S-MAX

iPhoneSE2

秋吉 健のArcaic Singularity:スマホを買わないたった1つ……ではない複雑な理由。端末販売不振にあえぐ通信各社について考える【コラム】


スマホが売れなくなった理由について考えてみた!

先週、NTTドコモとKDDI、ソフトバンクの大手移動体通信事業者(MNO)の2020年4~6月期決算発表が行われました。新型コロナウイルス感染症問題(コロナ禍)の影響が暗く影を落とす厳しい数字が並びましたが、その中でも各社の通信端末の売上および販売台数の陰りの大きさが目を引きました。

例えばKDDIの2020年4~6月期端末販売台数は150万台で、前年同期比では45万台の減少です。これほど大幅な販売台数の減少は筆者としても記憶になく、コロナ禍による営業自粛や消費者心理の冷え込みの厳しさをひしひしと感じます。

一方、先週はもう1つ通信業界で大きなニュースがありました。それはGoogleの新型スマートフォン(スマホ)「Pixel 4a」の発表です。日本でも8月20日からの販売を予定しており、価格はGoogleストアで42,900円(税込)。メインストリームを狙った廉価端末にあたる製品ですが、その性能と価格のバランスの良さから大きな注目を集めています。

コロナ禍によるスマホ販売の低迷と廉価端末。この時流にはどのような関連性があるのでしょうか。感性の原点からテクノロジーの特異点を俯瞰する連載コラム「Arcaic Singularity」。今回はスマホが売れなくなった背景や人々が廉価端末を求める理由などを考察します。

続きを読む

携帯電話サービス「mineo」にて人気スマホ「iPhone SE(第2世代)」の日本国内SIMフリー版が8月7日に販売開始!価格は5万1480円から


mineoにてiPhone SE(第2世代)の日本国内SIMフリー版未使用品が取扱開始!

オプテージは6日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo」( https://mineo.jp )において人気スマートフォン(スマホ)「iPhone SE(第2世代)(モデル番号:A2296)」の日本向けSIMフリー版未使用品を2020年8月7日(金)から販売すると発表しています。

同社が今回販売する未使用品は本体や付属品ともに通常使用されておらず、メーカーによる保証が付かないという点を除いて新品同様となるとのこと。またメーカーの有償保証「AppleCare+」にも入れませんが、独自の「mineo端末安心保証 for iPhone」が提供されています。

価格はiPhone SE(第2世代)の64GBが税抜46,800円(税込51,480円)、128GBが税抜51,840円(税込57,024円)、256GBが税抜62,880円(税込69,168円)となっており、分割払い(24回)も利用できます。なお、Apple直販では64GBが税抜44,800円、128GBが49,800円、256GBが60,800円なので若干安くなっています。

続きを読む

ドコモオンラインショップ限定 端末購入割引が一部機種で7月31日に終了!5Gスマホが5500円OFF、iPhone SE(第2世代)などが3300円OFF


ドコモオンラインショップ限定 端末購入割引が一部機種で7月31日に終了!

NTTドコモは27日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」において実施している「オンラインショップ限定 端末購入割引」の一部機種への割引を2020年7月31日(金)までで終了するとお知らせしています。

7月20日より「Xperia 1 II SO-51A」および「Galaxy S20+ 5G SC-52A」、「Galaxy S20 5G SC-51A」、「LG V60 ThinQ 5G L-51A」、「AQUOS R5G SH-51A」、「iPhone SE(第2世代)」、「Xperia 10 II SO-41A」が対象に追加されていますが、これらの割引が終了になるとのこと。

オンラインショップ限定 端末購入割引の契約種別と割引額は5G対応スマートフォン(スマホ)では契約変更(Xi→5G)で5,500円OFF、iPhone SE(第2世代)およびXperia 10 II SO-41Aでは機種変更(Xi→Xi)にて3,300円OFFとなっています。なお、5G対応スマホを割り引く「5G WELCOME割」は継続されます。

続きを読む

ドコモオンラインショップにてiPhone SE(第2世代)やXperia 10 IIが機種変更で3300円OFF、5Gスマホが契約変更で5500円OFFに


docomoが「オンラインショップ限定 端末購入割引」の対象機種を追加!

NTTドコモは13日、公式Webストア「ドコモオンラインショップ」にて2020年7月20日(月)より「オンラインショップ限定 端末購入割引」の対象機種を追加するとお知らせしています。

新たに「Xperia 1 II SO-51A」および「Galaxy S20+ 5G SC-52A」、「Galaxy S20 5G SC-51A」、「LG V60 ThinQ 5G L-51A」、「AQUOS R5G SH-51A」の5G対応スマートフォン(スマホ)を契約変更(Xi→5G)で5,500円割引するとのこと。

これにより、これらの機種では「5G WELCOME割」を合わせて11,000円割引となります。また「iPhone SE(第2世代)」(64GB・128GB・256GB)および「Xperia 10 II SO-41A」についても機種変更(Xi→Xi)にて3,300円割引となるということです。

続きを読む

Appleの新スマホ「iPhone SE(第2世代)」が分解!3GB RAMやIntel製通信チップなど新旧部品の混合に。NTTドコモやau、SoftBankでも発売に


アップルの新スマホ「iPhone SE(第2世代)」は新旧製品の組み合わせで低コスト化を実現!

既報通り、日本でもAppleから4月24日に発売された最新スマートフォン(スマホ)「iPhone SE(第2世代)」。新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大の影響もあってようやく本日5月11日にNTTドコモやau、SoftBankからも発売されます。

そんなiPhone SE(第2世代)について発売直後の恒例とも言えるiFixitなどの修理業者や調査会社によって分解が行われており、分解したことによる部品によってAppleが公開していない製品の詳細な仕様が判明しています。

発売時から本体価格が税込49,280円(Apple直販のSIMフリー版の場合)からと「iPhone」シリーズとしてはかなり低価格に設定されたiPhone SE(第2世代)はどういった部品で構成されているのでしょうか?本記事ではざっくりと主な仕様とともに紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。