S-MAX

WiMAX2+

UQコミュニケーションズの高速通信サービス「WiMAX 2+」が東京メトロの全駅や車両内で利用可能に!auやau回線のMVNOをiPhoneなどのスマホで使った場合もより快適に


UQ WiMAX 2+が東京メトロの全駅で利用可能に!約1年10ヶ月でエリア整備完了

東京地下鉄およびUQコミュニケーションズ(以下、UQ)は31日、東京地下鉄が運行する鉄道「東京メトロ」の全駅において2018年1月31日(水)にエリア整備を完了し、高速通信サービス「WiMAX 2+」が対応のルーターやスマートフォン(スマホ)などで利用できるようになったと発表しています。

UQではこれまでにも東京メトロの全駅(当時全156駅)でWiMAXが2013年5月28日にエリア整備完了していましたが、その後に提供開始したより高速なWiMAX 2+についても東京メトロの各駅や列車内において2016年4月よりエリア整備を開始しおよそ1年10ヶ月かかってようやくエリア整備が完了したとのこと。

これにより、WiMAXおよびWiMAX 2+が東京メトロの銀座線および丸ノ内線、日比谷線、東西線、千代田線、有楽町線、半蔵門線、南北線、副都心線の全線全駅(179駅)でWiMAX 2+も利用可能となりました。

また駅間ついても駅ホームの端から指向性アンテナを向けて対応しているものの、サービスエリア内でも電波が伝わりにくい場所では通信できなかったり、通信速度が低下する場合があるとしています。なお、地上駅は屋外に設置した基地局から発する電波によって利用可能です。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、UQ WiMAX向けモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」を発表!1月19日発売で、価格は本体のみ3024円、クレードルセットで5616円


UQからもモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05」が発表!

UQコミュニケーションズは15日、高速データ通信サービス「UQ WiMAX」向け下り最大708Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT W05(型番:HWD36)」(Huawei Technologies製)を発表しています。

発売日は2018年1月19日(金)で、UQショップや量販店などのUQ WiMAX取扱店および公式Webストア「UQ WiMAXオンラインショップ」、機種変更受付ページ、仮想移動体通信事業者(MVNO)各社にて順次販売開始するということです。

価格(税別)はUQ WiMAXオンラインショップでは料金プラン「UQ Flat ツープラス ギガ放題」や「UQ Flat ツープラス」において本体のみが2,800円、クレードルセットが5,200円、機種変更受付ページ販売分では利用期間が開始月~12ヶ月で20,000円、13~18ヶ月で12,000円、19~21ヶ月で6,000円(3年契約の場合は0円)、22ヶ月~で0円となっています。

続きを読む

テレビCMで話題の「2018年 三姉妹オリジナルカレンダー」をプレゼント。11月17日から「UQ10周年だぞっ!ありがとうキャンペーン」の第2弾――プレミアムカットをちらっと紹介


UQ10周年だぞっ!ありがとうキャンペーン第2弾がスタート。

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は16日、同社が今年8月29日で創業10周年を迎えた記念として感謝の気持ちを込めて「UQ10周年だぞっ!ありがとうキャンペーン」( http://www.uqwimax.jp/cp/10th/ )を実施していますが、10月6日(金)から実施していた第1弾に続いて、11月17日(金)から第2弾を実施すると発表しています。

第2弾キャンペーンは同社が仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「UQ mobile」もしくはデータ通信サービス「UQ WiMAX 2+」を新規契約した場合に「2018年 三姉妹オリジナルカレンダー」をプレゼントします。

また11月28日(火)から2018年3月31日(土)までの期間にUQ mobileを利用している場合、新たにKDDIが開始した総合Webストア「Wowma!」( https://wowma.jp/ )で利用できるクーポン券をプレゼントするということです。

続きを読む

UQコミュニケーションズ、下り最大440Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX04」を発表!初のビームフォーミング対応で安定通信が可能で、11月1日発売


UQ WIMAX向けモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX04」が発表!

UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は23日、都内にて「新商品タッチ&トライ会」を開催し、高速通信サービス「UQ WiMAX」向けの下り最大440Mbpsに対応したモバイルWi-Fiルーター「Speed Wi-Fi NEXT WX04」(NECプラットフォームズ製)を発表しています。

マルチアンテナ技術「4x4 MIMO」とキャリアアグリゲーション(CA)によって下り最大440Mbpsに対応しているほか、モバイルWi-Fiルーターとしてははじめてビームフォーミングに対応することによって無線LAN(Wi-Fi)のスループットが向上し、さらに快適に通信できるようになっています。

発売日は2017年11月1日(水)で、UQショップや量販店などのUQ WiMAX取扱店および公式Webストア「UQ WiMAXオンラインショップ」、機種変更受付ページ、仮想移動体通信事業者(MVNO)各社にて順次販売開始するということです。

価格(税別)はUQ WiMAXオンラインショップでは料金プラン「UQ Flat ツープラス ギガ放題」や「UQ Flat ツープラス」において本体のみが2,800円、クレードルセットが5,500円、機種変更受付ページ販売分では利用期間が開始月~12ヶ月で20,000円、13~18ヶ月で12,000円、19~21ヶ月で6,000円(3年契約の場合は0円)、22ヶ月~で0円となっています。

続きを読む

UQコミュニケーションズがWiMAX 2+に256QAMを9月1日から導入して下り最大558Mbpsへ高速化!auではさらに4G LTEと3波CAで下り最大708Mbpsとなり、国内最速に



UQコミュニケーションズ(以下、UQ)は31日、高速通信サービス「WiMAX 2+」(TD-LTE方式互換)において東名阪の一部エリアから多値変調方式「256QAM」を2017年9月1日(金)より導入開始して下り最大558Mbpsに高速化すると発表しています。

WiMAX 2+はこれまで2.5GHz帯における20MHz幅×2をキャリアアグリゲーション(CA)し、マルチアンテナ技術「4×4 MIMO」によって下り最大440Mbpsで提供してきましたが、新たに従来の64QAMから256QAMにすることで下り最大558Mbpsに高速化します。

またこれに合わせてKDDIおよび沖縄セルラー電話は31日、au回線ではこの下り最大558MbpsのWiMAX 2+と下り最大150Mbpsのau 4G LTE(FDD-LTE方式)の3波をCA(3CC CA)して下り最大708Mbpsを提供開始すると発表しています。

日本国内では今年8月以降にNTTドコモが下り788Mbpsを導入予定と発表していますが、現時点ではまだ提供されておらず、下り最大682Mbpsとなっているため、NTTドコモが下り最大788Mbpsを提供開始するまではauの下り最大708Mbpsが最速になっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。