S-MAX

イベント

東京ゲームショウ2018:スペイン発のポータブルゲーミングPC「SMACH Z」登場! AMD Ryzen搭載でGTA Vやオーバーウォッチも快適に遊べる【レポート】


スペイン発のポータブルゲーミングPC「SMACH Z」を紹介!

9月20日(木)から23日(日)までの4日間、千葉県・幕張メッセにて国内最大のゲーム関連展示会「東京ゲームショウ2018(TGS 2018)」(主催:一般社団法人コンピュータエンターテインメント協会、共催:日経BP社)が開催され、スペインのスタートアップメーカー「SMACH」社がブースを出展。同社のポータブルゲーミングPC「SMACH Z」(スマック・ゼット)が展示・公開されました。

本機はニンテンドー・スイッチのようにタブレット端末をゲームパッドで挟んだようなデザインで、その中身は高性能なタブレットPCといった雰囲気です。OSにはLinuxベースOSもしくはWindows 10が選択可能で、PC向けゲームプラットフォームである「Steam」のゲーム1000タイトル以上が遊べるポータブルゲーミングマシンであるという点をセールスポイントとしています。

本機の発売は10月から12月を予定しており、日本における販売代理店などでの価格はBTO構成ごとに8万円台から13万円台となっています(スペックの詳細は後述)。

続きを読む

フレームレステンキーが表現する原点回帰と未来感の融合デザイン!京セラ製au向けフィーチャーフォン「INFOBAR xv」を写真と動画で紹介!10月31日からはINFOBAR展も開催【レポート】


au渾身のデザインケータイ「INFOBAR xv」を写真と動画で紹介!

既報の通りKDDIおよび沖縄セルラー電話は11日、au向け「2018年秋冬モデル」の発表に合わせて「au 2018 秋冬モデル タッチ&トライ」を開催し、Android OSを採用した京セラ製フィーチャーフォン「INFOBAR xv」の実機を展示しました。発売は11月下旬を予定しており価格は未定ながらも5万円台前半となる予定です。

本機は2003年10月に発売された「INFOBAR (A5307ST)」の系統を受け継ぐ機種であり、その発売から15周年を記念したアニバーサリーモデルでもあります。本機の発表に併せてクレジットタイトルに名前を記載する権利が得られるクラウドファンディングによる資金調達も行われ、早々に目標金額である1000万円を達成するなどシリーズのファンからも高い注目を集める機種となっています。

スマートフォン(スマホ)全盛の今、敢えてフィーチャーフォンの形態で登場する本機のデザインには初代INFOBARが生まれるきっかけとなったデザインコンセプトへの原点回帰や過去の歴代INFOBARシリーズへのオマージュの意味合いが強く現れており、シリーズのファンであれば思わず手に取りたくなる要素が満載です。タッチ&トライコーナーにて実機に触れる機会がありましたので、写真や動画とともにご紹介します。

続きを読む

いち早くゲーミングスマホ「ROG Phone」を試せるチャンス!ASUS JAPANが先行レビューアー&プロモーション動画参加者を「A部」などにて募集中


エイスースの初ゲーミングスマホ「ROG Phone」を試せるイベントが開催!

ASUS JAPANは10日、ASUSTeK Computer(以下、ASUS)の製品を使っていたり、ASUSの製品が気になる人を対象に展開するコミュニティーサービス「エイスース部(略称:A部、エイブ)」において日本未発売製品のプロモーション動画参加およびレビューアー募集( https://form.ambassador.jp/get/asus/asus-bu/Project_ROG )を告知しています。

対象製品は海外で発表されている噂の最強ゲーミングスマートフォン(スマホ)「ROG Phone」で、同社ではこの製品にいち早くを触れるチャンスだとしており、イベント形式で実施されます。申込は2018年10月14日(日)24時までで、イベント日時は2018年10月19日(金)20:00~22:00(予定)。

イベントの模様が動画で収録されて後日プロモーション動画としてASUS公式Webサイトや公式YouTubeチャンネルなどに掲載されるとのこと。さらにイベント参加者は後日レビューアーとしてSNSでの質疑応答を手伝うことになっています。なお、募集はA部で3人の他に直営店「ASUS Store Akasaka」にて1人を募集するとのこと。

続きを読む

スマホカメラが三眼で異次元の性能に!写真家・内田ユキオ氏が“ポケットの中のライカ”こと「HUAWEI P20 Pro」について熱く語る【レポート】


HUAWEI P20 Proの実力をプロカメラマンが引き出す!その撮影テクニックは構図と光のコントロール

華為技術日本(以下、ファーウェイ・ジャパン)が東京・銀座のライカプロフェッショナルストア東京にて「Leica×ファーウェイ共同セミナー開催」を8月21日に開催した。

イベントでは写真家の内田ユキオ氏がNTTドコモの「2018年夏モデル」として発売されたライカレンズを搭載したフラッグシップスマートフォン(スマホ)「HUAWEI P20 Pro HW-01K」(Huawei Technologies製)で撮影した作品と同機のテクノロジーについて語った。

ライカと言えば、ドイツで9月25〜29日まで開催された「Photokina 2018」においてパナソニックとシグマの3社による戦略的協業「Lマウントアライアンス」を発表したばかりだ。フルサイズミラーレスカメラ市場に個性的な3社が参入することで、どのような化学変化が起きるのか楽しみである。

奇しくもレンジファインダー型のライカは、日本企業の一眼レフカメラシステムに市場を譲ることとなったが、2019年にはライカ既存のLマウントでパナソニックとシグマとともに、一眼レフカメラメーカーにミラーレスシステムで挑むというのは面白いトピックである。

今回は、スマホ市場においてライカと協業するHuawei TechnologiesのHUAWEI P20 Proのカメラ機能について語る内田氏のトークを写真と動画で紹介していく。

続きを読む

NTTドコモが企業向けに5G技術の展示施設「docomo FUTURE STATION」を公開中!圧巻の12Kワイドビジョンやスポーツの多視点スイッチング観戦など5Gの具体的な活用例を多数展示【レポート】


NTTドコモの5G展示施設「FUTURE STATION」を紹介!

NTTドコモが都内にある同社本社にて次世代通信規格「5G(第5世代移動体通信システム)」の展示施設「docomo FUTURE STATION」を8月22日に設置・公開しました。

同施設は企業関係者や見学者向けに公開されるもので、一般客の来場は基本的にはできません。施設の展示内容は5G技術の活用例などで、これまでに各種展示会に出展してきた内容や東京ソラマチに常設展示している内容などを総括・発展させ、さらにパビリオンとしての完成度を上げたものです。

5G技術は移動体通信事業者(MNO)各社が超大容量・超高速・超低遅延を実現する通信技術として2020年のサービス開始を予定していますが、その中でも具体的な技術の応用例やコンテンツへの活用例を積極的に発信しているのが同社です。

本施設も5Gの特徴やメリットを分かりやすく実感できる内容となっており、企業関係者などにその技術の活用を強くアピールすることが大きな目的です。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。