S-MAX

イベント

東京オリンピックを5Gで!2020年に商用サービス開始を見据えた5G技術展示会「DOCOMO R&D OPEN HOUSE 2016」を写真と動画で紹介【レポート】

NTTドコモが描く5G通信の未来を一足先に体験!

NTTドコモが11月17日と18日の2日間、超高速・大容量通信をめざした通信規格「5G」へのプログラムとして、2017年5月以降に開設予定の「5Gトライアルサイト」での実証実験を見据えた「DOCOMO R&D OPEN HOUSE 2016」( http://docomo-rd-openhouse.jp )を開催しました。

オープンハウスではALSOKやジャパンディスプレイ(JDI)、凸版印刷などの提携企業が5G通信を活かしたサービスやソリューションの展示を行ったほか、NECやノキア、エリクソン、ファーウェイといった通信機器ベンダーによるアンテナ技術の公開を行いました。またDeNAが運用を開始している自動運転バス「Robot Shuttle(ロボットシャトル)」に5G通信機器を搭載しての試験運行なども行われました。

今回は一般公開に先駆けて11月16日に行われたメディア向けツアーでの取材の様子などを写真や動画でご紹介します。

続きを読む

ファーウェイのSIMフリースマホ「HUAWEI P9」やWindowsタブレット「MateBook」などを体験できる!品川駅で開催中のイベントに行ってみた【レポート】

イベント「HUAWEI Touch and Try Tour 2016」を紹介!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が街頭タッチ&トライイベント「HUAWEI Touch and Try Tour 2016」を11月24日(木)から26日(土)までの3日間はJR品川駅中央改札内イベントスペースにて開催している。

このイベントは11月18日より開催された名古屋を皮切りに、東京・大阪・福岡の4都市5会場でファーウェイ(Huawei Technologies)の製品をタッチ&トライできるというもの。場所も駅構内や駅前なので、出かけるついでに気軽に立ち寄れるのが良さだ。

会場ではプレゼントがもらえる体験イベントも実施中で、スタッフの案内に従ってダブルレンズを搭載するSIMフリーのスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9」と2in1タイプのWindows 10タブレット「HUAWEI MateBook」を体験するとスタンプがもらえる。

このスタンプを2つ以上貯めれば抽選に参加でき、「HUAWEIロゴ入りのスマホスタンド」や「HUAWEIロゴ入りのステンレスサーモボトル」がもらえるのだ。なお、このプレゼントはなくなり次第終了となるとのこと。さらにP9で撮影した写真をSNSに投稿すると「HUAWEIロゴ入りのフリクションボールペン」もプレゼントされる。

今回はそんなP9やMateBook、楽天モバイルなどから販売されている「honor 8」などが展示されている品川会場を紹介していく。

続きを読む

ファーウェイ、東京・名古屋・大阪・福岡でSIMフリースマホなど9機種を試せる「HUAWEI Touch and Try Tour 2016」を実施!連動するブロガーイベントの大阪・福岡はまだ申込受付中


ファーウェイが街頭タッチ&トライイベントを東京・名古屋・大阪・福岡で開催!

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は16日、東京・名古屋・大阪・福岡の駅中・駅前で同社が販売するSIMフリースマートフォン(スマホ)など9機種31台を展示して手にとって試せるイベント「HUAWEI Touch and Try Tour 2016」( http://club-huawei.jp/cp6/ )を開催するとお知らせしています。

展示される製品はスマホでは「HUAWEI P9」および「HUAWEI P9 lite」、「honor 8」、2in1タブレットでは「HUAWEI MateBook」、タブレットでは「MediaPad T2 7.0 Pro」および「MediaPad T2 10.0 Pro」、モバイルWi-Fiルーターでは「E5383」、スマートウォッチでは「HUAWEI WATCH」および「HUAWEI WATCH Elegant & Jewel」。

特にHUAWEI P9の撮影コーナーでは、ライカ監修のフィルムモード(Standard・Vivid・Smooth)やモノクロモードで撮ったキレイな写真を体験した人にプレゼントし、その写真をSNSにアップした人にはHUAWEIロゴ入りのフリクションボールペンをプレゼントします。

さらにHUAWEI P9のカメラ体験とHUAWEI MateBookの軽さ薄さ体験、もしくはタイピング体験に参加した人の中から先着300人にHUAWEIロゴ入りのスマホスタンド、抽選で同じくHUAWEIロゴ入りのステンレスサーモボトルをプレゼントするということです。

また、すでに紹介したブロガーなど向けイベント「モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング」と連動しており、日時・場所が合わせられています。なお、こちらはすでに名古屋と東京の会場は参加申込受付を終了していますが、大阪・福岡はまだ申込可能なので参加してみようという人はお早めにお申し込みください。

続きを読む

サムスン電子ジャパンがイベント「六本木ヒルズ けやき坂Galaxyイルミネーション」を開催!スマホ連動イルミネーション「Catch the Power」も登場し、携帯フォトフレームプレゼントも


六本木ヒルズ けやき坂Galaxyイルミネーションがスタート!

サムスン電子ジャパンは15日、六本木ヒルズけやき坂イルミネーションとコラボレーションしたイベント「六本木ヒルズ けやき坂Galaxy イルミネーション」を2016年11月14日(月)から12月25日(日)まで開催するとお知らせしています。

期間中、毎日17時から23時まで約120万灯のLEDによるイルミネーションが点灯し、8年目を迎える今年は琥珀色を基調とした暖色系イルミネーション「CANDLE&AMBER」も加わり、六本木の街に冬の訪れを告げているとのこと。

また、スマートフォン(スマホ)を使ってジュエリーオブジェのライティングを変化させられる体験型イルミネーション「Catch the Power」( http://catchthepower.jp )も登場し、Catch the Powerでは選んだ色に応じて運勢を占うことができ、参加者にはオリジナル携帯フォトフレームがプレゼントされるということです。

続きを読む

ファーウェイ、イベント「モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング」を東京・名古屋・大阪・福岡の4都市で実施!参加者にP9やMateBookを抽選でプレゼントも


ファーウェイがブロガーイベントを東京・名古屋・大阪・福岡で開催!参加者募集中

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)は7日、東京・名古屋・大阪・福岡の4都市で同社が販売するSIMフリースマートフォン(スマホ)「HUAWEI P9」および2in1 Windowsパソコン(PC)「HUAWEI MateBook」(ともにHuawei Technologies製)のタッチ&トライなどができるブロガーなど向けイベント「モバイルプリンスのファーウェイ王国ブロガーズミーティング」を開催するとお知らせしています。

イベントではオキラジのラジオ番組「スマートフォン王国!」のメインパーソナリティーとしてレギュラー出演のほか、ガジェット系メディアでのライターなどで活躍しているモバイルプリンスが司会を努め、P9とMateBookを各会場にて各1台ずつ(合計4台ずつ)プレゼントする抽選会も実施されます。

すでに公式Webサイト( https://huaweifan.net )にて申込受付も実施されており、日程は名古屋が11月18日(金)、東京が11月25日(金)、大阪が12月9日(金)、福岡が12月16日(金)の19時から開催予定。21時に終了予定で、参加費無料で軽食と飲料を用意されているので日程が合う人は是非申し込んでみてはいかがでしょうか。なお、公式Twitterアカウント( @Huaweifan_Net )およびFacebookページ( HuaweifanNet)も用意されており、参加者の記事などを紹介する予定。

続きを読む

話題のSIMフリースマホの新機種に電波暗箱も!携帯電話系の人気イベント「IIJmio meeting 13」の展示コーナーを紹介【レポート】


人気の携帯電話系イベント「IIJmio meeting 13」が開催!多数のSIMフリースマホなどが展示

インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は22日、同社がNTTドコモやauから回線を借り入れて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「IIJmio」についてのサービス内容やMVNOの仕組みなどを幅広く紹介するユーザー向けイベント「IIJmio meeting 13」を開催しました。

最近では他のMVNOでもこういったユーザーイベントが実施されていますが、IIJmio meetingは最も古くから回数も多く開催されており、IIJmioの人気につながった施策のひとつでもあります。

IIJmio meetingは主に担当者によるサービスや技術の紹介および解説が行われるプレゼンテーションと、IIJmioで使えるSIMフリーのスマートフォン(スマホ)などの展示で構成されています。今回はそんなIIJmio meeting 13の会場に併設されていた展示ブースの様子を写真付きでご紹介します。

続きを読む

漁業が変わる?東松島みらいとし機構とKDDI総研、LTEモジュール付きスマートブイを用いた実証実験を開始!宮城県石巻湾の漁場で見学してきた【レポート】

smartgyojo01
スマートブイで定置網漁をモニタリング

東松島としみらい機構およびKDDI総合研究所は18日、宮城県の東松島市役所鳴瀬庁舎で共同記者会見を開催し、漁業用ブイをIoT化した「スマートブイ」を用いた「スマート漁業実証実験」を開始すると発表しました。

これまでの漁業はいわゆる「漁師の勘」を基にして漁が行われてきましたが、データに基づいたより効率的な漁の実現するとともに、料理店などが漁獲量の予測を元に漁業者に直接海産物を予約するシステムの構築に向けた実証実験が産学官協同で行われることになりました。

具体的にはLTEモジュール搭載のセンサーブイ・カメラブイを開発し、ブイから送られたデータを元に水温や塩分濃度などの環境条件と漁獲量の関係を見て行く実証実験です。今回、東松島市役所鳴瀬庁舎での会見と、実際に漁船に乗っての漁場見学・ブイ設置のデモンストレーションを体験してきましたのでその模様をお伝えします。

続きを読む

CEATEC JAPAN 2016:新感覚のフラットなタッチキーボードとペン入力で個性が光る2in1タブレット「Lenovo YOGA BOOK」を写真と動画で紹介【レポート】

タッチセンサーキーボードとタッチペンが付属するお買い得タブレット「YOGA BOOK」

今年も千葉県・幕張メッセで2016年10月4日(火)から7日(金)までIoT(Internet of Things)の総合展示会「CEATEC JAPAN 2016」が開催された。

今年のCEATEC JAPANは、IoTを中心としたデバイスやパーツ、素材などの展示が展示され、タカラトミーなど玩具メーカーの出展もあり、これまでとは変わった一面も垣間見ることができた。

当ブログメディアでは、すでにレノボブースのスマートフォン(スマホ)やモバイルPCなどを中心にレポートを行っているが、今回はタッチセンサー式のキーボードを搭載する2in1タブレット「YOGA BOOK」の展示を詳しく写真と動画で紹介していく。


続きを読む

CEATEC JAPAN 2016:レノボ、世界最軽量を謳うノートPCや魅力的なコンセプトモデルを展示!屏風型でスマホとタブレットなどに変形する「Folio」や「Cplus」【レポート】


レノボとNECのPC事業の合弁会社「NECレノボ・ジャパングループ」のブースで世界最軽量のノートPCを試す!

千葉県の幕張メッセで2016年10月4日(火)から7日(金)までの4日間に渡ってIoT(Internet of Things)の総合展示会「CEATEC JAPAN 2016」が開催されています。

前回はレノボ・ジャパンのブース内におけるレノボ(Lenovo)やモトローラ(Motorola Mobility)のスマートフォン(スマホ)を紹介しました。

今回は、続けて同ブースのレノボおよび合弁会社のNECレノボ・ジャパングループ(以下、NECレノボ)のノートパソコン(PC)や未来的なコンセプトモデルの展示をお送りしたいと思います。

続きを読む

デュアルカメラ搭載で見た目にも妥協のないファーウェイのSIMフリースマホ「honor 8」をチェック!楽天モバイルが開催したタッチ&トライイベントで実機を試してきた【レビュー】


スタイリッシュにまとめられた高級感溢れるデザインのSIMフリースマホ「honor 8」を紹介!

楽天が仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( http://mobile.rakuten.co.jp )にて「格安スマホアンバサダー」の一環として「honor8 タッチ&トライ」イベントが9月27日に開催されました。

翌日の9月28日にSIMフリースマートフォン(スマホ)の新製品「honor 8」が発売。イベントではすでに紹介したように楽天モバイル担当者のほか、honor 8を開発・製造するHuawei Technologies(以下、ファーウェイ)の担当者によるプレゼンテーション(プレゼン)の様子をお届けしました。

今回は、イベントのメインでもあるhonor 8の実機を実際に試してきた様子をじっくりと写真を交えて紹介していきたいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
特集

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュースを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、エスマックス(S-MAX)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部
連絡先:s-max【at】kmax-biz.com
Twitterアカウント:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
Twitterアカウント:@memn0ck


>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。