S-MAX

AQUOS

KDDI、au向けスマホ「AQUOS sense3 plus サウンド SHV46」にAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


auスマホ「AQUOS sense3 plus サウンド SHV46」がAndroid 11に!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は16日、携帯電話サービス「au」向け「2019年秋冬モデル」のうちの2019年12月に発売したスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense3 plus サウンド(型番:SHV46)」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを含めたソフトウェア更新の提供を2021年7月19日(月)10時より提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(LTE/WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は約30分、更新ファイルサイズは約1.4GBとなっており、Wi-Fiでのダウンロードが推奨されてます。

更新後のビルド番号は「3RJP_3_240」となるとのこと。なお、ビルド番号は「設定」から「端末情報」→「ビルド番号」で確認できます。主な更新内容は以下の通りですが、シャープの公式Webページ「au Android 11対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ」も合わせてご確認ください。

○主な改善内容
1)「簡易留守録」のリスト画面/再生画面のデザインが変更されます。
2)ステータスパネルにて「スクリーンレコーディング開始」/「スクリーンレコーディング停止」が追加されます。
3)Google Play システム アップデートの更新が必要になると、お知らせパネルに更新のお知らせが表示されます。
4)Payトリガー機能が追加され、指紋センサー長押し機能がPayトリガーに変更されます。

○主な削除項目
5)OSアップデート後、機能が削除される主な項目は以下の通りです。ご注意ください。
 ・簡易留守録設定中のステータスアイコンが表示されなくなります。
 ・ステータスパネルにて「同期」が削除されます。

○その他OSアップデートにおける改善内容・初期化/削除項目の詳細は以下よりご確認ください。
 OSアップデートにおける機能追加・変更/削除/初期化項目について(13.5MB)[PDF]

※更新されるソフトウエアには、上記以外により快適にSHV46をご利用いただくための改善内容が含まれております。

○Android 11共通の特長について、詳細は下記よりご確認ください。
 OSアップデートとは?


続きを読む

UQモバイル向けスタンダードスマホ「AQUOS sense3 SHV45」にAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新が提供開始


UQ mobileスマホ「AQUOS sense3 SHV45」がAndroid 11に!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は8日、携帯電話サービス「UQ mobile」向けスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense3(型番:SHV45)」(シャープ製)に対して最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2021年7月8日(木)より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワーク(4G LTE・WiMAX 2+)によるネットワーク経由(OTA)で実施する方法が用意されており、更新にかかる時間は約20分、アップデートファイルサイズは約1.5GBとなっており、Wi-Fiでの更新が推奨されます。

更新後のビルド番号は「03.00.00」、Androidセキュリティパッチレベルは「2021年5月1日」となるとのこと。なお、ビルド番号は「設定」から「端末情報」→「ビルド番号」で確認できます。主な更新内容は以下の通りですが、シャープの公式Webページ『UQ mobile Android 11対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』も合わせてご確認ください。

○主な改善内容
1)電話にて「簡易留守録」のリスト画面/再生画面のデザインが変更されます。
2)ステータスパネルにて「同期」が削除され、「スクリーンレコーディング開始」/「スクリーンレコーディング停止」が追加されます。
3)Google Play システム アップデートの更新が必要になると、お知らせパネルに更新のお知らせが表示されます。
4)AQUOS Homeにおけるアプリ使用履歴の表示方法がジェスチャーナビゲーション設定時に変更されます。
5)顔認証登録時のカメラへのアクセス許可についての選択表示内容が変更されます。
6)設定の「音」にて「高度なマナーモード」が「サイレント モード」に名称変更されます。また項目内の各名称も変更されます。

○アップデートによる削除項目
7)電話にて簡易留守録設定中のステータスアイコンが表示されなくなります。
8)ステータスパネルにて「NFC/おサイフケータイ」が削除されます。
9)S-Shoinのダウンロード辞書機能が削除されます。
10)「音」設定にて「タップ操作時のバイブ」をONに設定していてもロック画面のタッチ時にはバイブレーションは鳴動しなくなります。
11)動画撮影中に着信やアラームなどの通知があった場合にバイブレーションが鳴動しなくなります。通知画面は従来通り表示されます。
12)動画撮影中に着信を受けると撮影が停止される機能が着信を受けても継続されるようになります。着信に応答すると撮影は停止します。

※アップデートの変更内容につきましては、下記のURL(AQUOS公式サイト)をご参照ください。
 http://k-tai.sharp.co.jp/support/osv/uq/osv11/index.html
※Androidセキュリティパッチの適用を実施。セキュリティパッチレベルが2021年5月となります。
※更新されるソフトウェアには、上記以外に、より快適にAQUOS sense3をご利用いただくための改善内容が含まれております。


続きを読む

ソフトバンク、SoftBank向けスマホ「AQUOS sense3 plus 901SH」にAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


SoftBankスマホ「SHARP AQUOS sense3 plus 901SH」がAndroid 11に!

ソフトバンクは7日、携帯電話サービス「SoftBank」向け「2019年秋冬モデル」のうちのハイスタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense3 plus(型番:901SH)」に対応して最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2021年7月7日(水)から提供開始したとお知らせしています。

更新はそれぞれ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワーク(3G・4G)によるネットワーク経由(OTA)で実施し、更新にかかる通信料は無料ですが、更新ファイルサイズが大きいため、Wi-Fiでの実施が推奨されています。

更新後のビルド番号は「14JP_3_230」で、主な変更点は以下の通りですが、変更点はシャープの公式Webサイト『SoftBank Android 11対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』も合わせてご覧ください。

・Android 11へのOSバージョンアップ
・セキュリティの向上

※ 最新バージョンの詳細については<<メーカーサイト>>にてご確認ください。


続きを読む

ライカ監修の1型センサーカメラ搭載の新フラグシップスマホ「AQUOS R6 SH-51B」を購入!まずは同梱品や基本機能などを紹介【レビュー】


ライカ監修カメラ搭載で大きく生まれ変わった「AQUOS R6」のレビュー開始!

既報通り、シャープの新しいフラグシップスマートフォン(スマホ)「AQUOS R6」がNTTドコモから「AQUOS R6 SH-51B」とソフトバンクの携帯電話サービス「SoftBank」から「AQUOS R6(型番:A101SH)」として6月25日に発売されました。

販路はドコモショップやソフトバンクショップ、量販店などの店頭および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」や「ソフトバンクオンラインショップ」などで、それぞれ直営店における価格(金額はすべて税込)はNTTドコモ版が115,632円で、SoftBank版が133,920円となっています。またNTTドコモ版は「5G WELCOME割」によって他社から乗り換え(MNP)の場合に22,000円OFF、SoftBank版は「【オンライン限定】web割」によってMNPの場合に21,600円OFFとなります。

さらにNTTドコモ版は36回払いで25ヶ月目以降に返却すると最大12回分の残債が免除される「スマホおかえしプログラム」の対象で特典を利用すると実質3,212円/月×24回(総額77,088円)から、SoftBank版は48回払いで25ヶ月目以降に返却すると最大24回分の残債が免除される「トクするサポート+」の対象で特典を利用すると実質2,790円/月×24回(総額66,960円)からとなっています。

そんなAQUOS R6ですが、最大の特徴としてスマホ向けとしては破格の大きさを持つ1型(インチ)センサーのリアカメラを搭載し、さらにシャープとしては初めてドイツの光学機器メーカーのLeica(以下、ライカ)がカメラ機能を監修した製品ということもあり、発表時には大きな話題となりました。

筆者はこれまでにシャープのフラッグシップスマホ「AQUOS R2」および「AQUOS R3」、「AQUOS R5G」とここ数年毎年購入してきたこともあり、より注目度が上がったAQUOS R6も是非欲しいと思い、今回、NTTドコモ版のAQUOS R6 SH-51Bをさっそく購入しました。

そこで前後編に分けてAQUOS R6 SH-51Bのレビューをお送りしていこうと思います。まずは前篇として気になる本機の同梱品やプリインストールアプリ、ベンチマーク結果の比較などをお送りします。なお、外観についてはすでに掲載されている『NTTドコモの5G対応高性能スマホ「AQUOS R6 SH-51B」を写真と動画で紹介!ライカ監修の1型センサーカメラやPro IGZO OLEDなど【レポート】 - S-MAX』も合わせてご覧ください。

続きを読む

シャープ、SIMフリースマホ「AQUOS zero SH-M10」と「AQUOS R2 compact SH-M09」にAndroid 11へのOSバージョンアップを提供開始


SIMフリースマホ「AQUOS zero SH-M10」と「AQUOS R2 compact SH-M09」がAndroid 11に!

シャープは20日、SIMフリースマートフォン(スマホ)「AQUOS zero SH-M10」および「AQUOS R2 compact SH-M09」に対応して最新プラットフォーム「Android 10」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2020年4月20日(月)から提供開始したとお知らせしています。

更新はそれぞれ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワークによるネットワーク経由(OTA)で実施し、更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、Wi-Fiでの実施が推奨されています。主な変更点は以下の通りですが、詳細はシャープの公式Webページ『メーカーブランド製品(SIMフリー端末)Android 11対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』をご確認ください。

◯OSアップデートの変更内容
1)スクロールオートの開始がもっと簡単に
2)スクリーンショット機能「ClipNow」がさらに便利に使いやすく
3)テザリングオートの追加
4)ゲーミング設定の追加
5)かんたんモード&かんたんホームがさらに便利に
6)Android 11の新機能
 ・動画を見ながらネットできる2画面分割、スクリーンショット
 ・クイック設定パネルにスクリーンレコーダーやニアバイシェアなどが追加
 ・最新Androidの電源メニューに対応
 ・セキュリティー機能の強化


続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。