S-MAX

ZTE

使ってみたらとっても便利!SIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 MAX」の注目機能「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」を試してみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
新SIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 MAX」の注目機能DSDSはこんなに便利だった!!

ZTEジャパンから9月22日に発売されたSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「BLADE V7 MAX」(ZTE製)。メタルボディーや約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)液晶、3GB内蔵メモリー(RAM)などのミドルハイレンジクラスのスペックながらメーカー小売価格が34,800円(税別)とコストパフォーマンスの良い機種となっています。

これまでそんなBLADE V7 MAXのプリインストールアプリの紹介ベンチマークアプリによる性能テストの検証を行ってきましたが、今回は本機の大きな特長でもある「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」機能を実際に試してみましたので使い方からどういったことができるのかまで紹介していきたいと思います。


続きを読む

デュアルSIMデュアルスタンバイや指紋センサーに対応したSIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 MAX」の性能をベンチマークでチェック!艦これは快適にできる?【レビュー】

6c3fcff1.jpg
発売されたばかりのSIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 MAX」のマシンパワーはいかに?

ZTEジャパンより9月22日から発売された新しいSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「BLADE V7 MAX」(ZTE製)。

メーカー希望小売価格は税別34,800円、税込37,570円ですが、9月30日まではヨドバシカメラにてY!mobileのSIMカードとセットなら19,800円(税込)で販売されています。

格安SIMとしてやや高めの価格設定ではあるものの、動画の視聴やゲームプレイには嬉しい大き目の画面と「デュアルSIMデュアルスタンバイ(DSDS)」に対応しているなどの特長を備えたミドルハイレンジクラスとなっています。

そんなBLADE V7 MAXについてレビューを行っていますが、前回のプリインストールアプリなどの紹介に引き続き、今回はベンチマークアプリを使って性能を調べてみましたので紹介します。

続きを読む

SIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 MAX」の内蔵アプリや基本機能を紹介!メタルボディーや指紋認証、デュアルSIMデュアルスタンバイなどの高コスパモデル【レビュー】

6c3fcff1.jpg
コスパ良好のミドルハイスマホ「ZTE BLADE V7 MAX」が新登場!まずは機能やアプリをチェック

ZTEジャパンから9月22日に発売された新しいSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「BLADE V7 MAX」(ZTE製)。価格はオープンながらメーカー希望小売価格で34,800円(価格)と格安スマホとして売れ筋の2〜3万円台の中ではやや高めのミドルハイモデルです。

しかしながら、3GB RAMと余裕のある動作メモリーやレスポンスのよい指紋センサー、そして、まだ少ない国内での「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」に対応するなど、その価格でも十分にコストパフォーマンスの高い製品となっています。

今回実際にBLADE V7 MAXを試す機会があったので、数回に分けて実機のレビューをお送りします。まずは基本的な内蔵アプリや機能などをチェックしたいと思います。なお、外観などはすでに発表会の展示機にて紹介していますのでそちらをチェックしてみてください。

続きを読む

3万4800円で指紋センサーやメタルボディー、デュアルSIM待受を可能としたSIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 Max」を写真と動画でチェック【レポート】

ポケモンGOもバッチリのSIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 MAX」を紹介!

既報通り、ZTEジャパンは9日、都内で発表会を開催して新しいSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「BLADE V7 MAX」(ZTE製)を2016年9月22日(木)に発売すると発表した。

特長は日本でもデュアルSIMが4G(LTE)と3G(W-CDMA)の同時待受可能な「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」に対応しているほか、側面に搭載した指紋センサーによって0.3秒で素早く画面ロック解除できるとのこと。

また、薄型メタルボディー、約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)液晶や3GB内蔵メモリー(RAM)などのミドルハイレンジクラスのスペックながら価格を34,800円(税別)としている。今回は、発表会の展示会場にて実際にBLADE V7 MAXを手に取れたので写真と動画で紹介していく。

続きを読む

ZTEジャパン、新しいSIMフリースマホ「BLADE V7 MAX」を9月22日に発売!5.5インチフルHDや3GB RAM、指紋センサーやDSDS、USB Type-Cなどで3万4800円に


SIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 MAX」が9月25日に発売!

ZTEジャパンは9日、都内で発表会を開催して新しいSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「BLADE V7 MAX」(ZTE製)を2016年9月22日(木)に発売すると発表しています。

特長は日本でもデュアルSIMが同時待受できる4G(LTE)と3G(W-CDMA)の「デュアルSIM・デュアルスタンバイ(DSDS)」に対応しているほか、側面に搭載した指紋センサーによって0.3秒で素早く画面ロック解除できるとのこと。

また、約5.5インチフルHD(1080×1920ドット)液晶や3GB内蔵メモリー(RAM)などのミドルレンジからミドルハイレンジクラスのスペックをドイツ・ミュンヘンにある開発拠点でデザインされた美しい外観に詰め込んでいます。

価格はオープンながらメーカー希望小売価格が34,800円。すでに本日9月9日12時よりヨドバシカメラおよびビックカメラ、コジマ、上新電機、ソフマップ、ZOA、ひかりTVショッピング、ムラウチドットコム、イートレンド、NTT-X Store、CaravanYUの取扱店にて先行予約受付を開始したということです。

続きを読む

ZTE、2.5Dガラス+メタルボディーデザインの5.2インチスマホ「AXON 7 mini」を発表!指紋センサーやUSB Type-Cを搭載――日本でも発売予定


ZTEが新スマホ「AXION 7 mini」を発表!日本でも発売に

ZTEは1日(現地時間)、ドイツ・ベルリンにて2016年9月2日(金)から9月7日(水)まで開催される世界最大級の家電見本市「IFA 2016」に合わせてプレスカンファレンスを開催し、新しい約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載したAndroidスマートフォン(スマホ)「AXON 7 mini」を発表しています。

同社の最新フラッグシップスマホ「AXON 7」の小型版で、同じように端が湾曲した2.5D強化ガラスとアルミフルユニボディーで丸みのある持ちやすいデザインを採用し、背面には指紋センサーを搭載して生体認証に対応。

販売国・地域はロシアおよびドイツ、スペイン、ポーランド、オーストラリア、インド、サウジアラビア、アメリカに加えて日本が明記されており、2016年9月7日(水)より順次発売されるということです。価格は発表会が開催されたドイツなどの欧州では299ユーロ(約34,600円)。

続きを読む

NTTドコモ向けと見られるZTE製スマホ「MO-01J」がBluetooth認証を通過!独自ブランドのマルチメディア特化製品か


NTTドコモ向けZTE製「MO-01J」がBluetooth.org通過!写真はイベント時のZTEブース

Bluetooth認証機関のBluetooth SIGは25日(現地時間)、同社の公式Webサイト「Bluetooth Qualification Program」( http://bluetooth.org )にてNTTドコモ向けと見られる未発表のZTE製スマートフォン(スマホ)「MO-01J」を認証したとしています。

すでに他の認証機関などから今年9月以降のNTTドコモの製品型番は現在の末尾「H」の次の「I」ではなく、富士通製「F-02J」などのように「J」になることが明らかになっています。

さらに公開された情報ではソフトウェアバージョンが「DCM_JP_AnakinV0.0.1B08」となっており、MO-01JがNTTドコモ向けであることが予想されます。

なお、スマートフォンとは明記されていませんが、タッチスクリーンであり、2Gおよび3G、4Gに対応した携帯電話であると記載されていることから恐らくスマホに類する製品となり、型番や説明文からマルチメディアに注力または特化した製品になるのではないかと思われます。

続きを読む

オンリーワンの性能から常識を超えた圧倒的コスパまで!楽天モバイル向けスマホ「HUAWEI P9」や「HUAWEI P9 lite」、「ZTE BLADE E01」をまとめて紹介【レポート】

p9-001
今、中国系メーカー製スマホが凄い!楽天モバイル向け3製品を紹介

既報通り楽天モバイルは28日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )における「2016夏 新サービス・新商品発表会」を都内にて開催しました。

発表会では「コミコミプラン」や楽天スーパーポイントによる通信料金の支払い対応といった楽天モバイルの新サービスとともに、国内外の通信端末メーカーによる新製品も発表されました。本記事では発表会にて2016年夏モデルとして展示されていたHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)やZTEといった中国系メーカーのスマホについてまとめてご紹介したいと思います。

なお、同時に発表された富士通製スマホ「arrows M03」やシャープ製スマホ「AQUOS mini SH-M03」についてのレポートはそれぞれのリンク先にて紹介した記事をご覧ください。

続きを読む

2万1800円で質感高いメタルボディー!コスパの良い指紋認証対応なSIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 Lite」を写真と動画で紹介【レポート】

低価格でもメタルボディーを!SIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 Lite」を写真・動画レポート

既報通り、ZTEジャパンは15日、都内にて「ZTE 2016夏 新製品発表会」を開催し、日本国内にてSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「ZTE BLADE V7 Lite」および「ZTE BLADE E01」を2016年7月中旬に発売すると発表した。

BLADE V7 Liteの価格はオープンながら市場予想価格で21,800円(税別)。すでに事前予約受付が開始されており、家電量販店およびSIMフリー製品取扱店などで購入可能だ。

その特長は約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶を搭載した質感の高いメタルボディーを採用し、低価格ながら指紋センサーやリア・フロントカメラともに800万画素を搭載するなどミドルクラスのコストパフォーマンスの高い製品になっている。

今回は発表された2機種のうちのBLADE V7 Liteについて、発表会終了後に展示会場にて試作機を試すことができたので、その模様を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

楽天モバイルにて低価格1万2800円のSIMフリースマホ「ZTE BLADE E01」が6月29日より出荷予定!6月28日より予約受付開始で、先着100人にガラス保護フィルムをプレゼントも


楽天モバイルが低価格なSIMフリースマホ「ZTE BLADE E01」を発売!

楽天は15日、同日にZTEジャパンが日本で発売することを発表した約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶搭載のSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZTE BLADE E01」を取り扱うことを発表しています。

価格はZTEジャパンの単体販売による市場予想価格14,800円(税別)より安く、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」(http://mobile.rakuten.co.jp )のSIMカードとセットで12,800円(税別)。税込では一括払いなら13,824円、分割なら576円/月×24回。

オンライン予約受付を2016年6月28日(火)に開始予定で、出荷開始と他社から乗り換え(MNP)、店頭での受付開始を2016年6月29日(水)を予定。単体販売の発売時期は7月中旬を予定しているため、若干早くなります。

また合わせて、楽天モバイルではBLADE E01を購入した先着100人にキャンペーンとしてレイ・アウト製ガラスコートフィルムをプレゼントするとのこと。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。