S-MAX

iPhone12ProMax

NTTドコモ、iPhone 12シリーズやGalaxy Note20 Ultra 5G、AQUOS sense5Gなどを3月19日から契約変更(Xi→5G)で1万1000円OFFに


docomoの5Gスマホ12機種が3月19日から契約変更(Xi→5G)で1.1万円割引に!

NTTドコモは16日、5G対応スマートフォン(スマホ)「iPhone 12 Pro」、「iPhone 12 Pro Max」、「iPhone 12」、「iPhone 12 mini」、「Galaxy Note20 Ultra 5G SC-53A」、「arrows NX9 F-52A」、「LG VELVET L-52A」(デュアルスクリーン付き含む)、「AQUOS sense5G SH-53A」、「Xperia 5 II SO-52A」、「AQUOS R5G SH-51A」、「Galaxy S20+ 5G SC-52A」、「arrows 5G F-51A」の12機種を契約変更(Xi→5G)で2021年3月19日(金)より「5G WELCOME割」にて11,000円(金額はすべて税込)割り引くとお知らせしています。

現在も契約変更(Xi→5G)にてXperia 5 II SO-52Aは6,600円割引、AQUOS R5G SH-51AおよびGalaxy S20+ 5G SC-52A、arrows 5G F-51Aでは5,500円割引となっていますが、これらの機種では割引額が増額され、他の機種では新たに対象となってともに11,000円割引となります。なお、ドコモショップや量販店などのNTTドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」ともに同額の割引となるとのこと。

ドコモオンラインショップでは契約事務手数料は無料。同社ではこれらの変更に伴ってドコモオンラインショップにてこれらの機種の契約変更(Xi→5G)における購入手続きが3月19日0〜10時までできないとのことですのでご注意ください。

続きを読む

iPhone 12シリーズにてデュアルSIMで楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vを使うと圏外/通話待受不可になる不具合がiOS 14.4で解消


iOS 14.3のiPhone 12シリーズとRakuten UN-LIMIT Vの組み合わせによる不具合が修正!

既報通り、Appleが日本時間1月27日3時にiPhoneおよびiPod touch向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 14.4(18D52)」を提供開始しています。変更点はwatchOS 7.3との組み合わせで心電図に対応したほか、より小さなQRコードの読み取りに対応するなどの機能改善、そしてバグや脆弱性の修正が行なわれています。

過去にiOSのバージョンアップによって急に使えなくなったことがあるau回線を用いた仮想移動体通信事業者(MVNO)のau VoLTEに対応したサービスについては直後に動作確認をしていましたが、以前に紹介していたiOS 14.3にした「iPhone 12」シリーズにて楽天モバイルの自社回線(以下、楽天回線)による携帯電話サービス「Rakuten UN-LIMIT V」( https://network.mobile.rakuten.co.jp/ )をデュアルSIMで使った場合、楽天モバイルが圏外になるケースがありましたので、こちらについてもiOS 14.4にした「iPhone 12 Pro Max」で確認してみました。

結論から言うと、この問題はiOS 14.4で修正され、圏外にならなくなっていました。なお、以前に紹介したときにはRakuten UN-LIMIT VのeSIMと他社の物理SIM(nanoSIMカード)の組み合わせで問題が起きるとお伝えしていましたが、その後、Rakuten UN-LIMIT Vの物理SIMと他社のeSIMの組み合わせでも同様に圏外になることを確認していました。

続きを読む

Apple、iPhone 12シリーズをペースメーカーなどの医療機器に近づけすぎないように案内!通常15cm以上、無線充電中は30cm以上が目安に


iPhone 12シリーズをペースメーカーなどの医療機器に近づけすぎないようにご注意を!

Appleは23日(現地時間)、最新スマートフォン(スマホ)「iPhone 12」および「iPhone 12 mini」、「iPhone 12 Pro」、「iPhone 12 Pro Max」やその周辺機器であるMagSafe対応アクセサリーをペースメーカーやICD(埋込式除細動器)などの医療機器に近づけないよう注意するようサポートページを更新しています。

同社ではこれらのiPhone 12シリーズやMagSafe対応アクセサリーについて以前のiPhoneシリーズの製品と比べて医療機器への磁気干渉のリスクが高いとは予想されていないものの、多くの磁石や無線機器を搭載しており、潜在的な相互作用を回避するためだとしています。

なお、同社では通常15cm(6インチ)以上、無線充電中の場合は30cm(12インチ)以上離すようにとしていますが、具体的なガイドラインについては医師や各医療機器の製造元に相談・確認するよう案内しています。

続きを読む

iPhoneでもデュアルSIMにできる携帯電話サービス「IIJmio」のeSIMを試した!初期1円お試しキャンペーンが1月12日まで実施中【ハウツー】


iPhone 12 Pro MaxでIIJmio eSIMサービス データプランゼロを申し込んでみた!初期費用1円キャンペーン実施中

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)が移動体通信事業者(MNO)から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している個人向け携帯電話サービス「IIJmio」( https://www.iijmio.jp )において「初期1円!eSIMお試しキャンペーン」を延長して2021年1月12日(火)まで実施しています。

キャンペーンでは「IIJmio eSIMサービス データプランゼロ」および「IIJmioモバイルサービス eSIMプラン(ベータ版)」の初期費用3,000円(金額はすべて税抜)が1円となり、IIJmio eSIMサービス データプランゼロであれば、使わない月は利用料が月額150円に抑えられます。

今回は同社による動作確認済みのApple製スマートフォン(スマホ)「iPhone 12 Pro Max」でIIJmio eSIMサービス データプランゼロを試してみましたので、iPhoneシリーズによる申込方法や設定方法などを紹介したいと思います。

続きを読む

auの3.5GHz帯を利用した5Gが12月17日に開始!iPhone 12・Galaxy S20シリーズは対応済。Xperia 1 II・5 IIは来年1月予定などの対応時期が案内


3.5GHz帯によるau 5Gは12月17日より順次提供!iPhone 12・Galaxy S20シリーズ以外の対応時期も案内

KDDIおよび沖縄セルラー電話は25日、携帯電話サービス「au」において12月中旬以降に導入すると発表していた3.5GHz帯を利用した5Gサービスについて東名阪エリアの主要都市などにおいて2020年12月17日以降に順次開始しているとお知らせしています。

3.5GHz帯を利用した5Gサービスを利用するには対応するスマートフォン(スマホ)などの製品をソフトウェア更新する必要があり、すでに12月16日より提供されている「Galaxy S20 5G SCG01」および「Galaxy S20+ 5G SCG02」(BTS Edition含む)、「Galaxy S20 Ultra 5G SCG03」、そして今月9日に行なわれた発表会で必要な認証を取得していると説明されていた「iPhone 12」および「iPhone 12 mini」、「iPhone 12 Pro」、「iPhone 12 Pro Max」が対応済みであると案内されています。

また合わせてこれらの機種以外の製品についての対応予定時期も案内されており、「Xperia 1 II SOG01」や「Xperia 5 II SOG02」が2021年1月以降を予定しているなどとなっています。さらにauでは5Gサービスのエリアマップを公開していますが、3.5GHz帯を利用した5Gサービス(n78)の提供開始に合わせて従来のSub6およびミリ波に加えて3.5GHz帯などのSub6・ミリ波以外の周波数による今冬以降のエリアが掲載されています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。