S-MAX

登山

富士山頂や登山道、山小屋における携帯電話サービスのエリア対策が実施!2022年はNTTドコモやKDDI、ソフトバンクに加えて楽天モバイルも


今年は楽天モバイルを含めてNTTドコモやKDDI、ソフトバンクの4社が富士山頂などで5Gなどを提供!

移動体通信事業者(MNO)のNTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクでは毎年、富士山の2022年7月上旬から2022年9月上旬までの山開き期間中に携帯電話利用者がより安心して快適に登山を楽しめるように各社の通信サービスおよび無線LAN(Wi-Fi)スポットの提供によって富士山頂や登山道、山小屋のエリア対策を実施しています。

NTTドコモは富士山における通信のさらなる快適さを提供するため、富士山の山開き期間中となる2022年7月上旬から2022年9月上旬まで富士山頂の剣が峰付近において5Gおよび4G、3Gの携帯電話サービスを、山小屋において4Gおよび3Gの携帯電話サービスおよびd Wi-Fiのスポットを提供します。

また尾瀬国立公園において山小屋のエリア化を2022年6月30日(木)から順次拡大し、2022年9月までに昨年度までに実施済みの5つと合わせて27の山小屋で4Gおよび3Gの携帯電話通信サービスが利用できるようになるとのこと。その他、常念岳や御嶽山をはじめとして全国各地の山岳エリアでも登山シーズンに合わせて季節限定の基地局の設置を実施しています。

またKDDIは開山期間に快適な通信環境の提供による安心・安全な富士登山のサポートのために提供している登山口および登山道の4G LTEの提供に加え、富士山頂における5Gおよび4G LTEのエリア化を2022年7月上旬から2021年8月下旬まで実施するとのこと。

さらにKDDI傘下のワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)は2016年から富士山の開山期間中に提供している無料のWi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」を2022年7月から9月上旬まで富士山の山小屋を含む46カ所で提供します。

ソフトバンクでも登山期間中の2022年7月上旬から8月下旬までの富士山頂に基地局を設置するなど、富士登山で快適な携帯電話サービスを利用できるようにエリア対策を毎年実施しており、今年も富士山頂や山小屋などに「SoftBank 5G」および「SoftBank 4G LTE」などの通信設備を設置して高速データ通信サービスを提供しています。

加えて今年は新たに楽天モバイルがMNOとして初めて富士山頂において2022年8月中旬よりGおよび5Gの携帯電話サービスを提供開始しています。さらに同社では世界遺産である日本最高峰の富士山を登山する人に快適な通信環境を届けるために来年2023年の山開き期間までを目標とし、2021年夏より富士山のエリア化に向けて取り組みを開始していたとのことです。

これにより、2022年8月中旬までに楽天モバイルは山頂および登山道の一部にて基地局を開設して電波発射を開始し、その後の電波測定でエリア化を確認しているとし、富士山剣ヶ峰付近で5Gを、また山頂を一周することのできるお鉢巡りでは4Gを利用できるほか、山頂に加えて3つの登山道(富士宮ルート、須走ルート、御殿場ルート)にて4Gの提供エリア化に成功したということです。

続きを読む

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクが山開きに合わせて富士山頂や登山道、山小屋のエリア対策を実施!今年は各社山頂の一部で5Gを提供


2年ぶりの富士登山!今年は各社ともに山頂一部で5Gを提供

NTTドコモおよびKDDI、ソフトバンクでは毎年、富士山の2021年7月上旬から2021年9月上旬までの山開き期間中に携帯電話利用者がより安心して快適に登山を楽しめるように各社の通信サービスおよび無線LAN(Wi-Fi)スポットの提供によって富士山頂や登山道、山小屋のエリア対策を実施しています。

NTTドコモは14日、同社では富士山における通信のさらなる快適さを提供するため、2021年は富士山頂の一部、剣が峰付近において5G通信サービス「瞬速5G」を2021年7月13日(火)より新たに提供開始したと発表しています。

またKDDIは開山期間に快適な通信環境の提供による安心・安全な富士登山のサポートのために提供している登山口および登山道の4G LTEの提供に加え、富士山頂における5Gおよび4G LTEのエリア化を2021年7月上旬から2021年8月下旬まで実施するとのこと。

さらにKDDI傘下のワイヤ・アンド・ワイヤレス(以下、Wi2)は2016年から富士山の開山期間中に提供している無料のWi-Fiサービス「富士山 Wi-Fi」を2021年7月から2021年9月上旬まで富士山の山小屋を含む47カ所で提供します。

ソフトバンクでも登山期間中の7月上旬から富士山頂や山小屋などに「SoftBank 4G LTE」などの通信設備を設置して高速データ通信サービスを提供するほか、今年はより高速で大容量の通信を楽めるように富士山頂の一部エリアで「SoftBank 5G」を提供するとしています。

続きを読む

NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの携帯電話3社が富士山山頂などを山開き期間中にLTEエリア化に!今年は各社ともに下り最大100Mbps以上に高速化


富士山頂のLTEエリア化を実施!画像はGoogle Earthで見た富士山

今年も富士山の山開きが2014年7月1日(火)に開始された。これにより、昨年に引き続き、携帯電話大手3社が御来光写真の送信やSNSの利用など、スマートフォンや携帯電話の利用が多く見込まれる富士山の開山時期に合わせ、富士山頂における通信エリアの拡充を行う。

まず、NTTドコモは富士山頂および山小屋において7月10日(木)から9月上旬まで下り最大75MbpsのLTE(Xi)エリア化を行う。ただし、登山口や登山道は順次下り最大150Mbpsに高速化する予定だとのことだ。

また、KDDIは富士山頂のLTE(au 4G LTE)エリア化を行い、対策期間は7月4日(金)から9月上旬までで、7月中旬からは受信最大150Mbpsの高速通信を山頂で利用できる予定。

今年は、山小屋や休憩所などの建物内についても、オーナーの協力のもと、中継装置を設置して、エリア品質の拡充を行うとのこと。なお、登山口・登山道については、1年を通じて4G LTE通信の利用が可能。

さらに、ソフトバンクモバイルも富士山頂および山小屋において7月10日(木)から8月下旬まで下り最大112.5MbpsのLTE(SoftBank 4G LTE)エリア化を行う。ただし、利用開始日および終了日は前後する場合があると案内している。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。