S-MAX

eSIM

iPhone 13シリーズでもデュアルSIM(eSIM)利用時にデータ通信SIMをモバイルデータ通信に設定すると緊急通報ができない不具合が発生


iPhone 13シリーズでもデュアルSIM(eSIM)利用時に緊急通報ができない不具合!

既報通り、Apple製スマートフォン(スマホ)「iPhone 12」シリーズなどにて「eSIM」を用いてデュアルSIMで利用した場合に音声通話が利用できないデータ通信専用SIMを「モバイルデータ通信」として設定すると緊急機関(110・118・119)への発信ができない不具合が発生しています。

本事象についてNTTドコモやKDDI、ソフトバンク、楽天モバイル、インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)が9月24日に発売された「iPhone 13」シリーズでも発生すると案内しています。なお、各社ではAndroidスマホでは該当事象の対象となる製品はないとし、IIJではiPhone固有の事象と考えられるとしています。

続きを読む

iPhoneのデュアルSIM(eSIM)利用時にデータ通信SIMをモバイルデータ通信に設定すると緊急通報ができない不具合が発生中!IIJなどが案内


iPhoneのデュアルSIM(eSIM)利用時に緊急通報ができない不具合!

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は10日、eSIMに対応した一部のスマートフォン(スマホ)でデュアルSIM利用時に音声通話が利用できないデータ通信専用SIMを「モバイルデータ通信」として設定すると緊急機関(110・118・119)への発信ができないことがあるとお知らせしています。

同様の内容をNTTドコモおよびKDDI、ソフトバンク、楽天モバイルの移動体通信事業者(MNO)の4社が案内しており、対象製品は「iPhone」シリーズのみで、4社が販売するAndroidスマホでは該当事象の対象となる製品はないとのこと。IIJではiPhone固有の事象と考えられるとしています。

なお、ソフトバンクでは音声通話対応SIMを「デフォルトの音声回線」に設定している場合には電話番号の冒頭に186をつけて発信するか、音声通話対応SIMを「モバイルデータ通信」に設定すれば緊急機関(110・118・119)への発信は可能となるとし、IIJを含む他の4社でも後者の方法を紹介しています。

ただし、IIJでは緊急時にそのような操作を行うことが困難なことを踏まえ、他の緊急通報手段の確保またはeSIM利用停止も検討し、さらに緊急通報は助けを求めている人のための大切なライフラインなので安易に実験を行わないよう呼びかけています。

続きを読む

携帯電話サービス「LINEMO」にて新規契約・MNPでミニプランでも3千円相当、スマホプランなら1万円相当をプレゼントするキャンペーン


LINEMOの「PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン」がミニプランも対象に!

ソフトバンクは10日、オンライン専用の新しい携帯電話ブランド「LINEMO(ラインモ)」( https://www.linemo.jp )において今年6月から実施している「10,000円相当あげちゃうキャンペーン」を2021年9月10日(金)0:00より「PayPayボーナスあげちゃうキャンペーン」に変更して新たに「スマホプラン」だけでなく「ミニプラン」も対象にするとお知らせしています。

条件は新規契約または他社から乗り換え(MNP)で、、特典は新規契約・MNPともに開通日の属する月の翌々月末にPayPayボーナスとしてスマホプランでは10,000円相当、ミニプランでは3,000円相当が付与されます。なお、携帯電話サービス「SoftBank」や「Y!mobile」からの番号移行は対象外で、終了時期は現時点では未定で、決まり次第案内するとのこと。

続きを読む

UQモバイルで「eSIM」が提供開始!既存利用者も物理SIMから切替可能、オンラインなら手数料無料。SIMのみ契約で最大1万円相当還元も


UQ mobileでもeSIMが提供開始!SIMのみ契約で最大1万円相当キャッシュバックも

KDDIおよび沖縄セルラー電話は2日、携帯電話サービス「UQ mobile」において「eSIM」の提供を2021年9月2日(木)より開始したとお知らせしています。eSIMの申し込みはauショップやUQスポットなどのUQ mobile取扱店および公式Webストア「UQ mobileオンラインショップ」などにて行います。

合わせてUQ mobileオンラインショップにて「eKYC」も導入され、オンラインで申し込みから開通まで完結するため、申込完了から最短即日で利用開始できるようになるとのこと。なお、UQ mobileオンラインショップは「au Online Shop」や「povo」と同様にLiquidが提供する「LIQUID eKYC」を利用しているとのこと。

これにより、KDDIおよび沖縄セルラー電話ではすでに提供している「au」や「povo」とともにすべての携帯電話サービスブランドでeSIMを提供しています。なお、既存のUQ mobile契約者も物理的なSIMカードからeSIMへ切り替え可能で、手数料は発行・再発行ともに店頭では2,200円(税込)、オンライン(UQ mobileオンラインショップまたは「My UQ mobile」)では無料とのこと。

ただし、eSIMを再発行する前にeSIMプロファイルを削除してしまった場合、My UQ mobileでは手続きを行えないため、auショップやUQスポットなどのUQ mobile取扱店で手続きすることになるという。UQ mobileオンラインショップで購入した製品の場合には電話窓口でも対応可能だとしています。その他、現時点におけるUQ mobileにおけるeSIM対応機種はiPhoneシリーズのみということです。

その他、UQ mobileオンラインショップではSIMのみ契約で「くりこしプラン +5G」を申し込んだ場合に新規契約なら3,000円相当(不課税)、他社から乗り換え(MNP)なら最大10,000円相当(不課税)をau PAY残高でキャッシュバックするキャンペーンが実施されていますが、eSIMも対象となっています。

続きを読む

NTTドコモ、オンラインショップとahamoで「eSIM」を9月8日に提供開始!eKYCと合わせてオンラインで申込から最短1時間で利用可能に


ドコモショップとahamo.comにてeSIMを9月8日より提供!eSIM対応機種にiPhoneとiPadも追加

NTTドコモは1日、同社の公式Webストア「ドコモオンラインショップ」およびオンライン専用の料金プラン「ahamo」の公式Webサイト「ahamo.com」において「eSIM」の提供を2021年9月8日(水)10時より開始すると発表しています。それぞれ既存の物理的なSIMカードを利用している場合のeSIMへの変更も可能とのこと。

事務手数料はeSIMを新規発行する場合や機種変更に伴うeSIMの再発行はドコモオンラインショップおよびahamo.comともに無料となっており、利用する製品を変更する場合などによる利用者都合のeSIM再発行もキャンペーンによって終了時期未定で無料となる見込み。一方、ドコモショップ店頭における利用者都合のeSIM再発行は2,200円(税込)がかかるという。

また合わせて9月8日よりeSIMの対応機種に「iPhone」と「iPad」を追加します。さらにahamoではすでに「eKYC」が導入されていますが、ドコモオンラインショップにおいても9月8日より新規契約および他社から乗り換え(MNP)による本人確認手続きにおいてeKYCを導入します。

これにより、ドコモオンラインショップおよびahamo.comではeSIMとeKYCを利用することによってオンラインで申込から開通まで完結でき、SIMの発行や郵送などの手続きが不要となります。なお、同社では現在、ドコモオンラインショップではSIMのみ契約でdポイント(用途・期間限定)を10,000ポイントプレゼントするキャンペーンを実施していますが、9月8日以降はeSIMも対象になるとのことです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。