S-MAX

ソニーモバイル

NTTドコモ、最新コンパクトハイエンドスマホ「Xperia XZ2 Compact SO-05K」を6月22日に発売!価格は本体代7万9056円、実質は新規・機種変更で3万2400円、MNPで1万5552円に


docomoスマホ「Xperia XZ2 Compact SO-05K」が6月22日発売!

NTTドコモは15日、今夏に発売する「2018年夏モデル」のうちのアスペクト比9:18の縦長な約5.0インチフルHD+(1080×2160ドット)TFT液晶「トリルミナスディスプレイ」を搭載したAndroid 8.0(開発コード名:Oreo)採用のフラッグシップスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ2 Compact SO-05K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を2018年6月22日(金)に発売すると発表しています。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて事前予約受付が実施されており、ドコモオンラインショップでは発売に先立って6月20日(水)10時より購入手続きが開始されます。

価格(税込)は本体代が79,056円(分割3,294円/月×24回)、月々サポートおよび実質負担額が新規契約および機種変更で-1,944円/月×24回(総額-46,656円)および32,400円(分割1,350円/月×24回)、他社から乗り換え(MNP)で-2,646円×24回(総額-63,504円)および15,552円(分割648円/月×24回)となっています。

続きを読む

ソニーモバイルのコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」を無料レンタルできるキャンペーンで体験モニターを募集中!心温まるスペシャルムービーも公開中


ソニーのAIコミュニケーションロボット「Xperia Hello!」の体験モニターを募集中!

ソニーマーケティングは12日、ソニーモバイルコミュニケーションズから昨年11月18日に発売された、AI(人工知能)を活用したコミュニケーションロボット「Xperia Hello!(型番:G1209)」との生活を提案する「離れて暮らす家族をつなぐ Hello!キャンペーン」を6月12日(火)より開始したことを発表した。

厚生労働省による「平成28年 国民生活基礎調査」では、一人暮らしの高齢者が約656万人いるといわれており、日本における一人暮らしの高齢者は増加傾向だという。

そうした背景から、ソニーでは“離れて暮らす家族の架け橋”として「Xperia Hello! 」を取り入れた生活を提案し、その一環として「Xperia Hello! 」を体験してくれる家族を25組募集する。体験モニターとなる家族には「Xperia Hello! 」を無料でレンタルするとのこと。

さらに、「離れて暮らす家族をつなぐ Xperia Hello! 篇」と題したスペシャルムービーも公開している。

続きを読む

NTTドコモ向け最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ2 SO-03K」を写真と動画で紹介!世界初の4K HDR動画撮影対応やデザイン刷新の縦長画面に【レポート】


docomo向け最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ2 SO-03K」を写真と動画でチェック!

既報通り、NTTドコモは16日、今夏に発売する「2018年夏モデル」を発表し、そのうちの1機種として画面アスペクト比が18:9と縦長の約5.7インチフルHD+(2160x1080ドット)液晶「トリルミナスディスプレイfor mobile」やオクタコアCPU、Motion Eyeカメラシステムなどを搭載し、Android 8.0(開発コード名:Oreo)を採用したハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ2 SO-03K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を発売します。

発売日はすでに発表されているように5月31日(木)となり、現在、ドコモショップ店舗や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて予約・購入受付が開始されており、価格(税込)はドコモオンラインショップでは本体価格が94,608円、実質負担額が新規契約および機種変更で47,952円、他社からの乗り換え(MNP)では31,104円と案内されています。

Xperia XZ2は日本国内ではNTTドコモのほか、auから「Xperia XZ2 SOV37」とSoftBankから「Xperia XZ2 702SO」の3社から同時発売されるモデルで、これまでの「Xperia」シリーズから刷新された本体デザインに、世界初の4K HDR動画撮影に対応するカメラ、スピーカーから再生されるサウンドに合わせ本体を振動させる「ダイナミックバイブレーション」などを新搭載。よりエンターテイメント指向が強く感じられる1台へと進化しました。

今回は新サービス・新商品発表後の展示会場でXperia XZ2 SO-03Kの実機にタッチ&トライできたので、当日メーカー担当者に聞いた“Xperia XZ2の注目ポイント”なども絡めて写真で紹介していきます。なお、製品の詳細については「NTTドコモ、最新フラッグシップスマホ「Xperia XZ2 SO-03K」を発表!縦長な5.7インチFHD+液晶を搭載し、デザインを刷新。5月下旬発売で、価格は本体代9万4608円、実質3万2400円から - S-MAX」も合わせてご覧ください。

続きを読む

ソニーモバイルが提案する新しいスタイル「デュアルリスニング」が楽しめる!ケーブルタイプのオープンイヤーヘッドセット「STH40D」を試す【レビュー】


外音も聞こえる「デュアルリスニング」に対応したヘッドセットを発売前レビュー!

既報通り、ソニーモバイルコミュニケーションズ(SMC)は16日、外音を遮らずに音楽や通話を楽しむことができる「デュアルリスニング」が可能な3.5mmステレオミニプラグ対応ヘッドセット「STH40D」を2018年6月23日(土)に発売すると発表した。

価格はオープンながら市場想定価格および公式Webショップ「ソニーストア」における販売予定価格は6,880 円(税別)。今回はこのSTH40Dを発売前に試すことができたので、使用感などをレビューする。

続きを読む

Xperiaシリーズの小型モデルファン待望のフルHD+液晶を初搭載!NTTドコモのハイエンドコンパクトスマホ「Xperia XZ2 Compact SO-05K」を写真と動画で紹介【レポート】


Xperiaのコンパクトシリーズ待望のフルHD+液晶搭載!docomoから「Xperia XZ2 Compact SO-05K」

既報通り、NTTドコモは16日、今夏に発売する「2018年夏モデル」を発表し、アスペクト比9:18の縦長な約5.0インチフルHD+(1080×2160ドット)液晶「トリルミナスディスプレイ for mobile」やオクタコアCPU、Motion Eyeカメラなどを搭載し、Android 8.0(開発コード名:Oreo)を採用したコンパクトハイエンドスマートフォン(スマホ)「Xperia XZ2 Compact SO-05K」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を6月下旬に発売します。

すでにドコモショップ店頭や公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などにて予約受付を実施中で、本体価格は79,056円、実質負担額で新規契約および機種変更で32,400円、他社から乗り換え(MNP)で15,552円となっています(価格は税込)。

Xperia XZ2 Compact SO-05Kはソニーモバイルコミュニケーションズが日本国内ではNTTドコモのみで発売が予定されている「Xperia XZ2」シリーズのコンパクトモデルです。小型ながらフラグシップモデル並のスペックという従来の特長はそのままに、今回のモデルでは「Xperia」シリーズのコンパクトモデルで初めてとなるフルHDクラスのフルHD+液晶ディスプレイを搭載し、より高精細な静止画・動画の閲覧が可能になりました。

今回は発表会における展示会場でXperia XZ2 Compact SO-05Kの実機をタッチ&トライすることができましたので、写真や動画で紹介したいと思います。製品詳細については「NTTドコモ、最新コンパクトプレミアムスマホ「Xperia XZ2 Compact SO-05K」を発表!縦長な5インチFHD+液晶やS845、4GB RAM、おサイフケータイ、防水・防塵など。6月下旬発売 - S-MAX」も合わせてご覧ください。

続きを読む
最新記事
QRコード
QRコード
LINE読者登録QRコード
LINE読者登録QRコード
検索

特集
月別アーカイブ

Twitterもチェックtwitter_logo

このサイトについて
スマートフォンを中心としたモバイル全般の使い方やニュース、レビューなどを提供しています。

執筆は「K-MAX」メンバーを中心に行っていますが、タレコミ、S-MAX(エスマックス)に寄稿したいというご要望も受け付けていますので、興味をもっていただけましたら、お気軽にご連絡ください。

S-MAX編集部(連絡先:s-max【at】kmax-biz.com)
記事一覧 / Twitter:@smaxjp

編集長・ライター:memn0ck
記事一覧 / Twitter:@memn0ck

>>詳しくはこちらへ

ライター執筆者は以下を参照ください。