S-MAX

Xperia5IV

楽天モバイル、楽天回線対応製品に5Gスマホ「Xperia 5 IV XQ-CQ44」や「Nothing Phone (1)」、「ROG Phone 6 AI2201」を追加


楽天回線対応製品に3機種が追加!

楽天モバイルは8日、同社が移動体通信事業者(MNO)として自社回線(以下、楽天回線)を構築して提供している携帯電話サービス( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )に対応する製品(以下、楽天回線対応製品)を更新して新たに5G対応スマートフォン(スマホ)「Xperia 5 IV(型番:XQ-CQ44)」(Sony製)および「Nothing Phone (1)(型番:A063)」(Nothing製)、「ROG Phone 6(型番:AI2201)」(ASUSTeK Computer製)の日本向け製品を追加したとお知らせしています。

これにより、Xperia 5 IV XQ-CQ44(メーカー版)およびNothing Phone (1)、ROG Phone 6が楽天モバイルの相互接続性試験を完了し、楽天モバイルの4Gでの音声通話(VoLTE)やSMS、4Gおよび5Gでのデータ通信、ETWS(緊急地震速報、津波警報など)などのすべての機能に対応しています。

動作確認時のビルド番号はXperia 5 IV XQ-CQ44が「64.H.13.1」、Nothing Phone (1)が「Spacewar-S1.1-221121-2306」、ROG Phone 6が「WW_32.2810.2212.241」。なお、ROG Phone 6には派生モデル「ROG Phone 6 Pro(型番:AI2201)」も存在しており、ネットワーク周りやソフトウェアも同一であるため、恐らくROG Phone 6と同じく各機能が利用可能だと思われます。

続きを読む

ソニー、フラッグシップスマホ「Xperia 5 IV のメーカー版「XQ-CQ44」にAndroid 13へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を提供開始


5Gスマホ「Sony Xperia 5 IV XQ-CQ44」がAndroid 13に!

ソニーは1日、発売したばかりの5G対応フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 IV」のオープン市場向けメーカー版「Xperia 5 IV(型番:XQ-CQ44)」に対して最新プラットフォーム「Android 13」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2023年1月31日(月)より順次提供開始したとお知らせしています。

更新は本体のみで無線LAN(Wi-Fi)および携帯電話回線(5G・4G・3G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間は明らかにされていませんが、更新ファイルサイズは約1.0GBで、ファイルサイズが大きいため、Wi-Fiでの実施が推奨されています。

更新後のビルド番号は「64.1.A.0.857」。更新内容はAndroid 13へのOSバージョンアップ以外にもBluetoothのより低遅延な音響機能「LE Audio」および「aptX Lossless」が利用可能になるとのこと。またAndroid 13へのOSバージョンアップに関してはソニーの公式Webページ『Android 13対応 OSバージョンアップ | Xperia(エクスペリア)公式サイト』をご確認ください。なお、メーカー版は発売時より6GHz帯を利用した無線LAN(Wi-Fi)の「Wi-Fi 6E」には対応しています。

続きを読む

ソニー、フラッグシップスマホ「Xperia 5 IV」のメーカー版「XQ-CQ44」を日本で2月1日に発売!FeliCaや256GBストレージで11万9900円


SonyからSIMフリーフラッグシップスマホ「Xperia 5 IV XQ-CQ44」が登場!

ソニーは19日、フラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 IV」のオープン市場向けメーカー版(SIMフリーモデル)となる「Xperia 5 IV(型番:XQ-CQ44)」を日本で2023年2月1日(水)に発売すると発表しています。価格はオープンながら市場推定価格が120,000円(税込はすべて税込)となるとのこと。

販路はソニーの公式Webショップ「ソニーストア」やソニーの直営店「ソニーストア 銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神」、またAmazon.co.jpやヨドバシカメラなどの量販店やECサイトなどとなっており、発売に先立ってすでに1月19日(水)より順次予約販売の受付を開始しており、ヨドバシカメラなどの量販店では119,900円の1%(1,199ポイント)還元で実質118,701円となっています。

発売されるXperia 5 IVのメーカー版は昨年11月に発売されたNTTドコモ向け「Xperia 5 IV SO-54C」やau向け「Xperia 5 IV SOG09」、SoftBank向け「Xperia 5 IV(型番:A204SO)」、楽天モバイル向け「Xperia 5 IV(型番:XQ-CQ44)」といったキャリアモデルと同様におサイフケータイ(FeliCa)に対応しているほか、メーカー版では内蔵ストレージが256GBに増量され、nanoSIMカード(4FF)スロットが1つとeSIMのデュアルSIMに対応しています。

その他、同社ではXperia 5 IV XQ-CQ44のメーカー版ならではの特長やお得な情報をソニーストアのスタイリストが紹介する動画を掲載しているほか、ソニーストア 銀座・札幌・名古屋・大阪・福岡天神および一部の量販店などにて発売に先立って2023年1月20日(金)より展示予定だとしています。

続きを読む

KDDI、au向け5Gスマホ「Xperia 1 IV」と「Xperia 5 IV」にAndroid 13へのOSバージョンアップを1月12日18時より提供!Wi-Fi 6Eも利用可能に


auスマホ「Xperia 1 IV SOG06」と「Xperia 5 IV SOG09」がAndroid 13に!

KDDIは11日、携帯電話サービス「au」向けフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 1 IV SOG06」および「Xperia 5 IV SOG09」(ともにSony製)に対して最新プラットフォーム「Android 13」へのOSバージョンアップを含むソフトウェア更新を2023年1月12日(木)18時に提供開始するとお知らせしています。

更新は両機種ともに本体のみで無線LAN(Wi-Fi)または携帯電話回線(5G・4G)によるネットワーク経由(OTA)で行う方法が用意されており、更新時間はともに約25分、更新ファイルサイズはXperia 1 IV SOG06が約1.0GB、Xperia 5 IV SOG09が約890MBとなっており、ファイルサイズが大きいのでWi-Fiでのダウンロードが推奨されます。更新後のビルド番号は両機種ともに「64.1.D.0.87」。

主な更新内容は以下の通りとなっており、Android 13へのOSバージョンアップ以外にも6GHz帯を利用した無線LAN(Wi-Fi)の「Wi-Fi 6E」やBluetoothによるより低遅延な音響機能「LE Audio」および「aptX Lossless」が利用可能になるとのこと。またAndroid 13へのOSバージョンアップに関してはソニーの公式Webページ『Android 13対応 OSバージョンアップ | Xperia(エクスペリア)公式サイト』も合わせてご確認ください。

■アップデート内容
・Android 13による機能・操作性の向上

○Wi-Fi 6E
新たな無線方式(Wi-Fi 6E)を使用できるようになります。Wi-Fi 6Eは法令で定める技術基準に適合しています。

○技術基準適合証明認証番号
新たな無線方式(Wi-Fi 6E)の対応に伴い、技術基準適合証明認証番号が更新されます。アップデート後、以下の手順で技術基準適合証明認証番号をご確認いただけます。

<Xperia 1 IV SOG06>
更新前:003-220029
更新後:003-220245

<Xperia 5 IV SOG09>
更新前:003-220179
更新後:003-220218

確認方法:ホーム画面で画面を上にスライド→[設定]→[デバイス情報]→[認証]

○LE Audio
LE Audioに対応します。LE Audioは従来よりも低遅延を実現します。ワイヤレスでも、映像やゲームの音ズレを気にせずに楽しめます。

※ご利用になるには、接続する機器が対応している必要があります。

○aptX Lossless
aptX Losslessに対応します。aptX LosslessはBluetoothの接続品質に基づいてCD品質の44.1kHz/16bitロスレスオーディオをサポートします。音源がロスレスオーディオの場合に自動検知します。

※ご利用になるには、接続する機器が対応している必要があります。

○Android 13共通の特長について、詳細は下記よりご確認ください。
 OSアップデートとは?
○Android 13モデル共通機能対応表
 特長1 Material You:○
 特長2 アプリごとの言語設定:○
 特長3 メディアコントロール:○
 特長4 Wellbeing:○
 特長5 アプリの通知許可:○


続きを読む

大容量5000mAバッテリーとワイヤレス充電で死角なし!?小型&高性能なフラッグシップスマホ「Xperia 5 IV」を写真と動画で紹介【レポート】


新フラッグシップスマホ「Sony Xperia 5 IV」をフォト&ムービーレビュー!

既報通り、ソニーが展開する「Xperia」ブランドにおける新しいフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia 5 IV(エクスペリア ファイル マークフォー)」の日本向け製品が発表されました。日本では現時点ではNTTドコモ向け「Xperia 5 IV SO-54C」およびau向け「Xperia 5 IV SOG09」、SoftBank向け「Xperia 5 IV(型番:A204SO)」、楽天モバイル向け「Xperia 5 IV(型番:XQ-CQ44)」がそれぞれ10月21日より販売されています。

価格(金額はすべて税込)はNTTドコモでは公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などの直営店で137,280円(3,213円/月×23回+63,360円)、auでは公式Webストア「au Online Shop」などの直営店で134,900円(3,220円/月×23回+60,840円)、SoftBankでは公式Webストア「ソフトバンクオンラインショップ」などの直営店で147,600円(3,075円/月×48回)、楽天モバイルでは公式Webサイト( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )や公式Webストア「楽天モバイル公式 楽天市場店」などにて119,900円(分割払いの場合は4,995円/月×24回または2,497円/月×48回)となっています。

そんなXperia 5 IVについてだいぶ遅くなりましたが、外観や特長などを中心に写真や動画で紹介したいと思います。なお、日本市場向けのXperia 5 IVは各社向けともに日本でニーズの高いおサイフケータイ(FeliCa)に対応し、内蔵メモリー(RAM)が8GB、内蔵ストレージが128GBで、SIMはnanoSIMカード(4FF)とeSIMのデュアルSIMデュアルVoLTE(DSDV)に対応しています。一方、NTTドコモ版とau版、SoftBank版はFMラジオに対応していますが、楽天モバイル版は非対応となっています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。