S-MAX

YouTube

Google、映画やテレビ番組などが見放題になる「YouTube Red」を米国で10月28日に提供開始!月額9.99ドルで1ヶ月無料の体験期間も用意――Google Play Musicの課金者なら無料に


GoogleがYouTubeの有料サービス「YouTube Red」を10月28日にスタート!

Googleは21日(現地時間)、動画投稿・配信サービス「YouTube」にて映画やテレビ番組などが広告なしで見放題になる有料サービス「YouTube Red」( https://www.youtube.com/red )および「YouTube Music」を提供開始すると発表しています。

まずはアメリカ(米国)にて2015年10月28日(木)からスタートし、価格は月額9.99ドル(約1,200円)で1ヶ月の無料体験期間が用意されており、Googleの定額制音楽配信サービス「Google Play Music」の有料サービスを利用している人は追加料金なく利用可能。逆にYouTube Redの利用者もGoogle Play Musicの有料サービスを利用できるようになっています。なお、YouTube MusicはYouTube Red利用者は追加料金なしで利用可能。

他の国・地域でも展開を予定しているとのこと。ただし、日本で提供するかどうかは明らかにされておらず、現時点では「ご利用いただけません」の告知がされています。

続きを読む

東京ゲームショウ2015:ゲーム配信ってどうやるの?!ライブストリーミングでゲーマー同士を繋ぐ「YouTube」ブースを紹介【レポート】

YouTube Liveで今日からゲーム配信!

千葉県・幕張メッセで開催中の世界最大級のゲーム関連展示会「東京ゲームショウ 2015(TGS 2015)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が9月18日から20日までの4日間開催された。

新たにゲーマー向けにゲームプレイの実況ができるライブストリーミングサービス「YouTube Gaming」を日本でも近日中にスタートする「YouTube」ブースを紹介する。今回の東京ゲームショウではゲーム製品のプロモーションではなく、新しいビジネスのプロモーションをする企業見られた。そのひとつがYouTubeブースだ。

続きを読む

Google、各種サービスでGoogle+プロフィールとの紐付けを不要に!まずは「YouTube」が対応


ゼロから始めるスマートフォン

Google(グーグル)は27日(現地時間)、同社の各サービスをGoogle+プロフィールなしでも利用できるようにしていくことを発表しました。

これまでGoogleのサービスを利用する際にソーシャルネットワークサービス(SNS)の「Google+」のプロフィールとの接続が必須となっていましたが、今後数ヶ月で各種サービスを利用するのにGoogle+プロフィールが必要ではなくなります。

続きを読む

動画配信サービス「YouTube」のAndroidおよびiOS向けアプリが60fpsの再生に対応!より滑らかなムービー再生が可能に


ゼロから始めるスマートフォン

Google(グーグル)傘下のYouTube, LLCは1日(現地時間)、同社が提供・運営する動画投稿サービス「YouTube」( http://youtube.com )におけるAndroidおよびiOS向けアプリにて60fpsの動画再生に対応したとお知らせしています。

パソコン(PC)など向けのWeb版のYouTubeでは昨年10月より60fpsでの再生に対応していましたが、これまでスマートフォン(スマホ)など向けアプリでは30fpsまでのサポートとなっていました。

続きを読む

Google、ゲームに特化した動画共有サービス「YouTube Gaming」を発表!今夏より米国や英国で提供予定


ゼロから始めるスマートフォン

Google(グーグル)傘下のYouTube, LLCは12日(現地時間)、同社が提供・運営する動画投稿サービス「YouTube」( http://youtube.com )にて新たにゲームに特化した動画共有サービス「YouTube Gaming」( http://gaming.youtube.com )を発表しています。

米国と英国で今夏より提供が開始される予定で、Webとスマートフォン(スマホ)などアプリの両方で提供されます。

続きを読む

GmailやYouTubeなどで利用するGoogleアカウントの設定をまとめて確認・変更できるページ「My Account」が提供開始!セキュリティーや個別のサービス停止などが実施可能


Googleアカウントの情報をまとめて管理!

Google(グーグル)は1日、同社のGmailやGoogle+、YouTubeなどのさまざまなサービスを利用スルための「Googleアカウント」におけるプライバシーやセキュリティーなどの各種設定を一括して確認・変更できる「My Account(アカウント情報)」( https://myaccount.google.com )ページを提供開始したとお知らせしています。

パソコン(PC)のほか、iPhoneやiPad、Androidのスマートフォン(スマホ)やタブレットなどのWebブラウザーから利用できます。

続きを読む

YouTubeが360度パノラマ動画に対応!Android向けYouTubeアプリやパソコン向けChromeブラウザーから視聴可能ーーiPhoneなどのiOS向けも近日中に対応へ


ゼロから始めるスマートフォン

Google(グーグル)傘下のYouTube, LLCは13日(現地時間)、同社の動画投稿サービス「YouTube」において360度パノラマ動画に対応したとお知らせしています。

パソコン(PC)向けChromeブラウザーおよびAndroid向けYouTubeアプリで閲覧できます。なお、iPhoneやiPadなどのiOS向けといった他のプラットフォームでも近日中に視聴できるようになるとしています。

続きを読む

Google、音楽ストリーミングサービス「YouTube Music Key」を発表!バックグラウンド再生やオフライン再生も可能に


ゼロから始めるスマートフォン

Google(グーグル)傘下のYouTubeは12日(現地時間)、定額制の音楽ストリーミングサービス「YouTube Music Key」を発表しています。まずは海外にてベータ版が招待制で提供されます。なお、日本での提供についてはアナウンスされていません。

料金は月額9.99ドル(約1,150円)。加入すると、広告なしでの動画再生のほか、モバイルアプリでのバックグラウンド再生(YouTubeアプリを閉じたり、他のアプリを起動してもバックグラウンドで再生)やオフライン再生が可能になります。

また、Googleの音楽サービス「Google Play Music」の3000万曲以上の楽曲に加え、提携レーベルのアーティストの公式ミュージックビデオが高品質で視聴し放題になります。

続きを読む

Googleが日本のテレビに放つ刺客! 「Chromecast」の仕組みや可能性を解説【吉川英一の「スマホのちょっと深いとこ」】

小さなボディに大きな可能性を秘めるChromecast

2013年7月にアメリカで、2014年5月には日本でも発売されたGoogleのスティック型デバイス「Chromecast(クロームキャスト)」。テレビのHDMI端子に接続することで、YouTubeなどのネット動画をテレビの大画面で見ることができます。4,200円という手ごろな価格から、とりあえず手を出してみたという人も多いのではないでしょうか。

しかしながら、このChromecastは単なる動画再生の枠組みを超えたデバイスになりうるかもしれません。今回の連載「スマホのちょっと深いとこ」は、Chromecastが動画を再生する仕組みや可能性など、その名の通りちょっと深いとこを紹介していきます。

続きを読む

“狭すぎるんですよ、エルティは”とガッツ石松がバッサリ!ユニーク過ぎるUQのプロモーション動画第2弾をチェックしよう

9cf767f2.jpg

今回も謎に豪華なキャスティング!

UQコミュニケーションズは11月22日(木)から新たなプロモーションとして「NO LIMIT WiMAX」シリーズを展開している。「ネットの限界にNO!」をメインキーワードと、「速度制限にNO!」「充電切れにNO!」「追加料金にNO!」「エリア制限にNO!」の4つのサブキーワードを設定し、速度制限や追加料金の必要がなく、ルータの電池持ちや利用可能エリアの広さなどを積極的にアピールしていく。

本プロモーションの一環として、"LTE対WiMAX 無線通信ボクシング スーパーワイファイ級タイトルマッチ"と題したユニークなプロモーション動画をYouTubeおよびニコニコ動画の公式チャンネルで公開している。

思わず見入ってしまう約6分間の動画をみどころを交えて紹介する。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
検索

特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。