S-MAX

セキュリティー

Googleアカウントに保存されているパスワードが安全かどうかをチェックできる「パスワードチェックアップ」が提供開始!Chromeブラウザーの拡張機能に続いて


GoogleアカウントでもPassword Checkupが導入!

Googleは2日(現地時間)、Googleアカウントに保存されている他のサービスのパスワードが安全かどうかを確認できるセキュリティー機能「Password Checkup(パスワードチェックアップ)」を「Googleアカウント」の「セキュリティ診断」にて提供開始したと発表しています。

パスワードチェックアップは今年2月にChromeブラウザーの拡張機能として提供開始され、Chromeブラウザーに保存されている各Webサービスのパスワードが安全かどうかを確認できるようになっていましたが、新たにGoogleアカウントでも同様の機能が利用できるようになりました。

利用するにはWebブラウザーでGoogleアカウントにログインしてパスワードチェックアップ( https://passwords.google.com/checkup/ )を表示するか、Googleアカウントから「セキュリティー」→「パスワード マネージャー」にて「パスワード チェックアップ」の項目にある「パスワードを確認」から表示します。

確認すると「不正使用されたパスワード」や「再利用されているパスワード」、「脆弱なパスワードを使用しているアカウント」が項目ごとにリストを閲覧できるので、それぞれ問題がある場合には個別に各サービスのパスワードを変更するなどして対策します。

続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 12.4」を提供開始!古いiPhoneからデータを直接転送して移行できる機能や日本と台湾のHomePodのサポートなどが追加


AppleがiPhoneなど向けiOS 12.4をリリース!

Appleは22日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 12.4(16G77)」を提供開始したとお知らせしています。対象機種は、iOS 12の対象機種であるiPhone 5s以降およびiPad 5・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)以降で、無料でアップデート可能。

変更点は古いiPhoneから新しいiPhoneにデータを直接転送して移行できる機能や日本と台湾のHomePodのサポートなどが追加されているほか、脆弱性が見つかったので一時機能を停止していたApple Watchのトランシーバー機能のセキュリティーを修正して再有効化しており、その他にも各種のセキュリティー対策および不具合修正が行われています。

これでカメラのポートレートモードで被写界深度エフェクトが適用されない不具合でiOS 12.3.2が唯一提供されてブランチしていたiPhone 8 Plusも再度統一されていました。なお、手元のiPhone XS Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

その他にもApple Watch向け「watchOS 5.3(16U569)」やApple TV向け「tvOS 12.4(16M568)」および「Apple TV Software 7.3.1(12H864)」、Mac向け「macOS Mojava 10.14.6(18G84)」、開発者向け「Xcode 10.3(10G8)」も合わせてリリースされています。

続きを読む

Apple、iPhoneやiPadなど向け最新プラットフォーム「iOS 12.3」を提供開始!新元号「令和」に対応。AirPlay 2や新しいApple TVアプリも提供開始し、各種不具合修正などを実施


AppleがiPhoneなど向けiOS 12.3をリリース!

Appleは13日(現地時間)、iPhoneやiPadなど向けプラットフォーム「iOS」の最新バージョン「iOS 12.3(16F156)」を提供開始したとお知らせしています。対象機種は、iOS 12の対象機種であるiPhone 5s以降およびiPad 5・iPad Air・iPad mini 2・iPad Pro以降、iPod touch(第6世代)で、無料でアップデート可能。

変更点はセットトップボックス(STB)「Apple TV」向け「tvOS 12.3」と合わせて新しいApple TVアプリを提供開始し、iPhoneやiPadから「AirPlay 2」によって対応するスマートテレビにビデオや写真、音楽などを直接共有が可能となったほか、日本では新元号「令和」に対応しており、その他にも各種のセキュリティー対策および不具合修正が行われています。

なお、手元のiPhone XS Maxなどでは各仮想移動体通信事業者(MVNO)でも「mineo」のAプラン(VoLTE対応)などのau回線を用いたサービスも含めて引き続き利用できていますが、どうしても心配な人は公式の動作確認を待ってみてください。

続きを読む

トリニティ、SIMフリースマホ「NuAns NEO [Reloaded]」を販売終了!後継機種は「いったんお休み」。バッテリー修理キャンペーンや関連商品セールを実施中


SIMフリースマホ「Trinity NuAns NEO [Reloaded]」を販売終了!

トリニティは13日、同社が2017年6月に発売したおサイフケータイ(FeliCa)に対応したSIMフリースマートフォン(スマホ)「NuAns NEO [Reloaded](型番:NA-CORE2-JP)」を2019年4月1日をもって販売終了したことをお知らせしています。

また同社の「NuAns NEO」シリーズは映画「The Matrix」にちなんでおり、次期製品は3作目「The Matrix Revolutions」から流れとして「NuAns NEO [Revolutions]」となるものの、同社では現時点で名前に相応しい製品を作り上げる自信がないため、いったんお休みするとしています。

一方、NuAns NEO [Reloaded]については今後、セキュリティーアップデートを予定しているほか、バッテリー交換費用が割引される「バッテリー修理キャンペーン」や関連商品も対象の最大70%OFFとなる「Trinity Online Store 在庫処分セール」を実施しています。

続きを読む

最新のWi-Fiセキュリティー規格「WPA3」に早くも脆弱性「Dragonblood」が見つかる!サイドチャネル攻撃による情報からパスワードが推測される可能性


Wi-Fiの新しい認証・暗号化規格「WPA3」に脆弱性が発見される!

ニューヨーク大学アブダビ校のMathy Vanhoef氏およびテルアビブ大学とルーヴァン・カトリック大学のEyal Ronen氏は10日(現地時間)、Wi-Fi Allianceが策定した最新の無線LAN(Wi-Fi)向け認証・暗号化規格「WPA3」にセキュリティー上の脆弱性が見つかったとして論文を公開しています。

両氏は既存の認証・暗号化規格「WPA2」および「WPA」の脆弱性「KRACKs」の発見者でもあり、WPA3に見つかった脆弱性は個人向けに提供される「WPA3-Personal」において“Dragonfly”と呼ばれるSAE(Simultaneous Authentication of Equals)方式にパスワードが推測できる可能性があるとのこと。

脆弱性は「Dragonblood」と名付けられ、特設Webサイト「Dragonblood: Analysing WPA3's Dragonfly Handshake」も公開し、脆弱性をテストするためのツールなどを公開しています。WPA3はKRACKsの発見を受けて2018年6月に発表された新しいセキュリティー規格ですが、登場から1年経たずして脆弱性が見つかったことになります。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
読者登録
LINE読者登録QRコード
検索
アマゾン タイムセール
特集
月別アーカイブ
キャリア公式オンラインストア
ドコモオンラインショップ au Online Shop ソフトバンクオンラインショップ Y!mobileオンラインストア
ソーシャルネットワーク
Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。