S-MAX

AQUOS

ソフトバンク、SoftBank向けスマホ「AQUOS sense7 plus」を10月7日に発売!予約実施中で価格は6万9840円。購入・応募で5千ポイント還元


SoftBankスマホ「AQUOS sense7 plus」が10月7日発売!

ソフトバンクは29日、携帯電話サービス「SoftBank」向け新商品として5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「]AQUOS sense7 plus」(シャープ製)を2022年10月7日(金)に発売すると発表しています。また発売に先立って9月30日(金)より事前予約受付を開始するとのこと。なお、AQUOS sense7 plusはソフトバンクの独占販売となります。

販路はソフトバンクショップや量販店などのSoftBank取扱店および公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などで、価格(金額はすべて税込)はソフトバンクオンラインショップなどの直営店では69,840円となっており、48回払いで「新トクするサポート」が利用して24ヶ月目以降に返却した場合の実質負担額は1,455円/月×24回(総額34,920円)となっています。

またソフトバンクオンラインショップなどでは他社から乗り換え(MNP)にてキャンペーン「【オンライン限定】web割」にて21,600円割引となる見込み。さらに発売を記念して発売日から2022年12月31日(土)までにを購入し、2023年1月9日(月)までに専用Webページから応募するともれなく全員に5,000円相当のPayPayポイントをプレゼントするキャンペーン( https://k-tai.sharp.co.jp/campaign/sense7pluscp/softbank/index.html )をシャープと共同で実施します。

続きを読む

シャープが9月26日10時に「2022年秋冬モデル」を発表へ!次期スタンダードスマホ「AQUOS sense7・sense7 plus」などか。ライブ配信も実施


シャープが9月26日10時から「2022年秋冬モデル」を発表へ!カウントダウンが実施

シャープは13日、同社が展開する「AQUOS」ブランドのスマートフォン(スマホ)などにおいて「スマートフォンAQUOS新製品 オンライン発表会」を2022年9月26日(月)10時より開催すると報道関係者などに案内しています。合わせて公式Webサイトにおいて特設Webページ『その手に「答え」を。AQUOS 2022 Autumn-Winter』( https://jp.sharp/k-tai/22winter/announce.html )を掲載しています。

特設Webページでは発表会開始までのカウントダウンが行われており、発表会の模様はAQUOSスマホの公式YouTubeチャンネル( https://youtube.com/AQUOSPHONESharp )にてライブ配信するということです。例年通りであれば、AQUOSスマホの「2022年秋冬モデル」としてすでに紹介しているように次期スタンダードスマホ「AQUOS sense7」や「AQUOS sense 7 plus」が発表されるのではないかと見られます。

また昨年はAQUOS zeroシリーズとして大画面ながらも薄型&軽量なミッドハイレンジスマホ「AQUOS zero6」も発表されていたため、今年も次期モデル「AQUOS zero7」(仮称)なども発表される可能性も十分にあると思われます。それぞれどういった仕様になるのかあまり予想ができないこともあり、正式発表が非常に楽しみです!

続きを読む

KDDI、au・UQ mobile向け5G対応エントリースマホ「AQUOS wish2 SHG08」を発表!9月9日発売で価格は2万6180円の最大2万2000円割引


auとUQ mobileからも5G対応エントリースマホ「AQUOS wish2 SHG08」が登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は2日、携帯電話サービス「au」および「UQ mobile」において新たに5G対応エントリースマートフォン(スマホ)AQUOS wish2(型番:SHG08)」(シャープ製)を発表しています。発売日はともに2022年9月9日(金)とのこと。

販路はau Styleやauショップ、UQスポット、量販店などのau取扱店・UQ mobile取扱店および公式Webストア「au Online Shop」と「UQ mobileオンラインショップ」などとなっており、auおよびUQ mobileともに事前予約受付を実施する見込みです。

価格(金額はすべて税込)はそれぞれ直営店にてauでは本体価格が26,180円で、スマホトクするプログラム(残価4,179円)適用時の実質負担額は969円+956円/月×22回(総額22,001円)となり、機種変更では「5G機種変更おトク割」で5,500円割引、「au Online Shop お得割」で新規契約なら11,000円割引、MNPなら22,000円割引となります。

一方、UQ mobileでは本体価格が26,180円で、割引適用後の販売価格が増量オプションIIに加入した場合に新規契約で15,180円、他社から乗り換え(MNP)で4,180円、増量オプションIIに加入しない場合に新規契約で19,580円、MNPで8,580円となり、機種変更やauや「povo」からの番号移行では割引なしの26,180円となっています。

続きを読む

NTTドコモ、高性能スマホ「AQUOS zero2 SH-01M」にAndroid 12へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoスマホ「AQUOS zero2 SH-01M」がAndroid 12に!

NTTドコモは30日、同社が「2019-2020年冬春モデル」として2020年1月に発売したハイエンドスマートフォン(スマホ)「AQUOS zero2 SH-01M」(シャープ製)に対してより新しいプラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年8月30日(月)に提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(Xi/FOMA)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は約39分となっており、更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、ファイルサイズが大きいため、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されてます。

更新後のビルド番号は「03.00.02」となるとのこと。なお、ビルド番号は「設定」から「デバイス情報」→「ビルド番号」で確認できます。主な更新内容は以下の通りですが、シャープの公式Webページ『Android 12対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』や『OSアップデート(ver.12) – よくあるご質問』も合わせてご確認ください。

○主なアップデート内容
1)プライバシー強化
2)クイック設定パネル・通知のリニューアル
3)スクロールスクリーンショットを追加

○改善される事象
4)より快適にご利用いただけるよう品質を改善いたします。
5)セキュリティパッチの更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2022年5月になります。)


続きを読む

強力なLeicaカメラ搭載の最新フラグシップスマホ「AQUOS R7」を実際に使って気が付いた良い点とチェックすべき点を紹介【レビュー】


こだわりのカメラ機能とフルスペックが詰まったフラグシップスマホ「SHARP AQUOS R7」を使って気が付いたことをまとめて紹介!

シャープから「2022年夏モデル」として投入された最新フラグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R7」。フラグシップモデルらしくハイエンド仕様の高い基本スペックに先代モデルでも採用されたLeicaとの協業による1インチセンサーとズミクロンレンズをさらにチューニングと強化を施した上で搭載した強力なカメラ機能がポイントの、基本スペックにもカメラ機能にも妥協のないスマホとなっています。

そんなAQUOS R7はNTTドコモ向け「AQUOS R7 SH-52C」とSoftBank向け「AQUOS R7(型番:A202SH)」が販売されているのですが、一方でその妥協のない仕様に伴ってそれぞれ価格(金額はすべて税込)は公式Webストア「ドコモオンラインショップ」およびソフトバンクオンラインショップ」などの直営店ではNTTドコモ版が198,000円、SoftBank版が189,360円で、返却が伴う販売施策を利用した場合の実質負担額はNTTドコモ版が114,840円(いつでもカエドキプログラム)、SoftBank版が94,680円(新トクするサポート)とかなり高価になっています。

これまで筆者もNTTドコモ版のAQUOS R7 SH-52Cを購入し、開封して同梱品やプリインストールアプリを紹介したり、ベンチマークアプリやゲームアプリを用いて性能チェックを行ってきたりましたが、本記事では実際にAQUOS R7をしばらく使ってきて気が付いたチェックポイント(良かった点・気になった点など)をまとめて紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。