S-MAX

mineo

携帯電話サービス「mineo」にて2022年新春企画「マイネオ七福神」が1月31日まで実施中!おみくじを引くともれなく100MB〜10GBプレゼント


格安SIMのマイネオで最大10GBのパケットをプレゼント中!

オプテージは5日、移動体通信事業者(MNO)から回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo」( https://mineo.jp )において2021年新春企画「マイネオ七福神」を2022年1月5日(水) ~ 2022年1月31日(月)23時59分まで実施するとお知らせしています。

mineoにて毎年行われているマイネオ七福神は公式Webコミュニティーサイト「マイネ王」内にある専用Webページ( https://king.mineo.jp/campaign_omikuji/14 )にてくじを引くと出た福袋によって最大10GB(10240MB)の高速パケット通信量がプレゼントされます。

続きを読む

2022年のスマホはどうなる?料金値下げの影響や5G拡充など。NTTドコモやKDDI、ソフトバンク、楽天、各MVNOなどの年頭所感をチェック


2022年はどうなる!?携帯電話会社などの年頭所感を紹介

昨年「2020年」はいわゆる“官製値下げ”によってNTTドコモやKDDI、ソフトバンクといった移動体通信事業者(MNO)の各社がオンライン専用プラン「ahamo」や「povo」、「LINMO」を提供開始し、対する新興の楽天モバイルは月額0円から使える「Rakuten UN-LIMIT VI」を開始するなど、携帯電話の料金プランがかなり安くなったと思われます。

また“2年縛り”などの定期契約による割引やそれに伴う契約解除料が撤廃され、新製品については昨年秋から購入時よりSIMロックをかけずに販売し、年末にはNTTドコモやau、SoftBank、Y!mobileにてメールアドレスの持ち運びサービスも提供開始され、より携帯電話サービスを乗り換えやすくなってきています。

一方、これまで“格安SIM”として少しずつシェアを伸ばしていた仮想移動体通信事業者(MVNO)はMNOの料金値下げの影響を受け、各社ともに値下げや対抗プランを打ち出したものの、MVNOの全体としてはシェアを落とした1年となりました。

そういった中で今年はこれらの料金値下げの影響がより本格化していくと見られるほか、NTTグループの再編や新生NTTドコモグループの本格始動をはじめとした新しい動きが予定され、また5Gも昨年に従来のNSA方式だけでなくSA方式も導入開始され、今年はいよいよ5Gがエリアも拡充されて主流になっていくものと期待されます。

そんな「2022年」に各携帯電話事会社がどのような心づもりでサービスを提供していくのか、まずは各社の新年の挨拶、年頭所感をチェックしてみたいと思い、今回は、NTTドコモおよびKDDI(au・UQ mobile・povo)、ソフトバンク(SoftBank・Y!mobile・LINEMO)、楽天、インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)などの年頭所感や年頭挨拶などを以下にまとめて紹介します。

続きを読む

携帯電話サービス「mineo」にて音声通話の自動プレフィックス付与機能へ12月以降順次対応!自動付与を活用したサービス拡充改善も検討中


mineoにて自動プレフィックス付与機能に12月以降順次対応!当面は料金などは変わらず

オプテージは1日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo」( https://mineo.jp )において日本国内宛の音声通話について今後の音声サービス拡充改善を目的として音声ネットワーク設備の仕様変更を2021年12月以降順次実施するとお知らせしています。

これにより、自動プレフィックス付与機能への対応が行われるとのこと。自動プレフィックス付与機能への対応はNTTドコモ回線のDプランでは2021年12月8日(水)を予定し、au回線のAプランでは2022年3月以降を予定、ソフトバンク回線のSプランでは2022年1月以降を予定しているということです。

対象プランはauプラン(Aプラン)およびドコモプラン(Dプラン)、ソフトバンクプラン(Sプラン)の月額サービス、auプラン(Aプラン)とドコモプラン(Dプラン)のプリペイドサービスとなっています。

続きを読む

携帯電話サービス「mineo」にて「5G通信オプション」が12月1日より無料に!利用するには申込は必要。既存利用者は12月分から自動適用


マイネオの5G通信オプションが12月から月額0円に!

オプテージは29日、同社が移動体通信事業者(MNO)から回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「mineo」( https://mineo.jp )において「5G(第5世代移動通信システム)」が利用できるようになる「5G通信オプション」について月額料金を変更するとお知らせしています。

これまで5G通信オプションは月額220円(金額はすべて税込)で提供してきましたが、2021年12月1日(水)より0円となるとのこと。すでに5G通信オプションを利用中の場合は2021年12月の利用分から0円に変更されるということです。

対象プランはauプラン(Aプラン)およびドコモプラン(Dプラン)、ソフトバンクプラン(Sプラン)の月額サービス、auプラン(Aプラン)とドコモプラン(Dプラン)のプリペイドサービスとなっています。

なお、月額料金は無料となりますが、利用するには申し込みが必要なのは従来通りなのでご注意ください。また5Gが可能な5G対応エリアは移動体通信事業者(MNO)の各社の回線によって異なり、5Gを利用するには5G対応製品が必要となります。

続きを読む

ソニー、eSIM&5G対応のSIMフリースマホ「Xperia 10 III Lite XQ-BT44」を発表!楽天モバイルやIIJmio、mineo、goo、nuroから8月27日に発売


ソニーからSIMフリースマホ「Xperia 10 III Lite XQ-BT44」が登場!

ソニーは20日、新たに5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 III Lite(型番:XQ-BT44)」を発表しています。発売日は2021年8月27日(金)で、SIMフリーモデルとして移動体通信事業者(MNO)や仮想移動体通信事業者(MVNO)から販売されます。

販路はMNOでは楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT VI」、MVNOではインターネットイニシアティブ「IIJmio」およびオプテージ「mineo」、NTTコミュニケーションズ「OCN モバイル ONE」(goo Simseller)、ソニーネットワークコミュニケーションズ「nuroモバイル」となっています。

価格(金額はすべて税込)は楽天モバイルでは46,800円、IIJmioでは46,800円、mineoでは48,840円、goo Simsellerでは通常40,469円(発売記念特価は販売開始当日に公開)、nuroモバイルでは48,800円で、各販路ともにすでに予約販売を開始しており、goo Simsellerでは他社から乗り換え(MNP)で14,300円OFF、対象オプション同時加入で2,200円OFFとなります。

また各販路にてさまざまなキャンペーンが実施され、楽天モバイルでは「Xperia 10 III Lite Wチャンスキャンペーン」を実施し、応募した上で購入すると抽選で抽選で1500人に楽天ポイントを5,000ポイント還元するほか、さらに対象の純正カバーを購入すると抽選で300人に1,000ポイントが還元されます。

IIJmioでは現在実施中の「ギガプラン端末割引キャンペーン」および「ご愛顧感謝キャンペーン」の対象に追加され、2021年8月31日(火)までに新料金プラン「ギガプラン」の音声通話機能付きSIM(音声SIM)をMNPで契約した場合に16,820円OFFの29,980円になるほか、データプランゼロ(eSIMサービス)を除くプランを利用中の人が購入すると選べるe-GIFTを5,000円分プレゼントします。

nuroモバイルでは「先行予約キャンペーン」でソニー製ワイヤレスステレオヘッドセット「WI-SP500」を抽選で230人にプレゼントするほか、新規契約またはMNPなら「購入特典」として5,000円分がキャッシュバックされ、さらに「音声通話付きSIM特典」で新規契約・MNPの登録事務手数料3,300円が無料となるとのこと。

その他、IIJmioおよびmineo、goo Simseller、nuroモバイルにてXperia 10 III Liteを10月31日(日)までに購入して11月7日(日)までに応募した場合に「Xperia 10 III Lite発売記念キャンペーン」でソニーマーケティングが運営するソニー公式Webショップ「ソニーストア」で使えるお買い物券5,000円分を抽選で3000人にプレゼントするということです。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア 楽天モバイル Rakuten UN-LIMIT VI
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。