S-MAX

ZTE

オンリーワンの性能から常識を超えた圧倒的コスパまで!楽天モバイル向けスマホ「HUAWEI P9」や「HUAWEI P9 lite」、「ZTE BLADE E01」をまとめて紹介【レポート】

p9-001
今、中国系メーカー製スマホが凄い!楽天モバイル向け3製品を紹介

既報通り楽天モバイルは28日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )における「2016夏 新サービス・新商品発表会」を都内にて開催しました。

発表会では「コミコミプラン」や楽天スーパーポイントによる通信料金の支払い対応といった楽天モバイルの新サービスとともに、国内外の通信端末メーカーによる新製品も発表されました。本記事では発表会にて2016年夏モデルとして展示されていたHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)やZTEといった中国系メーカーのスマホについてまとめてご紹介したいと思います。

なお、同時に発表された富士通製スマホ「arrows M03」やシャープ製スマホ「AQUOS mini SH-M03」についてのレポートはそれぞれのリンク先にて紹介した記事をご覧ください。

続きを読む

2万1800円で質感高いメタルボディー!コスパの良い指紋認証対応なSIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 Lite」を写真と動画で紹介【レポート】

低価格でもメタルボディーを!SIMフリースマホ「ZTE BLADE V7 Lite」を写真・動画レポート

既報通り、ZTEジャパンは15日、都内にて「ZTE 2016夏 新製品発表会」を開催し、日本国内にてSIMフリーのAndroidスマートフォン(スマホ)「ZTE BLADE V7 Lite」および「ZTE BLADE E01」を2016年7月中旬に発売すると発表した。

BLADE V7 Liteの価格はオープンながら市場予想価格で21,800円(税別)。すでに事前予約受付が開始されており、家電量販店およびSIMフリー製品取扱店などで購入可能だ。

その特長は約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶を搭載した質感の高いメタルボディーを採用し、低価格ながら指紋センサーやリア・フロントカメラともに800万画素を搭載するなどミドルクラスのコストパフォーマンスの高い製品になっている。

今回は発表された2機種のうちのBLADE V7 Liteについて、発表会終了後に展示会場にて試作機を試すことができたので、その模様を写真と動画で紹介していく。

続きを読む

楽天モバイルにて低価格1万2800円のSIMフリースマホ「ZTE BLADE E01」が6月29日より出荷予定!6月28日より予約受付開始で、先着100人にガラス保護フィルムをプレゼントも


楽天モバイルが低価格なSIMフリースマホ「ZTE BLADE E01」を発売!

楽天は15日、同日にZTEジャパンが日本で発売することを発表した約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶搭載のSIMフリースマートフォン(スマホ)「ZTE BLADE E01」を取り扱うことを発表しています。

価格はZTEジャパンの単体販売による市場予想価格14,800円(税別)より安く、同社がNTTドコモから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」(http://mobile.rakuten.co.jp )のSIMカードとセットで12,800円(税別)。税込では一括払いなら13,824円、分割なら576円/月×24回。

オンライン予約受付を2016年6月28日(火)に開始予定で、出荷開始と他社から乗り換え(MNP)、店頭での受付開始を2016年6月29日(水)を予定。単体販売の発売時期は7月中旬を予定しているため、若干早くなります。

また合わせて、楽天モバイルではBLADE E01を購入した先着100人にキャンペーンとしてレイ・アウト製ガラスコートフィルムをプレゼントするとのこと。

続きを読む

ZTEジャパン、低価格なSIMフリー5インチスマホ2機種を7月中旬に発売!2万1800円で指紋センサー搭載メタルボディーの「BLADE V7 Lite」と1万4800円の「BLADE E01」


ZTEジャパンが安価なSIMフリースマホ「BLADE V7 Lite」と「BLADE E01」を7月中旬に発売!

ZTEジャパンは15日、都内にて「ZTE 2016夏 新製品発表会」を開催し、日本国内にてSIMフリーなAndroidスマートフォン(スマホ)「ZTE BLADE V7 Lite」および「ZTE BLADE E01」(ともにZTE製)の2機種を2016年7月中旬に発売すると発表しています。

ともに約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶を搭載し、BLADE V7 Liteが指紋センサー搭載ミドルレンジ、BLADE E01がローエンドモデルで、価格を重視したコストパフォーマンスの高い製品となっています。

価格(税別)はオープンながら市場予想価格としてBLADE V7 Liteが21,800円、BLADE E01が14,800円。家電量販店およびSIMフリー製品取扱店、仮想移動体通信事業者(MVNO)を通じて販売されるとのことで、すでに楽天モバイルではBLADE E01を先行して2016年6月29日(水)から出荷開始することを発表しています。

また発売に先立って2016年6月15日(水)13時よりヨドバシカメラやビックカメラ、ムラウチドットコム、ひかりTVショッピング、ZOA、ソフマップ、上新電機、コジマ、CaravanYU、NTT-X Store、イートレンドにて先行予約受付を開始しています。

続きを読む

MWC 2016:ZTE、最新スマホ「Blade V7」や「Blade V7 Lite」、8.4インチと大型化したプロジェクター搭載スマートデバイス「Spro Plus」を展示【レポート】


MWC 2016にて新スマホ「Blade V7」や「Blade V7 Lite」などが展示!

既報通り、ZTEがスペイン・バルセロナにて2016年2月22日(月)から25日(木)に開催された「Mobile World Congress 2016(MWC 2016)」に合わせて最新スマートフォン(スマホ)「Blade V7」および「Blade V7 Lite」、プロジェクター内蔵スマートデバイス「Spro Plus」を発表しました。

そこで今回は少し遅くなりましたが、MWC 2016でのZTEブースにて実際にBlade V7やBlade V7 Lite、Spro Plusの実機を試した模様を写真を交えて紹介したいと思います。

続きを読む

ZTE、新フラッグシップスマホ「AXON 7」を発表!感圧操作対応2K有機ELディスプレイやSnapdragon 820、6GB RAM、128GBストレージなどのハイスペックモデルーー日本でも発売へ


ZTEが新フラッグシップスマホ「AXON 7」を発表!

ZTEは26日(現地時間)、中国・北京で発表会を開催し、新しいフラッグシップとして約5.5インチWQHD(1440×2560ドット)Super AMOLED(有機EL)ディスプレイを搭載したAndroid 6.0(開発コード名:Marshmallow)スマートフォン(スマホ)「AXON 7」を発表しています。

かなり高性能で最上位モデルの頂配版は6GB LPDDR4 RAM(内蔵メモリー)や128GB UFS 2.0(内蔵ストレージ)に加え、感圧操作にも対応しています。高配版が4GB RAMおよび128GB UFS 2.0、標配版が4GB RAMおよび64GB UFS 2.0で、価格が中国では頂配版が4,099元(約69,000円)、高配版が3,299元(約55,000円)、標配版が2,899元(約49,000円)。

まずは中国の3つの携帯電話事業者向けに販売され、高配版と標配版は5月26日から販売され、頂配版は6月2日から予約受付を開始し、その後、アメリカなどの北米で展開予定。また、日本での販売については明らかにされていませんが、発表会にて日本での発売が説明されたということです。

続きを読む

ZTEジャパン、SIMフリーのモバイルWi-Fiルーター「ZTE MF920S」を発表!5月27日発売で、事前予約受付開始ーー106gの軽量コンパクトモデルで、1万2800円の低価格に


SIMフリーモバイルWi-Fiルーター「ZTE MF920S」が日本で発売!

ZTEジャパンは13日、SIMフリーの4G LTE方式対応モバイルWi-Fiルーター「MF920S」(ZTE製)を発表しています。連続通信時間約14時間を実現しながら約106gの軽量・コンパクトな本体サイズかつ低価格で購入できるバリューモデル。

発売日は2016年5月27日(金)で、本日5月13日(金)より先行予約受付を開始しています。価格はオープンながら市場想定価格は12,800円(税別)。

続きを読む

プロジェクター内蔵のSoftBank向け多機能Androidデバイス「モバイルシアター 502ZT」のSIMロックを解除して他社のSIMカードを試してみた【レビュー】

6c3fcff1.jpg
プロジェクター搭載の超個性派Androidをソフトバンク以外でも!

SoftBank向けに2015年11月から販売されているプロジェクター搭載という国内向けとしては非常に珍しい特長を持つZTE製Androidデバイス「モバイルシアター 502ZT」(ベースモデルは「Spro2」)。

Softbankを含む各携帯電話会社では2015年5月以降に発売した機種については基本的にSIMロック解除に対応させており、モバイルシアター 502ZTも正式にロック解除対象機種になっています。

そのため、モバイルシアター 502ZTも購入後半年経てば、他のスマートフォン(スマホ)やタブレットと同様にソフトバンクショップ店頭への持ち込みやサポートWebサイト「My SoftBank」でのSIMロック解除を行うことができます。

今回は、そんなモバイルシアター 502ZTのSIMロック解除をさっそく行ってみましたので、合わせてSoftBank以外のSIMカードを試してみました。それらの模様を紹介します。

続きを読む

指紋や眼、声の3つの生体認証に対応!5.2インチのSIMフリースマホ「ZTE AXON mini」を購入――開封して外観を紹介【レビュー】


SIMフリースマホ「ZTE AXON mini」を購入したのでレビュー!

ZTEジャパンから昨年12月25日に発売された約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)AMOLEDスーパーディスプレイを搭載したSIMフリースマートフォン(スマホ)「AXON mini」。

Snapdragon 615や3GB内蔵メモリー(RAM)などを搭載するミドルハイレンジクラスであることに加え、指紋や声紋、眼といった3つの生体認証に対応しているなかなか魅力的なスペックの製品です。

そんなAXON miniが4月8日より値下げされ、従来はメーカー希望小売価格は39,800円(税別)でしたが、34,800円(税別)になり、実売ではAmazon.co.jpでは31,820円(税込)とかなりお買い得になってきていることもあり、今回、購入したので外観や同梱品などを写真を交えて紹介していきたいと思います。

続きを読む

ZTEジャパン、SIMフリースマホ「AXON mini」や「Blade V580」など3機種のタッチ&トライイベントをヨドバシAkibaで4月16・17日に実施!SIM同時購入で「Blade V6」が100円などの特典も


ZTEのSIMフリースマホがヨドバシAkibaでタッチ&トライ!セール販売や来場者プレゼントも

ZTEジャパンは15日、すでに販売中のSIMフリースマートフォン(スマホ)「AXON mini」や「Blade V6」、「Blade V580」(ともにZTE製)の3機種を実際に手にとって試せるタッチ&トライイベントを東京・秋葉原にあるヨドバシAkibaで2016年4月16日(土)および17日(日)の2日間限定で実施するとお知らせしています。

イベント開催時間は10〜20時で、ヨドバシAkibaの第1エントランス前スペース( http://www.yodobashi-akiba.com/information/access_map.html )で行われます。また、イベント特典としてY!mobileのSIMカードとセットで購入するとBlade V6が100円、Blade V580が9,800円(すべて税別)になるほか、その他のSIMカードとセット購入でも台数限定ながらお得意購入できるということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。