アップルがスマホなど向け次期プラットフォーム「iOS 18」を発表!

Appleは10日(現地時間)、アメリカ・カルフォルニア州クパチーノにある同社本社およびオンラインにて開発者向けイベント「WWDC 2024(Worldwide Developers Conference 2024)」の基調講演を開催しました。なお、WWDC 2024は現地時間(PDT)の2024年6月10日(月)から6月14日(金)まで実施され、すべてのコンテンツをオンラインで視聴可能となっています。

同社はその中でスマートフォン(スマホ)「iPhone」シリーズ向けのプラットフォーム「iOS」の次期バージョン「iOS 18」を発表し、Apple Developer Programを通じて開発者向けベータ版が同日から提供開始され、Apple Beta Software Programを通じて一般向けベータ版が7月から、正式版は今秋に提供予定であることを明らかにしました。

iOS 18はまったく新しいカスタマイズオプションや写真のかつてないほどの大幅な再設計、メールの受信ボックスの新しい管理方法、衛星通信経由のメッセージ、つながりを保つためのパワフルなアップデート、そしてパーソナルインテリジェンスシステムである「Apple Intelligence」を導入などの多くを備えたメジャーリリースとなっています。

アップデート対象機種はiOS 17と同様で、iPhone XSシリーズやiPhone XR以降やiPhone SE(第2世代)以降の合計24機種にて無料でOSバージョンアップが可能となっています。iPhone 8やiPhone 8 Plus、iPhone Xは対象外となりました。なお、Apple IntelligenceはiPhone 15 ProおよびiPhone 15 Pro Max、M1以降を搭載したiPadとMacでSiriと製品の言語を英語(米国)に設定している場合に今秋よりベータ版として利用できるようになるとしています。

02

iOS 18は現在のiPhone向け最新プラットフォームである「iOS 17」の次のOSバージョンで、プレゼンテーションにはAppleにてSoftware Engineeringを担当するSenior Vice PresidentのCraig Federighi氏などが登壇して説明しました。なお、アップデート対象製品は以下の通りで、新機能の詳細は公式Webページ( https://www.apple.com/ios/ios-18-preview/ )により詳しく掲載されています。

・iPhone 15
・iPhone 15 Plus
・iPhone 15 Pro
・iPhone 15 Pro Max
・iPhone 14
・iPhone 14 Plus
・iPhone 14 Pro
・iPhone 14 Pro Max
・iPhone 13
・iPhone 13 mini
・iPhone 13 Pro
・iPhone 13 Pro Max
・iPhone 12
・iPhone 12 mini
・iPhone 12 Pro
・iPhone 12 Pro Max
・iPhone 11
・iPhone 11 Pro
・iPhone 11 Pro Max
・iPhone XS
・iPhone XS Max
・iPhone XR
・iPhone SE(第2世代)
・iPhone SE(第3世代)

03

iOS 18はホーム画面上の任意の空きスペースにアプリやウィジェットを配置したり、ロック画面の下部にあるボタンをカスタマイズしたり、コントロールセンターでより多くのコントロールにすばやくアクセスしたりできるようになりるほか、写真では写真ライブラリが自動的に新しい1つのビューに整理されて便利な新しいコレクションによってお気に入りにアクセスしやすくなります。

またメールは製品上のAIを使ってカテゴリーごとに分類することで受信ボックスをシンプルにし、iMessageにはまったく新しいテキストエフェクトが登場し、さらに既存のiPhoneの衛星通信機能と同じ画期的なテクノロジーによって携帯電話回線や無線LAN(Wi-Fi)のネットワーク接続を利用できない場合でもメッセージアプリで衛星通信経由でコミュニケーションをとれるようになるとのこと。

その他にも生成モデルのパワーと個人的な背景を組み合わせて驚くほど有用で関連性のあるインテリジェンスを提供するパーソナルインテリジェンスシステムであるApple Intelligenceを導入し、プライバシーをはじめから考慮して構築されており、iOS 18だけでなくiPadOS 18やmacOS Sequoiaと緊密に統合され、Apple Siliconのパワーを活用して言語や画像を理解して生成したり、複数のアプリにわたってアクションを実行したり、個人的な背景にもとづいて、日々のタスクをシンプルにしてよりすばやくこなせるようにします。

<新しいレベルのカスタマイズと性能>
iPhoneユーザーは、新しい方法でホーム画面、ロック画面、コントロールセンターをカスタマイズできます。ユーザーは、ホーム画面の任意の空きスペースにアプリやウィジェットを配置できるので、アクセスしやすようにDockのすぐ上に配置したり、壁紙を最適なフレーミングにしたりすることができます。アプリアイコンとウィジェットは、ダークや色合いのエフェクトで新しい外観にすることができ、ユーザーはそれらをより大きく表示させて自分に最適な体験を作り出すことができます。

コントロールセンターは再設計され、ユーザーが毎日行うたくさんのことにさらにアクセスしやすくなり、新しいレベルのカスタマイズと柔軟性が導入されます。この再設計により、メディアの再生、ホームのコントロール、接続機能など、ユーザーが最もよく使うコントロールの新しいグループにすばやくアクセスでき、スワイプで簡単にグループを切り替えることもできます。ユーザーは、対応している他社製アプリのコントロールをコントロールセンターに追加できるようになるので、車のロックのすばやい解除や、ソーシャルメディア用のコンテンツの即座な撮影などを、すべて1つの場所で操作できます。新しいcontrols galleryには利用可能なすべてのオプションが表示され、理想的なサイズに調整したり、まったく新しいグループを作成したりなど、コントロールのレイアウト方法をユーザーがカスタマイズできます。

今回初めて、ユーザーがロック画面の下部にあるコントロールを切り替えられるようになり、controls galleryで利用可能なオプションから選んだり、コントロールを完全に削除したりできるようになっています。iPhone 15 ProとiPhone 15 Pro Maxで利用可能なアクションボタンを使うと、ギャラリーで利用可能なコントロールをすばやく起動できます。

<写真に、1つに統合されたビュー、新しいコレクション、カスタマイズ機能が登場>
写真のかつてないほどの大幅な再設計により、ユーザーは特別な瞬間を簡単に見つけて追体験することができます。シンプルになった1つのビューにおなじみのグリッドが表示され、新しいコレクションにより、ユーザーはコンテンツをアルバムに整理しなくても、テーマごとにブラウズすることができます。さらに、簡単にお気に入りにアクセスできるようにコレクションをピンで固定できます。新しいカルーセル表示は、毎日アップデートされ、お気に入りの人物やペット、場所などを取り上げるハイライトが表示されます。アプリ全体でコンテンツが自動再生されるため、ライブラリが生き生きとし、ブラウズしながら過去の瞬間を楽しむことができます。ユーザーの写真ライブラリは一人ひとり異なるため、ユーザーはコレクションを整理したりピンで固定して頻繁にアクセスできるようにしたり、自分にとって最も大切な写真がカルーセル表示に含まれるようにアプリをカスタマイズすることができます。

<メッセージでつながりを保つためのパワフルな方法>
iMessageに、任意の文字、単語、フレーズ、絵文字が、ダイナミックなアニメーションで見た目を強調させて会話を生き生きと表示する、まったく新しいテキストエフェクトが導入されます。ユーザーは、太字、下線、斜体、取り消し線などの書式を追加することによって、より良い方法でトーンを表現できます。Tapbackが拡張されて好きな絵文字やステッカーを含められるようになり、作成したメッセージをあとで送信するようにスケジュールすることができます。

Apple製デバイスを持っていない連絡先とメッセージをやり取りする場合、メッセージアプリがRCSをサポートするようになり、SMSやMMSよりもリッチなメディアを使用して、より信頼性の高いグループメッセージングが可能になります。

iOS 18では、携帯電話通信やWi-Fi接続が利用できない場合のために、衛星通信経由のメッセージが導入されます。既存のiPhoneの衛星通信機能と同じ画期的なテクノロジーにより、衛星通信経由のメッセージでは、メッセージアプリから直接、最寄りの衛星に接続してiMessageやSMSでテキスト、絵文字、Tapbackを送受信するよう、自動的に案内が表示されます3。Dynamic Islandで、ユーザーは衛星に接続されているタイミングを常に知ることができます。iMessageはユーザーのプライバシーを守るように作られているので、衛星通信経由で送信されるiMessageはエンドツーエンドで暗号化されます。

<メールの機能強化>
年内に、メールに受信ボックスを管理して常に最新の情報を把握するための新しい方法が導入されます。デバイス上の分類機能により受信したEメールの整理と分類が行われ、個人的なEメールや時間的制約のあるEメールは「重要」に、確認や領収書は「取引」に、ニュースやソーシャルメディアの通知は「アップデート」に、マーケティングのEメールやクーポンは「プロモーション」に振り分けられます。メールには、1つの企業からの関連するEメールをすべてまとめた新しいダイジェスト表示も登場し、ユーザーはその瞬間に重要なことをすばやく把握できます。

<Safariの大幅アップデート>
世界最速のブラウザである4Safariでは、ハイライトと再設計されたリーダーの体験により、ウェブ上で情報をさらに簡単に見つける方法が提供されます。Safariは機械学習を使って、ウェブページの重要な情報を浮かび上がらせることができます。例えば、ユーザーは、記事の要旨を把握するために要約を確認する、レストランやホテル、ランドマークの場所をすばやく確認する、曲やアルバムに関する記事から直接アーティストの曲を聴くといったことができます。リーダーの再設計により、気が散る要因が取り除かれ、要約や長めの記事の目次が導入されたことで、記事を楽しむ方法がさらに増えています。

<パスワードアプリの導入>
新しいパスワードアプリは、25年以上前に初めて導入されたキーチェーンを基盤に、ユーザーが自分のパスワード、パスキー、Wi-Fiパスワード、確認コードに簡単にアクセスできるようにします。このアプリには、容易に推測できるパスワードや複数回使用されたパスワード、既知のデータ漏洩に含まれているパスワードなど、一般的な脆弱性に関してユーザーに警告する機能もあります。

<ユーザーを強化するためにデザインされた新しいプライバシー機能>
iOS 18は、自分のアプリを見ることができる人、連絡先の共有方法、自分のiPhoneがアクセサリに接続する方法を管理するためのツールにより、さらに多くのコントロールをユーザーにもたらします。

ロックされたアプリと非表示のアプリにより、ユーザーは、アプリの通知やコンテンツなどのプライバシーを守りたい情報が不用意に他者の目に触れることがなくなり、安心を得られます。ユーザーはアプリをロックできるようになり、さらにプライバシーを守るためにアプリを非表示にして、ロックされた非表示アプリのフォルダに移動することができます。アプリをロックまたは非表示にすると、そのアプリ内のメッセージやEメールなどのコンテンツは、検索、通知、およびシステム全体のその他の場所に表示されなくなります。

iOS 18では、特定の連絡先のみをアプリと共有するよう選べるようにすることで、ユーザーがコントロールできるようになっています。さらに、デベロッパには他社製アクセサリをiPhoneにシームレスに接続する方法が提供され、この方法では、ユーザーのネットワーク上にあるその他のすべてのデバイスがアプリに認識されることがなく、ユーザーのデバイスのプライバシーが守られ、ペアリングがシームレスになります。

<iPhoneの体験を変えるApple Intelligence>
iOS 18に緊密に統合され、プライバシーをはじめから考慮して構築されているApple Intelligenceは、ユーザーが書くことを強化したり、もっと効率的にコミュニケーションをとるための新しい方法を可能にします。iOS 18に組み込まれた、システム全体で使えるまったく新しい記述ツールにより、ユーザーは、メール、メモ、Pages、他社製アプリなど、ほとんどすべての書く場面で、「書き直し」「校正」「要約」を使うことができます。

新しい画像機能により、コミュニケーションや自己表現がもっと楽しくなります。Image Playgroundにより、ユーザーは、アニメーション、イラスト、スケッチの3つのスタイルから選んで、数秒で楽しい画像を作成できます。Image Playgroundは使いやすく、メッセージなどのアプリに直接組み込まれており、専用アプリでも利用できます。

写真のメモリーでは、ユーザーは説明を入力するだけで、見たいストーリーを作成できます。Apple Intelligenceは、説明にもとづいて最高の写真とビデオを選び、写真から特定されたテーマにもとづいてチャプターに分かれたストーリーラインを作成し、独自の流れのある物語のムービーに仕上げます。さらに、新しいクリーンアップツールは、被写体を誤って改変することなく、写真の背景にある不要な対象物を特定して削除できます。

Apple IntelligenceのパワーによってSiriが大幅に前進し、これまで以上に自然で、状況に即した、パーソナルなものになります。ユーザーはSiriにタイプ入力することができ、その時々に合う方法でテキストと声を切り替えてSiriとやり取りできます。

Private Cloud Computeにより、AppleはAIにおけるプライバシーの新しい基準を打ち立てます。デバイス上の処理から、専用のAppleシリコン搭載のサーバ上で実行する、より大規模なサーバベースのモデルまで、演算能力を柔軟に拡張できるようになります。リクエストがPrivate Cloud Computeにルーティングされる場合には、データは保存されずAppleがアクセスできるようになることもなく、データはユーザーのリクエストに応えるためにのみ使われ、独立した専門家がこのプライバシーが守られているかを検証することができます。

さらに、Siriや、Appleのプラットフォーム全体にわたってシステム全体に組み込まれた記述ツールにはChatGPTへのアクセスが統合されているため、ユーザーはツール間を行ったり来たりしなくても、ChatGPTの専門知識や画像と文書を理解する機能にアクセスできます。

<iOS 18のその他の機能>
・Appleマップでは、米国内の国立公園の何千ものハイキングコースをブラウズして、自分だけのウォーキングコースを簡単に作成でき、オフラインでもそれらのコースにアクセスできます。マップのユーザーは、お気に入りの国立公園のハイキングコースやオリジナルのウォーキングコース、場所をまったく新しいPlaces Libraryに保存して、各スポットに関するパーソナルなメモを追加することもできます。

・ゲームモードは、特に長時間のプレイセッション中、さらに一貫したフレームレートでゲームの体験を向上させ、AirPodsやゲームコントローラなどのワイヤレスアクセサリの反応を驚くほど向上させます。

・Apple Payでは、対象のクレジットカードやデビットカードからポイントを使ったり分割払いにアクセスしたりできるなど、新しい支払い方法を利用できるようになります。Tap to Cashを使うと、ユーザーは2台のiPhoneを近づけるだけでApple Cashの送信や受領ができます。Appleウォレットのチケットはファンにより豊かな体験をもたらし、スタジアムの情報や、おすすめのApple Musicプレイリストなど、重要なイベント情報に指先でアクセスできます。

・SharePlayとApple Musicにより、HomePod、Apple TV、あらゆるBluetooth対応スピーカーで再生中の音楽のコントロールをさらに多くのユーザーが共有でき、一緒に聴くのがもっと楽しく、魅力的な体験になります。

・「Siriに対する操作」によってAirPodsの体験がさらにパーソナルで、プライベートで、便利になり、AirPods Pro(第2世代)のユーザーは「はい」なら首を縦に、「いいえ」なら首を横に優しく振るだけでSiriの読み上げに応答することができます。より明瞭な通話品質を実現するため、AirPods Proに「声を分離」が導入され、騒々しい場所や風が強い場所でも話し手の声が確実に聞こえます。また、AirPodsのアップデートによってAppleがこれまでモバイルゲームで提供してきた中で最高のワイヤレス音声のレイテンシを体験できるようになり、さらに臨場感あふれるゲームプレイのためのパーソナライズされた空間オーディオが加わります。

・メモアプリでは、計算メモにより、タイピング中に入力した式や方程式が瞬時に計算されます。新しい折りたためるセクションとハイライトにより、重要なことを簡単に強調できます。

・ジャーナルでは、まったく新しい詳細情報ビューでジャーナル記録の目標を追跡できるようになり、エントリーを検索して分類する機能により、過去の思い出を簡単に楽しめるようになります。ジャーナル記録に費やした時間はヘルスケアアプリのマインドフル時間として保存でき、ユーザーはジャーナルですぐに自分の心の状態を記録できます。ユーザーがホーム画面やロック画面からすばやくエントリーを書き始められるようにジャーナルウィジェットが利用できるようになり、オーディオ録音は自動的に書き起こしされ、ユーザーはジャーナルエントリーを書き出したりプリントしたりできます。

・カレンダーにイベントとリマインダーのタスクが表示されるようになり、さらに便利になっています。ユーザーはカレンダーから直接リマインダーを作成、編集、完了でき、アップデートされた「月」の表示ではイベントやタスクの概要を一目で確認できます。

・ヘルスケアアプリではメディカルIDが再設計されて、緊急時に初期対応者が最も重要な情報を見つけるのがさらに簡単になります。ヘルスケアアプリは、体と心の健康状態の変化に合わせて調整や提案を行うことによって、ユーザーが妊娠中に自分のデータをより理解できるようサポートします。
緊急SOSライブビデオにより、ユーザーはストリーミングビデオや記録されたメディアを通じて状況を共有できます。緊急電話中に、対応している緊急サービスの通信司令係は、カメラロール内のライブビデオやメディアを安全な接続を使って共有するようユーザーにリクエストを送信でき、より簡単で迅速に救助を得られるようになります。

・ホームアプリにゲストアクセスが導入され、特定のスマートホームアクセサリのコントロールをゲストに付与する、ゲストが家にアクセスできるタイミングをスケジュールするなど、ユーザーが様々なことを簡単に行えます。手間なく家に入れる体験を実現するため、ホームキーによるハンズフリーの解錠は超広帯域テクノロジーを活用し、ユーザーは、玄関から1.8メートルのところまで来るとすぐに、対応する玄関の鍵を開けることができます。「エネルギー」カテゴリの便利なアップデートにより、ホームアプリでは、対象となるユーザーが自宅の電力使用にアクセスし、理解し、より情報にもとづいて意思決定することが簡単になります。

・アクセシビリティのアップデートには、視線だけでiPhoneを操作できる内蔵オプションの視線トラッキング、聴覚に障がいのあるユーザーがiPhoneのTaptic Engineを使って音楽を体験する新しい方法であるミュージックの触覚、ユーザーがカスタマイズした音を出すことでタスクを実行できるようにするボーカルショートカットが含まれます。

更新中



記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
iOS 18 関連記事一覧 - S-MAX
iOS 18 makes iPhone more personal, capable, and intelligent than ever - Apple
iOS 18でiPhoneがかつてないほどパーソナルで、有能で、賢く - Apple (日本)
iOS 18プレビュー - Apple(日本)
WWDC24 - Apple Developer
Apple Events - Apple