S-MAX

ZTE

2画面を活かした専用のゲームもあるよ!NTTドコモとZTEが送る2画面折りたたみ型のスマホ「M Z-01K」のプリインストールアプリを紹介【レビュー】


他のドコモスマホとはかなり違う!?2画面スマホ「M Z-01K」のプリインストールアプリや内蔵機能を解説

NTTドコモから2月9日に発売された約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)液晶を2つ持つ“デュアルディスプレイ”搭載の折りたたみ型Androidスマートフォン(スマホ)「M Z-01K」(ZTE製)。

本体を開くと5.2インチディスプレイが2枚表示される2画面スマホで、本体を広げて本のように見開き表示することで約6.8インチ相当の大画面として使ったり、別々にアプリを起動するなどの使い方ができるようになっています。

現行モデルでは比較する対象が見当たらず、他にこの同様のスタイルを持つ機種が存在しないという個性派な製品となっています。そんな日本では約5年ぶりの2画面スマホということで筆者もさっそく購入し、前回は開封して外観や同梱品を紹介しました。

そこで今回は第2回目のレビューとして2画面を使うために他のスマホにはない機能が多く搭載されているM Z-01Kのプリインストールアプリや内蔵機能を紹介していこうと思います。

続きを読む

2画面スマホが帰ってきた!NTTドコモ×ZTEのデュアルディスプレイ搭載折りたたみ型スマホ「M Z-01K」を購入したので気になる同梱品や外観などをじっくり紹介【レビュー】


あれから約5年待っていた!NTTドコモとZTEが送る超個性派スマホ「M Z-01K」をレポート

既報通り、NTTドコモが2月9日に約5.2インチの画面を2つ搭載した折りたたみ型Androidスマートフォン(スマホ)「M Z-01K」(ZTE製)を発売しました。このM Z-01Kは過去にNTTドコモ向けに発売された2画面スマホ「MEDIAS W N-05E」のコンセプトを引き継ぎ、NTTドコモが企画してZTEと共同開発した製品となっています。

また日本国外でもZTEの「Axon M」としてアメリカや中国などの一部地域では販売が開始されていおり、珍しいスタイルの製品ということで良い意味でも悪い意味でも“変態端末”ということで注目を浴びています。

もちろん、個性派端末が大好きな筆者もMEDIAS W N-05Eから約5年ぶりの実質的な後継機種の登場ということで、さっそく購入しました。そこで、今回から数回に分けてレビューをお届けしていこうと思いますが、まずは初回となる本記事にて開封レポートと特徴的な外観を写真を交えて紹介していきます。

続きを読む

ZTEが5G対応スマホ「ZTE 1.2Gbps Phone」や次期ミッドレンジスマホ「Blade V9」を2月25日に発表へ!MWC 2018に合わせてスペイン・バルセロナでプレスイベントを開催


ZTEがMWC 2018に合わせて2月25日に新製品発表会を開催!

ZTEがスペイン・バルセロナにて2018年2月26日(月)から3月1日(木)まで開催される「Mobile World Congress 2018(以下、MWC 2018)」に合わせて現地時間(CET)の2018年2月25日(日)16時からプレスイベントを開催するとお知らせしています。

日本時間(JST)では2月26日0時からで、場所はCúpula de Las Arenasとのこと。ZTEでは特設Webサイト( http://mwc2018en.zte.net/ )を開設しており、新たにミッドレンジスマホ「Blade V9」を正式発表するほか、5G対応スマホ「ZTE 1.2Gbps Phone」を披露すると見られます。

プレスイベントのテーマは「Live Without LImits」とされており、Blade V9は既存の「Blade V8」を継承した高いコストパフォーマンスで流行りの縦長画面による“ほぼ全画面デザイン”を採用したモデル

その他、ZTEはMWC 2018において5Gやすでに発売している2画面スマートフォン(スマホ)「Axon M」(日本ではNTTドコモから「M Z-01K」として展開)などを展示するほか、5G Sumitt 2018やGSMA Conference Speechにも登場し、さらにChina MobileやChina Unicom、Qualcomm、Intelなどとともにデモも行うとしています。

続きを読む

NTTドコモ、2画面スマホ「M Z-01K」を2月9日に発売!公式オンラインショップでは2月7日10時購入手続き開始で、価格は本体代9万2664円の実質2万6568円から


docomoの2画面スマホ「M Z-01K」が2月9日発売!

NTTドコモは5日、昨年10月に発表した「2017-2018年冬春モデル」のうちの約5.2インチフルHD(1080×1920ドット)TFT液晶デュアルディスプレイを搭載した折りたたみ型スマートフォン(スマホ)「M Z-01K」(ZTE製)を2018年2月9日(金)に発売すると発表しています。

すでに1月12日よりドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付を実施しており、価格(税込)は本体代が92,664円(分割3,861円/月×24回)で、ドコモオンラインショップでは2月7日(水)午前10時以降に購入手続きが開始されます。

また価格も紹介しているようにドコモオンラインショップでは、新規契約および機種変更なら月々サポートが-2,079円/月×24回の実質42,768円(分割1,782円/月×24回)、他社から乗り換え(MNP)なら月々サポートが-2,754円/×24回の実質26,568円(分割1,107円/月×24回)となっています。

その他、発売を記念して「M Z-01K購入キャンペーン」を実施しており、M Z-01Kを2018年3月31日(土)までに購入して2018年4月30日(月)までに専用キャンペーンサイト「docomo M Z-01K 購入キャンペーン」にて応募すると、抽選で合計1250人にdポイントがプレゼントされます。

なお、このキャンペーンでは発売日前日の2月8日(木)までに予約すると当選倍率が2倍となるとのこと(ドコモオンラインショップでは購入手続き開始前日の2月6日(水)まで)。プレゼントは1等(10,000ポイント)が50人、2等(5,000ポイント)が200人、3等(1,000ポイント)が1000人となっています。

続きを読む

KDDI、au向けキッズケータイ「mamorino4 ZTF32」を2月2日より順次発売!価格は本体代1万6200円で、専用料金プラン「ジュニアケータイプラン」も提供


au向けキッズケータイ「mamorino4」が2月2日より順次発売!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は29日、携帯電話サービス「au(エーユー)」向け「2018年春モデル」のうちの防水・防塵・耐衝撃に対応したタッチ操作のキッズケータイ「mamorino4(型番:ZTF32)」(ZTE製)を2018年2月2日(金)より順次発売すると発表しています。

mamorino4はau向けキッズケータイ「mamorino」シリーズとしてはスマートウォッチを除くと実に5年ぶりで、新たにタッチパネル操作や音声操作、au VoLTEなどに対応した製品で、本体カラーのカラープリンセスパープルおよびスポーティーブルーは2月2日発売、残りのサニーイエローは2月9日(金)発売となっています。

価格は本体代が16,200円(税込)で毎月割などの割引施策はなく、分割払いには対応するとのこと。またmamorino4向け料金プラン「ジュニアケータイプラン」も発売と同時に提供され、月額500円(税別)で家族宛通話や家族宛SMS送信、国内SMS受信が無料となります。なお、家族宛以外は通話は一律20円/30秒(税別)、SMS送信は3円/通(税別)。

さらにmamorino4の発売を記念して、2018年2月23日(金)から25日(日)に開催される「HAPPY MAMA FESTA2018」と、2018年3月28日(水)から29日(木)に開催される「かぞくみらいフェス2018」にブース出展し、体感イベントを実施。このうちのHAPPY MAMA FESTA 2018では当日購入も可能だということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。