docomoスマホ「Xperia 10 V SO-52D」が7月6日発売!

NTTドコモは22日、同社が今夏に発売する「2023年夏モデル」のうちの5G対応スタンダードスマートフォン(スマホ)「Xperia 10 V SO-52D」(Sony製)を2023年7月6日(木)に発売すると発表しています。なお、すでに事前予約受付を実施しています。

販路はドコモショップや量販店などのドコモ取扱店および公式Webストア「ドコモオンラインショップ」などで、ドコモオンラインショップでは発売に先立って2023年7月3日(月)10時に購入手続きが開始され、お届けは発売日以降順次となっています。なお、NTTドコモではラベンダーおよびブラック、ホワイト、セージグリーンの4色を取り扱いますが、セージグリーンはドコモオンラインショップ限定カラーとなります。

価格(金額はすべて税込)はドコモオンラインショップなどの直営店では79,860円(2,037円/月×23回+33,000円)となっており、残価設定方式の購入施策「いつでもカエドキプログラム」の対象で24ヶ月目に返却して特典を利用した場合の実質負担額は2,037円/月×23回(総額46,860円)となります。早期利用特典は300円/月。

また発売を記念して「Xperiaと一緒に買おう!早期購入でさらにお得!Xperia発売記念キャッシュバックキャンペーン」が実施され、Xperia 10 V SO-52Dと対象ソニー製イヤホン「LinkBuds S」および「LinkBuds」または純正ケース「Style Cover with Stand」を対象期間内に購入・応募でdポイントで最大10,000円相当がキャッシュバックされます。応募はプリインストールされている「Xperia Lounge Japan」アプリから行います。購入期間は2023年8月31日(木)まで、応募期間は2023年9月7日(木)まで。

02

Xperia 10 V SO-52Dはソニーの「Xperia」ブランドにおけるスタンダードモデル「Xperia 10」シリーズの最新機種「Xperia 10 V」のNTTドコモ版で、昨年発売された前機種「Xperia 10 IV」に続いて5Gや大容量5000mAhバッテリーに対応しつつも世界最軽量ボディーとなっており、引き続いて上位モデルと同じ映画のスクリーンのアスペクト比2.35:1とほぼ同じ9:21のシネマワイドディスプレイやトリプルレンズカメラを搭載しています。

またディスプレイは6.0インチから6.1インチとなり、ノッチやパンチホールなどの切り欠きのない約6.1インチFHD+(1080×2520ドット)有機EL(OLED)「トリルミナスディスプレイ for mobile」で、リフレッシュレートは60Hz、タッチサンプリングレートは120Hzに対応しており、前面には1/4型の約800万画素CMOS/広角レンズ(画角78°・焦点距離26mm相当・F2.0)のフロントカメラを搭載しています。

03

04

一方、チップセット(SoC)はXperia 10 IVと同じQualcomm製「Snapdragon 695 5G Mobile Platform」を搭載しており、基本スペックは6GB内蔵メモリー(RAM)および128GB内蔵ストレージ、microSDXCカードスロット(最大1TB)、5000mAhバッテリー、USB Type-C(USB 2.0)、IEEE802.11a/b/g/n/ac準拠(2.4および5.xGHz)の無線LAN(Wi-Fi)、Bluetooth 5.1、おサイフケータイ(FeliCa)、NFC Type A/B、フロントステレオスピーカー、ハイレゾ音源、位置情報取得(A-GPSなど)など。

サイズは約155×68×8.3mm、質量は約159g、本体色はNTTドコモではブラックおよびホワイト、ラベンダー、セージグリーンの4色展開で、セージグリーンはドコモオンラインショップ限定カラーとなります。また防水(IPX5およびIPX8)や防塵(IP6X)に対応。さらに背面にはトリプルレンズカメラを搭載し、光学0.6〜2倍に対応することでシーンに合わせて撮影を楽しめ、ノイズ低減技術とF値1.8の明るいレンズによって暗所でもノイズが少なく明るく撮影可能です。

・1/2型の約4800万画素裏面照射積層型CMOS「Exmor RS for mobile」+広角レンズ(画角80°・焦点距離26mm相当・F1.8)
・1/4型の約800万画素CMOS+超広角レンズ(画角120°・焦点距離16mm相当・F2.2)
・1/4.4型の約800万画素CMOS+望遠レンズ(画角43°・焦点距離54mm相当・F2.2)

05

生体認証としては側面指紋センサーを搭載。OSはAndroid 13をプリインストール。SIMはnanoSIMカード(4FF)スロットが1つとeSIMのデュアルSIMで、携帯電話ネットワークの対応周波数帯は以下の通りで、5G SAには非対応。連続通話時間はVoLTEで約2260分、連続待受時は4G LTEで約730時間、充電時間は約130分(ACアダプタ 07やACアダプタ 08使用時)。ワンセグやフルセグ、FMラジオには非対応。その他、詳細な製品情報は以下の記事をご覧ください。

Sony、新スタンダードスマホ「Xperia 10 V」を発表!日本では7月上旬に発売。S695に据え置きながら5000mAバッテリー搭載で世界最軽量159g - S-MAX
ソニーが新スマホ「Xperia 1 V」と「Xperia 10 V」の先行体験会を開催!5月23日に専用アプリから応募・抽選で。6月1〜18日にソニーストアでも - S-MAX

5G NR: n1, n3, n28, n77, n78(3.4GHz, 3.5GHz, 3.4-3.5GHz, 3.7GHz), ,n79
4G LTE: Band 1, 3, 5, 8, 12, 18, 19, 21, 39, 42
3G W-CDMA: Band I(FOMA非対応), V
2G GSM: 850, 900, 1800, 1900MHz


<NTTドコモ向け「Xperia 10 V SO-52D」の主な仕様>
機種名Xperia 10 V SO-52D
本体サイズ[高さ×幅×厚さ/mm]約155×68×8.3mm
質量[g](電池含む)約159g
カラーブラック
ホワイト
セージグリーン
ラベンダー
セージグリーン
SoCQualcomm Snapdragon 695 5G Mobile Platform
CPUオクタコア(2.2GHz×2+1.8GHz×6)
内蔵メモリー(RAM)6GB
内蔵ストレージ128GB
外部ストレージ(最大対応容量)microSDXC(1TB)
SIMnanoSIM/eSIM(デュアルSIM)
画面ディスプレイ約6.1インチ有機EL「トリルミナスディスプレイ for mobile」
解像度[横×縦]Full HD+(1080×2520ドット)
アスペクト比9:21
リフレッシュレート60Hz
HDR
カメラ有効画素数/F値リア約4800万画素CMOS/広角(F1.8)
約800万画素CMOS/超広角(F2.2)
約800万画素CMOS/望遠(F2.2)
フロント約800万画素CMOS/広角(F2.0)
通信・通話通信速度[受信時/送信時の最大速度]5G2.1Gbps/218Mbps
4G(LTE)800Mbps/75Mbps
VoLTE/VoLTE(HD+)○/○
テザリング同時接続数
[Wi-Fi/USB/Bluetooth]
10台/1台/4台
Bluetooth(対応バージョン)○(5.1)
国際ローミング
[対応ネットワーク:4G(LTE)/3G/GSM]
○/○/○
電池・充電バッテリー容量5000mAh(18.91Wh)
接続端子USB Type-C
ワイヤレス充電(Qi)
連続待受時間[4G LTE](静止時)約1730時間
連続通話時間[VoLTE/VoLTE(HD+)]約2260分/約2120分
充電時間約130分
その他防水・防塵○/○
ワンセグ/フルセグー/ー
おサイフケータイ(FeliCa)/NFC○/○
生体認証○(指紋)
ハイレゾ
OSAndroid 13
メーカーソニー




記事執筆:memn0ck


■関連リンク
エスマックス(S-MAX)
エスマックス(S-MAX) smaxjp on Twitter
S-MAX - Facebookページ
Sony Xperia 10 V 関連記事一覧 - S-MAX
ドコモ、「Xperia 1 V SO-51D」「Xperia 10 V SO-52D」を発売 | お知らせ | NTTドコモ
2023夏新商品のご予約・ご購入手続きについて(更新) | 販売情報 | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ
Xperiaと一緒に買おう!早期購入でさらにお得!Xperia発売記念キャッシュバックキャンペーン| Xperia(エクスペリア)公式サイト
Xperia 10 V SO-52D | ドコモオンラインショップ | NTTドコモ
Xperia 10 V SO-52D | Android スマートフォン | 製品 | NTTドコモ