S-MAX

2015年01月

NTTドコモが2014年度第3四半期決算説明会を開催!新料金プランによる収支影響は底打ちで改善傾向ーー同時発表した「ドコモ光」はまず通過点として100万契約をめざす【レポート】

不健全なキャッシュバックはせず、ドコモ光シェアパックを訴求する

NTTドコモは29日、都内にて「2014年度第3四半期決算説明会」を行った。さらに同説明会では、既報のフレッツ光回線による固定ブロードバンドサービス「ドコモ光」、そして、それとスマートフォン(スマホ)の料金をパックにして割引する「ドコモ光パック」などの新サービスを発表した。

まずはじめに簡単に説明されたNTTドコモの決算(累計)概況では対前年度同期減益減収となり、その内訳は営業収益33,268億円(前年同期比-1.1%)、営業利益5,871億円(前年同期比-14.7%)となった。

オペレーション関連では新料金プラン契約数1,354万件、純増数217万契約(前年同期比3.4倍)、スマホ利用数2,733万契約(前年同期比1.2倍)と発表し、純増数は改善、新料金プランの収支影響は底打ちし改善トレンドを維持する見込みを立てた。

質疑応答では主に新サービスのドコモ光について同社代表取締役社長加藤薫氏が説明を行った。今回はドコモ光の発表会を含む内容を写真を交えてレポートする。

続きを読む

一足先にPanasonicのLTE対応Androidデジタルカメラ「DMC-CM1」にも触れる?!「CP+(シーピープラス)2015」が2月12~15日までパシフィコ横浜で開催ーー事前に見どころをチェック

カメラと写真にふれあえるイベント「CP+2015」が2月12日~15日まで開催

カメラ映像機器工業会(CIPA)は27日、神奈川県・パシフィコ横浜にて2015年2月12日(木)から15日(日)に開催する総合的カメラ映像ショー「CP+2015(シーピープラス)」の事前説明会を行った。

昨年はデジタルカメラとスマートフォン(スマホ)の連携や、スマホ向けカメラアクセサリーなどの展示のほか、カメラを搭載し手軽に空撮を可能とするクアッドコプター、ドローンの展示も行われていた。

開催場所は昨年と同じくパシフィコ横浜の展示ホールで行われ、さらにアネックスホール2階ではフォトアクセサリーアウトレット(14日、15日のみ)・日本最大級の参加型写真イベント御苗場が開催される。

また、会議センターではさまざまなセミナーが行われる。今回は事前説明会に参加してきたので、事前にイベントの見どころを紹介する。

続きを読む

スペック一新の「ZenFone 2」と「Pegasus」で世界市場を攻めるASUSーーPCメーカーらしい低価格と多数モデルで展開【山根康宏の“世界のモバイル”】


各国でヒットを飛ばしたZenFoneの後継モデル「ZenFone 2」が登場!

昨年は「ZenFone 5」が日本を含めた販売各国でヒット商品となったASUSTeK Computer(以下、ASUS)。2015年はラインナップを一新し、新製品でさらなるシェア拡大を目論んでいる。今月発表された新型の「ZenFone」シリーズはパソコン(PC)メーカーらしく多数の仕様のバリエーションモデルを展開、そして、さらなる低価格モデルとして新興市場向けの「Pegasus」も投入し、スマートフォン(スマホ)市場での地位を着々と高めようとしている。

ZenFoneシリーズは従来からのASUSのスマホ製品とは一線を画する低価格かつ高性能なラインナップとして2014年1月に開催された「CES 2014」で発表された。Intel製チップセットを搭載した4インチ、5インチ、6インチの3モデルが用意され、このうち5インチモデルのZenFone 5は価格の手ごろ感と使いやすいサイズが瞬く間に大人気となった。

最初に販売された台湾では定価よりも高値で転売されるほどの注目製品となり、ASUSの予想を上回るほどの売れ行きとなり、一時は品切れ状態が続いたほどだ。

その後は各国での展開も始まり、Qualcommチップを搭載した「ZenFone 5 LTE」も日本など先進国に積極的に投入された。一方フィリピンなど新興国にはディスプレイ解像度をqHD(960×540ピクセル)に落とした「ZenFone 5 Lite」も投入されるなど、ZenFoneファミリーは着々と製品バリエーションを増やしていった。

続きを読む

NTTドコモ、FOMA旧料金プラン向けに無料通信分を無期限に繰り越せる「ずっとくりこし」を6月1日より提供!家族への繰り越し適用は5月末に終了ーーファミリー割引などの上限も20回線に


NTTドコモが「ずっとくりこし」を6月より提供!

NTTドコモは29日、3G(W-CDMA方式)を用いた携帯電話サービス「FOMA」における旧料金プランを利用している人向けに毎月の無料通信分を契約のプランごとの上限額まで無期限に繰り越すことができる「ずっとくりこし」を2015年6月1日(月)から導入すると発表しています。

これにより、自身の無料通信分をこれまで以上に無駄なく利用できることが可能となります。なお、ずっとくりこしの導入に伴い、余った無料通信分の家族への適用については2015年5月31日(日)で終了するということです。

また、1つのファミリー割引グループおよび新料金プラン「カケホーダイ&パケあえる」の「シェアパック」に加入できる回線数の上限を同じく6月1日から拡大し、従来の10回線から20回線にするとしています。

続きを読む

日本通信、VAIOスマホのパッケージを公開!2月発売に向けて準備中ーー30〜50歳台のストライクゾーンに直球を投げ込む


VAIOスマホは2月発売へ!

日本通信は30日、2014年度第3四半期(2014年10〜12月)決算説明会を開催し、昨年末に発表したVAIOと協業で開発している「VAIO」ブランドのスマートフォン(スマホ)について2月に発売することを明らかにし、パッケージ(箱)を公開しています。

登壇した日本通信代表取締役副社長兼COOの福田尚久氏はVAIOスマホのパッケージを持ちながら「本当は今日、このまま開けて中身を見せたいが、VAIOとの協業なので一緒に発表したいので、パッケージだけで勘弁していただきたい。」とし、説明の中では「12月4日に発売予定だったが、世界第2位のタッチパネルメーカー(Wintek)の会社更正法適用で設計変更を余儀なくされ、発売が遅れた。」ということを明らかにしていました。

なお、VAIOスマホが発表されるかどうかは不明ながら、VAIOは2月16日に新製品発表会を予定しており、同日夕方にはファン向けイベントも開催予定で、本日までイベントの募集申込が行われています。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。