S-MAX

未発表

ソニーの次期スタンダードスマホ「Xperia 10 IV」と見られる「XQ-CC54」がベンチマーク結果に登場!Snapdragon 695 5Gを搭載


次期スタンダードスマホ「Xperia 10 IV」と見られる製品がベンチマークに登場!写真はXperia 10 III

既報通り、ソニーが展開する「Xperia」ブランドの公式YouTubeチャンネル( https://www.youtube.com/sonyxperia )にて日本時間(JST)の2022年5月11日(水)16:00より「Xperia新商品発表会」を行うと案内しています。合わせて公開されたティザー動画ではフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1」シリーズの次期モデルを発表することが予告されています。

Xperia 1シリーズの次期モデルはこれまで通りですと、現行モデル「Xperia 1 III」の次となるので「Xperia 1 IV」(仮称)となりますが、Xperiaブランドでは3年ごとに製品名がモデルチェンジされているため、Xperia 1 IVではないという噂もあり、その場合には「Xperia α1」や「Xperia 1Z」などが思い浮かびます。

一方、新たにベンチマークアプリ「Geekbench」の測定結果にソニー製のミッドレンジスマホ「XQ-CC54」が掲載され、Motherboardが「holi」かつCPUが2.21GHz×2+1.80GHz×6のオクタコアとなっているため、Qualcomm製チップセット(SoC)「Snapdragon 695 5G Mobile Platform」(以下、Snapdragon 695 5G)を搭載していると見られます。

発表会ではXperia 1シリーズ以外にもスタンダードスマホ「Xperia 10」シリーズの次期モデル「Xperia 10 IV」(仮称)の発表も期待されており、Snapdragon 695 5Gを搭載しているのであれば、XQ-CC54がXperia 10 IVとなりそうです。なお、XQ-CC54は末尾が4なのでeSIM対応となり、その前が「5」なので欧州など向け、また内蔵メモリー(RAM)は6GBとなっています。

続きを読む

5Gスマホと見られるシャオミの未発表製品「22031119KR」が技適を取得!じっくり開発された日本独自モデルか?


シャオミの未発表な日本向け5G対応製品「22031119KR」が技適通過!

総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにXiaomi Communications(以下、シャオミ)が未発表製品「22031119KR」(認証番号:020-210148)の工事設計認証(いわゆる「技適」)を2021年9月16日付けでタコヤキを通じて取得していることが公開されています。

22031119KRはグローバル向けにも未発表の製品で、詳細は不明ですが、5Gに対応しており、これまでの同社の日本向け製品からすると、恐らくスマートフォン(スマホ)なのではないかと予想されます。また工事設計認証の取得時期がかなり前なものの、メーカー型番となる22031119KRはおおよその投入時期を示しており、昨年9月時点で2022年3月以降に投入を計画していたことになります。

そのため、現段階では開発が中止されたのではなく、日本市場に向けてかなりカスタマイズされた製品をじっくりと開発しているのだと考えられ、現状ではメーカー型番で取得しているため、オープン市場向けメーカー版(SIMフリーモデル)として販売されると推測されますが、過去には「Mi 10 Lite 5G」がメーカー型番で取得後にau向け型番で再取得しており、必ずしもオープン市場向けになるとも言い切れません。

一方で、最近では同社を含めて移動体通信事業者(MNO)向けに開発されていても「Redmi Note 10T」などのように販売されることも多くなっているため、どういった販路で販売されるかも現時点で予想することは難しくなっています。すでに紹介しているように「Redmi Note 11 Pro 5G」も発売するようですし、今年もシャオミが日本でも多くのラインナップを展開しそうです。

続きを読む

シャオミがSnapdragon 695搭載スマホ「Redmi Note 11 Pro 5G」を日本で発売へ!Band 42に対応した2201116SRが各種認証取得



Xiaomi(シャオミ)がグローバル向けに今年2月に発表した最新ミッドレンジスマートフォン(スマホ)「Redmi Note 11 Pro 5G」(Xiaomi Communications製)を日本市場へ投入する準備をしており、日本向け製品と見られるメーカー型番「2201116SR」が各種認証を取得しています。

2201116SRは米連邦通信委員会(FCC)にて2022年1月6日付(FCC ID「2AFZZ16PG」)、Bluetooth SIGにて2022年1月28日付(Declaration ID:D057992)で通過しており、グローバル向けRedmi Note 11 Pro 5Gと判明している「2201116SG」や「2201116PG」と同一製品であることが示されています。

特にFCCではリファレンスデバイスの2201116SGとハードウェア的には同一となっており、変更点として2201116SGから5G NR方式のn66と4G LTE方式のBand 32および66を削除し、4G LTE方式のBand 42を追加したとされています。Band 42は日本で利用されている周波数帯のため、日本向けに調整していることがわかります。

またシャオミでは末尾が「R」とするメーカー型番は日本向けに何らかの調整やカスタマイズを行った製品として投入しており、2201116SRはメーカー型番であるため、現時点ではオープン市場向けメーカー版(SIMフリーモデル)として販売されると見られ、楽天モバイルが取り扱うという噂も出ています。

続きを読む

Googleの次期廉価スマホ「Pixel 6a」と見られる「GX7AS」および「GB17L」、「GB62Z」、「G1AZG」が各種認証を通過


次期廉価スマホ「Google Pixel 6a」が各種認証を取得!正式発表も近いか。画像はPixel 6・6 Pro

米連邦通信委員会(FCC)は11日(現地時間)、Googleの未発表な5Gに対応したスマートフォン(スマホ)「GX7AS」および「GB17L」、「GB62Z」、「G1AZG」が2022年2月23日(水)付けで認証を取得していることを公開しています。

FCC IDはGX7ASおよびGB17Lが「A4RGX7AS」、GB62Zが「A4RGB62Z」、G1AZGが「A4RG1AZG」。ともにBluetooth 5.2やWi-Fi 6E(ax準拠のHE160)、NFC、4G LTEや5G NRで認証を取得しており、GB62Zについては5Gのミリ波にも対応しています。

またこのうちのGX7ASはインドのBIS(Bureau of Indian Standards)やカナダのREL(Radio Equipment List)の認証も取得しており、製品名が「Pixel 6a」であることが記載されています。なお、これらの4つの型番についてはBluetooth認証も既存の「Pixel 6」や「Pixel 6 Pro」と同じモジュールとして追加で取得しています。

続きを読む

Unihertzがチラ見せした次期スマホはQWERTYキーボード搭載ストレート型「Titan Slim」に!技適を取得して日本でも発売へ


次期スマホ「Unihertz Titan Slim」が技適を取得!QWERTYキーボード搭載機が登場へ

既報通り、Unihertz(ユニハーツ)は8日(現地時間)、同社の公式YouTubeチャンネル「Unihertz Official」にて「What's the next? Stay Tuned!」( https://youtu.be/38TYztL8ik8 )というタイトルのティザームービーを公開し、次期スマートフォン(スマホ)の投入を示唆しています。

次期スマホはムービーにてQWERTYキーボードを搭載しているように見えるため、同社が展開しているQWERTYキーボード搭載のストレート型スマートフォン(スマホ)「Unihertz Titan」シリーズの次期モデルかと思われており、これまでの初代「Unihertz Titan」や「Unihertz Pocket」よりもスッキリしたデザインとなりそうです。

一方、総務省が「技術基準適合証明等を受けた機器の検索」のデータベースを更新し、新たにUnihertzが未発表スマホ「Titan Slim」(認証番号:210-181232)の相互承認(MRA)による工事設計認証(いわゆる「技適」)を2022年3月21日付けMiCOM Labs通じて取得していることが明らかとなりました。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。