SIMフリースマホ「ZTE Blade V6」が11月下旬に発売!

ZTEジャパンは11日、都内にて「新製品発表会」を開催し、日本国内にてSIMフリーな約5.0インチHD(720×1280ドット)IPS液晶を搭載したAndroidスマートフォン(スマホ)「ZTE Blade V6」(ZTE製)を2015年11月下旬に発売すると発表しています。

価格はオープンながら予想販売価格が26,800円(税抜)。家電量販店およびSIMフリー製品取扱店、仮想移動体通信事業者(MVNO)を通じて販売されるとのこと。発売に先立って2015年11月12日(木)より事前予約受付が実施されます。

Blade V6はZTEの「Blade」シリーズの最薄モデルで、2015年7月に中国・上海にて開催された「Mobile World Congress Shanghai 2015」で初披露されました(発表時のモデル名は「ZTE Blade D6」)。

約5.0インチのHDディスプレイにクアッドコアCPU、1300万画素のメインカメラなど充実した基本性能を備えており、高品質アルミ合金のボディーを採用しながら約6.8mmの薄さに約122gという軽量化を実現し、持ちやすいサイズとなっています。アルミは強度の高い6013合金を採用。

スペックとしては64bit対応MediaTek製1.3GHzクアッドコアCPU「MT6735」や2GBのLPDDR3内蔵メモリー(RAM)、16GBの内蔵ストレージ、microSDカードスロット(最大32GB)、約1300万画素リアカメラ、約500万画素フロントカメラ、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 4.0、microUSB 2.0端子、3.5mmイヤホンマイク端子、2200mAhバッテリーなど。

SIMカードスロットはmicroSIMカード(3FF)と2G(GSM)専用のnanoSIMカード(4FF)のデュアルSIM対応。LTE UE Category 4に対応し、下り最大150Mbpsで利用可能。

対応周波数帯は4G(FDD-LTE方式)の800MHz(Band 19)および900MHz(Band 8)、1900MHz(Band 2)、2100MHz(Band 1)、3G(W-CDMA方式)の800MHz(Band 6およびBand 19)および900MHz(Band 8)、2100MHz(Band 1)、2G(GSM方式)の850および900、1800、1900MHz。

OSにはAndroid 5.0.2(開発コード名:Lollipop)を採用しており、独自ユーザーインターフェース(UI)「MiFavor 3.2」が導入されています。

記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
[ZTEジャパン] SIMフリースマートフォン「ZTE Blade V6」を発表 - ZTE Japan