S-MAX

Samsung

長いページも1枚で保存可能!最新スマホ「Galaxy S7 edge」の進化したスクリーンショット機能を紹介【ハウツー】


Galaxy S7 edgeのスクリーンショット機能を紹介!

左右にエッジスクリーンを配置したことで約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)有機ELディスプレイと大画面ながら本体サイズが持ちやすい大きさにまとめられている最新スマートフォン(スマホ)の「Galaxy S7 edge」(サムスン電子製)。

日本でもNTTドコモおよびauから5月19日に発売され、Android6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用し、4GBの大容量内蔵メモリー(RAM)搭載したハイスペックな性能なほか、前機種の「Galaxy S6 edge」や「Galaxy S6」では非対応になっていた防水・防塵やmicroSDカードスロットが復活したこともあり、予約から販売初期は好調な出だしとなっているようです。

そんなGalaxy S7 edgeでは、表示している画面を画像として保存できるスクリーンショット機能として新たにWebブラウザーで見ている長いページを1枚でキャプチャすることができる「スクロール画面キャプチャ」に対応しています。今回は、これらの新機能を含めたGalaxy S7 edgeのスクリーンショットを撮る方法や便利な機能について紹介します。

続きを読む

通話設定はどこにある?最新スマホ「Galaxy S7 edge」の通話機能やドコモの新サービス「スグ電」などをチェックしてみた【レビュー】


新しいGalaxyスマホの通話設定はどこ?新サービス「すぐ電」も試した

左右にエッジスクリーンを配置した約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)有機ELディスプレイや大容量4GB内蔵メモリー(RAM)を搭載したハイスペックスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge」がついに日本でもNTTドコモおよびauから発売されました。

OSには最新のAndroid6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用し、NTTドコモ版「Galaxy S7 edge SC-02H」では「2016年夏モデル」で導入された簡単な動作で発着信操作ができる新サービス「スグ電」機能が搭載されています。しかしながら、少し操作していると、Galaxy S7 edgeの通話設定が若干分かりにくいところにあり、設定に手間取ってしまいました。

そこで今回は、電話機能に関する設定の方法とスグ電について紹介していきたいと思います。

続きを読む

注目の新色ピンクゴールドはどう?NTTドコモのハイスペックスマホ「Galaxy S7 edge SC-02H」を購入!開封して外観や同梱品をチェック【レビュー】


最新スマホ「Galaxy S7 edge」を購入!注目の新色ピンクゴールドはどう?

NTTドコモおよびauから本日5月19日に注目のAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)を採用した最新スマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge」(サムスン電子製)が販売開始されました。

左右にエッジスクリーンを配置することでスタイリッシュで手になじむフォルムを実現し、アプリや電話帳のショートカットを設定できる便利な機能も備えているほか、4GBという大容量の内蔵メモリー(RAM)を搭載し、前機種「Galaxy S6 edge」では見送られていた防水・防塵やmicroSDカードスロットも再び採用されるなど、隙のないハイスペックモデルとなっています。

発売日前日の5月18日までに事前予約して購入することで、Galaxy S7 edgeを装着してヘッドマウントティスプレイ(HMD)として楽しめる「Gear VR」またはdポイント7,000ポイントがもらえるキャンペーンをしていますが(auの場合はGear VRのみ)、予約をしなくても6月30日までに購入すれば5,000ポイントをもらうことができます。なお、特典を受けるには指定のWebサイトからの申し込みが必要なのでご注意ください。

筆者は当初、NTTドコモ版「Galaxy S7 edge SC-02H」を購入しようと公式Webストア「ドコモオンラインショップ」で事前予約していたのですが、出遅れてしまったこともあり、発売日に間に合いませんでした。

そこで、ドコモオンラインショップ以外で購入することで徴収される機種変更手数料と特典のdポイント数は若干損しますが、家族がGear VRをゲットする見込みなのもあり、予約をキャンセルしてドコモショップでGalaxy S7 edge SC-02Hのピンクゴールドを購入しました。さっそく開封したので今回は同梱品や外観などを写真を交えて紹介していきます。

続きを読む

ドコモオンラインショップで買った最新スマホ「Galaxy S7 edge SC-02H」を受取前にSIMロック解除してみた!オンラインなら24時間受付可能で手数料無料【レポート】


shimajiro@mobiler

NTTドコモ(以下、ドコモ)とauから本日5月19日に発売されるサムスン電子製最新スマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge」。今回はドコモ版「Galaxy S7 edge SC-02H」のピンクゴールドを公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて購入した。

また、海外に渡航した際にも利用したいと思い、SIMロック解除に対応しているため、今回はまだ手元に届いていないが(上記写真は発表会時のもの)、さっそくSIMロック解除を実施ていてみたので紹介する。

なお、ドコモでは購入後180日(約半年)後の例外として購入した回線契約で前回にSIMロック解除をしてから180日経っていれば購入直後に実施できる仕組みを利用している。

続きを読む

KDDI、au向け「Galaxy S6 edge SCV31」にAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を5月19日10時より提供開始


auがGalaxy S6 edge SCV31にAndroid 6.0を5月19日に提供開始!

KDDIは17日、au向けに販売中の既存製品における「Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)」へのOSバージョンアップを提供する機種について発表している中で新たにサムスン電子製スマートフォン(スマホ)「Galaxy S6 edge SCV31」に対してAndroid 6.0 MarshmallowへのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2016年5月19日(火)10時より提供開始したとお知らせしています。

スマホ本体(Wi-FiおよびLTE,WiMAX 2+)のみで直接更新する方法とパソコンにUSBケーブルで接続して更新する方法が用意されており、アップデートファイルサイズはそれぞれ約1.4GBおよび約2.0GBで、更新時間はそれぞれ約35分。なお、ダウンロードに必要な時間は利用環境によって異なるとしています。

以下の事象が改善されます。
・Android 6.0による機能・操作性の向上

詳しくは以下のページをご確認ください。
OSアップデートにおける主な機能追加について(876KB)[PDF]

・OSアップデート後は画面デザインや一部の操作方法が変更となります。事前に変更点をご確認くださいますようお願い致します。
・セキュリティ強化のため、Android™ 6.0から端末のロック解除またはユーザー認証に指紋認証を使用するには、パターン、PIN、またはパスワードの設定が必要となります。
・OSアップデート後は端末の設定の一部が初期状態にリセットされます。OSアップデート完了後、再度設定を行ってください。初期化される設定については、以下の「OSアップデートによる設定初期化/削除項目」をご確認ください。
OSアップデートによる設定初期化/削除項目(173KB)[PDF]


続きを読む

防水・防塵にも対応!高性能スペックをぎゅっと凝縮したドコモスマホ「Galaxy S7 edge SC-02H」を写真と動画でチェック【レポート】


NTTドコモの2016年夏スマホ「Galaxy S7 edge SC-02H」を写真と動画で紹介!

既報通り、NTTドコモは11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏新サービス・新商品」を開催し、約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)Super AMOLEDディスプレイや64bit対応クアッドコアCPU、4GB LPDDR4内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge SC-02H」(サムスン電子製)を発表しました。

発売日は2016年5月19日(木)で、すでに5月11日(水)からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格は別途紹介しているように本体価格93,960円の実質負担額48,600円から75,168円の間。

Galaxy S7 edge SC-02Hはサムスン電子の国内向けスマホとしては1年ぶりの高性能機種で、海外では今年2月に発表済のモデルが満を持して国内投入となります。国内では現時点ではNTTドコモのほか、au向け「Galaxy S7 edge SCV33」が同日に発売されます。

製品名が「Galaxy S7 edge」とある通り、昨年発売になった「Galaxy S6 edge」(NTTドコモ向け「Galaxy S6 edge SC-04G」)の後継機種にあたり、本体両サイドが背面に向かってカーブしたエッジデザイン・ディスプレイを採用したハイエンドモデルに仕上がっています。

もちろん、2016年夏モデルと同時に発表された新サービスである「スグ電」はもちろん、高音質通話の「VoLTE HD+」にも対応しています。また、今夏モデルから下り最大375Mbpsの「PREMIUM 4G」にも対応し、より快適に通信を行えるようにもなっています。

そこで今回は、発表会のタッチ&トライコーナーにて展示されていたGalaxy S7 edge SC-02Hの試作機による本体各部や特徴、筆者として気に入った点や注目したい点を中心に写真と動画で紹介していきます。なお、製品のスペックなどについてはすでに公開している「NTTドコモ、新ギャラクシースマホ「Galaxy S7 edge SC-02H」を発表!5月19日発売で、3波CAの下り最大375Mbpsや5.5インチWQHD有機EL、Snapdragon 820、4GB RAM、防水・防塵など - S-MAX」も参照してください。

続きを読む

最新ハイスペックスマホ「Galaxy S7 edge」のNTTドコモ向け「SC-02H」とau向け「SCV33」の価格を紹介!両機種ともに予約&購入でHMD「Gear VR」がプレゼントキャンペーンも実施


フラッグシップスマホ「Galaxy S7 edge」のNTTドコモとauの価格を紹介!Gear VRプレゼントキャンペーンも

既報通り、サムスン電子ジャパンは11日、NTTドコモ向けにフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge SC-02H」(サムスン電子製)を2016年5月19日(木)に発売すると発表しています。また、前日10日にもau向けに「Galaxy S7 edge SCV33」を同じ5月19日に発売することが発表されています。

発売に先立って、NTTドコモでは5月11日(水)より事前予約受付を開始しており、auでも5月12日(木)に事前予約受付を開始予定。両機種ともに本体価格や実質負担額が案内されています。

さらに両機種を発売日までに予約して購入することによて「Galaxy S7 edge」を装着することでヘッドマウントディスプレイ(HMD)として利用できる「Gear VR」がプレゼントされるキャンペーンも実施されます。

キャンペーンを利用するための購入期限は2016年6月30日(木)まで。なお、NTTドコモのGalaxy S7 edge SC-02Hでは、Gear VRのプレゼントの代わりにdポイントを7,000ポイントプレゼントにすることも可能とのことです。また、キャンペーンは2016年7月18日(月)までに応募が必要。

続きを読む

NTTドコモ、新ギャラクシースマホ「Galaxy S7 edge SC-02H」を発表!5月19日発売で、3波CAの下り最大375Mbpsや5.5インチWQHD有機EL、Snapdragon 820、4GB RAM、防水・防塵など


NTTドコモが新ギャラクシースマホ「Galaxy S7 edge SC-02H」を発表!

NTTドコモは11日、今夏以降に発売する新モデルや提供開始する新サービスを披露する「2016夏新サービス・新商品」を開催し、約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)Super AMOLEDディスプレイや64bit対応クアッドコアCPU、4GB LPDDR4内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックなAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)採用のスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge SC-02H」(サムスン電子製)を発表しています。

発売時期は2016年5月19日(木)を予定しており、本日5月11日(水)10時15分からドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約が開始されています。価格は別途紹介しているように本体価格93,960円の実質負担額48,600円から75,168円の間。

また、予約開始の5月11日(水)から5月18日(水)の期間に予約して2016年6月30日(木)までに購入した人全員にGalaxy S7 edgeを装着して高精彩なバーチャルリアリティコンテンツを楽しめるゴーグル型ヘッドマウントディスプレイ(HMD)「Gear VR」もしくは7,000ポイントの「dポイント」をプレゼントするキャンペーンが実施されます。

Galaxy S7 edgeは今年2月に世界最大のモバイル関連展示会「Mobile World Congress 2016(MWC 2016)」にて発表されたグローバルモデル「Galaxy S7 edge」のNTTドコモ向け製品で、昨夏モデル「Galaxy S6 edge SC-03G」の後継機種です。

昨年は「Galaxy S6 SC-04G」も発売されましたが、今年は「Galaxy S7」は採用されませんでした。なお、Galaxy S7 edgeは日本ですでにauから「Galaxy S7 edge SCV33」が同日に発売されることが発表されています。

NTTドコモ向けは国内向けサービスのワンセグやフルセグ、おサイフケータイ(Felica)といった日本市場に合った機能に対応しているほか、NTTドコモの各サービスのアプリがプリインストールされており、より綺麗に通話できる「VoLTE HD+」や高音質メロディーコール、3波のキャリアアグリゲーション(3CC CA)による下り最大375Mbpsが利用可能となっています。

続きを読む

KDDI、au向け最新ギャラクシースマホ「Galaxy S7 edge SCV33」を発表!5.5インチWQHD有機ELやSnapdragon 820などを搭載ーーフルセグやおサイフケータイに対応し、5月19日に発売


au向けスマホ「Galaxy S7 edge SCV33」が発表!

KDDIおよび沖縄セルラーは10日、今夏に発売するau向け「2016年夏モデル」としてサムスン電子製Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge SCV33」を発表しています。

発売時期は2016年5月19日(木)を予定し、明後日5月12日(木)より事前予約開始。価格(税込)は本体価格が98,280円(分割4,095円/月×24回)で新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)ともに毎月割が2,070円/×24回(総額49,680円)割り引かれて実質負担額は48,600円(分割2,025円/月×24回)となります。

合わせて、2016年5月12日(木)から5月18日(水)までの期間に予約して2016年6月30日(木)までに購入した場合にもれなく「Gear VR」をプレゼントするキャンペーン( http://au-s7edge.galaxy-cp.jp/ )を実施します。また、旗艦店「au SHINJUKU」および「au NAGOYA」、「au OSAKA」、「au FUKUOKA」、「au HAKATA」にて2016年5月11日(水)より先行展示し、これらの拠点ではGear VRを利用した360°映像も体験できるということです。

サムスン電子が今年2月に発表した新しいフラッグシップ「Galaxy S7」シリーズの上位モデルとして発表され約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)Super AMOLEDディスプレイや64bit対応クアッドコアCPU、4GB LPDDR4内蔵メモリー(RAM)などを搭載したハイスペックモデルとなっています。

au向けでは機能的にはワンセグやフルセグ、おサイフケータイ(Felica)に対応しているほか、auの各サービスのアプリなどがプリインストールされ、外観ではグローバル版とは異なって「SAMSUNG」ロゴがなく、背面の中央は「Galaxy」ロゴ、背面下部に「au」ロゴと型番「SCV33」が記載されています。

また、3つの周波数帯をキャリアアグリゲーション(CA)で束ねる「3CC CA」対応し、LTE UE Category 9によって4G LTEとWiMAX 2+を束ねて下り最大370Mbpsおよび上り最大50Mbpsの高速データ通信が利用可能です。なお、下り最大370Mbpsは東京都渋谷駅周辺から順次提供予定。

続きを読む

サムスン電子ジャパン、公式Webサイトに「Galaxy S7 edge」のNTTドコモ向け「SC-02H」とau向け「SCV33」を掲載!SoftBank向けはなしか?


サムスン電子の公式Webサイトに「Galaxy S7 edge」のNTTドコモ向けとau向けが掲載!

サムスン電子ジャパンは9日、同社の公式Webサイトにて最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S7 edge」のNTTドコモ向け「Galaxy S7 edge SC-02H」およびau向け「Galaxy S7 edge SCV33」の情報を掲載しています。

両機種ともにすでに同社の公式Webサイトにおけるサポートページにて存在を明らかにしていましたが、今回掲載された「スマートフォン製品一覧 | Galaxy」ではそれぞれ「ドコモスマートフォン 2016夏モデル」と「auスマートフォン 2016夏モデル」であることが示されています。

また、両機種ともにカラーバリエーションはブラックオニキスおよびホワイトパール、ピンクゴールドの3色がラインナップされるようです。一方、SoftBank向けの部分にはGalaxy S7 edgeがないため、今夏は投入されないのではないかと予想されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。