S-MAX

SM-G973C

楽天モバイルがGalaxy S10を3万4980円、OPPO A73を1万5001円に値下げ!Rakuten UN-LIMIT VIとのセットで実質1万4980円と1円に


楽天モバイルがGalaxy S10とOPPO A73を値下げ!Rakuten UN-LIMIT VIとセットで一括1円から

楽天モバイルは5日、同社が販売している4G対応スマートフォン(スマホ)「Galaxy S10(型番:SM-G973C)」(Samsung Electronics製)および「OPPO A73(型番:CPH2099)」(OPPO Mobile Telecommunications製)について本体価格を値下げしたとお知らせしています。

すでに同社の公式Webサイト( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )ではGalaxy S10 SM-G973Cは71,980円(金額はすべて税込)から34,980円、OPPO A73 CPH2099は25,001円から15,001円となっているほか、OPPO A73 CPH2099については楽天モバイル 楽天市場店( https://www.rakuten.ne.jp/gold/rakutenmobile-store/ )でも同様に15,001円となっています。

また公式Webサイトでは同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」とセットで購入すると、Galaxy S10 SM-G973Cは最大20,000ポイント還元で実質14,980円、OPPO A73 CPH2099は最大15,000ポイント還元で実質1円となっており、楽天モバイル 楽天市場店では同様にRakuten UN-LIMIT VIとセットで購入すると、OPPO A73 CPH2099はが最大20,000ポイント還元で実質0円以下となっています。

続きを読む

楽天モバイルがAndroid 12へのOSバージョンアップ予定機種を案内!Galaxy S10・Note10+やOPPO Reno5 A、Xperia 10 III LIteなどのスマホ8機種


楽天モバイルがAndroid 12へのOSバージョンアップ予定機種を案内!

楽天モバイルは16日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応する製品として販売しているAndroidスマートフォン(スマホ)において最新プラットフォーム「Android 12」へのOSバージョンアップを提供する予定の機種一覧をお知らせしています。

対応予定なのは「AQUOS R5G(型番:SH-RM14)」、「AQUOS sense4 lite(型番:SH-RM15)」、「AQUOS sense4 plus(型番:SH-M16)」、「AQUOS zero6(型番:SH-RM18)」、「Galaxy S10(型番:SM-G973C)」、「Galaxy Note 10+(型番:SM-N975C)」、「OPPO Reno5 A(型番:CPH2199)」、「Xperia 10 III Lite(型番:XQ-BT44)」の8機種のスマートフォン(スマホ)となっています。

これらのOSバージョンアップ予定機種は2021年10月27日時点における情報だのこと。また各製品のバージョンアップ開始時期や実施方法などの詳細は公式Webサイト内の「製品アップデート」ページにて順次お知らせするとしています。

続きを読む

楽天モバイルがGalaxy S10 SM-G973CにAndroid 11へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始!技適マークの適正化も実施


Rakutenスマホ「Galaxy S10 SM-G973C」がAndroid 11に!

楽天モバイルは2日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している正式プラン「Rakuten UN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応したスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10(型番:SM-G973C)」(Samsung Electronics製)に対して最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2021年9月2日(木)より順次提供するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)およびモバイルネットワーク(4G LTE)によるネットワーク経由(OTA)で実施する方法が用意されており、更新のファイルサイズは明らかにされていませんが、Wi-Fiでの更新が推奨されます。

更新後のビルド番号は「RP1A.200720.012.G973CONU1CUB1」で、主な更新内容は以下の通りとなっており、案内されていた電波法および電気通信事業法に基づく認証(いわゆる「技適」)の認証番号の修正も実施されています。

・OSアップデート(Android 11)
・認証番号の適正化


続きを読む

楽天モバイルスマホ「Galaxy S10 SM-G973C」の技適番号が誤表示!Wi-Fi 6対応への変更が行われず。9月2日にソフトウェア更新を提供予定


楽天モバイルが販売する「Galaxy S10 SM-G973C」で技適番号が誤表示に!ソフトウェア更新で改善予定

楽天モバイルは26日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「RakutenUN-LIMIT VI」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応した楽天回線対応製品として販売しているスマートフォン(スマホ)「Galaxy S10(型番:SM-G973C)」(Samsung Electronics製)の一部にて電波法および電気通信事業法に基づく認証(いわゆる「技適」)の認証番号の変更が正しく反映されていない事象が発生しているとお知らせしています。

同社ではメーカーと協力してこの事象の周知を進めるとともに該当する製品に対してソフトウェア更新を2021年9月2日(木)10時より順次提供予定で、更新することで正しい認証番号の表示が行えるようになります。なお、認証番号の表示変更は無線LAN(Wi-Fi)の機能を追加したことに伴うものだとしています。

その他、今回の事象は法令における認証番号の表示に関する問題であり、製品自体は法令の技術基準に適合した認証も取得しており、機能・性能・安全性などに問題はないものの、製品を適切な状態で利用するためには予定しているソフトウェア更新の適用をお願いするとしています。

続きを読む

楽天モバイルがAndroid 11へのOSバージョンアップ予定機種を案内!Galaxy S10・Note10+やOPPO Reno3 Aなどのスマホ合計8機種


楽天モバイルがAndroid 11へのOSバージョンアップ予定機種を案内!

楽天モバイルは16日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線を構築して提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )にて販売している製品において最新プラットフォーム「Android 11」へのOSバージョンアップを提供する予定の機種一覧をお知らせしています。

対応予定なのは「AQUOS R5G(型番:SH-RM14)」、「AQUOS sense3 lite(型番:SH-RM12)」、「AQUOS sense3 plus(型番:SH-RM11)」、「AQUOS zero(型番:SH-M10)」、「AQUOS R2 compact SH-M09(型番:SH-M09)」、「Galaxy S10(型番:SM-G973C)」、「Galaxy Note 10+(型番:SM-N975C)」、「OPPO Reno3 A(型番:CPH2013)」の8機種のスマートフォン(スマホ)となっています。

これらのOSバージョンアップ予定機種は2020年10月16日時点における一覧で、今後追加される場合もあるとのこと。また各製品のバージョンアップ開始時期や実施方法などの詳細は公式Webサイト内の「製品アップデート」ページにて順次お知らせするとしています。なお、当初(2020年10月16日時点)では「OPPO A5 2020(型番:CPH1943)」も対象となっていましたが、その後、楽天モバイルでは2020年10月20日時点に更新し、OPPO A5 2020を削除しています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。