S-MAX

グーグル

グーグルの決済サービス「Google Pay」が「Suica」や「WAON」に対応!KyashやJACCS、JCBのクレジットカードなども順次対応予定。“サイフクリーム”がもらえる期間限定ショップも


決済サービス「Google Pay」が「Suica」や「WAON」に対応!使えるのはFeliCa対応機種のみ

グーグル(以下、Google Japan)は24日、Android向け決済サービス「Google Pay」(旧「Android Pay」)において新たに「Suica」と「WAON」に対応したとお知らせしています。

また今後、KyashやJACCS(ジャックス)、JCBから発行されたプリペイドカードやデビットカード、クレジットカードにも順次対応を予定しており、これらをGoogle Payに登録すると「QUICPay」を通して72万ヶ所以上の店舗などで支払いができるようになるとしています。

さらに同社では期間限定で「Google Pay “サイフクリーム” ショップ」を2018年6月15日(金)から24日(日)まで東京・新宿にある“サナギ新宿”イベントスペースにオープンするとのこと。店頭でGoogle Payの疑似体験に参加した場合、お財布と小銭をモチーフにしたオリジナルアイスクリーム「サイフクリーム」が無料でもらえます。

加えて、Android利用者でGoogle Payアプリをダウンロードした人にはスペシャルトッピングも用意しているということです。時間は11〜19時ですが、予告なく変更する場合があるとし、提供できるアイスクリームの数量には限りがあるとのことで、以前に東京・表参道で行われた「Google Home Miniドーナツショップ」と同様に盛況になりそうです。

続きを読む

家やオフィスが抱える無線LAN環境の問題を解決!グーグルが日本で販売開始したホームWi-Fiルーター「Google Wifi」を写真と動画で紹介【レポート】


グーグルがホームWi-Fiルーターを再定義する!?Google Wifiを紹介

既報通り、グーグル(以下、Google Japan)は25日、都内にて「ハードウェア新製品発表会」を開催し、メッシュ機能に対応する固定型無線LAN(Wi-Fi)ルーター「Google Wifi」を4月26日に発売すると発表した。販売価格は1台で15,000円、広範囲をカバーするメッシュ機能に最適な3台セットが39,000円(すべて税別)。

Google Wifiは同社のスマートスピーカー「Google Home」シリーズのようなシンプルなデザインを特徴としており、リビングに置ける家庭や小規模オフィスなど向けのWi-Fiルーターである。

今回の発表にはGoogle ハードウェア プロダクトマネージャーのAlex King(アレックス・キング)氏が登壇し、Google Wifiのプレゼンテーションを行ったのでその模様と製品の外観などを写真や動画を交えて紹介する。

続きを読む

グーグル、子どものAndroidを管理できるサービス「Google ファミリー リンク」を日本で提供開始!Playストアからのアプリの導入を承認・拒否したり、利用時間を設定などが可能


日本でGoogle ファミリー リンクがリリース!

グーグル(以下、Google Japan)は26日、13歳未満の子どもが利用するAndroid搭載製品を管理できるサービス「Google ファミリー リンク」を日本で提供開始したとお知らせしています。

これにより、子どもが使うAndroid搭載製品においてアプリ配信マーケット「Google Playストア」からのダウンロードを確認・承認/拒否したり、利用時間を確認・設定するなどできます。

ファミリー リンクはアメリカで2017年3月より招待制でサービスが開始され、これまでにオーストラリアやカナダ、アイルランド、ニュージーランド、イギリス、メキシコ、ニュージーランドで提供されており、日本で9カ国目の提供となるということです。

続きを読む

グーグル、メッシュ機能に対応した固定型無線LANルーター「Google Wifi」を日本で4月26日に発売!価格は1台で1万6200円、3台セットで4万2120円


Google Wifiがついに日本で発売!

グーグル(以下、Google Japan)は25日、固定型無線LAN(Wi-Fi)ルーター「Google Wifi」(Google製)を日本で2018年4月26日(木)に発売すると発表しています。販売拠点は公式Webショップ「Google ストア」および各量販店・ECサイトなど。

価格はGoogle ストアでは税抜15,000円(税込16,200円)。特徴はGoogle Wifi同士で通信してWi-Fiが利用できるエリアを広げられるメッシュ機能に対応していることで、3台セット(税抜39,000円/税込42,120円)のパッケージも用意されるということです。

これにより、1戸建てなどの上下左右に広い空間でも1つの回線をWi-Fiで利用できるようにでき、2階建てや3階建てのような縦の連携にも対応しており、家や小規模な仕事場などで好きな場所でWi-Fiによる通信が利用可能となります。

続きを読む

スマホ向けインディゲーム成功の鍵は「丸み」と「尖り」にある!グーグルが開催した「Google Play」のメディアセッションで語られた熱い開発談義を解説【レポート】


大人気ゲームの開発者がインディーゲームの現在とこれからを語る!

グーグルは6日、主にスマートフォン(スマホ)など向けのインディーゲームを制作するゲームメーカーの開発者を招待し、インディーゲームの今とこれからを語るイベント「Google Play インディーゲームデベロッパー メディアセッション2」を開催しました。

インディーゲームもしくは単にインディーズとも呼ばれるゲームジャンルはその名の通りインディー(小規模)ゲームを製作するメーカーおよびそのジャンルを指す言葉で、巨大な流通網によってパッケージ販売を行う大手メーカーと個人で製作・販売している同人活動との中間にあるような市場です。

スマホなど向けゲームは安価(もしくは無料)でダウンロード販売が可能なため、インディーゲームの市場として非常に相性が良く、日本に限らず世界中でそのブームが起きています。グーグルでは4月28日に日本初のモバイルゲームアプリ開発者を対象にしたコンテスト「Indie Game Festival 2018」の開催を予定しており、今回のセッションはそのコンテストに関連したものとなります。

普段あまり知られることのないインディーゲームの実態と「今」はどういったものなのでしょうか。セッションの内容とともに解説します。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。