S-MAX

GalaxyS23FE

Galaxy S23・S23 Ultra・Z Fold5・Z Flip5・Tab S9・Tab S9+・Tab S9 Ultraの日本向け製品にもGalaxy AIやOne UI 6.1が提供開始


Galaxyの既存の日本向け製品にもGalaxy AIなどが4月18日より順次提供!

サムスン電子ジャパンは18日、同社が展開する「Galaxy」ブランドにおける最新フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S24」および「Galaxy S24 Ultra」(ともにSamsung Electronics製)にて導入された新機能「Galaxy AI」を含む独自ユーザーインターフェース「OneUI 6.1」を既存の日本国内向け製品に対しても2024年4月18日(木)より順次提供開始するとお知らせしています。

まずは同日より「Galaxy S23」および「Galaxy S23 Ultra」、「Galaxy S23 FE」、「Galaxy Z Fold5」、「Galaxy Z Flip5」、「Galaxy Tab S9」、「Galaxy Tab S9+」、「Galaxy Tab S9 Ultra」の日本向け製品に対してオープン市場向けメーカー版(いわゆる「SIMフリーモデル」)だけでなくNTTドコモや楽天モバイル、KDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」から販売されている製品にもソフトウェア更新が提供開始されています。

これにより、翻訳・要約・検索・画像編集などをAIの力で劇的にラクにできる最先端AI技術であるGalaxy AIに対応するほか、新しいOne UI 6.1の機能によって写真や動画を表示・管理・編集できるアプリ「ギャラリー」の検索が改善されたり、ロック画面に設定できるウィジェットが増えたり、ビデオコールのエフェクトとマイクモードの利用がより簡単になるなどのより便利に使えるようになっているということで、詳細は同社の公式Webページ『One UI 6.1でアップグレードされた新機能について』をご確認ください。

なお、同社ではさらに「Galaxy S22」および「Galaxy S22 Ultra」、「Galaxy Z Fold4」、「Galaxy Z Flip4」、「Galaxy Tab S8+」、「Galaxy Tab S8 Ultra」の日本向け製品についても同様に2024年5月下旬以降にGalaxy AIを含むOne UI 6.1へ対応するためのソフトウェア更新を順次提供予定だとしています(これらの機種は海外では2024年5月上旬より順次提供予定)。

続きを読む

若者向け?否、全世代にコスパ最高!auから発売された5G対応の高性能スマホ「Galaxy S23 FE」を試す【レビュー】


auから発売されたコスパ最高スマホ「Galaxy S23 FE」をレビュー!

既報通り、サムスン電子ジャパンがフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Galaxy S23」シリーズのデザインを再現しながら高性能カメラとパワフルなパフォーマンスを備えた廉価モデル「Galaxy S23 FE」(Samsung Electronics製)を日本市場に投入すると発表しました。日本ではKDDIおよび沖縄セルラー電話の携帯電話サービス「au」から「Galaxy S23 FE(型番:SCG24)」として2024年2月9日(金)より販売されています。

Galaxy S23 FEはフラグシップモデルの性能・デザインを手が届きやすい価格帯で提供するために開発されたモデルで、例えば、auでは公式Webストア「au Online Shop」などの直営店で上位モデル「Galaxy S23(型番:SCG19)」が114,800円(スマホトクするプログラムでは2,800円/月×23回+50,400円)ですが、Galaxy S23 FE SCG24は88,000円(2,300円/月×23回+35,100円)となっています。今回はそんなGalaxy S23 FEを試す機会があったので紹介したいと思います。

続きを読む

KDDI、au向け5Gスマホ「Galaxy S23 FE SCG24」を発表!2月9日発売、2月1日予約開始。価格は8万8000円で実質3万900円から


auスマホ「Galaxy S23 FE SCG24」が登場!

KDDIおよび沖縄セルラー電話は1日、携帯電話サービス「au」の新商品として5G対応スマートフォン「Galaxy S23 FE(型番:SCG24)」(Samsung Electronics製)を発表しています。発売日は2024年2月9日(金)で、発売に先立って2月1日(木)10時より予約受付が開始されています。

販路はau Styleやauショップ、量販店などのau取扱店および公式Webストア「au Online Shop」などで、価格(金額はすべて税込)は88,000円(2,300円/月×23回+35,100円)となっており、残価設定方式の販売施策「スマホトクするプログラム」を利用して23カ月目に返却した場合の実質負担額は2,300円/月×23回(総額52,900円)とのこと。

またキャンペーン「新生活応援SALE!」で2024年3月31日(日)までは機種変更(povo1.0からの移行含む)なら11,000円割引(それ以降は「5G機種変更おトク割」で5,500円割引)、「au Online Shop お得割」で新規契約なら11,000円割引(22歳以下なら22,000円割引)、他社から乗り換え(MNP)や携帯電話サービス「UQ mobile」および「povo2.0」からの移行なら22,000円割引となり、実質負担額1,354円+1,343円/月×22回(総額30,900円)からとなっています。

またKDDIの東京・銀座にある旗艦店「GINZA 456 Created by KDDI」にて若い世代を中心に人気なK-POPボーイズグループ「EPEX」とGalaxy S23 FEの無料・予約不要なコラボイベント( https://ginza456.kddi.com/contents/galaxys23fe/ )を2024年2月10日(土)から2月12日(月・祝)午前11~18時に実施し、EPEXの映像や写真に囲まれた空間でGalaxy S23 FEの撮影機能などを試せるほか、Galaxy S23 FEを体験するとEPEXの限定ポストカードがプレゼントされ、さらに抽選でEPEXメンバー直筆サイン入りポストカードがもらえるということです。

さらに東京・原宿にある「Galaxy」ブランドにおける世界最大級のショーケース/旗艦店「Galaxy Harajuku」や大阪・難波で開催されている「Galaxy Studio Osaka」、一部のau取扱店などでGalaxy S23 FEが先行展示されています。その他、au公式アクセサリー「au +1 collection」からカバーを閉じたままでも通知確認/着信通話/音楽再生などの操作ができる「Smart View Wallet Case」やソフトタッチ質感のシリコンコーティングで手にフィットするグリップ感に優れた「Silicone Case」などといった機能的なアクセサリーを16商品が販売されます。

続きを読む

Samsung、価格を抑えたAndroidタブレット「Galaxy Tab S9 FE」と「Galaxy Tab S9 FE+」を発表!グローバル市場で10月10日より順次発売


Samsungから新タブレット「Galaxy Tab S9 FE」と「Galaxy Tab S9 FE+」が登場!

Samsung Electronics(以下、Samsung)は4日(現地時間)、同社が展開する「Galaxy」ブランドにおいて価格を抑えて消費者のニーズに応えることをテーマとした「FE(Fan Edition)」の新製品としてスマートフォン(スマホ)「Galaxy S23 FE」や完全ワイヤレスイヤホン「Galaxy Buds FE」、タブレット「Galaxy Tab S9 FE」および「Galaxy Tab S9 FE+」と発表しています。

それぞれグローバル市場にて順次投入され、1次販売国・地域ではGalaxy S23 FEが2023年10月5日(木)に発売され、Galaxy Buds FEやGalaxy Tab S9 FEシリーズは2023年10月10日(火)に発売されます。価格はアメリカではGalaxy S23 FEが599ドル(約90,000円)から、Galaxy Buds FEが99.99ドル(約15,000円)、Galaxy Tab S9 FEが599.99ドル(約90,000円)から、Galaxy Tab S9 FE+が799.99ドル(約120,000円)から。

なお、日本における販売については明らかにされていませんが、その後、Galaxy Tab S9 FEおよびGalaxy Tab S9 FE+、Galaxy Buds FEについては販売されることが発表されています。本記事ではGalaxy Tab S9 FEおよびGalaxy Tab S9 FE+の製品情報を紹介し、日本での販路や発売日、価格は別途まとめたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。