S-MAX

arrowsM02

MVNOによる携帯電話サービス「LINEモバイル」にてSIMフリースマホ「ZenFone Go」や「arrows M02」、「arrows M03」が5千円引きとなるキャンペーン「冬の感謝割」を実施中


LINEモバイルにてarrows M03などが5千円引きになる「冬の感謝割」が開催中!

LINEモバイルは12日、同社がNTTドコモから回線を借り入れて提供している携帯電話サービス「LINE MOBILE」( https://mobile.line.me )において人気のSIMフリースマートフォン(スマホ)3機種を5千円割引するキャンペーン「冬の感謝割」を実施するとお知らせしています。

期間は2016年12月12日(月)10時から2017年1月10日(火)まで。対象機種は「ZenFone Go」および「arrows M02」、「arrows M03」。価格(税別)は、ZenFone Goが通常19,800円が14,800円、arrows M02が通常29,800円が24,800円、arrows M03が通常32,800円が27,800円となっています。

続きを読む

NTTドコモ、電子マネーサービス「iD」を4月12日から他社にも一部開放!SIMフリーやMVNOでも利用できるように――ただし、auやSoftBankの機種では引き続き利用不可


電子マネー「iD」が4月12日からNTTドコモ以外でも一部利用可能に!

NTTドコモは5日、電子マネーサービス「iD」のスマートフォン(スマホ)向けアプリを2016年4月12日(火)午前10時以降にアップデートするとお知らせしています。

今回のアップデートによって無線LAN(Wi-Fi)接続でもiDアプリの設定が可能になり、SIMフリースマホおよび仮想移動体通信事業者(MVNO)でも利用できるようになります。

ただし、auやSoftBank、Y!mobileのおサイフケータイ対応機種では同社広報部に確認したところ引き続き利用できないとのこと。また、ネット決済を利用する時にspモード接続が必要となる場合にはMVNOでは利用できないとしています。

続きを読む

【年末企画】MVNOとSIMフリースマホ大躍進の裏で、故障などの「異常系」対応への課題を実体験した2015年(アプリ開発エンジニア・えど編)

2015年はSIMフリースマホを修理に出す年でした(極論)

今年も早いもので残り10日ほどとなりました。2015年は大手3社の携帯電話事業者が提供する端末やサービスの費用高騰を背景に、一般に「格安スマホ」と呼ばれることの多いMVNO(仮想移動体通信事業者)とSIMフリーのスマートフォン(スマホ)への注目がかつてなく高まった1年といえます。これらのサービスも機種も選択肢が2015年になって増え、マニアではない「普通の人」が選択肢に入れられるようになってきているように思います。

しかし、全国津々浦々に店舗を構え利用者のサポートを行う携帯電話事業者と比較すると、MVNOやSIMフリー機種は故障などのトラブルが起こった時のサポートがどうしても手薄になってしまいます。実際筆者はこの1年間でSIMフリー機種のトラブルを複数回経験しました。

そこで、今回は当ブログメディア「S-MAX(エスマックス)」恒例の「年末企画」として、拡大を続けるMVNO・SIMフリー機種とともに、筆者に発生したトラブルを振り返ってみたいと思います。

続きを読む

SIMフリースマホ「Xperia J1 Compact」や「arrows M02」、「AQUOS SH-M02」とその派生モデルで「モバイルSuica」が利用可能に!JR東日本が対応アプリを配信開始


国内3メーカーのSIMフリースマホがモバイルSuicaに対応!写真はAQUOS SH-RM02とエヴァスマホ

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は14日、すでに案内していたプリペイド式の電子マネー兼電子切符サービス「Suica」を携帯電話などでおサイフケータイとして利用できる「モバイルSuica」をSIMフリーの国内3メーカーのAndroidスマートフォン(スマホ)で対応したとお知らせしています。

同日、Android向け「モバイルSuica」アプリの最新バージョン5.3.5.0を配信開始し、対象機種でアップデートすることで利用できるようになります。同社では2015年12月中旬以降に対応するとしていました。

対応するのはソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia J1 Compact(型番:D5788)」およびシャープ製「AQUOS SH-M02」(楽天モバイル向け「AQUOS SH-RM02」やエヴァンゲリオンスマートフォン「SH-M02-EVA20」を含む)、富士通製「arrows M02」(楽天モバイル向け「arrows RM02」を含む)の3機種6モデル。

続きを読む

JR東日本、国内3メーカーのSIMフリースマホで「モバイルSuica」を12月中旬以降に利用可能へ!10周年記念でキャンペーンも実施


モバイルSuicaがソニーやシャープ、富士通のSIMフリースマホでも利用可能に!

東日本旅客鉄道(以下、JR東日本)は2日、プリペイド式の電子マネー兼電子切符サービス「Suica」を携帯電話などでおサイフケータイとして利用できる「モバイルSuica」をSIMフリーの国内3メーカーのスマートフォン(スマホ)で2015年12月中旬以降に対応するとお知らせしています。

対応するのはソニーモバイルコミュニケーションズ製「Xperia J1 Compact(型番:D5788)」およびシャープ製「AQUOS SH-M02」(楽天モバイル向け「AQUOS SH-RM02」やエヴァンゲリオンスマートフォン「SH-M02-EVA20」を含む)、富士通製「arrows M02」(楽天モバイル向け「arrows RM02」を含む)の3機種6モデル。

また、2016年1月に10周年を迎えることを記念して2016年1月28日(木)からモバイルSuicaを利用すると1口5,000円として抽選1110人にSuicaポイント(1,000または10,000円相当)もしくはSuica限定グッズをプレゼントするなどのキャンペーンも実施されます。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。