S-MAX

エミュレーター

Visual Studio 2017を利用してWindows 10でAndroid 8.x Oreoを試す環境を構築してみた!マルチプラットフォーム対応だけでなく、日本語環境で操作も簡単【ハウツー】


Visual Studio 2017を使ってWindows 10でAndroid 8.x Oreoを試す環境を構築!

以前にGoogleが提供するAndroidアプリの統合開発環境「Android Studio」を利用して、Windows 10へ「Android 8.x(開発コード名:Oreo)」のテスト環境を構築する手順を紹介しました。

また前回はMicrosoftが提供する統合開発環境「Visual Studio 2017」でも同様にAndroidアプリの開発ができるようにAndroid SDKを導入し、Android Debug Bridge(ADB)が使えるようにするやり方をお伝えしましたが、Visual Studio 2017でもAndroid 8.x Oreoのテスト環境を構築することができます。

Visual Studio 2017は、Android Studioを利用した方法と比べてインストールファイルサイズが大きくなってしまうのですが、その分ほとんどの操作を日本語で利用することができ、さらにAndroid Studioと比べると、Visual Studio 2017の方が操作も比較的簡単です。

また、Visual Studio 2017ならWindowsアプリやiOSアプリも含めたマルチプラットフォームに対応した開発が行えるため、Windowsでアプリ開発をするならオススメと言えるでしょう。そこで今回は、Visual Studio 2017でAndroid 8.x Oreoのテスト環境を構築する方法を紹介していきたいと思います。

続きを読む

Android Studioを利用してWindows 10でAndroid 8.x Oreoを試す環境を構築してみた!手順をわかりやすく紹介【ハウツー】


Android Studioを使ってWindowsでAndroid 8.xを試す環境を構築!

Googleからスマートフォン(スマホ)など向けプラットフォーム「Android」の最新バージョン「Android 8.x(開発コード名:Oreo)」がリリースされてからしばらく経ち、対応機種も当初の「Nexus 5X」や「Nexus 6P」、「Pixel」シリーズに加えて、日本でもかなり増えてきました。

発売時から搭載している「Xpera XZ1」や「Xperia XZ1 Compact」などをはじめとして、OSバージョンアップでも「Android One」シリーズや「Xperia XZ Premium」、「AQUOS R」などで提供されており、比較的新しい機種であればだいぶ対応が早くなってきた印象です。

一方で、アプリ開発などをする場合には実機でテストをしたほうが良い面もありますが、すべての機種でチェックするのは難しいですし、エミュレーターを使えば必ずしも実機がなくてもテストはできます。

そこで今回は、前回導入したAndroid Studioを利用して最新のAndroid 8.x Oreoを搭載した機種を持っていなくてもテストを行うことができますので、Androidのテスト環境を構築する手順を紹介したいと思います。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。