S-MAX

Windows10Mobile

Continuum対応アプリやひとクセ利かせた活用法を紹介!Windows 10 Mobileスマホ「HP Elite x3」用周辺機器「ノートドック」を試す(後編)【レビュー】


Officeアプリなどの業務向けじゃない!Continuum対応アプリをElite x3+ノートドックで活用する

昨年9月に日本HPから発売されたOSに「Windows 10 Mobile」を採用したハイエンドスマートフォン(スマホ)「Elite x3」(HP製)。

国内で現在発売されているWindows 10 Mobileスマホとして最上位の性能を持ち、パソコン(PCを)のような操作性を実現する「Continuum for Phone」機能を有線接続にて実行するためにクレードル型の「デスクドック」や「ノートドック(ノートドックは有線・無線の両方の接続に対応)」などの周辺機器も発売されています。

前回の記事ではそのうちのElite x3用ノートドックの概要やContinuumによる接続する手順の解説をお送りしましたが、今回はElite x3+ノートドックの組み合わせで役立つUWP対応アプリをまとめて紹介&覚えておくと便利なノートドックの活用法と解説をお送りします。

続きを読む

Continuumをまるごと持ち出せ!ノートパソコンのように使えるWindows 10 Mobileスマホ「HP Elite x3」用周辺機器「ノートドック」を試す(前編)【レビュー】


動画も作業もバッチリ!Windowsスマホ「HP Elite x3」専用オプション「ノートドック」を紹介

日本HPから昨年9月に発売されたOSに「Windows 10 Mobile」を搭載したハイエンドスマートフォン(スマホ)「HP Elite x3」。

現時点における国内向けWindows 10 Mobileスマホとしては頂点の性能を持ち、パソコン(PC)のWindowsと同じユーザーインターフェース(UI)でOfficeファイルの編集操作やブラウジングなどが可能になるWindows 10 Mobileスマホの目玉機能である「Continuum」を搭載し、無線・有線のどちらの接続によるContinuumに対応しています。

今回、Elite x3と同時発売された専用の周辺機器、「ノートドック」を購入しましたので、接続の手順や使い方、便利な機能などを2回に渡って紹介していきたいと思います。まず、前編として最初にノートドックの概要と同梱品の紹介、そしてElite x3との接続手順を解説していきます。


続きを読む

【年末企画】2016年に購入した三者三様のスマホからiPhoneとAndroid、Windowsのそれぞれを取り巻く状況をほんのり考察(アプリ開発エンジニア・えど編)

今年買ったスマホはiOS・Android・Windowsの各1台!年末企画で2016年を振り返る

気が付けば2016年ももうすぐ終わり。筆者がそんな2016年に購入したスマートフォン(スマホ)は3台で、物欲が控えめ(?)な1年でした。しかしながら、iOSが1台、Androidが1台、Windows 10 Mobileが1台と、結果的にバランスよく、いろいろな環境を試せていたように思います。

そこで本記事では、年末企画としてこれらの購入した3台を振り返りながら、iOSやAndroid、Windowsといった各スマホなど向けプラットフォームを取り巻くそれぞれの状況を振り返っていきます。

続きを読む

トリニティ、SIMフリーのWindows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」を購入すると最大1万2千円キャッシュバックするキャンペーンを2017年1月31まで実施


最大12,000円キャッシュバック!NuAns NEO トリプルキャンペーン

トリニティは14日、同社が開発・販売しているSIMフリーのWindows 10 Mobileスマートフォン(スマホ)「NuAns NEO」などの対象商品を期間中に購入した場合に最大12,000円のキャッシュバックを行なう「最大12,000円キャッシュバック!NuAns NEO トリプルキャンペーン」を実施するとお知らせしています。

キャンペーン期間は2016年11月14日(月)〜2017年1月31日(火)まで。対象商品とキャッシュバック金額は、NuAns NEOのみの場合は8,000円キャッシュバック、NuAns NEOと「OCN モバイル ONE」の契約で12,000円キャッシュバック、OCN モバイル ONEの契約で3,000円キャッシュバックとなっています。

なお、今回のキャンペーンでは、OCN モバイル ONEの音声対応SIMとデータ通信専用SIMのどちらの申し込みでもキャッシュバックの対象となるということです。NuAns NEOのコアセット(背面カバー付き)は42,700円(すべて税別)から。

続きを読む

トリニティ、Windows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」に大型アップデート「Anniversary Update」を提供開始!ContinuumとNFCの不具合解消を確認


Windows 10 Mobileスマホ「NuAns NEO」にAnniversary Updateが配信!

トリニティは19日、同社が開発・販売するSIMフリーのWindows 10 Mobileスマートフォン(スマホ)「NuAns NEO」においてMicrosoftが8月16日より提供している大型アップデート「Anniversary Update」(開発コード名:RedStone1)を配信開始したとお知らせしています。

アップデート後のOSバージョンは「10.0.14393.189」、バージョン(ビルド番号)は「1607」、ソフトウェアリビジョン番号は「1028.020.001.92」とのことです。

同社では現在、すべてのNuAns NEOに配信されるようになっており、まずはバックアップをしっかりと取った上で、「設定」→「更新とセキュリティ」→「システムの更新」からアップデートするこように案内しています。

続きを読む

専用ドックとContinuumでスマホ+ノート+デスクトップの3in1を実現!ハイパフォーマンスWindows 10 Mobileスマホ「HP Elite x3」の発表会を写真とともに解説【レポート】


ハイパフォーマンスWindows 10 Mobileスマホ「HP Elite x3」の発表会をレポート!

既報通り、日本ヒューレット・パッカード(以下、日本HP)は8月31日、兼ねてより日本国内への投入が発表されていたOSに「Windows 10 Mobile」を採用したスマートフォン(スマホ)「HP Elite x3」の発表会を東京・六本木ヒルズにて開催しました。

当日から時間が空いてしまいましたが、展示会場での実機の写真・動画レポートに続いて、発表会の模様を紹介したいと思います。日本HPはどういった戦略なのか、またHP Elite x3を取り扱うauの目的は……それではプレゼンテーションの写真とともにお送りしていきます。

続きを読む

日本HPが「Microsoft Foresight」にWindows 10 Mobileスマホ「HP Elite X3」を出展!さらにデザイン重視の法人向け970gノートPCもーー個人での購入も可能【レポート】

フラットになる法人向けの薄型軽量・耐衝撃性能を持つモバイルPCも展示

日本マイクロソフトは2016年9月6〜7日の2日間に都内にてビジネスリーダー向けのイベント「Microsoft Foresight」を開催した。イベントにはソフトバンクやKDDI、富士通、日本HPといった通信事業者やメーカーなども出展。

ビジネスリーダー向けということで、キーノートスピーチも「ビジネストランスフォーメーション」について最新の事例を紹介し、今何が起きているのか、今後なにが起きるのかを出展ブースで体験できるという内容だ。

今回は、auなどから9月5日より順次販売開始となったWindows 10 Mobile搭載スマートフォン(スマホ)「HP Elite X3」を展示する日本HPの製品を写真で紹介していく。

続きを読む

au VoLTEにも対応したSIMフリーのハイスペックWindows 10 Mobileスマホ「HP Elite x3」を写真と動画で紹介!6インチWQHD有機ELやSnapdragon 820、4GB RAMなど【レポート】


ハイスペックWindows 10 Mobileスマホ「HP Elite x3」を写真や動画でチェック!

既報通り、日本HPおよびKDDIは8月31日、都内にて記者説明会を開催し、日本国内での発売が予告されていたSIMフリーのWindows 10 Mobileスマートフォン(スマホ)「HP Elite x3」を正式に発表しました。すでに日本HPのオンラインストア「HP Directplus」などにて9月5日より販売が開始されています。

HP Elite x3はOSにWindows 10 Mobileを採用した製品として日本では初のQualcomm製最上位CPU「Snapdragon 820」を搭載し、4GB内蔵メモリー(RAM)や5.96インチWQHD(1440×2560ドット)有機ELディスプレイなどを搭載するハイエンドモデルです。

また、IP67水準の防水・防塵に加え、米軍も採択する「MIL-STD-810G」準拠の耐衝撃性能にも対応し、Windows 10の注目機能である「Continuum」についても無線だけだけでなく、有線接続でも可能になっています。

また、au回線でも使えるように高音質通話サービス「au VoLTE」やau 4G LTE・WiMAX2+にも対応し、キャリアアグリゲーション(CA)も利用できるなど、auの相互接続性試験(IOT)を取得しているのも大きなポイント。

今回、そんな日本でははじめてのWindows 10 Mobileスマホの最上位モデルとなったHP Elite x3の実機に説明会後の展示会場にて触れる機会を得ましたので、写真や動画にて紹介していきたいと思います。

続きを読む

日本HP、au VoLTEにも対応したWindows 10 Mobile搭載の6インチハイエンドなSIMフリースマホ「HP Elite x3」を9月5日より順次発売!指紋・虹彩認証や各種ドックなど


SIMフリーのWindows 10 Mobileスマホ「HP Elite x3」が9月5日に発売!

日本HPは31日、OSに「Windows 10 Mobile」を採用した約5.96インチWQHD(1440×2560ドット)アクティブマトリクス型有機EL(AMOLED)ディスプレイ搭載のSIMフリースマートフォン(スマホ)「HP Elite x3」を2016年9月5日(火)より順次発売すると発表しています。

SIMフリーですが、auとの相互接続性テスト(IOT)を取得しており、Windows 10 Mobileスマホとしては国内初の高音質通話サービス「VoLTE」に対応しているほか、キャリアアグリゲーションやWiMAX 2+にも対応しています。

価格も案内されており、HP Elite x3の通常版が77,800円、プレミアムパッケージが 79,800円、ノートドックが49,800円、デスクドックが12,000円、耐衝撃ケースが4,000円、ASスクリーンプロテクタが4,000円、HP Workspaceが56,400円からとなっています(すべて税別)。

発売日は通常版が9月5日で、HP Workspaceが9月8日、それ以外は9月下旬予定となっていおり、製品は10月初旬より順次発送され、発送時期は製品により異なります。販売元はHP Directplusおよび日本HP直販営業、日本HP販売代理店。なお、同様にKDDIおよび沖縄セルラーも9月5日より法人向けに取扱を開始します。

続きを読む

Microsoft、Windows 10 Mobileスマホに大型アップデート「Anniversary Update」を提供開始!ただし、NuAns NEOやMADOSMA Q601ではConinuumとNFCの不具合で一時配信停止中


Windows 10 MobileスマホにてAnniversary Updateが提供開始!

Microsoftは16日(現地時間)、同社が開発・提供するスマートフォン(スマホ)など向けOS「Windows 10 Mobile」における大型アップデート「Anniversary Update」(開発コード名:RedStone1)を順次提供を開始したとお知らせしています。

Windows 10 Anniversary Updateはパソコン(PC)など向けはすでに今月2日から順次提供開始していましたが、Windows 10 Mobileについては数週間後に提供開始する予定であると案内していました。

すでに国内向けのWindows 10 Mobileスマホにも配信が開始されていますが、トリニティおよびマウスコンピューターでは「NuAns NEO」および「MADOSMA Q601」において1607にすると「Continuum機能が正しく動作しない」および「NFC機能が正しく動作しない」ことが判明したとしてこれらの問題が解消されるまでは配信を停止することにしたと案内しています。

さらにプラスワン・マーケティングでも「KATANA 01」と「KATANA 02」へのAnniversary Updateの更新を待機するように案内しており、同社による動作検証が終了後に安心して使えるようになった後に再度お知らせするとしています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。