S-MAX

Xperia10IV

NTTドコモ、5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 IV SO-52C」にAndroid 13へのOSアップデートを含むソフトウェア更新を提供開始


docomoスマホ「Xperia 10 IV SO-52C」がAndroid 13に!

NTTドコモは25日、昨年7月に発売した「2022年春夏モデル」のうちの5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 IV SO-52C」(Sony製)に対して最新プラットフォーム「Android 13」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2022年1月25日(水)に提供開始したとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)もしくは携帯電話回線(5G・Xi)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は約18分となっています。なお、更新ファイルサイズは明らかにされていませんが、大きいと思われるのでWi-Fiでのダウンロードが推奨されます。

更新後のビルド番号は「65.1.B.3.10 release-keys」で、Androidセキュリティーパッチレベルは「2022年12月」となるとのこと。主な更新内容は以下の通りですが、ソニーモバイルコミュニケーションズの公式Webサイト『Android 13対応 OSバージョンアップ | Xperia(エクスペリア)公式サイト』も合わせてご参照ください。

<主なアップデート内容>
○Android 13に対応
詳細は下記ページをご確認ください。
https://www.docomo.ne.jp/support/android_os_update/android_13.html

○Android 13以外の機能向上や操作性改善
詳細は下記ページをご確認ください。
https://xperia.sony.jp/product/update/android13/

○改善される事象
・スクリーンショットを取った際にシャッター音が鳴る場合があります。
・セキュリティ更新(設定メニューのセキュリティパッチレベルが2022年12月になります。)

※上記以外にも、より快適にご利用いただくためのアップデートや一部仕様および表示変更などが含まれています。


続きを読む

SoftBank向け5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 IV A202SO」にAndroid 13へのOSアップデートを含むソフトウェア更新が提供開始


SoftBankスマホ「Xperia 10 IV A202SO」がAndroid 13に!

ソフトバンクは23日、携帯電話サービス「SoftBank」向け5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 IV(型番:A202SO)」(ソニー製)に対して最新プラットフォーム「Android 13」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2023年1月23日(月)より順次提供開始するとお知らせしています。

更新はスマホ本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(5G/4G/3G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、ソフトウェア更新にかかる通信料は無料で、更新時間は完了までに最大40分程度かかる場合があるとのこと。

更新後のビルド番号は「65.1.D.3.9」。ビルド番号の確認方法は「設定」→「デバイス情報」→「ビルド番号」から。主な更新内容はauでは以下ように案内していますが、ソニーの公式Webページ『Android 13対応 OSバージョンアップ | Xperia(エクスペリア)公式サイト』も合わせてご確認ください。

・Android 13へのOSバージョンアップ
・セキュリティの向上
※上記以外にもより快適にご利用いただくための更新が含まれております。
※Xperia 10 Ⅳ最新バージョンの詳細については<<メーカーサイト>>にてご確認ください。


続きを読む

楽天モバイル、5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 IV XQ-CC44」を5900円値下げして5万3900円に!1万6千円割引と3千ポイント還元も


楽天モバイルが5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 IV XQ-CC44」を値下げ!

楽天モバイルは20日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT VII」に対応した5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 IV(型番:XQ-CC44)」(ソニー製)の価格(金額はすべて税込)を2023年1月20日(金)より改定したとお知らせしています。

同社ではこれまでXperia 10 IV XQ-CC44を59,800円で販売していましたが、5,900円値下げして53,900円となり、分割では2,245円/月×24回(総額53,880円)または楽天カード限定の1,122円/月×48回(総額53,856円)となっており、すでに公式Webサイト( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )や「楽天モバイル公式 楽天市場店」、楽天モバイルショップなどの各販路にて改定されています。

またRakuten UN-LIMIT VIIとのセットで16,000円割引となるほか、初めてRakuten UN-LIMIT VIIを契約する場合は楽天ポイントで3,000ポイントが還元され、合計19,000円相当がお得になり、実質負担額34,900円となります。なお、楽天モバイルではブラックおよびホワイト、ミント、ラベンダーの4色が販売されています。

続きを読む

ソニー、5G対応スタンダードスマホ「Xperia 10 IV XQ-CC44」をMVNOから7月22日に発売!IIJmioやmineo、OCN、NUROが取り扱い


スタンダードスマホ「Xperia 10 IV XQ-CC44」がIIJmioやmineo、OCN、NUROからも販売!

ソニーは15日、5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 IV(型番:XQ-CC44)」(ソニー製)を仮想移動体通信事業者(MVNO)の「IIJmio」(インターネットイニシアティブ)および「mineo」(オプテージ)、「OCN モバイル ONE」(NTTレゾナント)、「NUROモバイル」(ソニーネットワークコミュニケーションズ)でも取り扱われるとお知らせしています。発売日はそれぞれ2022年7月22日(金)です。

価格(金額はすべて税込)はIIJmioでは59,800円、mineoでは59,400円、OCN モバイル ONEでは55,869円、NUROモバイルでは54,780円となっており、さらにOCN モバイル ONEでは他社から乗り換え(MNP)の場合に5,500円OFFとなるほか、2022年8月19日(金)10時までの期間限定でセール価格44,900円となり、MNPなら39,400円となるとのこと。

一方、NUROモバイルでは「Xperia 10 IV 発売記念 ソニーお買い物券5,000円分プレゼントキャンペーン」をソニーマーケティング主催で開催し、購入・応募でもれなく「ソニーストア」で使える買い物券5,000円分がプレゼントされるほか、IIJmioでは「Xperia 10 IV発売記念キャンペーン」として購入でもれなく5,000円分の「選べるe-GIFT」をプレゼントするということです。

またOCN モバイル ONEではドコモショップで契約できるNTTドコモの「エコノミーMVNO」に対応していますが、Xperia 10 IV XQ-CC44はドコモショップでは購入できず、オンライン販売のみになるということです。製品仕様としてはすでに楽天モバイルが販売しているXperia 10 IV XQ-CC44とハードウェアとしては同じですが、本体色は各社ともにホワイトとブラックの2色展開となっています。

続きを読む

ソフトバンクが5Gスマホ「Xperia 10 IV」を単体購入含めて4万3056円割引、MNPなどでは合計6万5040円割引に!直営店舗限定


ソフトバンクショップ直営店でXperia 10 IVが特別価格9840円で販売!

ソフトバンクは7日、携帯電話サービス「SoftBank」向け新商品として2022年7月8日(金)に発売する5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 IV(型番:A202SO)」(ソニー製)を直営店のソフトバンクショップ(店舗のみ)にて特別価格で販売するとお知らせしています。

Xperia 10 IV A202SOはすでに発売に先立って事前予約受付を実施しており、公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店では価格(金額はすべて税込)が74,880円となっており、48回払いで「新トクするサポート」が利用して24ヶ月目以降に返却した場合の実質負担額は1,560円/月×24回(総額37,440円)となっています。

一方、特別価格はソフトバンクショップ(直営店)にて単体(白ロム)購入を含むすべての購入方法で43,056円が割り引かれ、さらに48回払いで購入して他社から乗り換え(MNP)または携帯電話サービス「Y!mobile」および「LINEMO」からの番号移行、5~22歳の人の新規契約で「メリハリ無制限」に加入した場合に21,984円割引と合わせて合計65,040円が割り引かれ、205円/月×48回(総額9,840円)で販売されるということです。

直営店のソフトバンクショップはソフトバンク銀座およびソフトバンク表参道、ソフトバンク渋谷、ソフトバンク六本木、ソフトバンクグランフロント大阪、ソフトバンク名古屋およびソフトバンク仙台クリスロードがあるとのこと。なお、ソフトバンクオンラインショップなどではMNPにてキャンペーン「【オンライン限定】web割」にて21,600円割引となります。

さらに同社では発売に合わせてソニーマーケティングと共同でキャンペーン( https://xperia.sony.jp/campaign/sb_paypay_2022summer/ )を実施し、SoftBankのXperia 10 IVを購入してキャンペーンWebページにて応募するともれなく5,000円相当のPayPayポイントがプレゼントされるということです。購入期間は発売日から2022年8月31日(水)まで、応募期間は発売日から2022年9月4日(日)まで。

その他、NTTドコモ向け「Xperia 10 IV SO-52C」はnanoSIMカード(4FF)スロットが1つのシングルSIMですが、SoftBankではau・UQ mobile向け「Xperia 10 IV SOG07」と同様にnanoSIMカードスロットとeSIMのデュアルSIMに対応しています。ただし、SoftBankでは本体色にラベンダーがありません。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。