イー・アクセスとウィルコムが合併へ!

ソフトバンクは3日、同社の子会社でともに通信会社として「イー・モバイル」ブランドで携帯電話事業を手がける「イー・アクセス」と、PHS事業を手がける「ウィルコム」の2社を2014年4月1日(予定)を効力発生日として合併すると発表しています。

今回、両社にて基本合意書を締結し、それぞれからプレスリリースが発表されています。存続会社はイー・アクセスとなりますが、経営体制および会社の社名、ブランドなどについては後日発表があるということです。

なお、ソフトバンクグループとしては両社以外にも本家となるソフトバンクモバイルもあり、今後、長期で見ればそれらともなんらかの合併なりの動きがあるかもしれませんね。

イー・アクセスおよびウィルコムは、いずれもソフトバンクのグループ会社であり、イー・アクセスは2013年1月1日付けで、ウィルコムは2013年7月1日付けでソフトバンクの完全子会社となっています。

両社はともに通信事業を展開しており、2013年1月17日からそれぞれの専売店である「イー・モバイルショップ」および「ウィルコムプラザ」にて相互に商品を取り扱うなど、連携を進めてきました。

今回、さらに効率的に両社の有する経営資源を活用し、事業を拡大していくために2014年4月1日(予定)をもって合併を行うことで合意したとのことです。

合併後存続する会社は、イー・アクセスの契約数約440万とウィルコムの契約数約570万を合わせて1000万以上の移動通信サービスの顧客基盤を持つこととなります。

また、イー・アクセスの展開する無線事業と固定通信事業、ウィルコムの展開するPHS事業を引き続き発展させるとともに、特に市場拡大が見込まれるスマートフォン分野に注力していくとのこと。

合併後存続する会社の社長はエリック・ガン(現イー・アクセス代表取締役社長)が、副社長は寺尾洋幸(現ウィルコム執行役員営業統括マーケティング本部長)が務める予定。

その他の経営体制および会社の社名、ブランドなどについては、決まり次第発表するということです。以下が今回基本合意した合併のスケジュールとなっています。

2013年11月29日 基本合意書締結に関する取締役会決議(イー・アクセス)
2013年12月3日 基本合意書締結に関する取締役会決議(ウィルコム)
2013年12月3日 基本合意書締結(両社)
2014年1月下旬(予定) 合併契約締結に関する取締役会決議(両社)
2014年1月下旬(予定) 合併契約締結(両社)
2014年2月中旬(予定) 合併承認臨時株主総会(両社)
2014年4月1日(予定) 合併の効力発生日

※本取締役会決議は、ウィルコムの取締役会決議を効力発生の条件としました。


記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
当社子会社間の合併に関するお知らせ | 企業・IR | ソフトバンク