S-MAX

SH-M19

シャープ、Android 13 Developer Preview Program for AQUOS sense6 Beta1を公開!メーカー版「SH-M19」に導入可能


SHARPがAndroid 13 Developer Preview Program for AQUOS sense6を公開!

シャープは10日、Googleが開発・提供するスマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」の次期バージョン「Android 13」におけるベータ版「Android 13 Developer Preview Program for AQUOS sense6」を提供開始したとお知らせしています。

まずはBeta 1が公開されており、同社が販売する5G対応スタンダードスマホ「AQUOS sense6」のSIMフリーモデル「AQUOS sense6 SH-M19」にてAndroid 13 Beta 1が導入でき、Android 13の先行テスト、開発、フィードバックを行えます。導入は「Join Developer Preview Programアプリ」から実施します。

Join Developer Preview Programアプリはシャープの公式Webページ( https://k-tai.sharp.co.jp/support/developers/android13_betaprogram/download.html )からAPKファイルをAQUOS sense6 SH-M19にてダウンロードして「不明なアプリのインストール」を有効にしてからインストールします。

なお、同社ではAndroid 13 Developer Preview Program for AQUOS sense6 Beta1は開発中のソフトウェアであり、既知の問題として「Bluetoothイヤホン接続時に音が出ない」および「指紋の登録ができない」といった不具合があるとしているのでご注意ください。

続きを読む

シャープ、スタンダードスマホ「AQUOS sense6」のメーカー版「SH-M19」にAndroid 12へのOSバージョンアップを提供開始


5Gスマホ「SHARP AQUOS sense6 SH-M19」がAndroid 12に!

シャープは9日、同社が展開する「AQUOS」ブランドにおいて2021年に発売した5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense6」のオープン市場向けメーカー版「AQUOS sense6 SH-M19」に対して最新プラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年5月9日(月)10時より提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話ネットワーク(4G/3G)によるネットワーク経由(OTA)が用意されており、更新時間や更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、更新にはおおよそ30分ほどかかり、更新ファイルサイズは約1.39GBとなっており、更新ファイルサイズが大きいのでダウンロードにはWi-Fiの利用が推奨されます。

更新後のビルド番号は「02.00.00」となるとのこと。ビルド番号の確認方法は「設定」→「デバイス情報」→「ビルド番号」から。主な更新内容はNTTドコモでは以下ように案内していますが、シャープの公式Webページ『Android 12対応 OSアップデート|OSバージョンアップ情報|サポート|AQUOS:シャープ』や『OSアップデート(ver.12) – よくあるご質問』も合わせてご確認ください。

○Android 12の新機能
1)デザイン刷新
2)プライバシーの強化
 ・マイクまたはカメラの使用中アイコン
 ・おおよその位置情報
3)ユーザビリティの向上
 ・スクロール スクリーンショット
 ・さらに輝度を下げる


続きを読む

シャープの5Gスマホ「AQUOS R6・sense6・wish」のメーカー版「SH-M22」と「SH-M19」、「SH-M20」が楽天回線対応製品に追加


シャープのSIMフリースマホ「AQUOS R6 SH-M22」や「AQUOS sense6 SH-M19」などが楽天回線対応製品に!

楽天モバイルは21日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT V」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応する製品(以下、楽天回線対応製品)を更新して新たに「AQUOS R6 SH-M22」および「AQUOS sense6 SH-M19」、「AQUOS wish SH-M20」(ともにシャープ製)を追加しています。

各製品ともに「AQUOS R6」および「AQUOS sense6」、「AQUOS wish」のオープンマーケット向けメーカー版(SIMフリー製品)で、同社ではこれまでもAQUOS sense6については楽天モバイル版「AQUOS sense6 SH-RM19」を販売し、同製品は楽天回線対応製品となっていましたが、新たにメーカー版も楽天回線対応製品となりました。

またAQUOS wishについてはメーカー版であるAQUOS wish SH-M20を1月21日より販売しており、AQUOS R6については販売はしていませんが、メーカー版のAQUOS R6 SH-M22が楽天回線対応製品となっています。なお、各製品ともに確認したビルド番号はAQUOS R6 SH-M22が「01.00.02」、AQUOS sense6 SH-M19とAQUOS wish SH-M20が「01.00.00」とのこと。

続きを読む

5G対応スタンダードスマホ「SHARP AQUOS sense6」のメーカー版「SH-M19」(4GB+64GB)が量販店やECサイトで値下げ!実質3万6180円に


最新スタンダードスマホ「SHARP AQUOS sense6」のメーカー版「SH-M19」が早くも値下げ!

シャープが11月26日に発売したばかりの5G対応の最新スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense6」におけるオープンマーケット向けメーカー版「AQUOS sense6 SH-M19」の4GB内蔵メモリー(RAM)+64GB内蔵ストレージモデルが早くもヨドバシカメラやビックカメラ、Amazon.co.jpなどの量販店やECサイトにて値下げされています。

発売当初はヨドバシカメラやビックカメラなどでは45,320円(金額はすべて税込)の10%(4,532ポイント)還元で実質40,788円でしたが、約11%値下げされて40,200円の10%(4,020ポイント)還元で実質36,180円となっています。

またAmazon.co.jpでは同じく約11%値下げされており、36,545円の1%(365ポイント)還元で同様に実質36,180円となっているほか、あと払いによる決済サービス「Paidy」で支払うと最大5%ポイント(最大1,500ポイントまで)還元となります。

なお、AQUOS sense6 SH-M19は6GB RAM+128GBストレージモデルも販売予定で、発売は12月中旬で、発売予定日はAmazon.co.jpでは2021年12月20日(月)と案内されています。現在は発売に先立って各販路にて予約注文を受け付けており、価格はヨドバシカメラなどでは49,830円の10%(4,983ポイント)還元、Amazon.co.jpでは45,300円の10%(4,983ポイント)還元でともに実質44,847円となっています。

続きを読む

シャープ、5Gスタンダードスマホ「AQUOS sense6」のメーカー版「SH-M19」を発表!11月26日より順次発売、価格は4万円台前半から


5Gスタンダードスマホ「AQUOS sense6」のメーカー版「SH-M19」が登場!

シャープは17日、同社の5Gに対応した最新スタンダードスマートフォン(スマホ)「AQUOS sense6」におけるオープンマーケット向けメーカー版「AQUOS sense6 SH-M19」を発表しています。内蔵メモリー(RAM)と内蔵ストレージの異なる4GB RAM+64GBストレージと6GB RAM+128GBストレージが販売されます。

発売日は4GB RAM+64GBストレージモデルが2021年11月26日(金)より順次で、6GB RAM+128GBストレージモデルが2021年12月中旬以降となっており、それぞれ量販店やECサイト、仮想移動体通信事業者(MVNO)などにて取り扱われます。価格(金額はすべて税込)はオープンながら市場想定価格は4GB RAM+64GBストレージモデルが4万円前半、6GB RAM+128GBストレージモデルが4万円台後半となるとのこと。

すでに予約注文を受け付けているヨドバシ.comやビックカメラ.comなどの量販店では4GB RAM+64GBストレージモデルが45,320円の10%(4,532ポイント)還元で実質40,788円相当、6GB RAM+128GBストレージモデルが49,830円の10%(4,983ポイント)還元で実質44,847円相当となっています。

またMVNOではNTTコミュニケーションズの「OCN モバイル ONE」とセットで販売しているNTTレゾナントが運営する「goo Simseller」では通常価格は4GB RAM+64GBストレージモデルが31,460円、6GB RAM+128GBストレージモデルが34,347円で、他社から乗り換え(MNP)なら14,300円が割り引かれます。

またgoo Simsellerでは期間限定の発売記念特価が用意され、4GB RAM+64GBストレージモデルでは発売日から12月27日(月)11:00までとなっており、発売記念特価は販売開始当日に公開予定となっています。一方、オプテージの「mineo」では4GB RAM+64GBストレージモデルのみが取り扱われ、価格は42,240円となっています。

なお、AQUOS sense6はすでにNTTドコモ版「AQUOS sense6 SH-54B」およびau版「AQUOS sense6(型番:SHG05)」、楽天モバイル版「AQUOS sense6(型番:SH-RM19)」がそれぞれ11月4日より順次販売開始されており、それぞれSIMロックのかかっていないSIMフリー製品で、メーカー版ではau版や楽天モバイル版と同様にnanoSIMカード(4FF)とeSIMのデュアルSIMに対応しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。