S-MAX

ZTE

ソフトバンク、タッチ操作に対応したSoftBank向け子ども用ケータイ「キッズフォン 701ZT」を4月13日に発売!買った人に先着でオリジナル「ピカチュウネックストラップ」をプレゼント


SoftBank向け子ども用ケータイ「キッズフォン 701ZT」が4月13日発売!

ソフトバンクは6日、携帯電話サービス「SoftBank」向けにタッチ操作に対応した約2.8インチQVGA(240×320ドット)TFT液晶搭載の子ども向けケータイ「キッズフォン(型番:701ZT)」(ZTE製)を2018年4月13日(金)に発売すると発表しています。

すでにソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店舗にて事前予約受付を実施しており、価格(税込)は新規契約および機種変更、他社から乗り換え(MNP)で本体代が18,720円(分割780円/月×24回)。また基本使用料490円/月(税抜)で利用でき、利用する人が12歳以下の場合は「基本料2カ月無料キャンペーン(U12)」によって最大2カ月間基本使用料が無料になります。なお、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」では受け付けていません。

さらに購入した人の中から先着でオリジナルの「ピカチュウネックストラップ」をプレゼントするキャンペーンを実施し、その他にも公式アクセサリーブランド「SoftBank SELECTION」から液晶保護シートやおしゃれにデコレーションできるステッカーをセットにした専用のアクセサリー「前面カバー&デコステッカー for キッズフォン」が販売されます。

続きを読む

今のところ国内唯一!?デリケートなNTTドコモの2画面折りたたみ型スマホ「M Z-01K」を“ほぼ”守れる純正「プロテクティブケース」を購入&装着してみた【レビュー】


画面が2倍なら故障のショックも2倍!?唯一の保護ケースで2画面スマホ「M Z-01K」を守れ

NTTドコモから2月9日に発売された約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)液晶を2枚搭載した折りたたみ型Androidスマートフォン(スマホ)「M Z-01K」(ZTE製)。

これ1台で通常のAndroidスマホとしてだけでなく、大画面を活かしたコンテンツ鑑賞マシンや2つのアプリを同時に表示しての活用など、多彩な使い方ができる大変に魅力的な製品となっています。

一方で、2画面の折りたたみ形状という特異性からか、NTTドコモなどの大手キャリア(MNO)が販売する新型のスマホとしては異例の「防水・防塵非対応」であり、大変にデリケートなマシンでもあります。

その上、独特すぎる機構と形状ゆえ、サードパーティからは(少なくとも現時点で国内においては)本体カバーの類は発売されていません。

そこで今回は、NTTドコモの公式アクセサリーブランド「docomo select」からM Z-01K向けに国内では唯一販売されている専用の本体カバー「Z-01K プロテクティブケース」を紹介します。

続きを読む

見開きだけでなく、2画面を活用するとこんなことができる!NTTドコモのZTE製デュアルディスプレイ搭載 スマホ「M Z-01K」の3つの画面モードを解説【レビュー】


ゲーム、動画に電子書籍などを楽しみ尽くせる「M」の2画面モードを使おう!

NTTドコモから2月9日に発売された約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)の画面を2つ持つ“デュアルディスプレイ”を搭載した横開き型の折りたたみ式Androidスマートフォン(スマホ)「M Z-01K」(ZTE製)。

外観を見ての通り、最大の特徴は2枚のディスプレイで、これを活かしたいくつもの表示モードでゲームや動画などのコンテンツを楽しんだり、地図アプリなどの実用アプリも大画面で利用することができます。

今回はM Z-01K最大の特徴である2画面モードの特徴や解説をアプリの簡単な検証を兼ねてお送りします。

続きを読む

ZTE、縦長画面とデュアルカメラを搭載した高コスパなミッドレンジスマホ「Blade V9」および「Blade V9 Vita」をMWC 2018で発表!Android Go搭載モデル「Tempo Go」なども


ZTEがミッドレンジスマホ「Blade V9」シリーズを正式発表!5GやAndroid Goへの取り組みも

ZTEは25日(現地時間)、スペイン・バルセロナにて2018年2月26日(月)から3月1日(木)まで開催される「Mobile World Congress 2018(以下、MWC 2018)」に合わせてプレスイベントを開催し、新しいミッドレンジスマートフォン(スマホ)「ZTE Blade V9」および「ZTE Blade V9 Vita」、Android Goスマホ「ZTE Tempo Go」などを発表しています。

発売時期はBlade V9がスペインやドイツ、ロシア、メキシコ、中国で2018年3月より発売され、その他の国・地域でも順次投入される予定で、Tempo Goはすでにアメリカなどで出荷開始しており、日本での販売についてはどの機種については明らかにされていませんが、Bladeシリーズについては前機種「Blade V8」などが発売されていることもあり、投入される可能性はありそうです。

なお、価格はBlade V9が3GB内蔵メモリー(RAM)&32GB内蔵ストレージのモデルで264ユーロ(約35,000円)、4GB RAM&64GBストレージモデルで299ユーロ(約39,000円)など、Tempo Goが79.99ドル(約8,500円)となっています。

続きを読む

2画面を活かした専用のゲームもあるよ!NTTドコモとZTEが送る2画面折りたたみ型のスマホ「M Z-01K」のプリインストールアプリを紹介【レビュー】


他のドコモスマホとはかなり違う!?2画面スマホ「M Z-01K」のプリインストールアプリや内蔵機能を解説

NTTドコモから2月9日に発売された約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)液晶を2つ持つ“デュアルディスプレイ”搭載の折りたたみ型Androidスマートフォン(スマホ)「M Z-01K」(ZTE製)。

本体を開くと5.2インチディスプレイが2枚表示される2画面スマホで、本体を広げて本のように見開き表示することで約6.8インチ相当の大画面として使ったり、別々にアプリを起動するなどの使い方ができるようになっています。

現行モデルでは比較する対象が見当たらず、他にこの同様のスタイルを持つ機種が存在しないという個性派な製品となっています。そんな日本では約5年ぶりの2画面スマホということで筆者もさっそく購入し、前回は開封して外観や同梱品を紹介しました。

そこで今回は第2回目のレビューとして2画面を使うために他のスマホにはない機能が多く搭載されているM Z-01Kのプリインストールアプリや内蔵機能を紹介していこうと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。