯主な初期化/削除項目
4)OSアップデート後に設定が初期状態にリセットされる項目があります。必要に応じ、再度設定を行ってください
 ・カレンダー画面の右上のメニューに表示される「カレンダーを管理」内の項目
 ・マイファイル画面右上のメニューに表示される「設定」内の項目
 ・Eメール画面の右上に表示されている項目 など
5)OSアップデート後に機能が削除される主な項目があります。ご注意ください
 ・「通知音」設定画面にて「カレンダーの通知」の機能が削除
 ・「例外を許可」設定画面にて「重要アプリの通知」の項目が削除
 ・「通知へのアクセス」設定画面にて「Always On Display」の項目が削除 など

◯その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(11.6MB)[PDF]

※更新されるソフトウェアには、上記以外により快適にSCV36をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

MWC 2018:Samsung、新フラッグシップスマホ「Galaxy S9」とデュアルカメラになった上位モデル「Galaxy S9+」などを展示!S8シリーズをブラッシュアップしてより高性能に【レポート】


最新フラッグシップスマホ「Galaxy S9・S9+」を写真でチェック!

既報通り、Samsung Electronics(以下、サムスン電子)がスペイン・バルセロナにて2018年2月26日から3月1日まで開催されていた「Mobile World Congress 2018(以下、MWC 2018)」に合わせてプレスカンファレンス「Samsung Galaxy Unpacked 2018」を2月25日に開催し、新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)として約5.8インチの「Galaxy S9」および6.2インチの「Galaxy S9+」を発表した。

前機種「Galaxy S8」および「Galaxy S8+」で導入されたアスペクト比9:18.5の縦長Quad HD+(1440×2960ドット)Super AMOLED(有機EL)「Infinity Display」による“ほぼ全画面デザイン”を継承し、ノーマルのS9が約5.8インチ(約570ppi)、プラスのS9+が約6.2インチ(約529ppi)と画面サイズも同じで、さらにチップセット(SoC)などを最新にしつつ、新たにS9+では6GB内蔵メモリー(RAM)やデュアルリアカメラを搭載する。

すでに韓国や香港、台湾、アメリカなどの70の1次販売国・地域では3月16日に発売されており、価格はアメリカでははGalaxy S9が719.99ドル(約77,000円)から、Galaxy S9+が839.99ドル(約90,000円)から。なお、日本での発売については明らかにされていないものの、すでに紹介しているように日本語ページもあることから恐らくNTTドコモやauから販売されると見られる。

そこで今回は少し遅くなったが、MWC 2018でのサムスン電子ブースで実際にGalaxy S9・S9+、そして同時に発表された「DeX Pad」などといった製品の試した模様を写真を交えて紹介していく。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。