S-MAX

iPodtouch

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11.2.6」を提供開始!特定文字列を使うとアプリがクラッシュする問題や一部アプリが周辺機器に接続できない問題などの不具合を修正


AppleがiPhoneなど向けiOS 11.2.6をリリース!

Appleは19日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 11.2.6」を提供開始したとお知らせしています。

変更点は直前に話題となっていた特定の文字列を利用するとアプリがクラッシュする問題(CVE-2018-4124)や一部の他社製アプリが外部アクセサリーに接続できない問題などの不具合修正などが行われています。

なお、手元のiPhone Xなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け次期プラットフォーム「iOS 11.3」を今春リリースと発表!バッテリー劣化時におけるパフォーマンス低下機能のオフ、ARやアニ文字の強化など


アップルがiPhoneやiPadなど向け「iOS 11.3」を今春配信へ!

Appleは24日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の次期マイナーバージョン「iOS 11.3」を今春に提供すると発表しています。合わせてiOS 11.3の開発者向けベータ版をリリースし、一般向けベータ版も間もなくリリースするとしています。

またiOS 11.3の“プレビュー”として新たに追加される新機能を案内しており、新しいAR機能やアニ文字の追加、ヘルスケアアプリ内での健康の記録などが挙げられています。さらに問題となっているiPhoneの旧機種でのバッテリー劣化時の性能低下に対して電池状態確認機能や性能低下を利用者の判断でオフにできる機能が追加されるということです。

続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11.2.5」を提供開始!HomePod対応やSiriのニュース読み上げのほか、リンクを開くだけで固まる脆弱性「chaiOS」などの不具合修正など


AppleがiPhoneなど向けiOS 11.2.5をリリース!

Appleは23日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 11.2.5」を提供開始したとお知らせしています。

変更点はスマートスピーカー「HomePod」への対応や音声サポート機能「Siri」によるニュース読み上げ機能の追加のほか、以前に紹介した特定の巨大な文字列を含むリンクを開くだけでフリーズなどを引き起こす脆弱性「chaiOS」やCPUの脆弱性「Meltdown」などの多数の不具合修正などが行われています。

なお、手元のiPhone Xなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む

iPhoneをフリーズさせたりする不具合「chaiOS」が発見される!特定の大量の文字列を含んだリンクをSafariで開いたり、メッセージをプレビューすると……


特定のリンクを含んだメッセージを受け取るだけでiPhoneが暴走するバグ「chaiOS」が見つかる!

ソフトウェア開発者のAbraham Masri氏は17日(現地時間)、iPhoneなどのiOS搭載製品にて特定の文字列を含むURLのリンクをWebブラウザーアプリ「Safari」で開こうとしたり、そのURLを含むメッセージをメッセージアプリで受信すると、フリーズするなどの不具合「chaiOS」を報告しています。

この不具合は最新バージョンのiOS 11.2.2だけでなく、開発者向けベータ版が提供されているiOS 11.2.5でも起こるものの、海外メディアのThe Vergeによると、Appleでは来週中に修正パッチを適用したiOS 11.2.5の開発者向けベータ版をリリース予定だとのこと。

chaiOSではフリーズするだけでなく、設定がリフレッシュされる「リスプリング(Restart SpringBoard)」したり、メッセージアプリがクラッシュしたり、動作が遅くなるなどの症状が発生するということで注意が必要だとしています。

続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 11.2.2」を提供開始!CPUの脆弱性「Spectre」の影響を軽減するためのSafariやWebkitへのセキュリティー強化など


AppleがiPhoneなど向けiOS 11.2.2をリリース!

Appleは8日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 11.2.2」を提供開始したとお知らせしています。

変更点は主に広範囲なCPUに影響のある脆弱性「Spectre(CVE-2017-5753およびCVE-2017-57115」の影響を軽減するためのSafariやWebkitへのセキュリティー強化などとなっています。

なお、手元のiPhone Xなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。