S-MAX

A103OP

カメラ機能を前機種とガチ比較!5Gスタンダードスマホ「OPPO Reno7 A」は「OPPO Reno5 A」から進化した?退化した?【レビュー】


最新機種「OPPO Reno7 A」と前機種「OPPO Reno5 A」のカメラ機能を徹底比較!

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は、5G通信に対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno7 A(オッポ リノセブン エー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を2022年6月23日(木)から販売している。

OPPO Reno7 Aはオープン市場向けメーカー版(SIMフリーモデル)「OPPO Reno7 A(型番:CPH2353)」をはじめ、移動体通信事業者(MNO)向けのキャリア版としてKDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」と「UQ mobile」版の「OPPO Reno7 A(型番:OPG04)」、ソフトバンクの携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」版の「OPPO Reno7 A(型番:A201OP)」を提供している。

OPPO Reno7 A CPH2353は、希望小売価格(金額はすべて税込)が44,800円。公式Webストア「OPPO公式オンラインショップ」や「OPPO公式楽天市場店」、「OPPO公式PayPayモール店」のほか、Amazon.co.jpやECカレント、ひかりTVショッピングといったECサイト、エディオンやケーズデンキ、コジマ、上新電機、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラといった量販店、さらには仮想移動体通信事業者(MVNO)の「IIJmio」や「AEON MOBILE」、「QT mobile」、「goo Simseller」(OCN モバイル ONE)、「NUROモバイル」、「BIGLOBEモバイル」、「FiiMo」、「mineo」、「LinksMate」、MNOの楽天モバイルで取り扱われる。

au版やUQ mobile版、Y!mobile版も販売中で、詳細な価格や販路などについてはこちらの記事を参照して欲しい。

今回はそんなOPPO Reno7 Aと、前機種「OPPO Reno5 A(オッポ リノファイブ エー)」のカメラ機能について、実際に撮影した両機種の画像を中心に比較していく。記事内で使用している製品はメーカーからの貸し出し品でオープン市場向けメーカー版の「OPPO Reno7 A (型番:CPH2353)」と、筆者が普段利用しているY!mobile向け「OPPO Reno5 A(eSIM)(型番:A103OP)」となっている。

なお、以前にスペック自体の比較をした記事も掲載しているので、そちらも参考にしていただきたい。

続きを読む

ワイモバイル向けスタンダードスマホ「OPPO Reno5 A(eSIM)」にAndroid 12へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


Y!mobileスマホ「OPPO Reno5 A A103OP」がAndroid 12に!

ソフトバンクは13日、携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」向けスタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno5 A(eSIM)[型番:A103OP]」(OPPO Mobile Telecommunications製)に対して最新プラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を2022年7月13日(水)より順次提供するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)や携帯電話回線(5G・4G・3G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新にかかる時間は約60分で、更新ファイルサイズは約4.33GBとかなり大きいため、内蔵ストレージに約3.5GB以上必要とのこと。

Wi-Fiでのダウンロードが推奨されています。更新後のビルド番号は「A103OP_11_C.07」となり、ビルド番号の確認方法は「設定」→「端末情報」→「バージョン」→「ビルド番号」。主な更新内容はワイモバイルおよびメーカーであるオウガ・ジャパンでは以下のように案内しています。

・Android 12へのOSバージョンアップ
・キッズスペース利用時に緊急通報に関する事象の改善
・セキュリティの向上

※ ご利用中の端末の更新後のソフトウェアバージョンを確認する際は<操作手順>をご覧ください。


続きを読む

前機種との変更点は?5Gスタンダードスマホ「OPPO Reno5 A」から新機種「OPPO Reno7 A」への買い替えはアリかナシか【レポート】


最新モデル「OPPO Reno7 A」への買い替えはアリ?ナシ?

既報通り、オウガ・ジャパン(旧:オッポジャパン)は16日、5G通信に対応したスタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno7 A(オッポ リノセブン エー)」(OPPO Mobile Telecommunications製)を2022年6月23日(木)から順次発売すると発表した。

OPPO Reno7 Aはオープン市場向けメーカー版(SIMフリーモデル)「OPPO Reno7 A(型番:CPH2353)」の他、移動体通信事業者(MNO)向けのキャリア版としてKDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」と「UQ mobile」版の「OPPO Reno7 A(型番:OPG04)」、ソフトバンクの携帯電話サービス「Y!mobile(ワイモバイル)」版の「OPPO Reno7 A(型番:A201OP)」を提供する予定だ。

OPPO Reno7 A CPH2353は6月23日から順次販売開始され、希望小売価格(金額はすべて税込)は44,800円。公式Webストア「OPPO公式オンラインショップ」や「OPPO公式楽天市場店」、「OPPO公式PayPayモール店」のほか、Amazon.co.jpやECカレント、ひかりTVショッピングといったECサイト、エディオンやケーズデンキ、コジマ、上新電機、ソフマップ、ノジマ、ビックカメラ、ヤマダデンキ、ヨドバシカメラといった量販店、さらには仮想移動体通信事業者(MVNO)の「IIJmio」や「AEON MOBILE」、「QT mobile」、「goo Simseller」(OCN モバイル ONE)、「NUROモバイル」、「BIGLOBEモバイル」、「FiiMo」、「mineo」、「LinksMate」、MNOの楽天モバイルで取り扱われる。

au版やUQ mobile版、Y!mobile版も6月23日に発売される。詳細な価格や販路、発売記念キャンペーンについてはこちらの記事を参照して欲しい。今回はそんなOPPO Reno7 Aと、前機種「OPPO Reno5 A」を比較し、どこがどのように違うのかを確認し、OPPO Reno5 Aからの買い替えはアリかナシかを考えてみたいと思う。

なお、記事中の比較写真は6月16日に都内で開催された「OPPO 2022 新製品発表会」のタッチ&トライスペースに展示されていたOPPO Reno7 Aと、筆者が普段利用しているY!mobile向け「OPPO Reno5 A(eSIM)(型番:A103OP)」となっている。

続きを読む

ワイモバイルオンラインストアにて5G対応スタンダードスマホ「OPPO Reno5 A」のeSIM対応版が単体販売開始!価格は2万5920円


Y!mobileの公式オンラインストアで5Gスマホ「OPPO Reno5 A A103OP(eSIM対応版)」が単体販売開始!

ソフトバンクは2日、携帯電話サービス「Y!mobile」における公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」において5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno5 A(eSIM)[型番:A103OP]」(OPPO Mobile Telecommunicastions製)の単体(白ロム)販売を開始しています。

価格(金額はすべて税込)は本体価格が31,680円ですが、端末値引で5,760円が割り引かれて販売価格25,920円となっています。単体販売では携帯電話回線契約の必要はありませんが、メールアドレスと携帯電話番号、本人確認書類(運転免許証、パスポート、マイナンバーカードなど)が必要です。

また支払方法はクレジットカードのほか、代引きまたはPayPay残高払いも選べますが、OPPO Reno5 A A103OPの場合には一括払いのみとなっています。また購入時に今後に各種手続きの際に本人確認に使うためとして「ネットワーク暗証番号」(任意の4桁の番号)の設定も必要とのこと。

なお、ワイモバイルオンラインストアでは今年4月より回線契約なしで単体販売を開始しており、当初は「Xperia 10 III(型番:A102SO)」と「Xperia 8(型番:902SO)」の2機種のみでしたが、新たにOPPO Reno5 A A103OPが追加されました。一方、Xperia 8 902SOは販売を終了しています。

続きを読む

ワイモバイルオンラインストアにて5Gスマホ「OPPO Reno5 A」が値下げで一括3980円からに!Libero 5G IIもタイムセールで一括2980円から


Y!mobileスマホ「OPPO Reno5 A A103OP」が値下げ!Libero 5G IIもタイムセールに登場

ソフトバンクは1日、携帯電話サービス「Y!mobile」における公式Webショップ「ワイモバイルオンラインストア」にて5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「OPPO Reno5 A(eSIM)[型番:A103OP]」(OPPO Mobile Telecommunications製)を2022年6月1日(水)より値下げしたとお知らせしています。

まず端末単体値引が開始されて通常は割引が適用されない携帯電話サービス「SoftBank」や「LINEMO」などからの移行を含めたすべての購入方法で5,760円割引となるほか、通常割引額も増額され、例えば、他社から乗り換え(MNP)であれば21,940円割引で販売価格が一括3,980円となっています。なお、金額はすべて税込です。

また5G対応エントリースマホ「Libero 5G II(型番:A103ZT)」(ZTE製)が新たにタイムセール(毎日21時〜翌日9時まで開催)に登場し、新規契約でシンプルM/Lに申し込んだ場合には販売価格が一括2,980円になっています。なお、Libero 5G IIは通常でもMNPでシンプルM/Lなら一括1円で販売されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。