S-MAX

mineo

携帯電話サービス「mineo」にてDプラン(NTTドコモ回線)でもeSIMを2月22日に提供開始!契約数は123万回線を突破で微増傾向に


マイネオにてDプランでもeSIMが2月22日より提供!

既報通り、オプテージは31日、オンラインにて「mineo 2023新サービス発表会」を開催し、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo」( https://mineo.jp )において新料金プラン「マイそく スーパーライト」や新オプションサービス「10分通話パック」、無料の「広告フリー」機能、最適な料金プランをWebで確認できるシミュレーションツール「マイネオプランメーカー」などを発表しました。

また合わせて2022年8月に開始したAプラン(au回線)に続き、新たにDプラン(NTTドコモ回線)においても「eSIM」を2023年2月22日(水)より提供すると発表しています。DプランでもeSIMに対応することによって回線開通までオンラインで完結し手早く利用開始できるほか、スマートフォン(スマホ)などのeSIMに対応したデュアルSIM製品なら1台で複数のSIMを運用しやすくなるなどとなります。

DプランにおいてeSIMに対応する料金プランは「マイピタ」および「マイそく」、「デュアルタイプ(音声通話+データ通信)」、「シングルタイプ(データ通信のみ)」を問わず対象となっており、mineoが取り扱っているeSIM対応製品は「iPhone 13」や「AQUOS wish」、「Xperia 10 IV」、「Redmi Note 10T」などがあり、動作確認済み対応端末は公式Webサイトにて掲載するとしています。

なお、現時点で詳細は明らかにされていませんが、AプランにおけるeSIMについてはeSIMプロファイルの発行時(再発行含む)にeSIMプロファイル発行料として440円(金額はすべて税込)がかかります。その他、同社ではmineoの契約数が123万回線に到達したことを明らかにしており、昨年7月末時点で122万回線でしたので非常にわずかながらも増加していることがわかりました。

続きを読む

mineoにて月額250円・最大32Kbpsの新料金プラン「マイそく スーパーライト」や「10分通話パック」、無料の「広告フリー」などが順次提供


mineoにてマイそく スーパーライトや10分通話パック、広告フリーなどが追加!

オプテージは31日、オンラインにて「mineo 2023新サービス発表会」を開催し、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo」( https://mineo.jp )において新料金プラン「マイそく スーパーライト」や新オプションサービス「10分通話パック」、無料の「広告フリー」機能、最適な料金プランをWebで確認できるシミュレーションツール「マイネオプランメーカー」などを発表しています。

マイそく スーパーライトは最大速度が上下32Kbpsながら月額250円(金額はすべて税込)で利用でき、デュアルタイプ(音声通話+データ通信)のみでシングルタイプ(データ通信のみ)での提供はなく、通話オプションサービスと組み合わせた通話専用回線や非常時のためのバックアップ回線などとして活用できる新料金プランで、2023年2月22日(木)に提供開始されます。

また10分通話パックは月額110円で月当たり10分までの通話料が含まれている新オプションサービスで、これまで業界最安水準で提供してきた「10分かけ放題」や「時間無制限かけ放題」は非常に好評なものの、もっとライトユースな人もっとお得な通話サービスを提供するべく、2月1日(水)に提供開始されます。

さらに広告フリーはトビラシステムズの協力によって料金プラン「マイピタ」において広告による月間高速データ通信容量(以下、パケット)の消費をカウントフリーにする新機能で、利用するには申し込みが必要ですが、無料で利用できるとのこと。提供開始は3月1日(水)となっています。

その他、マイネオプランメーカーはmineoの料金プランは大きく分けて「マイピタ」や「マイそく」があり、それぞれにいくつかのプランがあるので複雑になってきたため、自分の生活スタイルや考え方にあった最適なスマホプランの選択をサポートするWebのシミュレーションツールとなるということです提供開始は3月上旬を予定。

続きを読む

携帯電話サービス「mineo」にてデータ容量1010MBがもらえるなどの「スッキリいこう。」キャンペーンを実施中!池袋駅にポスターを掲載


マイネオにて「スッキリいこう。」キャンペーンが実施!高速データ通信容量1010MBをもれなくプレゼント

オプテージは19日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo」( https://mineo.jp )において2023年に入って“心機一転”して「スッキリいきましょう!」というメッセージを込めて東武線池袋駅の南改札口に大きなポスターボードを掲載する「スッキリいこう。」キャンペーンを2023年1月18日(水)~ 2023年2月17日(金)まで実施するとお知らせしています。

キャンペーンではポスターボードに掲載されているQRコードを読み込むとmineo利用者なら誰でももれなく1010MBの高速データ通信容量(以下、パケット)がもらえるほか、4週連続でTwitterキャンペーンを実施して第1弾として「#実はガマンしていること」投稿キャンペーンを実施して抽選で100人にAmazonギフト券1,000円分をプレゼントするということです。

パケット1010MBがもらえるQRコードは公式にはオンライン上に掲載されていないものの、mineoのコミュニティーWebサイト「マイネ王」などにて掲載されており、mineoでもQRコードはSNSなどでの共有(シェア)を推奨しています。なお、ポスターボードについては駅係員への問い合わせは遠慮するように案内されています。

続きを読む

携帯電話サービス「mineo」にて2023年新春企画「マイネオ七福神」が1月31日まで実施中!おみくじを引くともれなく100MB〜10GBプレゼント


格安SIMのマイネオで最大10GBのパケットをプレゼント中!

オプテージは5日、移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo」( https://mineo.jp )において2023年新春企画「マイネオ七福神」を2023年1月5日(木) ~ 2023年1月31日(火)23時59分まで実施するとお知らせしています。

mineoにて毎年行われているマイネオ七福神は公式Webコミュニティーサイト「マイネ王」内にある専用Webページ( https://king.mineo.jp/campaign_omikuji/18 )にておみくじを引くと出た福袋によって1等から6等までの特典が用意されていて最大10GB(10240MB)の高速パケット通信量がプレゼントされます。

続きを読む

2023年のスマホはどうなる?スマホ価格高騰や障害対策など。NTTドコモやKDDI、ソフトバンク、楽天、各MVNOなどの年頭所感をチェック


2023年はどうなる!?携帯電話会社などの年頭所感を紹介

昨年「2022年」は日本では急激な為替変動(いわゆる「円安」)の影響によって食品や日用品などの値上げが続き、中でも長引く半導体の供給不足もあってスマートフォン(スマホ)やタブレットでは高性能な高価格帯製品を中心に価格高騰が印象に残った年となりました。

これにより、一昨年「2021年」に起きたいわゆる“官製値下げ”による通信料金の引き下げがあったものの、スマホなどを新たに購入した場合には携帯電話会社へ支払うトータルの支出が増えてしまうという現象が起きました。

一方、その通信料金も楽天モバイルが0円から利用できる料金プランを廃止したほか、NTTドコモのオンライン専用プラン「ahamo」ではより大容量の高速データ通信が利用可能な“ahamo大盛り”を提供開始するなど、2021年の値下げの反動とも言えるARPU(1契約当たりの平均売り上げ)を上げる傾向となったように思われます。

その他に2022年の携帯電話市場において印象に残ったのはやはり今年7月に起きたKDDIのau通信障害でしょうか。近年の携帯電話網における通信設備が複雑になったことも影響し、結果として障害時間61時間25分、影響が日本全国の音声(VoLTE)で約2278万人、データ通信のみで765万人以上となり、非常に大規模な障害となってしまいました。

この障害では緊急通報を含む音声通話も長時間に渡って利用できなかったことや配送業などの業務用に使われていたこともあり、サブ回線の重要性が多くの人に認識されることになったほか、さらに障害時などにおける“事業者間ローミング”の提供に向けた議論が総務省でも活発化されるなど、かなり影響が大きかったように思われます。

これらの楽天モバイルの0円からの料金プランの廃止やサブ回線の重要性の認識などによって昨年は移動体通信事業者(MNO)の値下げの影響でシェアを落としていた“格安SIM”を提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)が再び全体としてはシェアを伸ばした1年となりました。

そういった中で今年は0円からはじまる料金プランを廃止して契約者数が純減となってる楽天モバイルがエリアでは今年中に日本全国の人口カバー率99%超えをめざしており、楽天経済圏を活用したお得感で巻き返せるのか勝負の年となりそうです。また楽天モバイルでは2023年以降にAST&Science(AST)による衛星通信を利用したサービスを提供開始するとしています。

これに対し、衛星通信サービスでは昨年に日本でSpace Exploration Technologies(SpaceX)による「Starlink」が提供開始され、SpaceXと提携しているKDDIが僻地などのau通信網のバックホール回線として利用開始するなど、携帯電話のエリア競争も新たな展開がはじまってきています。

そんな「2023年」に各携帯電話事会社がどのような心づもりでサービスを提供していくのか、まずは各社の新年の挨拶、年頭所感をチェックしてみたいと思い、今回はNTTドコモやKDDI(au・UQ mobile・povo)、ソフトバンク(SoftBank・Y!mobile・LINEMO)、楽天グループ、インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)などの年頭所感や年頭挨拶などを以下にまとめて紹介します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。