S-MAX

Samsung

auとUQモバイルからスタンダードスマホ「Galaxy A41 SCV48」が7月8日に発売!本体価格はともに4万円弱で、auは実質9740円から


auとUQ mobileからスタンダードスマホ「Galaxy A41 SCV48」が7月8日発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は2日、携帯電話サービス「au」向けの新しいスタンダードスマートフォン(スマホ)「Galaxy A41 SCV48」(サムスン電子製)を2020年7月8日(水)に発売すると発表しています。

またUQコミュニケーションズ(以下、UQ)およびUQモバイル沖縄は2日、au回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」において新しいスタンダードスマホ「Galaxy A41 SCV48」(サムスン電子製)を同じく7月8日に発売すると発表しています。

すでにauではauショップや量販店などのau取扱店および公式Webストア「au Online Shop」などにて事前予約受付を実施しており、価格(金額はすべて税込)はau Online Shopなどの直営店では本体価格39,660円で、かえトクプログラム適用時は残価が7,920円に設定されているため、実質1,380円/月×23回(総額31,740円)となっています。

なお、au Online ShopではAQUOS sense3 basic SHV48も「au Online Shop お得割」の対象に7月1日に追加されており、新規契約では11,000円割引、他社から乗り換え(MNP)では22,000円割引となっています。これにより、MNPでかえトクプログラム適用時には実質9,740円となります。

一方、UQ mobileではUQスポットや量販店などのUQ取扱店では一部店舗で予約を受け付けているものの、公式Webストア「UQオンラインショップ」では事前予約は行わず、店舗では7月8日より順次、UQオンラインショップでは7月8日9:00から販売開始します。価格は39,600円(1,100円/月×36回または1,650円/月×24回)。

続きを読む

サムスン電子のフォルダブルスマホが5Gに対応した「Galaxy Z Flip 5G」がauから発売へ!型番「SCG04」がFCC通過。Snapdragon 865+搭載か


auから5G対応フォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip 5G SCG04」が登場へ!写真はGalaxy Z Flip

米連邦通信委員会(FCC)は30日(現地時間)、Samsung Electronics(以下、サムスン電子)製スマートフォン(スマホ)「SM-F707B」が2020年6月17日付けで認証取得していることを公開しています。FCC IDは「A3LSMF707B」。

SM-F707Bは各種認証情報からフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip」の5G対応モデル「Galaxy Z Flip 5G」になることがわかっており、FCCが公開した資料にはSM-F707Bには別モデルとして「SCG04」があると記載されています。

このことから型番規則によってau向けに5Gに対応したフォルダブルスマホ「Galaxy Z Flip 5G SCG04」が投入されると考えられ、今夏以降に発売されると見られます。なお、グローバルモデルのSM-F707Bと同じハードウェアとなるため、すでに販売されている「Galaxy Z Flip SCV47」と同様におサイフケータイなどには対応しないと予想されます。

続きを読む

楽天モバイルスマホ「Galaxy Note10+ SM-N975C」と「AQUOS sense3 lite SH-RM12」にAndroid 10へのOSバージョンアップが提供開始


楽天モバイルが販売するSIMフリースマホ「Galaxy S10 SM-G973C」がAndroid 10に!

楽天モバイルは30日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応したスマートフォン(スマホ)「Galaxy Note10+(型番:SM-N975C)」(Samsung Electronics製)および「AQUOS sense3 lite(型番:SM-RM12)」に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年6月30日(火)より順次提供するとお知らせしています。

更新は両機種ともにスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワーク(4G LTE)によるネットワーク経由(OTA)で実施する方法が用意されており、更新のファイルサイズは明らかにされていませんが、Wi-Fiでの更新が推奨されます。

更新後のビルド番号はGalaxy Note10+ SM-N975Cが「QP1A.190711.020.N975CONU1BTF4」、AQUOS sense3 lite SH-RM12が「02.00.02」。主な更新内容も両機種とも同じで以下の通りで、AQUOS sense3 lite SH-RM12については『Rakuten Mobile Android 10対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』もご参照ください。

・OSアップデート(Android 10)
・アプリケーションを追加(Rakuten Link、my 楽天モバイル)


続きを読む

au向け5G対応フラッグシップスマホ「Galaxy S20 Ultra 5G SCG03」を写真で紹介!ミリ波や1億800万画素カメラなどの最上位機【レビュー】


au 5G対応の最上位スマホ「Galaxy S20 Ultra 5G SCG03」を写真でチェック!

既報通り、KDDIおよび沖縄セルラー電話は23日、携帯電話サービス「au」向けの新たに5G(第5世代移動体通信システム)に対応したフラッグシップスマートフォン(スマホ)の最上位モデル「Galaxy S20 Ultra 5G SCG03」(サムスン電子製)を2020年7月3日(金)に発売すると発表した。

販売拠点はauショップやGalaxy Harajuku、量販店などのau取扱店の一部や公式Webストア「au Online Shop」などとなっており、発売に先立ってすでに6月25日より事前予約受付が実施されている。価格(税込)は直営店では本体価格が165,980円となる。また「かえトクプログラム」の対象で、残価が69,840円と設定されているため、実質負担額は96,140円(4,180円×23回)だ。

その他、サムスン電子ジャパンが発売日から7月31日(金)までの期間中にGalaxy S20 Ultra SCG03を購入し、キャンペーンWebページ( https://www.galaxymobile.jp/explore/event/au2020s20ultra/ )から応募した先着1000人に三脚としても利用可能な「セルフィー マルチスタンド」をプレゼントする購入キャンペーンを実施する。

今回はそんなGalaxy S20 Ultra 5G SCG03についてauが当日に開催した製品体験会にて実機をタッチ&トライしてきたので、外観や特徴を写真を交えて紹介していく。なお、Galaxy S20 Ultra 5G SCG03はハードウェアがグローバルモデルと共通仕様となっており、おサイフケータイ(FeliCa)には対応しない。

続きを読む

楽天モバイル、高性能スマホ「Galaxy S10 SM-G973C」にAndroid 10へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


楽天モバイルが販売するSIMフリースマホ「Galaxy S10 SM-G973C」がAndroid 10に!

楽天モバイルは25日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応したスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10(型番:SM-G973C)」(Samsung Electronics製)に対して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年6月25日(木)より順次提供するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワーク(4G LTE)によるネットワーク経由(OTA)で実施する方法が用意されており、更新のファイルサイズは明らかにされていませんが、Wi-Fiでの更新が推奨されます。更新後のビルド番号は「G973CONU1BTF4」で、主な更新内容は以下の通り。

・OSアップデート(Android 10)


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。